下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

肉汁や

続 神田 肉汁や

今日は「ところ変わればところてん」の話です。
ところてん
ところてんは暑い夏にはぴったりの、涼しげでさっぱりとしたおやつです。
さわやかな酸味の酢醤油に海の香り漂う青海苔、ピリッと辛いカラシがアクセントになって、食欲のないときにもツルツルいただける・・・・・・と、この説明を見て、首をかしげる人がいたら、恐らくは関西圏の人でしょうか。
実は、この食べ方は関東では一般的ですが、関西ではまったく異なります。
関西ではところてんは黒みつで食べるもので、いわば葛きりのような「甘いお菓子」になるのです。
しかし、これで驚くのはまだ早いのです。
ちょうど関東と関西の間に位置する名古屋では、関東の酢醤油と関西の黒みつの両者が歩み寄った形で、何と砂糖入りの酢醤油で食すのですとか。
また、秋田県ではしょうが醤油につけ、おやつではなくお惣菜として食卓に並ぶといいます。
「関東のしきたり関西のしきたり」話題の達人倶楽部[編]著より引用

エッマジすか(笑)
ところてんを黒蜜でたべるとは驚き桃の木山椒の木ですね。
ということは関西ではもしかして甘辛屋さんという甘いもの(お汁粉、あんみつ)と辛いもの(磯辺巻き、ところてん)両方を食べさせるお店はないのかもしれませんね・・・

ところてんに黒蜜はありでしょう。
第二の故郷の札幌では赤飯に砂糖をかけますし、かの徳川慶喜さん は味噌汁に砂糖をいれていましたからね、世の中に甘いものがお好きな方がたは多いものです、納得。

ここまでは許容できるのですが、許容できないのが名古屋だぎゃ〜、というかこの地は異常です。
そもそも名古屋という土地は、甘いものの頂点「小倉餡」が大好きなのですね。
有名なところでは小倉トースト、これをモーニングで食べるのが一般的ですが、しかし以下の画像はcontroversial(物議を醸す)ではないでしょうか?

小倉丼
小倉丼(画像は「奇食の館」さんより転載)


甘口抹茶スパ
甘口抹茶スパ(画像は「奇食の館」さんより転載)

まあこれは「喫茶マウンテン」という名古屋でも超突き抜けたお店のmenuですから。
でもこのお店は名古屋で大繁盛しているそうですよ。やはり名古屋は異常ですかね・・・

地元下町では甘いもの系より辛いもの系shiftとなっています。
卑近な例でいえば我が奥様と妹はもんじゃの上に気持ちが悪くなるくらい紅生姜をいれてもんじゃを真っ赤に染め変えますしね。
斯(か)く言う私も、若い頃は酔っぱらうと締めで頼むナポリタンの上にタバスコ×1本かけて、火ー火ーいいながら美味しそうにたべて完食していましたので。
やはりところかわればでしょうか・・・ちがうかな。


I just realized the blood is smoke・・・



今日は神田に出没です。
今日のお店は、私に大阪に肉吸いを食べに行かせた超本人のお店「肉汁や」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-2
電話:非公開
定休日:土曜日・日曜日・祝日

IMG_0880
お店の外観です。

IMG_0877

IMG_0878

IMG_0879
メニューです。

IMG_0881

IMG_0882

IMG_0883
今日のオーダーは「スタ丼」@850円です。
妙齢の女店主曰くこのすた丼は、神田西口商店街にある「伝説のすた丼屋」のinspireだそうです。

待つこと8分で着丼です。
味ですか、う〜ン、少しパンチがないですかね。
「伝説のすた丼屋」さんの方がもう少し味にメリハリがありますね、さりとて決して不味いわけではないのですが、個人的にはrepeat menuとはならないでしょう、多分。
それと量、値段を含めたコスパがやはり「伝説のすた丼屋」さんと比べますと落ちますか・・・
少し辛口なcommentになってしまいましたがメゲズに頑張ってください。

それでは(^_-)

石神井公園 肉汁やZERO

今日は「安いほど偉い?」の話です。 
関西は安いほど偉い。関東は高いほど偉い・・・・・・
そんな聞き捨てならない話を耳にした。例えば、客が持参したおみやげの値段が判明したとき。相手が関東人なら「高い!(高価な物をありがとう)」と言えば間違いない。でも、関西人には、「安い!(いい物をこんなに安く買えるあなたはすごい)」が、最高の褒め言葉となるらしい。
「コトバの鏡」福光恵著より転載

このコラムを直截に読むと少し違和感があるのですが要は言いたいことはCost performance(費用対効果)ですよね。
その商品の価値が大事なのであって金額の多寡ではないと思うのです。
それは関東も関西も一緒でしょう。但し関東は見栄張りなので「高い」信仰があり、関西は現実主義なので「安い」信仰があるのではないでしょうか。
個人的には飲食物のような刹那的なものは別として、特に衣服の様な長期に使用するものは長持ちのする高級品を買う性癖があります、所謂下町言葉でいうと「安物買いの銭失い」が嫌いなのですネ。ということで私はコスパ至上主義なのでした。

面白画像です。
かなり下品なのでUpするのを躊躇したのですが・・・
まあご覧ください。

寝姿
このビジネスマンの方は関節が柔らかいのでしょうね(笑)

寝姿
このお兄さんには一体何が起きたのでしょうか、世間様に顔向けができない(悲)

今日は行列ができるつけうどん屋さんができたというので次男とおっとり刀で出向きました。
今日のお店は石神井公園にある「肉汁やZERO」さんです。

住所:: 東京都練馬区石神井町7-1-3 Tビル地下1階C号室
:03-3996-8386
定休日:月曜日

IMG_8065
お店の外観です。大泉学園の「麺屋とらのこ」の初代店主だった方がお店を2代目に譲り、昨年春に練馬に武蔵野うどんの「肉汁や」を開店させました。
そして今度は2号店を石神井公園に開店させたようです。

肉汁や
メニューです。

IMG_8067

IMG_8068
次男のオーダー「肉汁のつけうどん」@750円です。
うどんはまさに荒縄状です、これは「ぽっぽ屋」さんのうどん版ですね。この位の表面積がないと味がハッキリ、クッキリしないのでしょうね、多分。
歯ごたえ、咽越しは最高です。
汁(つゆ)は少ししょっぱめですが、肉がたっぷりでいけました。
何気に揚げ茄子が入っていましたが、とても美味しかったですね。

IMG_8066

IMG_8069

IMG_8070
私のオーダー「スパイシーカレー汁のつけうどん」@800円です。
まず一口だけうどんを汁(つゆ)につけて味わいます。スゴイ、これはスゴイですよ。
まるで異次元に味覚がワープしたみたいです、辛い、スパイシー、辛い、スパイシーが口の中で連鎖し頭が痺れます。さらに調味料のガーリックフライ、魚粉、唐辛子、胡麻を投入するとこれはまさに天空の曼荼羅状態です。
何だろう、この味は・・・美味しい、でもかなり突き抜けた味か。
しいて言えば「あつ盛」にした方が良かったかなと反省、これはカレーライスでもいけると思います・・・当り前か(笑)
「スープ割り」にして汁(つゆ)を飲んで初めてうどん屋さんに来たのだなと安心させられました・・・お試しアレ!

それでは(^_-)

練馬 肉汁うどん「肉汁や」

今日は「小銭を使わなくなった」の話です
硬貨の流通枚数が大幅に減ってきているそうです。2008年に入った頃から減少傾向が強まり、今年6月は前年同月日で0.88%減となりました。
5円や10円などの金額が小さい効果は特に落ち込みが大きく、減少幅が1%を超えました。消費低迷に電子マネーの普及が重なり、買物で小銭を使う機会が減ったことが原因のようです。
ちなみに電子マネーの発行枚数は3月末で1億枚を超えました。年間の決済額も08年度で8,172億円と前年比45%も増えたそうです。
【日本経済新聞 「小銭使わなくなった?」】より転載
私の電子マネー媒体はスイカのみです。あまりクレジットカード使いません。よってこの件(くだり)はあまり実感がありません。でも最近駅中では100%スイカを使っています。小銭の根源はやはりコンビニでの買物ですかね?重たい小銭入れは忌避したいところです。

今日は長男を練馬まで送り方々大泉学園の先代「麺屋とらのこ」のご主人が地元の武蔵野ウドンと修行先の讃岐ウドンと「麺屋とらのこ」のつけ麺をフュージョンしました新基軸のうどん屋さん、肉汁うどん「肉汁や」さんです。
しかしその少し前にとてつもなく恐ろしいこと引き起こしてしまい、本当なら途方の体で帰宅の途につくところなのですが、折角来たので食べにいったというテリブルメモリアルランチです。

肉汁や1
お店の外観です

住所: 東京都練馬区豊玉北5-8-12
電話:非公開
定休日:月曜日

肉汁や2
お店のメニューです。意外にリーズナブルな値付けです、結構ですね(笑)ここのお店盛うどんは麺が冷たく、つけ汁が暖かというのがデフォルトです。

肉汁や3
「麺屋とらのこ」同様の味調整の鰹節、フライドガーリック、カレー粉トリオの面々です。

肉汁や4
私のオーダーの「極肉もり(こってり)」@630です。ちなみに麺量は500gです。豚肉たっぷりの甘じょっぱいパンチの一杯です。これはつけ麺のうどんバージョンですね。味ですかイケます、つけ麺にはウドンも合うという証左ですね。とくにウドンが美味しいタマリマセン。

肉汁や5
奥様オーダーの「肉もり(あっさり)小盛り」@600です。ちなみに麺量は400gです。肉汁たっぷりの醤油をきかせた飽きのこない一杯です。個人的にはこちらの方が美味しいです、柚子の香りが食欲を増してくれます。つけ麺風うどん仕様も結構ですが、こちらの方が王道ではと確信する今日この頃です。

ところで今回の「心の傷」はどのくらいで癒えるのでしょうか、自業自得で人に迷惑かけたり、Illegalなことはしてないものの、久々のトホホです(悲)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ