下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

築地場内

続 築地場内 やじ満

今日は築地に出没です。
何気にあるいていると史碑が目に飛び込んできました。
目を凝らすと、その史には碑築地の講武所内に「軍艦操錬場」を設立し勝海舟がその指導に当ったとの文言が読み取れました。
そうかこの場所で竜馬が軍艦の練習をしていたんだと、この史碑にシンパシーを感じて雀躍しのです・・・しかし冷静に考えると竜馬は神戸の海軍操錬場だったことを思い出し早とちりに苦笑いを浮かべたのでした。

今日は築地場内の「やじ満」で連食です。
前回は「かきラーメン」で半滑りしたので、今回はそのリベンジです。
やじ満11
お店の外観です・・・時間が12時丁度でしたが並ばずに入れました。

住所: 東京都 中央区築地5-2-1 築地卸売市場8号館
電話:03-3541-0729
定休日:日曜・祝日・休市日(主に第2・4水)

ここから先はパチリでご覧下さい。

やじ満12
さりげに店内のパチリです。

やじ満13
今日の獲物は「ニララーメンホワイト」@900です。具はソテーした大量の豚バラ肉、大量のニラ、キクラゲ、筍です。スープも熱々でパチリが曇っています。

やじ満14
味ですか、かなり美味しいhappy01・・・しかし豚肉が多すぎます。もったいないので残すまいと思い食べ続けたのですが、最後の頃はアキテきました。それとキクラゲがあまりシャキシャキしていませんでした。
それを差し引いても個人的には好きな味です
最後に一言つぶやかせてもらいますと・・・@900はタ・カ・イと思います。


それでは(^_-)

築地場内 やじ満

今日は築地に出没です。
よって今日は築地場内です。たまには勝どき門からの入場を止めて、波除(なみよけ)神社からの入場です。見かけによらず信心深いので波除神社でお参りをしてからのお昼ごはんです。
二つの獅子がお出迎えです。

まずは雄の天井大獅子です
やじ満1
江戸時代、厄除・災難除の象徴として多くの参詣者を集め又当神社祭礼「つきじ獅子祭」の名称の元をもなした「厄除天井大獅子」は江戸末期に焼失以来その復興を待たれておりましたが、平成二年に神社の御鎮座330年を記念し、樹齢約三千年の黒檜(ねず)の原木を用いて高さ2,4m幅3,3m重さ1t往時に勝るとも 劣らぬ 名実共に日本一の厄除天井大獅子として、加賀鶴木の現代の名工・知田清雲氏とその工房の手により再興され、神楽殿を基礎より全面改築された獅子殿に納められたものです

次に雌のお歯黒獅子です。
やじ満2
学芸の才能と豊かな財をなす福徳の神「市杵島姫命いちきしまひめのみこと」をお祀りこの御祭神を俗に弁財天と称することから弁財天社と呼ばれています。社の中に収められております「お歯黒獅子」は江戸時代に東都名物で在りました雌の大獅子を祭礼で担ぐ様に高さ一尺の台座を含め高さ2,2m 両耳幅2,5m 総重量 700kg 総漆塗り一木造で、木彫・加賀獅子頭の名工の流れをくむ現代屈指の彫刻師・知田清雲氏とそれを支えた熟達の加賀の職人達の技により、紅色の肌地にお 歯黒を施し金箔押しの巻き毛で腰高の姿に平成十四年再興され、この雌を表す頭の宝珠の中に弁財天・市杵島姫命の御神像が収められております。

今日の獲物は決め打ちで「高はし」のふっくらとした「あなご丼」@1,100にしたかったのですが
やじ満3


来てみたら既に売り切れやじ満4


他に何かないのかなとおもいお店の扉に張ってあるお品書きを見ますと、一番安いので「銚子地きんめ煮」@1,800です(笑)
やじ満5
一応B級グルメのブログなので仕方なく「高はし」は断念しました。

よってお隣の「やじ満」にしました。
やじ満6


住所: 東京都 中央区築地5-2-1 築地卸売市場8号館
電話:03-3541-0729
定休日:日曜・祝日・休市日(主に第2・4水)

今日の獲物は「カキラーメン」@950です。
やじ満7


実は何を食べるのか色々悩んだのです・・・アサリラーメンが美味しそうだったし、隣のお嬢さんが頼んだニララーメン麺少なめホワイト、ワンタン入りを真似して頼みたかったのですが、しかしどんなラーメンなのか皆目検討もつかず次回にと見送ったのでした。
やじ満8
カキラーメンは大ぶりのカキをソテーしたもの、大量の香り高いニラ、しゃきしゃきの筍、そして白湯(パイタン)スープ、細麺の組合せです。


やじ満9
味ですかとても美味しいhappy01

しかし残念なのはカキが磯臭かったのですこのカキが海のミルクのような味でしたら完璧だったのでしょうね。でも決して不味くはなく・・・いけるのですよ。
やじ満10



今度はお隣のお嬢さんがたのんでいたニララーメン麺少なめホワイトワンタン入にしましょうか、これなら間違いないでしょう。
最後にこの判じ物のメニューの翻訳ですが、ニララーメンって本当は醤油味ですがこの常連は敢えて塩味にしたので→ホワイト、麺少なめはそのままの通り、ワンタンはトッピングで6個260円のものが選べるのでそれが入っているって感じですネ。

それでは(^_-)

築地場内 豊ちゃん

「エンコで朝までキスグレテいたら腹が空いたのでオートン飛ばして築地場内の豊ちゃんでアタマ食べたぜ」この意味が分かる方はテキヤ業界の方です。
訳をつけますと以下のようになります。
「エンコ(浅草)で朝までキスグレテ(酔っ払って)いたら腹が空いたのでオートン(タクシー)飛ばして(急がせて)築地場内の豊ちゃんでアタマ(???)食べたぜ」

これ大学二年生の時の実話です。
浅草の先輩たちと朝まで飲んでいたらお腹が空いたので「吉野屋」じゃ洒落にならないという事でタクシーに皆で同乗して築地場内の豊ちゃん(朝5時半からやっている)に連れて行ってもらったのですが、その時このアタマが分からなかくて田舎もの扱いされたのです。

それでこのような前フリをしたのでした。
何だと思います?
「アタマ」はカツどんのアタマにのせる部分を別の皿で食べるものですと書いていて、まさかNETに載ってないよねと見たら豊ちゃんそのものがホームページ作っていたのですね。
もともとは酒のツマミとして考案されたのです。
勝どき近辺の飲食店ではいまや公用語となっています。
店名の由来はホームページには書いてないですけれど、創業者の長田豊秀さんの「豊」からきているのは自明の理ですね。
現在は長女の旦那さんの松田さんに代替わりしていると思ったのですが・・・
久々に訪れたのですが、当たり前ですが値段が倍半分になっていて驚きました。
ここは一言でいえばフライのお店ですが、今日は誰も頼まない親子丼にしました。
豊ちゃんの親子丼
本当に味濃くて午後ずーと水ばかり飲んでいます

味ですか。骨太というか分かりやすいというか体育会親子丼です。
味付けはやはり築地の仲買さん達が相手ですから濃い目です。
鶏も硬いというのではないのですが鶏だという感じです。卵も少しグズグズのところがあるのですがやはり卵だと主張しています。唯一の救いは三つ葉ですかね。
でも美味しかったですね。

隣のオジサンが食べていたアジフライが美味しそうだったので次回はそれにしようと決めたのでした。

それでは(^_-)

築地場内 トミーナ

「エーツ今日水曜日だったの」と叫び声で始まるには訳があります。
今日は築地にあるお取引様に打合せに行きましたので、当然の事ながらお昼は築地場内(魚がし横丁)と決め打ちしていたのですがご承知の通り魚河岸は水曜日が休みなのです。

仕方ないから場内をウロウロしていたら唯一「トミーナ」さんだけがやっていました。
私はここのゴルゴンゾーラピッア@1,500(これ最高)が好きでチョコチョコ食べに来ているのです。
ちなみに「トミーナ」さんの店名ですが、ご主人が「富山さん」そのままだとイタリアンレストランぽくないので「ーナ」を付けてトミーナという名前になりました(成程

今日もゴルゴンゾーラピッアにしたかったのですが何故か今日はピッアは作りませんとの事でしたので、パスタの王道ペペロンチーノ@900にしました。
ペペロンチーノとはイタリア語でとうがらし(小さな=チーノ、ペペロン=ピーマン)という意味です。一時期イタリアに行きたくて行きたくてイタリア語を勉強した残滓です(ただの自慢ジャン
ここのペペロンチーノは赤ピーマン、黄ピーマン、マッシュルーム、玉ねぎ、ニンニクスライス、鷹の爪が入りそれにバージンオイルを絡めて料理されています。


本音を言えば、ニンニク、鷹の爪、バージンオイルのシンプル三点セットが好きなのですが美味しいので許しましょう、でも量がすこし少ない(笑)ですね。

なにやら「トミーナ」さん銀座に新規店を作るそうですよ。
ビール会社の営業さんとの打合せが耳に入ってしまいました。
ゴメンナサイ、ブログに書いちゃいましたm(__)m
お店の内容はイタリアンに拘泥するのではなく、ノージャンルのカジュアルダイニングになるようです。楽しみですね

私は築地場内(魚がし横丁)は大学生の頃から通い詰めているので、かなり詳しく一度特集を組んでみたいと考えています。
 
それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ