下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

肉のふきあげ

栃木市 肉のふきあげ リターンズ

今日は「flash mob  好(ハウ)」です。

A bride and groom in Tokyo found a special way to put their marriage on the right track.
Nobuhiko and Sayaka Suzuki rented an 11-car train for their wedding. They rode the Yamanote line, which circles central Tokyo in about an hour. They said their vows in the sixth car. They often used it as a meeting spot before going on dates after work.
(Groom)
"I'm very thankful we could have our wedding in such a special situation."
Their wedding happened on the 141st anniversary of the first railway opening in Japan.

東京の新郎新婦が、結婚生活をうまく軌道に乗せる特別の方法を見つけました。
鈴木宣彦さんと清華さんは、結婚式のために11両編成の電車を借り切りました。2人は東京の中心部をおよそ1時間で1周する山手線に乗り込み、6両目で誓いの言葉を交わしました。2人は仕事のあとのデートの待ち合わせに、よくその場所(6両目)を使っていました。
新郎は「私たちの結婚式をこんな特別な場所で挙げることができて、とても感謝しています」と話していました。
2人の結婚式は、日本に鉄道が開通して141周年の記念日に行われました
NHK「思い出の山手線車内で結婚式」より転載


電通
何かこの人達違う意味で話題になっています。
と申しますのも、この鈴木さんの勤務先は世界に冠たる「電通」だからです。
その背景があったのでmediaに大々的にexposureしたのだそうです。
しりませんでした・・・

鈴木宣彦
ちなみにこの鈴木さんはとても優秀な方で2011年読売広告大賞の課題「<スターフライヤー>感動のあるエアライン」において「妻との愛情線」で入賞しています。
鈴木さんは「電通」ではバスケ部に所属しています。
そしてその先輩達や仲間のクリエーターが率先して結婚式車内のしつらえを作ってくれたそうですよ。
よき人間関係を構築なさっているようですね。ウラヤマシイ限りです。

かりにですよ、この「山手線ウェディングトレイン」の企画を「電通」が取っていて、この企画のあまりの人気のなさに、たまさか結婚を予定していた鈴木さんに白羽の矢が立ったのであれば、受けた鈴木さんはエライです。
さらにもし鈴木さんがこの企画の担当者だったのであれば、アタリマエですがエライ、です。

で〜もこのオチは、この結婚式はステマ(ステルスマーケティングの略、消費者に宣伝広告であることを隠して広報活動を行うこと)だろう、ということで世論を喚起させておいて、最終的にはステマになっていたという「電通」さんのfar sighted strategy(深謀遠慮)でしょう。

「電通」さんは、どのようなカラクリを使ったのかはしりませんが、よくも鈴木さんを 「限定の一組」に選ばせたものですね!そういう意味でも「電通」さんはスゴイ会社ですね、ホンマやね(笑)

私の結婚式、that was a long time ago、です。
奥様のたっての希望により結婚式場は、なな何とホテル「ニューオーターニ」のしかも「鶴の間」で執り行われたのです、マジです。
お互いの友達がおおいに盛り上げてくれて、華やか且つ楽しい結婚式でした。
しか〜し心残りがあります。あに、若いレイキな女性ともう一度結婚式を挙げたい、ですと?ちがいますよ!
私の結婚式での心こりは「flash mob」です。
これがしたかったのです。
高校・大学時代に悪友たちと、学校にも行かずよく踊りにいっていたので、ダンスには自信ありでした。
本当に本当に結婚式で「flash mob」をしたかった・・・
ちなみに私の妄想?はこの動画の様なものです。
宜しかったらご覧ください!



今日は所用があって奥様と栃木に出没です。
栃木でランチといえばここでしょう。
今日のお店は、待ち時間30分は当り前という栃木市で一番美味しい肉を食べさせるという「肉のふきあげ」さんです。

住所: 栃木県栃木市吹上町793-2
電話:0282-31-1022
定休日:月曜日

IMG_7488
お店の外観です。

店内の雰囲気です。

IMG_7489
まずは入るとすぐのところです。
そうそうここのお店はすご〜く広いのです。
目の子でみても150名(含む宴会場所)はかるく収容できます。

IMG_7496
料理サンプルです。
メニュー数はハンパないです。

IMG_7490
「肉のふきあげ」の小池社長が贔屓にしている佐渡ヶ岳部屋の面々とのパチリです。

IMG_7491
演歌歌手の長山洋子さんとのパチリです。
確かコンサートを見にいったとは聞いていたのですが。
なんで一緒にパチリでしたのでしょうか?

IMG_7498
日光東照宮の御用達認定書です。
いかにも栃木ですね・・・

IMG_7500
関脇豪栄道の大関取り成就のために和牛一頭(1,800食分)を寄贈したという小池社長の太っ腹の記事です。

IMG_7503
食事席の雰囲気です。

IMG_7492
メニューです。

本日のオーダー
奥様は「和牛すき焼き定食」@1,545円です。
私のオーダー「和牛のスライスガーリック定食」@1,365円です。

IMG_7502
しか〜し大繁盛店ですね。入店してから席に着くまで30分です。
待つのに少し疲れました・・・
店長が率先して料理を運んでいます。
可哀想に沢山の料理を運び過ぎて右手が腱鞘炎になっていました(悲)
この店長一度辞めたのですが忽然と再就職して、また店長になったという不思議な経歴の持ち主です。
ちなみに隣の席の方々が、あの店長ズラだぞ、って話していました。
そうかなと思って私も見直して見たのですが、最近のカツラの技術はスゴイなぁ、と思わせるくらい自毛っぽいのです。ひょっとしたら隣席の話がfakeかもしれません?
興味のある方は直接来店してご確認ください。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_7504

IMG_7505

IMG_7509
待つこと16分で、奥様の「和牛すき焼き定食」の到着です。
見た目、こんもり「前日光和牛」です。
味ですか、美味しすぎます!
個人的には「前日光和牛」は「神戸牛」「前沢牛」と比しても劣りませんというか勝っていると思います。
味ですか日本人なら画像でわかりますよね、ウマウマウマです。
奥様も無言で一心不乱に食べ続けていました。

IMG_7510

IMG_7513
待つこと22分で「和牛のスライスガーリック定食(ガーリック多め)」の到着です。
見てください、この迫力!漢(おとこ)の料理でしょ。
和牛にニンニクは合うのです。
味ですか、肉は口の中でとろけるわ、ニンニクはほっこりしていて甘いわ、で美味しすぎます。
Bravoの乱れ打ちです。

並んだ甲斐がありました。
ここの肉は最高です!
栃木インターからすぐです、近くに行く機会があったら、是非お立ち寄りください。

それでは(^_-)

続 栃木市 肉のふきあげ

今日は「人生は食べてみなければわからない、チョコレートの箱と同じ」の話です。 
このキャッチで『フォレスト・ガンプ』を思い浮かべた人は映画通です。
実は私はこの映画が大好きです。


『フォレスト・ガンプ』は、ハンクスの代表作となった。1945年、アラバマ州に生まれたIQ75の少年が、実直と善良と幸運の力に助けられ、アメリカの戦後史を駆け抜けていく。主人公ガンプは三人の大統領に面会する。プレスリーやジョン・レノンとも遭遇する。 映画の基本にあるのは、アメリカ文化の伝統ともいうべきトール・テイル(ホラ話)だった。ハンクスは、このホラに血を通わせた。実直と善良に加えて、ガンプには本能的な知恵があった。しかも彼には「走る力」も備わっていた。これは、映画に欠かせないふたつの武器だ。ガンプは、馬鹿だが賢かった。鈍いようでいて、運動神経が抜群だった。少し考えればわかることだが、「運動神経のすぐれたイディオ・サヴァン(賢い馬鹿者)」とは映画の主人公にうってつけの存在ではないか。
「スターは楽し」芝山幹生著より転載

特にすきなのはこのシーン
首都見学をしていると反戦集会の群集の中に紛れ込んでいた。ワシントン記念塔のそびえる集会場には数万の群集が集まっている。軍服姿のぼくは演壇に立たされた。前線の様子を聞かれたぼくがマイクに向かって話し始めると誰かがコードを抜いたらしく大衆には何も聞こえない。最後には音声が戻っていた。「ぼくはフォレスト・ガンプです」 群集がどよめいた、その時、「フォレスト!」 声の主はジェニーだった。ぼくはジェニーが走ってくるプールに入り抱き合った。最高に幸せな一瞬だった。その夜は一晩中、二人で首都の街を歩いた。ぼくらだけの素晴らしい夜だった。

かなり長い映画でしたが飽きのこない映画です。
心を元気印にしたい時にお奨めの映画です。

今日は義理の母が緊急入院したというので会社を休み入院先の栃木へお見舞いに行きました。義理の母の状態は重篤でなく、今週中には退院できるそうで一安心です。
私は両親を早く亡くしているので健在の奥様の両親には長生きしていただきたいと真に思っています。

栃木のランチといえばここしかないでしょう。
ということで今日のお店は栃木の肉の頂上店「肉のふきあげ」さんに奥様とお邪魔しました。

住所: 栃木県栃木市吹上町793-2
電話:0282-31-1022
定休日:月曜日

IMG_8215
お店の外観です。

IMG_8216
お店のアイコン「福介くん」です。

IMG_8220
店内の雰囲気です。

IMG_8221

IMG_8222
私のオーダー「牛肉スライスガーリック焼定食」@1,300円です。
多分このお店の数あるmenuの中でこれが最強でしょう!
美味しすぎます。
肉は柔らかくしかもジューシー、歯噛みすれば濃厚な肉汁が吹きでてきます。
さらに香りの高いガーリックがこの味にかぶります。
ソースは少し濃い目ですが、この位でないとこの前日光和牛とは戦えないでしょう。
とても結構でした。

IMG_8223

IMG_8224
奥様のオーダー「野菜たっぷりステーキランチ」@1,380円です。
これは前日光和牛にオロシポン酢をかけて食べる和風テーストです。
この定食、以外と量があるのですね。
茄子とピーマンが新鮮で美味しい、地物を使用しているからでしょう。
肉と野菜のharmonyを楽しみたい方にお奨めの定食です。

栃木の人は幸せです。毎日このお店で食せることができるのですから・・・


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ