下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

粋鮨

続 高岡 粋鮨

今日は「聞き間違い」です。
元部下の女性は、遠隔地への転勤辞令が嫌で退職の道を選びました。
その女性は50歳台の高齢ですので第二の人生即ち再就職がなかなか見つかりません。
かかる中、その元部下の上司、これまた私の元部下から、就職先、どこかいいとこありませんか。
△△さんの顔ならどこかはめ込める先はおありでしょう、と頼まれましたので、義を見てせざるは勇無きなりという事で2〜3の知り合いに声をかけました。
その内の一社からは履歴書を送るように言われたので何とか面子は立ちました。
それと併せて彼女は彼女で自らの力で就活をし、なんとか一社の面接を受けることになりました。
その面接の日、男性の元部下に別件で電話する用事がありましので、ついでに彼女の採用・不採用の結果を聞きました。勿論タッチーな内容なので彼の電話口の廻りにはこの電話の内容を聞かれて不味い人間がいるかどうかの確認をしたのはいわずもがなであります。
彼からは、本日の結果は本人自ら箝口令を引いているみたいなので分りません、との事でしたのでそれをもって電話を切りました。
それから1分後に、私の携帯に彼からショートメールが入りました。
その内容は、▲▲さんから人に聞かれないところで会社に電話してください!と書いてあったので、電話でなくわざわざショートメールで言ってきたという事はこの電話をしている時に彼女が彼の側にいて、電話の内容から二人の話している事が彼女の就活話である事が分ってしまい激怒したのだと思ったのです。
もともと彼女はボタンのスイッチを押し間違えると、とんでもない爆発をする性格なのです。
どうやら私はその地雷を踏みぬいてしまったようです。
流石に元部下のこの軽挙は許し難く、このような電話をするときは、本人が側にいるので後でかけ直してください、と予め断るものだと怒髪天を衝く思いでくだんの彼に怒りの返信をしました。
すると1分位してから当の女性から私の携帯に直接電話がかかってきました。
マジに怒っているどうしよう・・・
100%以上はキレているなと思い、戦線を立て直さなければと思いながら、まずは頭の整理の為にこの電話は取りませんでした。
確かにこちらも配慮足らずではありますが、TV電話でもないので、私はむこうの状況は分るわけもなく、その怒りの矛先は元部下の男性にさら〜に向かっていったのです。
すると今度は取引先からクレームの電話が入り、その応対をしていますと、その電話中に彼女から二回も電話が入ってきました。
取引先のクレームの電話をテキパキと片づけてから、彼女に取引先の電話を対応していたので電話にでられなかった詫びをショートメールで入れてから10秒後にかけ彼女に電話をかけ直しました。
私はこのような逆境の時には絶対にひるみません。
そんなに心は強い方ではないのですが、このような事態を放っておくと、取り返しのつかない事になるのを何十回と経験しているからです。
要はこのようなモメネタは火災の初期消火と同じです。
ボヤの内なら何とか消せますが、時間が経つと大火事になるのです。
コール音0秒で彼女が電話口に出ました。
すると、△△さん、すみません。
50代がやりがちな勘違い
勘違いせたみたいです。
私は彼に、△△さんの廻りにいる会社の人間にこの電話を聞かれて欲しくなかったので
会社内で折り返しの電話をかけないでください、とお願いしたのです。
そうだったんだ。勘違いしちゃったよ、と言いますと
その後は立て板に水の如く、この度の私の斡旋に対して鄭重に礼を述べて、最後には本日の面接の結果、採用になったというハッピーエンドの慶事を私に知らせて電話を切ったのでした。
その後、くだんの元部下から、△△さんは勘違いしています、とまたまたショートメールがあったので、勘違いさせたのはそっちだろに加えて彼のあまりにも配慮の無いメール内容を一丁両断の唐竹切にしたのでした。
ちなみにこの日の私は富山にいたので彼女の心配はそもそも無用だったのであります。
皆さんは、この話を読んで、彼の配慮の無さか私の勘違いかどちらの分が悪いと思われますか。
こんな日もあります・・・


鉄拳、最新パラパラ漫画「お父さんは愛の人」



IMG_5628
という事でまだ雪が残っている富山に来ています。
高岡は寿司王国です。
今日のお店は「粋鮨」高岡店さんです、

住所: 富山県高岡市あわら町110
電話:0766-21-8193
定休日:無休

IMG_5629

IMG_5630
お店の外観です。

IMG_5632
店内の雰囲気です。

IMG_5631
メニューです。

きょうのオーダー
氷見浜5種盛り(のどくろ、やりいか、鯵、ほうぼう、柳八目)@810円
貝三種盛り(活ばい貝、ほたて、活赤貝)@560円
紅ズワイガニ@340円
あら汁@240円
の計@1,950円(内税)です。

待つこと3分で次々と寿司が作らました。
IMG_5633
まずは氷見浜5種盛り(のどくろ、やりいか、鯵、ほうぼう、柳はじめ)を頂きました。
この盛りあわせは、やはりのどくろ(一番下)は嫌味のない脂がよくノッテいて美味しいのですが、白眉は柳八目(やなぎはじめ=一番上)です。
白身ですが上品な脂がのっていて美味しいです。
始めていただきましたがこの姿からはここまでの美味しさ想像できませんでした。

IMG_5634
つづいて貝三種盛り(活ばい貝、活赤貝、ほたて)です。
活ばい貝のコリコリ感にノックアウトされました。
活赤貝も美味しいです。

IMG_5636
紅ズワイガニは鐵板の美味しさです。
身も締まってご機嫌な味わいでした。

IMG_5635
椀物のあら汁です。
ここのあら汁は上品な味付けであら臭さを感じさせません。
これは私の好きな味わいです。
このお店は回転寿司ではありますが、実態は、カウンターダイニングです。
メニューを見ながらお財布と相談しながら美味しそうな魚を選んで食べるカウンターダイニングは私の好きな食べ方であります。

それでは(^_-)

高岡 粋鮨

今日は「複雑怪奇な日本の鉄道」です。
観光者(あるいは、居住者も)を悩ませるのは、東京のような都会に張り巡らされている広大な路線網で、これは相当に手ごわい。多くの外国人観光者には、私鉄、JR、地下鉄、路面電車、路線バスがそれぞれの料金体系で運行していること、その結果それぞれの路線で乗車券を購入しなければならないことは知らない。
一つの路線が別の路線に直結している直通運行も一般的ではあるが、実はこれがさらなる混乱につながっている。東京における京王と東武、大阪における阪急と近鉄のように、多くの都市間運行路線では、終点の駅が異なったり、運行経路が複雑になったりする。
その結果、土地勘のない人には分かりにくくなってしまう。
さらに、鉄道会社の運行体系には、特急、急行、快速、通勤特急、準急、各停などさまざまなものがあり、たとえば、外国人にとっては「急行(rapid、またはexpress)」と「準急(semi-express)」、「通勤特急(limited express train)」の概念的な違いがわからない場合がある。そもそも、そんなに細かく通勤電車の種類が分かれている例は海外では多くない。各停が途中で急行と待ち合わせたり、準急に抜かされたり・・・・・・は上級者でないと理解できない。
しかも、主要路線の中には、途中で枝分かれして異なる終点に行くものもある。
こうした複雑さが原因で、日本の鉄道路線図は外国人には解読不能に近いものになっているといっても過言ではない。
「外国人が心底パニクる複雑怪奇な日本の鉄道」東洋経済より転載

DNIB8doVQAAsmW5
この間、東京在住歴10年のイギリス人と話していましたら、新宿駅はmaze(迷路)だと言っていました。
いまだかつて迷わずに待ち合わせ場所に行けた事がない。
東京駅もそうだ。
ディズニーランドからの帰り道に東京駅で降りたら出てきたところは有楽町だ。
思わずワープしたかと思ったよ。
さら〜にいえば大手町はどんだけ広いんだ。
夜になれば構内巡回する駅員は自転車で廻っていると会社の同僚から聞いた。
そんなところ迷わずに行けるわけがないだろ。
多分、大地震が来た時に大手町駅にいたら間違いなく駅構内を迷いながら死ぬな。
若しくはエンペラーの御殿は大手町駅と地下通路でつながっていると聞いたのでその御殿に迷い込むかしかないな。東京の駅は複雑すぎてわかんないぞ!
と最後は逆ギレしていました。

皆さん、このイギリス人は笑えませんぞ。
かくいう私も在札後半になってきますと、東京出張では地下鉄の乗り方がわからず迷子になりそうになったことがあります。
最近では赤坂見附から永田町若しくは溜池山王に行く時には迷いそうになりました。
さら〜に、私にとっての強敵は千代田線の北千住駅から東武電鉄の北千住駅に行くときです。
いまだかつて迷わずに急行に乗れたことは一度もありません。
これはこれで腹立たしいのですが、たかだか東京在住歴10年のイギリス人が東京の鉄道を苦も無く乗りたいというのはまさに笑止千万のたわごとであります。
事程左様に東京の電車に乗るのは難しいのでした。


はがれにくい「絆創膏」の貼りワザ!指先のキズも大丈夫



IMG_5279 (2)

IMG_5276
今日は豪雪の高岡に出没です。
高岡は寿司王国です。
美味しいと言われる寿司屋さんは完全制覇したと思いきや今日のお店は訪れていませんでした。
今日のお店は「粋鮨」高岡店さんです、

住所: 富山県高岡市あわら町110
電話:0766-21-8193
定休日:無休

IMG_5263

IMG_5264

IMG_5265

IMG_5266
お店の外観です。

IMG_5270
店内の雰囲気です。
店長が気軽に写真撮影に応じてくれました。
ハンサムですね・・・

IMG_5267

IMG_5268
メニューです。

今日のオーダーは「氷見づくし盛り&さば&あらじる」@1,000+@240+@240=1,480円です。
このお店の前は何十回も通っていたのですが、いつ見ても店内には客が入っていないので不味寿司屋さんだと勝手に決めていたのです。
しか〜し、今日乗ったタクシーの運転手さんが、「寿司くいねぇ!(超人気店)」さんと比べても遜色はありませんよ、という事で訪れました。

IMG_5269
待つこと2分で「氷見づくし盛」の到着です。
見た目美味しいそうです。
「氷見づくし盛り」は、ふくらぎ、黒鯛、あじ、平目、ぶり、氷見まぐろ、目鯛、のどくろ、ですが、店長の説明とメニューが微妙に違いますが気にせず頂きます。

IMG_5272
それでは実食です。
皆、美味しいですね。
ここシャリが美味しいのです。
肴も美味しいです。
店長は毎朝、氷見港から厳選した魚介類を仕入れていると言っていました。
特にのどくろは生きいて良かったと思わせるような味です。

IMG_5275
追加で頼んだ「さば」も脂が乗っていて美味しかったですね。

IMG_5274
あら汁はよくあらが炊けていて体が温まりました。
これまた美味しであります。
たった一回なので軽々には判定できないのですが、夜の部に限って申せば「粋寿司」さんに軍配をあげます。
美味しゅうございました。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ