下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

翁庵

続 人形町 翁庵

今日は「金子みすゞ」の話です。
金子みすゞ、本名は金子テル。
山口県大津郡仙崎村(現・長門市仙崎)出身。
大正末期から昭和初期にかけて、26歳の若さでこの世を去る間に512編もの詩を綴ったとされる。大正12年(1923年)9月に『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の四誌に一斉に詩が掲載され西条八十から「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛された。
1926年、義父の経営する書店の番頭・宮本啓喜と結婚し、娘をもうける。
しかし夫は中央誌への詩の投稿を禁じたばかりでなく女遊びに明け暮れ、更にはみすゞに梅毒を感染させるなどした事から1930年2月に離婚。
同年3月10日、服毒自殺。
原因は娘の親権を強硬に要求する夫への抵抗心からだと思われる
翁庵21

「星とたんぽぽ」

青いお空の底ふかく、
海の小石のそのように、
夜がくるまで沈んでる、
畫のお星は目にみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

散ってすがれたたんぽぽの、
瓦のすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根は眼に見えぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ
「金子みすゞwikipedia」より転載

彼女は心ない結婚をしました。
詩作が好きで、西条八十の雑誌の投稿をしていて、才能を期待されていた詩人だったのに
遊び人で理解のない夫に、詩作を禁止され、おまけに、悪い病気まで移されました。
離婚するつもりだったが、彼女には5歳の女の子がいました。別れるのなら、子供は父親に渡さねばいけない。
彼女は最後の夜、子供に自分の詩を読んで聞かせたといいます。
そして、遺書にどうか、娘を自分の母親のもとで、育ててもらいたいと。書き残して・・・
あの夫の下で、娘が育てられるのは、耐えがたい。祖母の手で育てて欲しいと、命をかけて、決行したのといわれています。
彼女の詩は、はるかに時代を越えています。さらに深く自己と宇宙に沈潜して、その彼方にある広大な世界を予感させられます。今日、彼女の詩が美しい星のように輝いてみえるのは、この神秘的なたましいの光のせいかもしれません。

人形町は明治座御用達「翁庵」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都中央区日本橋人形町2-26-9
:03-3666-7656
定休日:土曜日、日曜日、祝日

翁庵22
お店の外観です。最近夜営業をしなくなりました、何故なんだろうか。
今度行った時聞かなければ。

翁庵23
店内の雰囲気です。

翁庵24
メニューです。

翁庵25

翁庵26
今日のオーダーは「ねぎせいろ(大盛)」@800です。もともとこの「ネギせいろ」は天カスだけでしたが、店主がサービスで肉厚のイカに変えたのですが、値段は上げなかったという見上げた一品なのです。この蕎麦不思議です。イカ天は熱々、蕎麦はよく冷水洗いしてシャッキと、でもつけ汁は熱々、そして山葵で食べる、これってオカシクないですか。これだけの味ですから、やはり釜揚げうどんで食べるかもしくはミニ天丼+蒸篭(せいろ)で食べるのが一番美味しい食べ方だと思うのですが・・・
でも美味しかったですよ、ご馳走様でした 

それでは(^_-)

人形町 翁庵

今日は「京都スタイル」の話です。
「この苺、甘くないなあ、いつも買(こ)うてるのにこんなん売らはって。今度文句いわなあかん」と京都の知人はいう。
東京にいた頃の私なら、いつも買ってる店だからこそ「いわないでおこう」になっていたはずだ。
些細なことだけれど、些細な表現の積み重なりが生活であり、内面を形作る。何事にも主体的な京都人は、おそらく東京の人間より他者から愛される必要を感じていないのだろう。だから他人に惑わされにくく、逆に堂々と批判をする。
京都人は、揺るがずに「自分が一番」なのだ。
自分の喜びのために周りの人間がいて、日々の生活がある。はんなりとした表情の裏には、生命力旺盛な野生的精神があふれている。
京都スタイルとは、五感と自己肯定感に裏打ちされた野生のスタイルだ。
日本の中に「京都」があってよかった。
【京都スタイル 甘利君香著】より転載
久々に読後感悪い小説を読んでしまいました。この作者は東京から京都に移り住んで10数年、そこで京都が1200年を超す長い年月を掛けて作られた、信じがたい、ローカルルールに慣れていくプロセスを書きしるたものです。本人が嫌々慣れてきたこのローカルルールは、結果的に京都人のライフスタイルを表現したもので、それを知悉した私はスゴイのよ、という様に読めたのです。
私的には、京都が大いなる都ではなく大いなる鄙であることは分かったのですが、このようにアザトクすりかえられると、嫌なら書くな、褒めるなよ、と言いたいところでした。

今日は下町ビギナーさんと人形町に特攻です・・・前回も確か人形町でしたネ
今日のお店は、飲んだ後の締めで入った人形町は明治座御用達「翁庵」さんです。

住所: 東京都中央区日本橋人形町2-26-9
電話番号:03-3666-7656
定休日:土曜日、日曜日、祝日


翁庵1
お店の外観です。

翁庵2
店内の雰囲気です。お姉さんノースリーブで寒くないのですか(笑)

翁庵3
メニューです。

翁庵4翁庵5
締めで飲んだ、焼酎「白雪郷」です。これ馬鹿美味です。お酒の強くない下町ビギナーさんも締め飲みだというのにクイクイと盃をすすめていました。

翁庵6
今日のオーダー「ネギせいろ」@750です。

翁庵7
蕎麦自体は細切り気味の繋がりのよい比較的腰のある蕎麦です。もともとこの「ネギせいろ」は天カスだけでしたが、店主がサービスで肉厚のイカに変えたのですが、値段は上げなかったという見上げた一品なのです。
しかしかかし、この蕎麦不思議です。イカ天は熱々、蕎麦はよく冷水洗いしてシャキシャキ、でもつけ汁は熱々、そして山葵で食べる、これってオカシクないですか。つけ汁の熱々はこのメンバーにはそぐわないでしょう。さらに麺は細切ですから、食べているうちからすぐにふやけてしまいます。仄聞するに、ここのイカ天はこの熱々つけ汁にどっぷり浸し、て、ご飯の上に乗せて天丼風に食べるのが明治座のお約束とか・・・その為なのですかね、つけ汁が熱いのは?
味ですか、蕎麦以外はとても美味しかったですよ、蕎麦だって即に伸びなければイケます。
白眉はつけ汁でしょう。これは合格合格合格合格です。堪能しました。味醂、昆布、鰹節、なにが良いのでしょうか、好きな味付けです。天麩羅も美味しくあがっていましたし、肉厚のイカも結構でした。
人形町に老舗の名店ありですね

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ