今日は「自傷行為は女性に多い」の話です。
自傷とは刃物など鋭利なもので手足や顔、首、腹、胸を傷つけることは勿論で体のあちらこちらにピアスの穴を開けることなどもいいます。
「自傷」を行うのは若い女性に多く、ある調査ではイギリスのハイスクールでは男性の3.2%に対して、女性は11.2%と約四倍にもなっています。日本の高校では女性の「自傷」が14.3%にも上り内6.3%以上は10回以上も繰り返していたそうです。
そもそも「自傷行為」は周囲の人間に対して自分の苦しみをわかって欲しいというサインなのだそうです。しかし面白いことに自傷者本人は、自分が助けを求めていることに気付いていません。
自傷のきっかけになる要因は両親の離婚、別居、父親からの虐待、学校でのいじめ等主に対人関係にあるそうです。このような対人関係の悩みから、感情をコントロールできなくなったり、自分を駄目な人間と思いこんだりして自信を失った時に、自傷をすることで本来の生理状態に一時的に戻るのです。それで楽になったように感じるのですネ。
【ドコバラ 竹内久美子著】より転載
男性は逆に自殺に走ることが多いようです。
たまにコンビニの女店員さんの腕に多数の自傷痕があることを見かけますが…というか、私は女性の腕をマジマジと見るのはコンビニしかないので、コンビニの店員さんに多いわけでは決してありません(失礼)…かなり驚いてそこから視線が外せずフリーズしてしまうのです。

今日は石神井台に美味しくて行列の饂飩(うどん)屋さんがあるというので、奥様と行ってまいりました。
お店の名前は「エン座」です。「エン座」という名前は、車座の様に円く坐る「円」、ご縁を大切にしたい「縁」よりつけられました。

エン座1
お店の外観です。
エン座2

エン座3

エン座4
店内の雰囲気です。

以下がお店のHPからの案内です。
【QOT】
席数19の小さな店を、夫婦ふたりでやっております。麺の茹で時間に10分少々いただきますし、人手が足りずにお待たせすることも多いですが、ごゆっくりおくつろぎくださいませ。お店の入口にうどん関係の雑誌、本も用意しております。ぜひ御手にとってご覧ください。可能な限り手作りの、身体にもおいしいメニューをお楽しみください。
【UNQOT】


住所: 東京都練馬区石神井台8−22−1第一サンライフ105
電話番号:.03-3922−0408
休日:月曜日、第一火曜日(午前11:30〜午後2:30)、土曜日のみ予約制で午後6:00〜8:30)、駐車場3台有

エン座5
お店の「お品書き」です。

エン座6
本日、私が頼んだ「焼豚ぶっかけ」@750です。

エン座7

エン座8
味ですか、饂飩はモチモチシャキシャキで喉越し最高です。特に特製「焼豚」はトロトロでジューシィ、肉のほぐれ具合、ショッパさ加減も申し分ありません。多分今まで食べてきた「焼豚」の中ではTopクラスのパフォーマンスでした。

エン座9
本日、奥様が頼んだ「季節の霙(みぞれ)糧(かて)もり(肉入り)あつもり」@750です。

エン座10
糧(かて)もりとはオカズの意味らしいです。昔の武蔵野の農村ではこのように糧(かて)と一緒に饂飩を食べていた名残から創作されたそうです。
味ですか饂飩、糧(かて)もり共々美味しいですね。特にあつもりの方がこの饂飩本来の味わい感がじられる気がします。食べていると何故か田舎の囲炉裏(いろり)端で食事をしているようなそんなノスタルジックな感じが味わえます。

このお店地元の食材(含む小麦粉)を使用しているヘルシー&エコロジーの饂飩屋さんです。ご主人は日本酒ソムリエもしておりお酒も楽しめるお店です。このお店あまりにも美味しいのでBlogではあまり紹介したくなかったですね・・・

それでは(^_-)