下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

神輿

続 日本橋室町 バルボア

今日は「お神輿な一日」の話です。
祭り

祭り
昨日は地元例大祭に次男と妹夫婦とともに神輿を担いできました。
昼の12時から18時前まで約6時間神輿を担いでいました。
前の日は4時間睡眠だったので疲労感こそ感じなかったのですが、眠くて眠くて、何度睡魔に襲われたことでしょう
私は背が高いので左の花棒主体に担いでおり、棒が低い時には肩を抜いていたのですが、それでも効き肩の右肩は広範囲の内出血で腫れあがっており、ところどころに血腫ができていました。
さらに宮入の時の揉み合いでかなりの回数足を踏まれたので、元々マラソンで傷んでいた左足の人差し指の爪が完璧に死んでしまい真紫色に変色してしまいました。
そうそう我が次男ですが、かなりの時間神輿に肩を入れており、若さを差し引いていても、たいしたものだなと感心しています。
来年はこの体力を必要として地元町会がハイヤーをしたてて我が家まで次男を迎えにくるのではないかと思っています。

それにしても神輿を担ぐのは楽しいですね。
一種独特の張り詰めた空間での高揚感、爽快感、一体感等の心地よさが混在して同時におきるので最高です。まさに気分は“銀河の果てまで飛んで行け“状態です。
なにせ物心ついた頃から祭りに参加しており、子供の頃の夢は早く大人神輿をかつぐことでした。
たしか小学校5年生位で大人神輿debutをしましたが、その時の嬉しさは筆舌に尽くしがたいものでしたね。

私の町会ではその年の故人の家にはその故人の方に弔意を表す意味で、その家の前にくると、神輿の頭をまっすぐにその家の全面と向かい合うようにして、数分間揉み合います。
弟から、今年は八百屋の△△さんの家だよ、と言われていたので予めわかっていました。
神輿渡行がその家の前に近づくと、その家の前には故人の奥様を始めとして全員が並んでいました。
私の目に飛び込んできた光景は、家族全員が滂沱の涙を流しながら神輿の到着を待っていたのです。特に故人の弟は兄の遺影を胸に抱きながら、町会の皆の前なので、その嗚咽が洩れないように体を小刻みに震わせてこらえていました。
駄目です、このような光景は、見るに耐えられません。
たまらずつられて感涙にむせんでしまいました。
両の瞼をじっと閉じると、故人と小学校のころ近所の天祖神社で遊んだことや、長じては町会のことで酒を酌み交わしながら熱く語り合ったことなどが走馬灯のように私の頭を駆け巡ります
故人の年は私の2級上ですので、まだまだ天に昇るのには早すぎます。
改めて、合掌です・・・

無宗教の私ですが私が亡くなった際は、願わくは私の実家の前で、祭り好きだった私の為に、景気良く皆で神輿を揉んでもらいたいものです。
先に天に昇った父と母と一緒にこの光景を見ていることでしょう。
もしその際に空がキラリとでも光ったのならば、それは私の感謝の涙です・・・


まるでハリウッドのアクション映画を見ているようです。動画の最後には、撮影のメイキング映像へのリンクも紹介されています。作品と合わせてみるとより楽しめるかと思います。



今日は神田に出没です。
今日はガツッリしたものが食べたいということで、訪れたのは今日のお店は「ロメスパ バルボア」 日本橋室町店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋室町4-3-12 DK大洋堂ビル一階
電話:03-3273-3088
定休日: 土曜・日曜・祝日

IMG_2281
お店の外観です。

IMG_2245
メニューです。

IMG_2248

IMG_2249
今日のオーダー「ミートカレー並盛(350g)」@550円です。
待つこと6分で着皿です。
見た目“美スパ”ですね。
特にミートカレーは日本橋室町店さんでしか食べられませんので、言わずもがな期待が高まります。

それでは実食です。
ウン、これは美味しいですね。
もう少しhotでもよかったのですが問題はありません。
個人的には炒めたスパとカレーは合うものだ思っています。

IMG_2246
後半戦は大量の粉チーズとタバスコをかけて折り返しました。
そうすると味はmild&hotで絶妙な味わいとなります。
これで@550円ですか、大大満足の一品でした

それでは(^_-)


浅草 舟和 本店

今日は「My prediction(私の予言)」の話です。
20歳の頃、30年後はこうなると予言したものが三点あります。
全て外れましたが、それを責めるのは、大理石を見て、これはミケランジェロにそこなわれた結果だと言い張り、画布を見て、これはラファエルに汚されたのだと叫び、紙を見て、これはシェークスピアに穢(けが)されたのだと憐れみ、沈黙を見て、これはバッハに破られたのだということと同じです。
ということで結界線を張っておきましたので、私への反駁無しでお付き合いください。

#今から30年後には神輿が担ぎやすくなる
20歳の頃、私の身長は178cm(現在は177cm=1cm縮まる)でした。
当時ではかなり大柄の方でしたので、神輿を担ぐ時にはその身長の為にかなり圧力がかかり、長時間神輿を担ぎ続けるのには無理がありました。
腹筋、背筋を鍛えれば何とかなるのかなと思い、その両筋を鍛えたものの結果的には長時間神輿を担ぐことはかないませんでした。
そして、まぁいいさ、30年後には日本人の体格が向上して、平均身長が175cm位になるよ、と嘯(うそぶ)いていたのでした。
確かに青年男子の体格は向上したものの、その一方で神輿渡行に女性の担ぎ手が多くなり、彼女達は神輿に背が届かない場合はぶら下がるので、結果として神輿の担ぐ高さはあまり変わらなかったのです。
確かに神輿の棒が低くて肩が合わないのは調整できますが、棒に背が届かない場合はやりようがないのでぶら下がるしかなく、これはこれで致し方ないのでせう・・・
という事でこの予言は外れたのです。

#今から30年後には少子化により大学が入りやすくなる
私の大学受験の頃は同級生が180万人位いまいしたので、難関校の倍率は20倍前後とまさに“二階から目薬=入らない” みたいなものでした。
でも30年後には少子化となり大学なんて、難関私大(難関国立大は元々倍率が低い)以外は誰でも入れると、信じていました。
しかし30年後の我が豚児達の受験の際には、そんな予言はかすりもしなく、MARCHクラス以上になると簡単に入ることは難しく、これまたキレイに外れたのです。
但し確かに不人気大学はすごく入りやすくなりましたが、そのような大学にいってもね、大学で勉強することは、通過儀礼ではありませんから・・・

#今から30年後には翻訳機の技術が格段に上がるため英語を覚える必要はない
これが一番当たると思っていたのですがこれまたキレイに外れたのです。
アニメの世界では2003年4月7日に鉄腕アトムが生まれていて、アトムの世界での英会話はすべて翻訳機でされていたのですが、これは世界の技術がついてこられませんでしたね。
AI(人工知能)の急激な進歩で、かなりのlevelまできていたものの、今一つです。
後4〜5年は待ちませんと、実用化は難しいのでしょうね。
まさか英語を使う仕事につくとは思いませんでしたので・・・
いまさら不勉強をなじってもしょうがありません、今でも英語には苦労しています。
正直きちんとした文書を書くのは苦手です、ハイ。


IMG_2182

IMG_2183
今日は浅草に奥様と出没です。

早世した友人が死ぬ一週間前に、私に渡したメモが心に重く圧(の)し掛かっていて、捨てるに捨てられず9年間も持っていました。
彼は末期の肝臓癌でこのメモをもらった時は、ほとんど会話も厳しい状況だったので、筆談を多用していたのです。メモの内容は他愛のないものなのですが、彼との最後の会話がこのメモを受け取ったときだったものですから、心にその時の情景が深く刻まれていました。
当初は友人の奥様に返却したのですが、その奥様は私に持っていて欲しいと言われていたので持ち続けていたのです。
見返す度に悲しくなります。
もう自分としては、頃合いだなと思って熟慮した結果は、彼の菩提寺である東本願寺の住職にお願いしてこのメモを焚き上げてもらうことにいたしました。少し胸のつかえがおりました。

ということで焚き上げお願いの後は、友人の墓参をしてから、奥様と一緒に浅草にsweetsを食べに行きました。ここから後はパチリでご案内します。

IMG_2167
浅草名物、人力車さんです。
車夫さんって従量給ではなく時間給なのですね、知りませんでした。
時給1,000〜3,200円でプラス各種イセンティブがあるようです。
年齢制限があり、20歳から28歳までだそうです。
外国人専用ガイドやろうと思ったのに年齢制限で引っ掛かってしまいます(笑)

IMG_2179
大人のオモチャ店です。
このお店は、私が物心ついた頃からあります。
なんとvintageなお店でしょうか(笑)
300回以上はこのお店の前を通っていますが、一度も中に入ったことがありません、ハイ。
一体何を売っているのでしょう?
大人のオモチャです、キッパリ

IMG_2181
浅草「染太郎」さんです。
二三回食べに来たと事があります。
たしか値段は高かったような、それと夏はクーラーが無かったよう記憶があります。
扇風機でお好み焼きは勘弁してほしいものです。
それにどうしても食べたかったら北千住駅で売っていますので・・・

IMG_2180
浅草漫才協会です。
名誉会長は内海桂子さん、 会長は青空球児さん、 副会長は昭和のいるさん、おぼんさんです。
結構こぢんまりとしていて、ちょっとクリビツです。


今日のお店は浅草元祖みつまめ王「舟和」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-22-10
電話:03-3842-2781
定休日:無休

IMG_2169
お店の外観です。

舟和
舟和さんのHP「みつ豆 明治36年」をご紹介します。 
モダンな洋銀の器を使用して、角寒天、甘煮杏、ぎゅうひ、赤えんどう豆を盛り、特製の白蜜、黒蜜のどちらでもお好みにかけて銀製のスプーンで召し上がるみつ豆を、舟和が初めて考案いたしました。当時しん粉を用い、赤えんどう豆、糖みつをかけただけのみつ豆を、現在のみつ豆のように、内容を充実し、衛生的に高級感を増して売り出したのです。
今では、全国の喫茶店で召し上れるようになりましたが、舟和が世に先駆け「みつ豆ホール」を開設し、初めて喫茶店でみつ豆をご提供したのが、「舟和がみつ豆の元祖」たる所以です


IMG_2174
今日の私のオーダー「冷製和フォガート エスプレッソ珈琲ゼリー添え」@650円です。
これって見た目以上においしい、エスプレッソとアイスクリームと餡子(あんこ)って合うんですネ。
このような和洋折衷を考えた人に座布団一枚です。
美味しゅうございました。

IMG_2175
奥様のオーダー「冷たい抹茶しるこ」@740円です。
見た目美しるこです。
これはすごい、抹茶としるこのmariageですが、奥深い味わいに拍手です

今日二人でいただいたものは、舟和さんの旧来の伝統甘味とちがって貪婪な甘味に対する意気込みを感じさせます。老舗なのに不易流行を忘れない舟和さんにも座布団一枚です。

それでは(^_-)

豊洲 豊洲らーめん

今日は「トランス状態其の弐」の話です。 
前回に続いてトランス状態話です。
一般的にトランス状態といえば、食事、カラオケ、スポーツ、映画、夜景、花火、踊り、旅行、温泉などの時におこります。
個人的には神輿の花棒(神輿の前後に通っている担ぎ棒のいちばん先の端をいう。一番目立つ位置。一度は担いでみたい場所)を担いでいるときですね。
特に兄弟、子供等とで両花棒を担いでいると、本当にトランス状態になります。
花棒を担いでいると、心が著しく高揚し、頭が真っ白になります。気分は大宇宙ですね。
お釈迦様も神輿で花棒を担いでいたら、あのような苦行をせずに容易に曼荼羅(悟りの境地≒小宇宙)にたどり着いたかもしれません。
でもお釈迦様が神輿を担ぐと髪が硬そうなので後ろの担ぎ手は髪が顔に刺さって痛そうです。
いくらお釈迦様の髪の毛が刺さって痛いからといって、短気を起こしてお釈迦様に手をあげてはいけません。仏難が降りかかるからですって、違います。
お釈迦様は仏像ですから、すぐに“ぶつぞう”ってあの硬い手で殴り返されるからです。あの硬い手で殴られたら涙が出るくらい痛いですぞぅ・・・
全世界の仏教徒の方々、下町っ子の与太blogですからこの内容を真摯に受け止めてクレームをつけてはなりません。単なる洒落ですからね、予めお断りしておきますm(__)m

そうそうトランス状態といえば、ご披露したいのが我が豚児です。豚児とは自分の子供をへりくだっていう言葉です。子供が豚の様に太っている意味ではありませんから。
我が豚児の内の一人は、すごく勘がいいのですね。
人生の色々な困難を天性の勘で乗りきってきています。それと一発勝負に強いのです。

逆上がり
我が豚児は札幌にいるときにピープルという体育スクールに通っていました。
豚児は鉄棒が得意でありません。従って逆上がりができず何度も何度も練習させられていました。
そしてある日、逆上がりの試験の日が来ました。
私は親バカで、近所の公園で試験の事前練習をさせたのですが、全くアキマヘン(悲)
豚児が逆上がりをすると、何故か逆下がりになってしまうのです。
私は”挫折は人生のmilestone”なので、仕方ないなぁ、と諦めていました。
試験当日、親ばかちゃんりん、そば屋の風鈴で夫婦で応援に行きました。
試験は全部で三回行われました。一回目、足の蹴上げが弱く腰が鉄棒の上まで行くことは行くのですが足が鉄棒を超えず、逆上がりません。二回目は緊張のためか一回目よりひどく鉄棒を超えさえしません。うーんこれは無理だなと思って奥様の方を見たら、奥様も同様の表情をしていました。
そしていよいよlastの三回目です。
豚児の目がキラリと光りました。蹴上げも力強くて一気に足は鉄棒の上を超えて後は足を反対側に畳むだけです。しかし豚児の足は逆東京スカイツリーのように垂直に固まっています、固まっています。数秒後すぎ、一陣の冷風が私達夫婦の間を通りぬけました。すると逆垂直に固まっていた足がゆっくりと反対側におりてきて、クルリと一回転したのでした。逆上がりができたのです。
多分、最後の一回で豚児はトランス状態に入ったのでしょう。すごい集中力です。
余談ですがその数日後、近隣の公園で逆上がりのfollow up練習をしたのですが、全く逆上がりはできませんでした、ハイ。


初速360キロの世界を堪能下さい


今日は有明にあるBig siteの展示場へ台湾の取引先がきているので打合せに出向きました。
普段電話でしか話したことがないMs.Tinaとも好(二―ハオ)面談です。
ということで打合せをした後は豊洲に出没です。
今日のお店は大半が中国人でmanageされている「豊洲らーめん」にお邪魔しました。

住所: 東京都江東区豊洲4-1-1
電話:03-3531-8782
定休日:不明

IMG_0322
お店の外観です。

IMG_0325
メニューです。

IMG_0323

IMG_0324
今日のオーダー「モツ煮込み定食」@700円です。
ここのお店は地下鉄豊洲駅を上がるとすぐにあるのでちょこちょこ訪問しています。
ラーメンに限って言えば普通の味です。今日は新メニューという事でチャレンジしてみました。
待つこと3分で着皿です。
見た目美丼ですが、お味はどうでしょうか。
それでは実食です。
見た目よりモツがふんだんに入っています。特に直腸系が多いですね。
味ですか、モツが良く掃除されていて夾雑物がほとんどなくてとても美味しいです。
この味にはクリビツですね。タレは過不足ない油が入っていて、しかもコクがあります。
やりますねこのモツ煮込み合格合格合格合格
お奨めの定食です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ