下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

福ちゃん

中華街 福楼

今日は「カルメンを観る」です。
IMG_2815

IMG_2817

IMG_2821IMG_2820IMG_2819
出演者の皆様。 掲載許可をもらい忘れましたが掲載お許しください。
長男の友人が音楽関係者です。
たまさか本業ではないのですが、オペラ「カルメン」に演者として出るというので、奥様と観劇にいって参りました。
奥様にとってオペラは眠りを誘うものみたいで、あまり好きではないのですが、今回は幕間の前に、指揮者から次の幕の見どころの説明があり、これが高評価で最後まで飽きずに観劇ちがうか感激して観ていました。
最近、説明付のオペラはブームのようですね。
ビゼーの「カルメン」は、有名すぎるが故に通俗的な曲なのでは、と誤解されることがあるのが大変残念ですが、決してそんなことはなく、本当に美しいフランスオペラなのです。名曲がギッシリでストーリーもわかりやすいのでオペラ初心者にもお薦めですが、初心者だけではなく本当のオペラ好きにも愛される名作中の名作なのであります。
個人的には三幕がおかしいとツッコミをいれていました。
実母が死にそうなので、異母兄妹の妹ミカエラが、兄のジョゼを探しに厳寒の山に入ってくるのは理解できるのですが、町中にいる闘牛士のエスカミーリョまでがなんで同じくこの厳寒の山にあらわれるのかでしょうか、不自然さ満載です。しか〜し、これがオペラなのです。
仮にストーリーが荒唐無稽でも楽しければそれでいいのです。
きれいな歌を聞ければそれでいいのです。
イタリア人が創ったオペラです。
細かいことをあげつらう事がそもそも野暮なのであります。

新国立劇場オペラ「カルメン」ダイジェスト映像。
この「カルメン」は新国立劇場ですから!



IMG_2786

IMG_2787

IMG_2788

IMG_2789
今日は中華街に出没です。
私の中華街デビューはこの「徳記」さんです。
たしか、大学の帰りにテニサーの女子ときて、老酒(ラオチュウ)を飲み過ぎて酔って帰っただけの記憶しかありません。ここの料理は美味しかったのかしらん、と確かめに来たのですが、生憎お休みでした。

IMG_2790

IMG_2791

IMG_2810
少し中華街をぶらつき「思い出探」しをしていたらお腹がすきました。
今日のお店は、中華街の小籠包大王「福楼」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町137-26
電話:045-651-2962
定休日: 無休

IMG_2795

IMG_2796
お店の外観です。

IMG_2807
店内の雰囲気です。

IMG_2802

IMG_2806
フクロウのふくちゃんは今日もお昼寝です。
もしかしてフクロウは夜行性なのでしょうか?

今日のオーダー「牛バラ飯&ヤキギョーザ」@630円です。
13時過ぎの入店でしたので店内の客はまばらでした。
しか〜し、お客の多くはふくちゃんとの記念撮影に興じていました。
IMG_2804
待つこと1分で辛みザーサイと玉子スープの到着です。
口が寂しかったので辛みザーサイを一切れ口にいれましたら、口からボッと火がでました。
なんだこの辛さは・・・

IMG_2808
待つこと13分で「牛バラ飯」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
うん、中華街のレベルではありますが、特筆する味ではありません。

IMG_2809
待つこと17分で「ヤキギョーザ」の到着です。
ずいぶんモッチャリしています。
味ですか、皮がくどいですが、餡はなかなかです。
食べ終えた感想ですが、このお店はコスパとフクロウの福ちゃんです。
財布が痩せた時にお薦めのお店です。

IMG_2811
帰り際に、長男の友人の差入で、私が中華街でいちばんお気に入りの「番餅」を求めました。
これは食べると病みつきになりますので要注意の点心であります。

それでは(^_-)

池袋 ビストロ OTTO

今日は「浅草地下商店街」の話です。
ここの商店街に行くには松屋の正面にある地下街への階段と╂草駅入口の看板が目印です。東京メトロ銀座線ともつながっていますので、すべてのお店が駅の構内にあるのと同じ雰囲気です。この浅草地下街 は50年前に建てられており、戦後の東京で一番古い地下街だそうです。

当り前ですが、この地下商店街は私が物心ついた頃からありました。
今でこそdeepとか格好良く英語で言い替えられることができますが、私が幼少の頃はすごかったのですネ。まるでシャーロック・ホームズの物語にでてくる貧民窟の飲み屋街的風情で、いわしの腐ったような目をした泥酔者の方々が熟柿(じゅくし)臭い息を公害の如くまき散らしては、地面に芋虫のように横たわり犇(ひし)めいていていました。
当時ここを通りぬけるのには、かなりの勇気が必要だったのです。

IMG_1745
そんな歴史をもつ浅草地下商店街になにげなく、それもしばらくぶりに立ち寄ったらなな何とお店に行列ができていました。
一つはタイ料理の「MONTEE」さんです。
一つはベトナム料理の「オーセンテック」さんです。
いつから地下商店街は東南アジア商店街に鞍替えしたのでしょうか。

IMG_0458
折角ですがお店の紹介を少しいたします。
まずは「立ち食いそば文殊」さんです。
ここはかなりお世話になりました。天玉蕎麦が美味しかったですネ。
お水は飲み放題ですし、刻みねぎ、唐辛子もかけ放題です、ハイ。

IMG_0459
「福ちゃん」さんです。
ここはdeepでcheapな焼きそばが有名ですネ。
子供の時二〜三回食べたことがありますが、まさに直球の焼きそばです。
味はこの言葉でお察しください。

IMG_1741
最近Breakしたタイ屋台めしの「MONTEE」さんです。
ここは長蛇の行列ができるくらいですので美味しいそうです。
「MONTEE」さんのスタッフさんは現地の方でして、日本語はかりなりあやしいのですね。
ちゃんとオーダー通せるのでしょうか・・・・
私はタイ料理が好きなので、今度暇な時に特攻しましょう。

IMG_1743
「MONTEE」さん同様最近Breakしたベトナム料理の「オーセンテック」さんです。
本格的なベトナム料理が楽しめるという浅草駅前地下街の激セマ店です。
予約困難な人気ぶりは、かつてベトナム料理の名店で料理長を務めた凄腕料理人だったご主人がつくる料理が口コミで広がったからだそうです。
エアコンが壊れているため巨大扇風機で廊下から風を送っていますが、今日通りすがりで見た限り、かなり店内は暑そうでした、ここも特攻予定店です。


浅草地下街
ところで子供とのときに良くここへ来ていた最大の理由は、この商店街を「立ち食いそば文殊」を右手に見ながら進み、「福ちゃん」を左手に見ながら進んで行くと突き当ります。
そこを左に曲がり、矢印のように階段を上り。さらにこの後に続く通路と階段をクネクネと進んで行くと地上にでます。そして地上の出口のすぐ右手にこの自動饅頭焼きの機械が見られたのです。つまり私は、このautomatic machineの動きを見るのが楽しみだったのですね。
地上から行くと人混みで邪魔されるのでこの地下商店街を通ることでshortcutしていたのです。暇なときは1時間位ジーットこの自動饅頭焼きの機械を飽きずに見ていました。
長じた現在、私はかなりせっかちな性格に変貌しており、この様な幼い頃のふるまいを思い出すと不思議な感慨とともに、幼き頃の郷愁が湧き上がってきます。
詳しくはyoutubeでこの機械の流れ作業をご覧ください。スタンド18




今日は池袋に出没です。
今日のお店は、池袋東武デパートにある私が懇意の「JPRESS」さんの店長のお勧めの、スタイリッシュでお洒落な空間が自慢の「ビストロ オットー」池袋店さんです。


住所: 東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル1F
電話:03-5958-0418
定休日:無休

IMG_1770
お店の外観です。

IMG_1780
店内の雰囲気です。何気にオサレです。

IMG_1771

IMG_1772

IMG_1773

IMG_1777
メニューです。

今日のオーダー「アサリと長ねぎのジンジャー・オーリオ+ティラミス」@800+@300=1,100円です。
このお店はbuffet形式かと思っていたので、懇意の「JPRESS」の店長さんのお勧めでも正直ヘジっていたのです。つまり量が多いのは苦手なのですネ。
ところが今日menuを凝視していたら、単品でも頼めるのが分かって入店と相成ったのです。

IMG_1775

IMG_1774
待つこと10分で着皿です。
見た目、美スパです。
ウ〜ン、ジンジャーオーリオの芳(かぐ)しい香りが鼻腔に突き刺さってきます。
パスタはアルデンテです。
味ですかアサリと長ねぎがそれぞれの個性を主張していてその鬩(せめ)ぎ合いが味を膨らませています。これはすごく美味しいですネ。特に塩加減が秀逸です。
ここのchefのlevelはかなり高いと拝察しました。

IMG_1779
ドルチェの「ティラミス」です。
味ですかまさにティラミス(私を天国へ連れていって)です。
久々に美味しい「ティラミス」を頂きました。
特にクリームのベースとなるザバイオーネが秀逸な味になっていて、まさに魅惑の誘(いざな)いです。ドルチェは材料の部分もあるのでしょうが、そのパート毎を一生懸命に作りこんだものの集合作品だと思うのです、そういう点でもいい仕事をされていますね。
これは美味しい


それでは(^_-)


土浦 天ぷら 八起

今日は「浅草松屋がなくなる?」です
中堅百貨店の松屋は浅草店(東京・台東)の百貨店事業を大幅に縮小する検討に入った。食品に特化する一方、それ以外のフロアについては来春にも専門店テナントに切り替えていく。同時に、社員のほかパート・アルバイト数百人を削減し、赤字体質からの脱却を目指す。
松屋は東京都内に銀座と浅草の2店舗を構え、広さ約1万9000平方辰寮草店は長年赤字が続いてきた。食品を扱う地下と1階を除き、3階以上の大部分の運営から事実上撤退し、外部テナントの導入で効率化を図る方針。
【12月19日 日本経済新聞 企業総合より転載】
これは下町っ子としてはショックです。浅草松屋といえばそれなりのステータスなのです。
要は銀座にいかなくても、同じものが浅草松屋で買えるということですから見栄っ張りの下町人には受け入れられていたのです。
私にとっては、浅草松屋は両親が結婚式を挙げたしところですし、よく幼い弟、妹を連れて、屋上の遊園地で遊ばせた後地下食堂で試食品を食べさせて、親からもらったオヤツ代をうかせた場所でもありました。
八起1
浅草松屋といえば、その地下出口からでたところにある浅草地下商店街の「福ちゃん」でしょう。その当時からディープな終戦後の闇市イメージを醸しだした店構えでしたが、そういう意味では今でもその妖しいまでの雰囲気は継承されています。ここ料理は美味しくないので間違って入りませんように(笑)
しかし、大学時代の経営学で「噴水効果」の説明では必ずデパートの喩えがでており、その当時はデパートといえば不沈鑑のイメージが強かったのですが、やはり巨体だけに「ゆで蛙理論」が当てはまってしまったのでしょうね。
【「福ちゃん」画像は「ごんざえもんの館」さんより転用】

【噴水効果】
デパートで、食品売り場を中心とする地下の施設を充実させ、店舗全体の売り上げ増加につなげる販売方法。集客力の高いテナントの配置や催事などで顧客を呼び込み、下から上への流れをつくり、ついで買いをねらうもの。
【ゆで蛙理論】
熱いお湯にカエルを入れると驚いて飛び跳ねる。ところが常温の水にいれ、徐々に熱していくとその水温に慣れていく。そして熱湯になったときには、もはや跳躍する力を失い飛び上がることができずにゆで上がってしまうというのです。私たちはこのゆで上がったカエルを笑うことはできません。ビジネス社会に生きる私たちも、慣れた環境に浸りすぎて変化に気づかず、変化だと察知できた時点では遅すぎて手が打てなくなってしまうことがよくあります。


今日は土浦に出没です。この町は食べるところがなく、仕方なく土浦に行くと必ず立ち寄る、天ぷら「八起」さんにお邪魔しました。

住所: 茨城県土浦市大和町4-4
電話:029-827-2308
定休日:不明

八起2
お店の外観です。

八起3
店内の雰囲気です。

八起4
ランチメニューです。

八起5
今日のオーダー「きす天丼」@800です。

八起6
ここはいつも「特製うな丼」しか頼まないのですが、今日はここのウリの天ぷらに挑戦です。味ですか、天ツユはいけるのですが、少し火が入りすぎのような気がします。外剛内柔の天ぷらというのは如何なものでしょうか、でも総じてイケました。ましてこのパフォーマンスで@800ですから、由としましょう。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ