下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

穴八幡神社

池袋 洋包丁 池袋西口店

今日は「大晦日起源(中編)」の話です。  
今年もおおつごもりまであと数日です。
年越しの支度は整いましたか。
大晦日の起源を3話に亘り紹介します。
宜しくお付き合いください。
中篇は「そばを食べない地域も」です。

年越しそばを食べるようになる以前、日本各地には、「年取り魚」といわれる魚を大みそかに食べる風習があった。 
その代表は「ブリ」と「サケ」。ブリは出世魚だから、サケは「栄える」という言葉にかけられるので、「年取り魚」と呼ばれ、好まれた。お歳暮で新巻きザケが贈られたのも、その名残らしい。 
これらの風習が残っている地域もある。お茶の水女子大学生活科学部の飯島久美子さんたちが2002年に実施した「年越し・正月の食生活習慣に関する実態調査」によると、「年越しに決まって食べる料理」で1位だったのは、やはりそばで、全国平均74.8%だった。 
だが、「そばを食べる」という回答が50%を切る県もあった。北海道は46.9%、長野県は47.2%。「長野県では大みそかにご飯を炊いていてサケ、イワシ、ブリ等の年取り魚を用意して『年取り』を行う」「北海道でも年越しに、ご飯と年取り魚を食べる習慣や、ご飯に鯨汁をそなえて大物になるようにあるいは大漁になるように祈願する習慣があった」という。 
「年取り魚」には、海水で心身を清めて大みそかに訪れる年神を迎えるという意味があったらしい。
国学院大学大学院の三橋健客員教授によると「日本人は平安の昔から節目を大切にしてきた」そうだ。3月3日今5月5日などの節句がそれに当たるが、最も大切だと考えられたのが「大節供」と呼ばれる、古い年と新しい年の節目の大みそかだった。「節目は峠と同じで、それを越えると新しい世界が見えてくる。でも、峠を越える時には力も必要だし、危険も伴う。だから神様の力を借りて越えようと考えた」

THE NIKKEI MAGAGINE「おおみそかの夜・・・」より転載

そういえば我家は私が下町をはなれてから大晦日の「年越しに決まって食べる料理」はうどん+てんやの「天ぷら」ですね。
IMG_7471
毎年、早稲田の穴八幡神社に行き「一陽来福」のお守りを買い替え、その足で早稲田高校前にある「てんや」さんで天ぷらを買うのが私の年中行事です。
今年からうどんは大好物の富山の「氷見うどん」にしてもらったのでとても「年越そば(うどん)」は楽しみにしています、ハイ。
あなたはどのような大晦日を迎えますか・・・

今日は池袋に出没です。
IMG_0285
本当は「港屋インスパイア」のNO.1店の「壬生」さんに行きたかったのですが、11時半開店なのに11時20分にお店に着いてしまいました。
この日は寒波到来でとても寒く、体感温度も低く感じられたので、10分間も待つことすら嫌で、なお且この寒空で冷たいつけ蕎麦もないだろうとChange the restaurantとしたのです。
次のお店を探しながら池袋駅に戻る途中、私のsixth senseにピンとくるお店が目に飛び込んできたのです。
ということで今日のお店は「洋包丁」池袋西口店さんです。

住所: 東京都豊島区池袋2丁目41−6 第一シャンボールビル1F
電話:03-5952-1705
休日:不明

IMG_0286
お店の外観です。

IMG_0288
メニューです。

IMG_0289

IMG_0293
今日のオーダー「スタミナ焼定食」@800円です。
一人だったのでカウンターに座らされました。いきおい我が眼(まなこ)は厨房に釘付けとなったのです。
キレイで清潔感溢れる厨房です、こういう厨房のお店は間違いなく美味しいのです。
chefがガスコンロに火を入れると、高さ30cmにもなろうかという野菜の面々、即ちキャベツ、タマネギ、ニンジンand豚肉がフライパンに投入されます。
しばらく蒸し焼きにして野菜の高さが半分位になるとおもむろにフライパンを煽ります、煽ります。
このお店のchefのフライパンの煽り方は熟練の技です。手首のsnapをよく効かせて完璧な楕円運動が眼の前で展開されます。
そして野菜がフライパンの高さの1.5倍位になると魔法の水の注入です。
しばらく煮立ててから、再度完璧な楕円運動を行い、そしてソースを投入しそのソースを良く野菜にからませてからさらに駄目ダシの煽りが加わり火がおとされました。
最後のingredientの生卵がこの料理の絶巓(ぜってん)に投下され完成です。
この間12分の調理時間です。
味ですか、美味しいですネ。野菜がしんなりとしており尚かつ味わいが良いのです。
また少し甘みがかったソースが絶妙です。豚肉も美味しいビックリマーク
久々にホンマもんの洋食を頂きました、美味しゅうございました。

それでは(^_-)

池袋 麺屋武蔵二天

今日は穴八幡神社の御札を更新のため例年の通り西早稲田にやってきました。
ご存知穴八幡神社です。
麺屋武蔵二天1


穴八幡神社の布袋様です。参拝客に撫でられテカテカに光っています。
麺屋武蔵二天2


穴八幡神社の参道です。朝の十時だというのに参拝のかたで賑わっています。
麺屋武蔵二天3


早稲田ビールですと(笑)味見しようと思ったのですが午後から車を使う用事があるため見送りました。
麺屋武蔵二天4


このバケツ誰がどのようにしてこの木のテッペンに乗せたのでしょうか、悩むでしょう(笑)麺屋武蔵二天5


水稲荷神社です。元禄十五年(1702年)に大椋(おおむく)の下から霊水が湧き出し、これが眼病に効能があるとされ江戸中で大評判となりました。またその節のご信託に「我を信仰するものは火難を免(まぬが)れしむべし」と宣ったものですから、この時以来「水稲荷」と称することとなりました。そして消防関係者及び水商売の方々の氏神様となったようです。
【水稲荷神社案内書より転載】
麺屋武蔵二天6


境内の外れにある堀部安兵衛碑の案内の高札です。これが見つからず30分以上探しました。麺屋武蔵二天7


堀部安兵衛顕彰碑です。
麺屋武蔵二天8
講談『高田馬場の仇討では『元禄7年(1694)最後の頼みと堀部安兵衛の長屋を訪ねた菅野六郎左衛門、我らが主人公安兵衛は、呼ばれた酒でしたたかに酔って留守。やむを得ずひとり決闘の場に向かう六郎左衛門。入れ違いに長屋に戻った安兵衛は伯父からの手紙を一読するや、一目散に高田馬場へと走り出す。とにかく走る、走る・、走る・・、走る・・・ 。韋駄天走りで走りに走り、八丁堀の長屋から高田馬場までひとっとび。さあ立ち会いの前のひと呼吸、酒を升で一呑み、喉を潤し、ブォーと柄に霧吹きかけていざ一戦』ということで堀部安兵衛は18人切をしたことになっています。
しかしこの顕彰碑の説明書きでは村上三兄弟VS菅野六郎左エ門、堀部安兵衛の義理の伯父甥コンビとの死闘です。堀部安兵衛はこの死闘の中で三人切り伏せたことになっています。しかし伯父の菅野六郎左エ門は帰路の途中で深傷のため絶命したというのが真相のようです。
何で明治43年に堀部安兵衛こと「堀部武庸(ほりべたけつね)加功績跡」の碑が建てられたのかはわかりませんでした

隣接する「甘泉園公園」です。
麺屋武蔵二天9
甘泉園公園は、もともとは、徳川御三卿(徳川御三家を補佐する役目。)の清水家の下屋敷でした。甘泉園の名前の由来は、庭園の中央から湧き出している湧き水があり、その湧き水が、お茶を入れるのに適していたからと言われています。
麺屋武蔵二天10
しかし山手線内側にこんな広大で綺麗な公園があるのは知りませんでした。

お昼へ行く途中の「鬼子母神」です。境内はすでにお正月を迎える準備でおおわらわです。
麺屋武蔵二天11



今日のお店は「麺屋武蔵二天」です。
麺屋武蔵二天12
朝の10時から約二時間歩き通しでしたので、とてもお腹が空いています。
今年の最後のBlogですので色々と行きたいお店もあり、特に麺屋武蔵系は好きではないのですが背に腹は変えられず入店したのでした。

住所: 東京都豊島区南池袋3-14-12
電話: 03-5950-9210
定休日:無休

麺屋武蔵二天13
今日の獲物「ラーメン」@750です。

麺屋武蔵二天14
麺は中太麺で、モチモチ熱々で結構です。スープは魚介系スープですが空腹なのでイケました。熱いスープでしたので冷えた体が温まり助かりました。チャーシューはそれ程ではありませんがマズマズです。
今年の締めラーメンですが、美味しかったですね happy01
特に店員が親切、丁寧で好感が持てました。しかし湯切りのパファーマンスはいらないのでは・・・美味しいお店は一切のパファーマンスは不要と考えます

麺屋武蔵二天15
な何と珍しく完食しました。ご馳走様でした。

池袋はこの近くは単にラーメン店が多いという激戦区ではなく「光麺」「無敵家」「ばんから」「玄武」「屯ちん」など、行列のできる店が多い激戦区というか激しい闘いを強いられる地区です。今日も「無敵家」「ばんから」は長蛇の列です。
はたして「麺屋武蔵二天」はSurviveできるのでしょうか・・・頑張って下さい。

来年も引き続きのお立ち寄りお待ちしています。
良いお年をお迎えください。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ