下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

禁酒

新富町 一凛  リターンズ

今日は「停酒天国」です。
sake_book
お酒を止めたつもりがいつの間にかお酒を断ったみたいになってしまい正直申しておどろいております。
早いもので5年を経過して四捨五入しますと6年になります。
停酒の功罪を考えますと圧倒的にメリットが多いですね。
まずは金銭的負担の激減です。
飲酒時代にはドライデイがほとんどなく、病気にならない時以外は、ほとんど飲んでいたのでその経済効果は
▲月/10万円くらいでしょうか。
加えて、酔って財布を落とさなくなりました。
しか〜し、その反動で衣服にお金を掛けているのですが、さすがに毎月10万円も服は買わないものの、それになりに浪費しています。
従いまして、普段はかなりサレオツな格好をしています。
次に病気をしなくなりました。
多分に停酒をしたことで睡眠の質が良くなったみたいで健康になったようです。
この六年間で花粉症とノロウィルス以外は患ったことはありません。
マラソンが趣味なので走りすぎなければ薬(湿布薬)いらずです。
飲まないので身体がだるい日はなく、仕事が面白いですね。
絶え間なく新規ビジネスを創っております。
加えて、勉強をかなりしています。
この蓄積はリタイアした後、資格武装をする際に必ず活きてくると臆断しています。
特筆するのは、いつも素面なので夜中の緊急応対に隘路がありません。
この間も、深夜に友人から調べ物をしてほしいとの依頼があり、時計の針は0時を廻っていたのですが、1時までに回答して、大感動されました。
夜の酒宴も飲まないけれども、かなり積極的に参加しており、付き合いが悪いというそしりは受けた事がありません。強いて申せば、相手が悪酔いした時の私に対する本音トークは傷つきます。
向こうは酔った勢いで本音話をしたかったのでしょうが、こちらは真面目に聞いているので、酔ったという裃を着ていてもてもかなり傷つきます。
素面で歌うのが苦手だったカラオケも最近は歌えるようになりました。
カラオケだけは、自己陶酔して歌いたいので酔いは必要です。
これだけはまごう事なき事実であります。
どうなのでしょうか、高校、大学の友人のほとんどは多飲からくる酒毒で健康を害しています。
と申しましても、高血圧、痛風、糖尿病、高脂血症、肝機能等リーマン近代5病に患っているだけです。
で〜も、それが死への旅立ちのパスポートになっているかもしれません。
本音を申せば飲む日と飲まない日を切り分ける事ができればいつでも停酒をやめたいのですが、多分私にはできないでしょうから、このままキープゴーイングであります。
いずれにしてもクォリティオブライフですから、自らが納得していれば、酒毒におかされようがされまいがケセラセラで、世の中は自分が信じるようになっていくのだと思えばいいのではと思う今日この頃であります。
上から目線でしらたらあいすみませんでした。


運命的出会い…その結果は



IMG_0960
今日は新富町に出没です。

IMG_0961
来るたびに行列の長さが伸びています。人気店です。
今日のお店は東京チャイニーズ「一凛」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-5-8
電話:03-3542-6663
定休日:日曜・祝日・第一月曜日

IMG_0982
お店の外観です。

IMG_0965
メニューです。

IMG_0968

IMG_0964
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「豚肉と木耳の炒めとよだれ鶏の御膳」@1,300円です。
店内は女性客でみっしりとしていました。
女性は辛い料理は苦手かと思っていましたが意外でした。
今日の厨房は齋藤シェフではなくて渡辺さんでした。
渡辺さんてスーシェフ(副料理長)ですかね。
お手並み拝見です。

IMG_0967
まずはピクルスで料理がくるのを待っていました。
ニンジンのピクルスは甘くて美味しいですね。

IMG_0971
待つこと3分で「豚肉と木耳の炒めとよだれ鶏の御膳」の到着です。
見た目、盛り沢山ですね。

それでは実食です。
IMG_0981
まずは「豚肉と木耳の炒め」から頂きました。
あれっ、これって甘いですね。
砂糖が入っているみたいです。
これでは玉子のまろやかさが楽しめません。
プチ残念です。

IMG_0975
そして「よだれ鶏」です。
この辛さは程よくタレの味わいが得も言われぬものです。
鶏も柔らかく美味しいです。
パクチ大盛にしてもらいましたので大満足の味わいになりました。
この一品だけで満足です。

IMG_0978
もち豚焼売も美味しいです。
渡辺直美さんが焼売になったような感すらあります。
モチモチです。
これも美味しいです

IMG_0976
溶き卵スープです。
熱々で結構です。
中に浮かんでいるキノコの弾力を楽しみました。
美味しいです。
「豚肉と木耳の炒め」の甘さを除けば大満足です。
このコスパでは行列必至なのは仕方ないですね・・・

それでは(^_-)

続 大泉学園 十兵衛

今日は「黄色人はお酒が弱い」の話です。
元筑波大学教授原田勝二さんによりますと、人類の祖先は今から20〜30万年前にアフリカで誕生し、10万年ほど前に一部は中東から欧州に移動して白人になり、一部はアジア地域に向かって移動を続け黄色人になったとされています。
その時点まで人類は全般的にお酒が強かったのですが、黄色人種の一部が中国南部で突然、お酒に弱い性質の遺伝子を持つようになり、それが中国全土や韓国、日本に移動したのではないかとしています。だから日本人は混血なのでお酒が強い人と弱い人が混在しているのです。
ちなみに国内でお酒の強い人の比率が高いTop3は、秋田(76.7%)、鹿児島(71.4%)、岩手(71.4%)です。逆に比率が低いTop3は、三重(39.7%)、愛知(41.4%)、石川(45.7%)です。ちなみに下町っ子が生息する東京は58%以上60%未満です。
分布図を眺めますと、お酒に弱い人達が中国大陸から九州北部、瀬戸内海を通って、日本の中心だった近畿周辺に移り住んだ様子が分かるようです。
参考までにお酒の強い、弱いはパッチテストですぐ分かるそうです。
【NIKKEI PLUS1】より転載

お酒ですか、私は呑むしどちらかというと強いほうです。父親も呑むし、父方の祖母も呑むし、弟も呑むし、しかも私より強い、妹も呑むし、妹はさらに弟より強いのです。
そういう意味では我家系の祖先は縄文人かもしれません。
お酒はできれば呑まないほうがいいですね…意味不明(笑)
北海道時代突然禁酒をし足掛け5年間まったく呑まなかった時期があったのです。しかし返す返すも復活したことについては今でも後悔しております
北海道の時呑まないのによく接待をしていました。基本的に呑んでも呑まなくてもBehavior(明るく喋る)はあまり変わらないので、こういう性格は得です。
今だから懺悔しますが、当時素面で人が酔っ払っていくのをみるのは楽しみでした。接待の際じっと観察していますと、お取引様が、酔っちゃってごめんネ、とよく言われていましたが、人は自分が酔っていると思うよりそれ程は酔っては見えないのですね…皆さん自信もってください。でも時間が進めば進むほどそこはかとなく壊れていくのですね。まず話がくどくなる、動作が緩慢になる、呂律が回らなくなる、まさに脳にアルコールが滲出してくるのがよくわかります。でも二次会は駄目でした、お取引様のシツッコサが素面の人間にはクドスギるのです。それと二次会になると何故か素面の人間の話は浮いてしまうというか、妙に論理的な会話が場の雰囲気にそぐわなくなってしまうのです。しかしかかし帰りは運転手になるのでそれになりに重宝されていました。定年退職したらもう一度禁酒しようかしらんと思う今日この頃です。

過剰労働がたたり風邪をひいてしまい、以前からYouTubeへの動画アップの仕方がわからなかったので家出PCと格闘していました。結果できましたができてしまえば何てことはありません(悲)

十兵衛21
今日のお店は練馬区つけ麺の頂点無化調のお店「十兵衛」さんです。

住所::  東京都練馬区石神井台3-24-39
TEL:03-3995-3113
定休:月曜日

十兵衛22
店内の雰囲気です。

十兵衛23
お店のお品書きの説明です。

十兵衛24
本日のオーダーは「十兵衛つけめん」@750です。

十兵衛25
十兵衛26
具はキザミチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルトととてもシンプルです。麺はモチモチツルツルの中太麺です。スープの甘辛酸は甘みと酸味が強いですね。私はあまりつけ麺好きではないですが、しいていえば誠実な味だといえます。締めにスープ割を飲んでみましたら、鶏、豚など肉系、鰹節、煮干など魚介系がガチに鬩(せめ)ぎあっており、恐れ入谷の鬼子母神という感じでした。

最後に店主の人柄がでているメッセージを記しておきます。

人は一歩一歩歩いていく
平坦な道もあれば上がり坂も下り坂もある
時には、駆け足をすることもある
これが人生何だろう
らーめんも同じに思えてならない


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ