下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

肉のサトー

谷中 一寸亭 4TH

今日は「谷根千は今日も暑かった・・・」です。
いよいよ夏休みも終盤に入りました。
今日は谷根千に次男と出没です。
パチリ中心ですが、宜しかったらお付き合いくださいm(__)m

◆旧安田楠雄邸
今日は 前回のrevengeで旧安田楠雄邸に参ったのです。
前回は休館日と開館日を勘違いしまして、休館日に出向いてしまったのです。
今回は開館日の土曜日に的を絞ってやって参りました。
旧安田楠雄邸とは、文京区千駄木にある旧安田楠雄邸は大正8年築の近代和風住宅です。
平成8年、相続のために存続が危ぶまれましたが、市民運動の橋渡しにより、ご家族から財団法人日本ナショナルトラストに土地・建物・調度などが寄贈され保存された大正の息吹が色濃くのこる住宅です。
IMG_6669


門の前までくるとなぜか胸騒ぎがしました。
門がしまっているではありませんか・・・
なんていうことでしょう、夏休みではありませんか。
前回スベッタ時にはこんな張り紙はなかったのに・・・
さら〜に必須であった靴下をも忘れていたので何をかいわんやです、ハイ。
久々のダメだコリャ!でした。
IMG_6668



◆教王寺
経王寺は、1655年当地の豪農が、堂宇を寄進建立した事に始まり、本堂隣の大黒堂には日蓮上人様の作と伝えられる「大黒天」が、鎮守として祀られています。
1868年(慶応4年)の上野戦争の時、敗走した彰義隊をかくまったとして、門外から新政府軍の銃撃を受け、山門の扉には今もその銃弾痕が見られます。
新潮社「彰義隊遺聞(森まゆみ著)」によりますと、「この辺りは民家等無かった場所」とありますが、現在ではその様な事案があったと想像も出来ない人家が密集していました。
ここでの戦いは、上野山の谷中天王寺等に駐屯(自然集合)していた彰義隊士が、銃撃戦で新政府軍に追い詰められ、「最後に刀を用いた切り合いとなった」等と土地の長老様等に語り伝えられています。
しか〜し戦いのあった上野からここ教王寺まで約2kmです。
そしてさらに退路をさがして千住まで逃げていきますのでここから加えること約5kmの撤退です。
負け戦での退却ですから、彰義隊の方々のつらさは筆舌に尽くせないと思います。
彰義隊を血気に走る烏合の衆と酷評をする歴史評論家もおりますが、彰義隊はそんな軽率なものじゃありません。
武士道に殉じた尊き時代の犠牲者であります。
負けるのを承知であえて薩長軍に戦いを挑んだ彰義隊に、武士の“義”をおおいに感じとってください。
IMG_6685

IMG_6687

IMG_6688

IMG_6686


かつては教王寺の近隣の富士見坂から富士山が見えたのですよ!
富士見坂


◆夕やけだんだん
JR日暮里駅の北口を出て、緩やかに上る御殿坂を歩いて行くと、買い物客で賑わう谷中銀座商店街に通じる「夕やけだんだん」と呼ばれる階段があります。
この「夕やけだんだん」という一風変わった名称は、一般公募によって命名されました。
名前のとおり、この階段からは美しい夕焼けを眺めることができます。
「夕やけだんだん」の下に広がる商店街の明かりやそこに集まる人々。
どこか懐かしい気持ちにしてくれます。
「荒川区観光振興課観光振興係」HPより転載
ひさびさの「夕やけだんだん」です。今日は買い物客が多いですね。
IMG_6689

IMG_6684


◆レストランザクロのかき氷
アリ店長
この画像はASUKAさんより転載
このお店は超過激な客イジリで有名な名物店長(別名日本一ウザい店長)のアリさんがいるレストランザクロのかき氷コーナーです。
外国人観顧客でにぎわっていました。
過日このお店に友人と訪れた次男はこのアリさんの過剰・過激な客イジリに辟易としたみたいです。
この客イジリをしらない人が訪れたのなら、あまりのシツッコさに耐えることがでえできず、一悶着が起きているかもしれない、とまで言い切っていました。
気の短い貴方、貴女は入店する時は“人”の文字を手のひらに書いて呑み込んでから入って下さいね・・・
IMG_6691

IMG_6683

かき氷
この画像はeriko@erikonbuさんより転載

◆惣菜いちふじ
この画像をみて“スゲッ”って思った人は「夕やけだんだん」通です。
このお店は“写真撮影厳禁”のお店です。
万が一写真撮影をするところをここのご主人にみられたら、この世のものとはおもえない修羅場を体験することができます、冗談ではありませんからね・・・
IMG_6681


◆肉のサトー
かつてこのお店の奥様に“肉のサトウ”って言ったら、マジに怒られました。
この商店街は怒りん坊が多いようなきがします、といってもたった二人(肉のサトーの奥さんと惣菜いちふじの店主)だけですからね。
私が怒られたのものこのお店を、吉祥寺のメンチの行列店“肉のサトウ”の関係あるお店ですか、と聞いたのが嚆矢でしたので、所謂stereotypeの怒りん坊ではありません。
味は吉祥寺の“肉のサトウ”の方が美味しいと思いま〜す。
また怒られるかな・・・
IMG_6671

IMG_6692


◆指人形笑吉工房
ここのアイコン「笑吉さん」とは露木光明氏が創作した「指人形 笑吉」のことです。
この指人形の笑吉さんは一人(?)ではなく、露木さんの手に掛かれば無限に増え続けていきそうです。
目標は五百体(五百羅漢がきっかけ?)にと言うことだったらしいのですが、テレビや雑誌などで紹介されたことがきっかけで購入希望者が増え、評判も上々で、なかなか目標の達成は難しいようです。
その上、オーダーでの似顔の笑吉人形づくりの注文も増えたようで日々てんてこ舞いの状態のようです。
IMG_6702

IMG_6700

IMG_6701

IMG_6699

IMG_6698

IMG_6697



ということで谷中にきたならばランチはこのお店です。
今日のお店は、このblogではおなじみの中華料理の名店「一寸亭」さんです。

住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話:03-3823-7990
定休日:火曜日

IMG_6672
お店の外観です。
久々にきましたら店主のご子息が厨房に入っていました。
よろしかったですね、後継ぎができまして・・・

IMG_6680
店内の雰囲気です。

IMG_6678
盆休みかと思っていたのですが、やっていました。
Lucky!これで旧安田楠雄邸のpetit revengeができました。

IMG_6673

IMG_6674
メニューです。

今日のオーダー
私は「ウマニソバ」@850円です。
次男「五目チャーハン+マンゴープリン」@850+@280=1,130円です。
二人でshareした「焼餃子」@500円です。

IMG_6675
待つこと5分で「ウマニソバ」の到着です。
見てください、餡が光っています、美味しそうです。
これは餡よしスープよし麺よし具の野菜よしのGrand Slamです。
白眉は木耳(きくらげ)です。
これだけシャキシャキした木耳は、超高級中華料理店でもお目にかかったことがありません、是非この感動を共有しに来てください。

IMG_6676
待つこと8分で「五目チャーハン」の到着です。
海老が頂上でトグロを巻いています(笑)
これは油が上品ですね。
クドさをかんじさせません。
さら〜に丁寧にご飯を煽っていますので味にムラがありません。
美味しいチャーハンってこう有るべきだと思わせる一品です。
とても結構な味です。

IMG_6677
待つこと11分で「焼餃子」の到着です。
皮が飴色に光っています。
中の餡は上質なひき肉がみっしりと詰まっています。
これは私がこのお店で一番好きな料理です。
思わずビールが飲みたくなりました。

IMG_6679
最後はデザートの「マンゴープリン」です。
存在感ありますね。
想像以上に洗練されたデザートです。
美味しいです、で〜もこれには珈琲がほしいところです!
無理か中華料理屋さんでは・・・

久々の「一寸亭」さんの料理の数々はとても大満足のものでした。heart02
ご馳走様でした。

それでは(^_-)

続 谷中 一寸亭

今日は友達の恥ずかしい話シリーズです。
(1) オグシオを競馬馬だと思っていた
(2) 味噌ラーメンを味増(アジマシ)ラーメンだと思っていた
(3) 巴選は土俵の上で三人が戦うものだと思っていた
(4) イカ○をイカワと読んでいた
(5) WBCはダルビッシュの略だと思っていた
【安住紳一郎の日曜天国より転載】ありえるかな、ちなみに(4)は私です。

今日は桜を求めて奥様と都内を転々としていましたのでパチリでご覧下さい。一寸亭11
まずは矢吹丈、力石徹がいたという東京少年鑑別所です。所謂「練鑑」ですね。

人里離れた塀の中
この世に地獄があろうとは
夢にも知らない娑婆の人
知らなきゃ甥らが教えようか
身から出ました錆びゆえに
厭なポリ公にぱくられて
手錠かけられ意見され
着いた所は裁判所
鬼の検事に蛇の判事
付いた罪名は傷害罪
廊下に聞こえる足音は
地獄極楽分かれ道
青いバスに乗せられて
揺られ揺られて行く先は
その名も高き練馬区の東京少年鑑別所

これが練鑑ブルースですが替え歌なので作者不明です。
一寸亭12
もっと閉鎖的なところかと思っていたらそうでもないですよね。

一寸亭13
その後「谷根千」にいき谷中墓地で観桜ですが、酔客の盛り上がりとは裏腹に桜は二部咲き程度でした。

一寸亭14
徳川慶喜家の墓です。慶喜以下三代の子孫が眠っています。しかし私の奥様は「慶喜」と篤姫の旦那様「家定」とを勘違いしていたのですね。じゃなきゃお墓を見に行こうなんて言う訳ないものな(笑)

一寸亭15
今日の目玉「ショコラティエ イナムラショウゾウ」ですが昨日アド街ック「100円で行く谷根千」特集でお客が群がり、お目当ての「ボンボンショコラ」は買うことができませんでした。

一寸亭16
店内の混雑ブリです…かなり混んでますね。

一寸亭17
本日の「夕焼けだんだん」の込み具合です。

一寸亭18
「夕焼けだんだん」のアイドル猫「りんごちゃん」です。お友達猫の首筋をペロペロしているパチリです。ここで「焼き芋」「苺」「トマト」の出張販売のオジサンと雑談していたら「肉のサトー」の奥さんが沢山のしかも本当の砂糖を持って「苺」を買いに来ました。すでに30回以上TVにでているのですっかり芸能人気分のようだとオジサンに話していました。

一寸亭19
「100円で行く谷根千」特集でブレークした「コシヅカハム」です。
他にも美味しい肉がいっぱいあるのに、皆TVでオンエアされた スモークドハムの「ベリーハム」を求めていくとオジサンがコボシテイマシタ。スンマセンm(__)m私もとても美味しそうだったので昨日NETで買ってしまいました。

一寸亭20
今日のお店谷中「一寸亭(ちょっとてい)」です。
住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話番号:03-3823-7990
定休日:火曜日

一寸亭20


一寸亭21
私の本日の獲物「豚モツ煮」@400と「焼餃子」@500です。

一寸亭22
特に「豚モツ煮」は美味しいhappy01肉は良く掃除されていて臭みもなく、程良い上品な脂分が味を引き上げています。味噌の味具合も秀逸です。「焼餃子」も美味しいhappy01皮はパリパリで中の餡はジューシーです。このお店最高ですネ合格合格合格合格合格

一寸亭23
奥様の獲物「五目硬焼きソバ」@880です。これは下町グルメの定番ですね。完璧です白菜がとても甘くて、軟らかく秀逸でした合格合格合格合格

一寸亭24
飲み物も充実しています。今日は車だったので飲めなかったのですが「ホワイトビールZIMA」って妙に気になったのです。今度飲みに来ようっと(笑)

それでは(^_-)

日暮里 馬賊

今日は日暮里に出没しました。
お昼が小食だったのでお腹が空き夕飯でも食べるかと考えたのですが、今日は水曜日なので一番候補の谷中「一寸亭」が休みなのです。
他にどこか良いところないかなと悩んでしまいました。

しばしクリスマス風景の谷中銀座でも散策しながらお店を選ぶことにしました。
しかし土日、祝日は賑わう谷中銀座ですが、今日みたいな平日は閑散としています。
おまけにクリマスだというのにどこもクリスマスのイルミネーションをしておらず、肉のサトー(サトウではありません)と鶏肉のコバヤシの二店がクリスマス用チキンを売っており、辛うじて今日がクリスマスであることを感じさせます。

今日は惣菜「いちふじ」の怒りんぼ兄さんはクールに仕事をしていましたが、このお兄さんヤハリ変です。
絶えず何か誰かに見られているような強迫観念があるみたいで、不定期に作業中の頭を上げ辺りを睨みたおします。一種の強迫神経症みたいな感じがします・・・ちがったらゴメンナサイネ、でも見ているだけでも恐いのです(笑)
それと軍歌垂れ流し(但し店内です)の立ち食い蕎麦屋さんがここの所休みですが、どうしたのでしょうか。

今日のお店ですが、結局日暮里駅まで戻り「馬賊」にしました。
このお店昔京成曳船の四つ木より下りホームの先にありその後潰れたかなと思ったら浅草に移転していました。
個人的には曳船時代も浅草時代も麺は美味いがスープが最低ということでそれほど連食したことはなかったのですが、久々のトライです。

住所: 東京都荒川区西日暮里2-18-2
電話: 03-3805-2430
定休日:無休

ここから後はパチリでご覧下さい。

馬賊1
馬賊店舗です。直角三角形の店構えです。


馬賊2
名物麺打ちです。これは見ていて迫力ありあます。小麦粉は日清製粉の「カメリア」を使用しています。

馬賊3
本日の獲物「坦々麺」@800です。トッピングは葱、ほうれん草、挽肉です。麺は手打ちなので不均一な太さでモチモチです。少し伸びていますかね、でも美味しい麺です。スープはぬるめでしかも味がおかしい。坦々麺は、酢、醤油、胡麻ペースト、ラー油等を適度に加えて調理するのですが、まず酢入れすぎ、そしてラー油含めた香辛料が少なすぎるので胡麻ペーストをメインとした少し変わった味です。不味くはないのですがパンチに欠けているのは間違いありません。後は食べる人の好き好きでしょう(笑)

馬賊4
後このお店客あしらいがかなり悪く何でもかんでも相席にします。ひどい人はテーブルの角に座らされていました(マジ)
言葉使いも変です、中国系の店員さんかなと思ったのですがアクセントがハングルぽい感じもしたのですが何れにしても外国人だからでしょう。
今日も隣に座ったお兄さんが注文した餃子があまりにも遅いのでキャンセルしましたら、「もうしわけなりません」ですと、意味わかりますがこれにはウプッと噴出してしまいました。

ここのところおいしいhappy01マークがつきませんネ(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ