下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

稲庭うどん

銀座 佐藤養助 リターンズ

今日は「カープ女子」です。
20120705012242f53
子供の頃、父親が産経新聞というマイナーな新聞を取っていたせいか、販促品が多く供されていました。
その中で、たまにもらうのが東京スタジアム(旧:東京オリオンズ→現:千葉ロッテマリーンズ)の野球観戦券です。
実は、私の父親は野球をあまり好きではないと思っていたのですが、これが私の思いに反してオリオンズ戦には私を連れて行くのでした。
と申しても通算5回くらいなのですが・・・
当時の東京スタジアムはコンクリートのベンチシートなのです。
従いまして、座布団を持っていきませんと、お尻が冷えて冷えてたまらないのですが、ケチな父はそのような上等のモノを持っていくわけはありません。
冷たく凍えたコンクリートベンチを尻体温で温めて野球観戦をしていました。
しか〜し、知っている選手がいない野球観戦ほどつまらないものありません。

20170212055339916
当時の東京スタジアムのファウルエリアは球場敷地が狭隘なためやや狭く、内野フェンスも低かった為、要は選手がすぐ傍に見える事ができたのです。
人気チームでもないオリオンズ戦は観客も少なく、本当に観戦している人数が数えられ程でした。
中には寒さをしのぐ為に、石油缶の空き缶にどこからか持ってきた木の切れっぱなしを焚き木として入れて暖をとっていたツワモノもいました。
しか〜し、それを咎める球場管理者もおりませんでした。
ましてこの球場は、山谷地域に隣接する南千住にあったものですから、観客の質も悪くて、観戦中はヤジの応酬で聞くに堪えられないものがありました。
稀に酔った観客同士がガチな殴り合いをしていまいした。
また先ほどの説明にもあった通り、選手との距離が近いものですから、絶対に言ってほしくない醜聞的なヤジにはマジギレして、馬鹿野郎、ここに降りてきて勝負しろ、と激高する選手もいたのですが、上等だよ!テメエなんか、球場でしか生きられない野球カタワじゃねえか。
文句があるなら没収試合覚悟でここまで登ってこい、と返され真っ赤な顔して地球を蹴っ飛ばしていました。
実は、父親はこのヤジ合戦を聞くのが好きだったのです。
小心なものですから、最初はおとなしくこのやり取りを面白おかしく聞いているのですが、暖を取るために呑んでいたお酒が体に回る頃には、誰かのヤジにかぶせてヤジっていました。
子供としては、恥ずかしくもあったのですが、野球とはこのようなものだと思っておりました、ハイ。

d_09151949
それから幾星霜、今、野球応援と申せば「カープ女子」が話題を集めています。
「カープ女子」とは、カープの連覇を強力に後押しをし、恋ちがうか鯉のためならお金も時間も惜しまないcheering groupなのです。「カープ女子」は華やかな見た目とは裏腹で、野球への取り組み方で選手を判断する硬派のグループなのです。
そのかけるお金は観戦一試合11,413円で、二番目にお金を使うソフトバンクファンの8,813円の1.3倍です。
その応援にかけるお金は他球団より頭一つ抜きんでいます。
年間100万以上野球観戦にかけている熱心なファンも珍しくないそうです。
この「カープ女子」効果は球場の雰囲気も変えています。
カープの投手が四球を与えそうになりますと励ましの拍手が起きます。
失策にもドンマイの声が出ます。
きついヤジを飛ばすオジサンがいるとみんなで睨みます。
従来のステレオタイプのヤクザチックなオジサンファンとカープ女子との選手の鍛え方は違いますが、うまくなって欲しい、強くなって欲しいという思いは一緒の様です。
これでは広島カープが強くなるのは当たり前ですね。
ちなみに私は、野球はバッティングセンターで白球をかっ飛ばしに行く以外は興味はありません、ハイ。


自転車ドリフト。



今日はザギンに奥様と出没です。
お店に行くまで少し銀ブラしましたのでご紹介します。

#歩行者天国終了後の銀座七丁目
IMG_2109
危ないですね・・・

#歌舞伎役者が信心する神社
IMG_2113

IMG_2111

IMG_2112

IMG_2110
豊岩稲荷神社が建てられた年月は未だ不明ですが、16世紀に活躍した武将、明智光秀(あけちみつひで)の家臣が、主家の再建を願ってこの地で神様を祀ったことが始まりと言われています。もとは一般的な神社の形態をもっていたものの、相次ぐビル建設の影響で、現在のような姿に変貌したのだそうです。
1800年代後半に活躍した歌舞伎役者・市村羽左衛門(いちかわうえもん)も生前、この神社を度々訪れて興行の無事を祈願したことで脚光を浴び、現在も多くの歌舞伎役者や芸能関係者が頻繁に足を運んでいるそうですよ。

#わだ家
IMG_2116

IMG_2115

wadaya2

無題
和田アキ子さんのご主人が経営をしている豚しゃぶしゃぶと創作和菜が楽しめるお店です。
銀座にありながら良心的な値付けのお店です。
今度お邪魔しようかなと思っています。

IMG_2114
今日のお店は再訪店です。
今日のお店は稲庭うどんの絶巓「銀座 佐藤養助 」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-4-17 出井本館1F
電話:03-6215-6211
定休日:無休

IMG_2117
お店の外観です。

IMG_2129
店内の雰囲気です。

IMG_2120

IMG_2119
メニューです。

本日の料理
二人でシェアした「カマンベールチーズ天麩羅」@800円
私のオーダー「二味せいろ」@1,300円
奥様のオーダー「山かけうどん」@1,400円
です。

IMG_2121
待つこと5分でアミューズでしょうか・・・
ディナータイムなのでしかたありませんが、これで@350円です。
うどんの素揚げですか。
二人でお茶を飲みながらしみじみと食べていました。
意外に美味しいのです。

IMG_2123
待つこと13分で「カマンベールチーズ天麩羅」の到着です。
外剛内柔で且つチーズがとろけて絶妙なお味です。
美味しいです。

待つこと19分で「二味せいろ」と「山かけうどん」の到着です。
IMG_2124
まずは私の「二味せいろ」です。
滝の沢のきらめきのように輝く光沢に日本の匠の技をみました。
このお店は、秋田の万延元年創業の老舗稲庭うどんの直営店です
佐藤養助といえば七代目の代で一子相伝だった「稲庭うどん」の技術の門戸を開き、広く大衆にひろめたそうです。「稲庭うどん」が人口に膾炙するようになった最大の功労者なのです。

IMG_2125
それでは実食です。
独特芳醇な香りが、うどんをすすると同時にふわぁっと清流のようなひんやりとした香りに包まれました。
付け汁は醤油、胡麻味噌どちらもいいですね。
当り前ですが、付け汁は醤油からいただいた方が宜しいでしょう。
美味しいです。

IMG_2126
続いて奥様の「山かけうどん」です。
IMG_2127
これは出汁の妙です。
鰹節を主とした外連味のない味わいが心を鷲掴みにします。
透明感ある出汁の秀逸さは、この画像だけでも読み取れると思います。
とても美味しいです。
両方ともとても美味しゅうございました。

それでは(^_-)

続 銀座 佐藤養助

今日は「働き方」です。
IMG_6822

IMG_6823
長い事拒否っていたiPad をとうとう持たされてしまいました。
これって一つの労働強化ですよね(笑)

たとえば上述のようなiPadを使った帰宅後のメール、人脈を広げる勉強会、最近は激減しているものの無くならない取引先との接待これらは仕事の一つでしょう。
特にホワイトカラーのリーマンは仕事のonとoffの境目が曖昧です。
机上の基準で労働時間を管理するのは限界があります。
それならば「時間=報酬」の発想から抜け出して成果を基準に報酬を決めた方がよいのではないでしょうか。

週50時間以上働く日本人は32%もいます。
私もそうです。
これってアメリカ、イギリスの3倍だそうですね。
残業が当り前であるというふるまいは、換言すれば残業すれば残業手当がつくからです。
勿論私を含めた管理職は論外ですが。
政府は仕事にかかわっている時間ではなく、成果に報酬を支払う「脱時間給」の導入を目指していますが、対象は年収1,075万円以上の専門職としています。
外資系ならともかく邦人系でそんな高収入の専門職なんているわけもなく勢いその数は限られています。
政府のやることなんか聞いていられないということで、残業抑制のために残業をおおきく減らした部署には報奨金を払うという企業もあらわれており、その会社では仕事が早く終われば終わるほど給料が増えていくそうです。
それでも残業は一割弱しか減りませんでした。

政府は4月24日、霞が関の中央省庁が率先して朝型勤務・早時退庁に取り組み、民間にも働き方改革を促すため今夏に行う「生活スタイル変革」運動のキャッチフレーズを「ゆう活」(ゆうやけ時間活動推進)とすると発表しました。
明るい時間が長い夏の夕方以降を「自分の時間」にあて、生活を豊かにしてもらう為のようです。
かかる中、私は上述のiPad Air 2を持ってから大きな変化が表れました。
以前はガラ携だったので会社にきているmailは返信するのが面倒くさくて、ガラ携上で見るだけにしていて緊急性があった時だけ電話で対応していたのです。
しか〜しiPad Air 2はガラ携に比べるととても操作が楽なのです。
最大の要因はkeyboardを抱き合わせで用意してもらったからです。
PCほどのperformanceはないもののmailに限って申せばほとんど遜色がありません。
まして私は常在戦場リーマンなので、24時間は嘘ですが、セブンイレブン状態で働いておりますので、最近は早朝mailが激増しています。
即ち6時台のmailが当り前になってきているのです。
さすがにどこかで止めないと猿のラッキョウむき(きりが無い)になってしまうな、と考えている今日この頃であります。

わたしの人生が、一日八時間労働で成り立っていたとしたら、こんなに多くのことを成し遂げることは、出来なかっただろうね。(Thomas Alva Edison)


人生の選択・・・



IMG_6787
今日はザギンに出没です。
今日のお店は再訪店です。
今日のお店は稲庭うどんの絶巓「銀座 佐藤養助 」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-4-17 出井本館1F
電話:03-6215-6211
定休日:無休

IMG_6804

IMG_6789
お店の外観です。

IMG_6798
店内の雰囲気です。

IMG_6797
メニューです。

今日のオーダー「味くらべ温うどんと冷せいろ(醤油つゆ)」@1,300円です。
店内の絶世の美女客が眉間にしわをよせ、目の前の恋人に対して憂悲苦悩の瞳で噛みついています。
美女が怒るとこんなに美しいとは。
ぼーっと見惚れていましたら今度は私がその瞳で噛みつかれました。
ちょっとうれしかったりして・・・

IMG_6799
待つこと9分で「味くらべ温うどんと冷せいろ(醤油つゆ)」の着膳です。
見た目美しいですね。

IMG_6800
それでは実食です。
温かいものは温かい内にでまずは温うどんをいただきました。
鰹出汁が峻烈です、キレがあります。
透明感ある出汁にこのような深い味わい潜んでいるとは驚きました。
美味しいです。

IMG_6801
続いて冷せいろ(醤油つゆ)です。
涼感最高です。
加えて独特のいい香りが、うどんをすすると同時にふわぁっと清流のような涼しげな香りに包まれました。
これはたまりません。
美味しいです。

IMG_6802

IMG_6803
副食の海藻の佃煮と漬物(いぶりがっこ、青菜)も美味しいのです。
なんでしょうこの口福は・・・
心にやすらぎの光が差し込んでくるような気持ちになりました。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

水天宮 古都里 日本橋本店

今日は「冤罪考」の話です。
将軍家の食事をつかさどる江戸幕府台所頭、鈴本喜左衛門がある日、切腹を命じられた。三代将軍家光が鷹狩りに行った先で出された昼食の吸い物に砂がまじっていたのが理由である。たまたま強風で獲物がなく、機嫌を損ねていた家光の怒りがそのことで爆発した。

ところが喜左衛門は敢然と抗議する。砂は強風のせいで家光の口やひげについたもので、料理に入っていたものではない。口をすすぎひげを洗ってもう一度ためし、まだ砂がまじっていたら切腹でも何でもする。
事実は喜左衛門の言ったとおりだったという話が、幕臣の逸事を数多く収めた幕末の書物「流芳録」にある。

将軍が「ジャリッ」と砂をかめば家来の命が飛ぶ。冤罪はどこに潜んでいるかわからない。
人を裁く難しさである。東京電力女性社員殺害事件で、無期懲役判決が確定して服役中のネパール人受刑者が求めていた再審を認める決定が東京高裁で出た。「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」が見つかった、と決定は明快だ。

ネパール人は釈放されたものの、事件から15年という時がたっている。
意地やメンツでなお無用に時間を費やそうとしていないか。裁判所の決定に異議を申し立てた検察には、重々考えていただきたい。
家光は喜左衛門の態度を多とし、褒美として200石加増した。乱暴な決断も早いが、非を認めて正すのも早かった。  
日経新聞「春秋」より転載

久々に新聞を見て驚きました。
「無期懲役」が「無罪」ですか
この冤罪の結果はネパール人男性を15年間という歳月の間、彼の自由を剥奪してなおかつ真犯人はわからず事件は未解決という事実だけが残りました。
初めから有罪ありきの裁判ではなかったのでしょうか。
この判決で裁判の無謬性神話はcollapseしてしまいました。
ネパール人男性にはご苦労様でしたと申し上げるとともに15年間に亘り無実を訴え続けたご本人や家族の「無実を信じる力」に敬意を表したいと思います。
その一方亡くなれた遺族の方々の心情を考えると・・・
さすがに15年の時間経過のなかではあらたな真犯人の逮捕は難しく、さぞかし遺族の方々も心情は憤懣やるかたないと忖度するところでもあります。

江戸時代には高級武家の放蕩息子の不行跡にたいして、無禄の侍がその子供の将来を保証してもらうということで身代わり冤罪となった事例は多々あったと聞きおよんでいますが、これはこれで経済合理性の覚悟のもとで行われており、不幸と言えば不幸ですが宜(うべ)なるかなと思うところでもありますが、真の冤罪はやはり唾棄すべきものでしょう。


Can anyone explain why not float the swimmer's body?
If no air leaves the lungs, although impulse, if anything does not sink so fast.
Seems manipulated.



IMG_1284
今日は水天宮に出没です。
今日のお店はいつも行列ができているので気になっていました。
ということで今日のお店は稲庭うどんの名店「古都里」日本橋本店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋蛎殻町2-2-1 冨田ビル 1F
電話:03-3664-1030
休日:無休

IMG_1276
お店の外観です。

IMG_1279
店内の雰囲気です。

IMG_1278
メニューです。

なめらかな舌ざわり、淡白でつるつるした味わいのある稲庭うどんは、四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんとともに、日本三銘うどんの一つとして知られる干しうどんの逸品です。秋田県稲川町稲庭地区は、うどんづくりの里として知られ、各店が江戸時代から伝わる技に工夫を重ね、その味は全国的に高い評価を受けています。
稲庭うどんが誕生したのは江戸時代初期のことです。
当時、小沢地区に住んでいた佐藤市兵衛という人が、地元産の小麦を使って干しうどんや各種麺類を製造していました。
その味は比類なき上品と称せられるほどだったそうです。その後、佐藤吉左衛門がその技を引き継ぎ、さらに技術改良に努めた結果、藩主の御用を賜るまでになりました。
当時は生産量も少なく、庶民の口に入ることの少ない高級品でした。
そして特産品として知られるようになったのは、明治以降のことです。
宮内庁への献上や各博覧会などで数多くの賞を受賞。一子相伝と言われるうどんづくりの技と心は、今も脈々と稲庭の里に受け継がれているそうですよ。

IMG_1280

IMG_1283

IMG_1282

IMG_1281
今日のオーダーは「水天さん」@1,050円です。
「水天さん」は、稲庭うどん(麺つゆは醤油ダレと胡麻ダレの二種)、天麩羅(海老、さつまいも、かぼちゃ)、変わりご飯が付きます。
まつこと7分で運ばれてきました。
見た目美うどんですが超乙女盛です。
稲庭うどんはぴかぴかつやつやでしっかりしまっており、のど越しはツルツル。コシもあって美味しいです。
天麩羅もカラッと揚がっていて、痩せてはいますが特に海老は結構なお味でした。
麺つゆは醤油だれの方が美味しくいただけました。
胡麻ダレは麺が胡麻ダレの香りに負けている様な感じです。
唯一の瑕瑾は乙女盛です。
普段は少量でもあまり気にならないのですが、@1,050円のコストでこの量はさすがに考え込んでしまいます。

それでは(^_-)

新橋 七蔵

七蔵1

喫茶店に限らず、喫煙者に対する風当たりは強まるばかりだ。JR東日本の首都圏エリアの駅構内では、全面禁煙が09年4月1日から開始。一方、JR北海道では、誤解を生むとして電子タバコさえも禁止措置をとった。また、全国乗用自動車連合会の調べ(09年4月1日現在)では、全国の法人タクシーの禁煙タクシー導入は前年比33.8%増だった。喫煙者が思いきり煙草を吸える場所は少ない。

そんな中、全面喫煙ができる喫茶店として話題になっているのが「カフェトバコ」だ。08年10月に東京・有楽町店を、09年4月には東京・新橋駅前店をオープンした。ドアにも「【SMOKERS ONLY】当店は愛煙家のためのカフェです。お子様連れの方や20歳未満の方はご遠慮いただければ幸いです」と書かれている徹底ぶりだ。
有楽町や新橋はサラリーマン街。仕事の合間に立ち寄る人には重宝されているようだ。個人のブログでも話題となっており、次のような書き込みがある。

「ここなら非喫煙者へ配慮することも無く、思う存分タバコが吸えます」
「分煙してないお店はいくらでもありますが、これなら嫌煙家の人が間違って入って不快な思いをすることもないだろうし、棲み分けの極意と言えるかも」
「まさに煙草吸いのためのカフェといった感じです(略)気兼ねなく煙草が吸えるっていいですね」
【Yahooニュース】より転載。
煙草を吸わないのでまったく喫煙には困らないのですが、このお店の発想には脱帽です。まさにコロンブスの卵です。
山田君、企画推進した東和フードサービス営業本部の斉藤俊彦さんに座布団一枚上げてください

今日は行列のできる稲庭うどん「七蔵」です。
七蔵2
お店の外観です。

住所: 東京都港区新橋2-20-5新橋駅前ビル1号館2階
電話番号:03-3571-5012
休日:土、日、祝日

七蔵3
本日の獲物「稲庭うどん七蔵特製つけ麺(おしんこ付)」@900です。

七蔵4
自慢のスープです。
長年かけて仕上げた特製スープは、つるつるの麺に絡あい絶妙なハーモニーをかも(鴨)しだす。特製のつけだれはカツオ節、セロリ、鴨肉などをベースにだしをとり、だしで使用した鴨肉をペースト状にしたものとゴマペーストを加え、しょうゆ、みりんなどで味を整える。つけだれにはコクがあり毎日食べても飽きがこないと評判!
【七蔵HP】より転載

七蔵5
こだわりの麺です。
稲庭うどんの名店 七蔵の店主葛西剛男が秋田県稲庭町のみで造り上げる製造者に原料と製法を指定しております。
原料の小麦粉は麺に最適な中力粉100%を食塩は長崎五島灘産に水は地下100mから湧き上がる栗駒山麓の伏流水を用いて超多加水で練り上げ、手綯手延製法で4日間の長い時間をかけて麺の熟成を繰り返しながら造り上げます。
滑らかなのどごしの良さはもとより、しっかりとしたコシの強さと茹で上がり早さ、のびにくい特徴を持つ、葛西剛男が監修した「稲庭うどん七蔵」の麺をお楽しみ下さい
【七蔵HP】より転載

味ですか美味しいです。白ゴマペーストと自慢スープのfusionはタマリマセン。
麺も弾力がありこのコクのあるスープに良く絡んでプリプリの食感が楽しめます。沢山の薬味と少数精鋭の茗荷が味をよく引き締めています。誠に申し分ありません。

しかし値段が高いですね、ランチだから@900ですが、夜の部にくると@1,180です。
美味しいといってもうどんはうどんです。腰が抜けるくらいの味ではありません。
私は一度楽しめただけで結構です。基本的にB級グルメなのでこの価格の為に喜びも半分になってしまいました。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ