下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

神楽坂

神楽坂 オステリアレガメ

今日は「死体を見た?」です。
b82f30fe8a8a62d01dbe06b994516cb8
この間、地元駅から帰宅途中、アンダーパスを歩いていますと、前方の緩やかな坂を下ってきた一台の自転車を見かけました。この光景自体は特段珍しいものではなく、ありふれた日常の1ページであります。
そのくだんの自転車ですが、下り坂から平坦のところにさしかった辺りで、何らかの意図をもった邪悪の両手がいきなり右横から突き飛ばしたかのように、本当に突然、左側にガシャンと倒れたのです。
PHOT00000000000E9170_500_0
倒れたのと同時にカレーか何か作るのでしょうか、自転車の前かごから大量の玉ネギが、慣性の法則により、ゴロゴロとまるでビー玉を床にまき散らしかのように転がっていくのを、私はぼんやりと見ていました。
そして視線を玉ネギから、倒れた自転車の方に転じますと、倒れた人はピクリとも動きません。
私は自転車の方に小走りに駆け寄って行きますと、そこには十字架に張り付けられたかのように手足を伸ばした、年の頃なら40歳前後のオレンジ色のトレパン姿の女性が、微動だにせず、天井を睨むかのよう感じで倒れておりました。その顔の左部ですが、眼の周りは赤紫色に大きく腫れあがり、鼻からは夥しい血が流れだし、半開きの口から見える前歯は血の色で染め上げられていました。
どこから見ても亡くなっているかのように思えました。
私が近寄り、大丈夫ですか、と声をかけますと、あいもかわらずピクリともしません。
脳挫傷か何かでお気の毒に亡くなってしまったのでしょうか。
多くの通りすがりの人たちが、この女性をおそるおそるのぞき込んでいます。
私は、私同様にはなからこの転倒事故を見ていた、優しそうな女性に、救急車の出動を依頼して、私は走って近隣の交番に出向きお巡りさんを呼んで現場に舞い戻ってきました。
現場にもどってから、お巡りさんは、大丈夫ですか、と体をゆすりますと、腫れあがたまぶたの中から白目が浮きあがってきました。どうやら生きているようで、目を開けようとしているみたいです。
そしてしばらくしてから、家に帰らなければ、と言って体を起こそうとするのですが、気持ちに体が追従できず相変わらず地面に横たわっているだけです。
当初、死んだと思っていたのは、どうやら転倒のショックで気絶していたようです。
しばらくして、救急隊の方々がやってきました。
救急隊の方々が行いましたのは、まずは傷病者の初期観察です。
左頬骨陥没、鼻孔内烈断、口内損傷と言っていました。
次に、傷病者の状況の確認ですが、この女性は名前と年以外は全く答えられませんでした。
今日は何日ですか? わかりません。
ここには何をしにきたのですか? わかりません。
自転車で来ましたよね? 歩いてきました。
とかとかです。
所謂、記憶障害のようです。
その後、体が動かないので救護袋に体を包まれて救急車に運びこまれ、最寄りの救急病院に搬送されました。
その後、事故目撃者からの傷病者情報の確認ということで、私が色々と聞かれたのですが、結論としましては、突然の転倒、という事で処理されたようです。
実は、私は病死した人間、勿論両親ですが、は看取ったことがありますのでその遺体は見たことがあります。
しか〜し、このように事故で亡くなった人、正しくはそのように見えただけですが、は見たことがありませんでしたので想像以上にショックでした。
幕末の頃、京都の街では、新選組による殺戮があり、市井の民はこのような死体を見る事はあったのでしょうが、想像するに難くないのですが、ちょっと見るに耐えられなかったでしょう。
まして、侍になれば、人を殺める場合もあるのでしょうが、ちょっと私には厳しいでしょうか・・・
いずれにしても、実際の戦闘は生きるか死ぬかですので、切り捨てた躯(むくろ)を見てたじろぐ事はないのでしょう。
いずれにしても平和な時代に生まれて良かったなと痛感した事故目撃でありました。


懐かしい見世物小屋!



IMG_1089
今日は日曜日の神楽坂に出没です。

IMG_1091
今日の目的は神楽坂三大中華の絶巓である「梅香(メイシャン)」に来たのですが、ランチタイム貸切というお客様がおられて、私の三大中華制覇の野望も折られたのであります。
しかたないのでトボトボと歩いていましたら普段使いによさそうなイタ飯屋さんがありましたのでお邪魔しました。
今日のお店は「オステリア レガーメ 神楽坂」さんです。

住所: 東京都新宿区横寺町68
電話:03-5579-8961
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合翌火曜日休)

IMG_1092
お店の外観です。

IMG_1109

IMG_1102
店内の雰囲気です。

IMG_1095

IMG_1097
メニューです。

今日のオーダー「低加水パスタトンナレッリロマーナ使用のしらすとキノコのアーリオオーリオパスタランチ」@1,600+@100=1,700円です。
店内はほぼほぼ満席です。
どうやら人気店のようです。
IMG_1099
待つこと5分で「サラダとフォカッチャの」到着です。
ウン、特段のサプライズもなく、特にサラダは、私はウサギではない、と言いたくなるくらい野菜が多かったですね。

IMG_1100
フォカッチャはそれなりに味わいがあったのですが、エクストラバージンオイルくらいは出してほしかったですね。

IMG_1104
待つこと28分で「「低加水パスタトンナレッリロマーナ使用のしらすとキノコのアーリオオーリオ」の到着です。
見た目、武蔵野うどんのイタリア風ですね。

IMG_1107
それでは実食です。
うどん失礼パスタはコシがあって結構なのですがこれならまだ武蔵野うどんの名店に行った方が納得感は醸成できます。アーリオオーリオソースはかなりのレベルでしたが後半はパスタ勝ちというかソース不足で硬い味わいのパスタのみを食べていた感じです。
不満感が残るパスタでした。

IMG_1110
デザートケーキです。
何でしょうね、クリーム系で口内の夾雑物をそぎ落としたかったのですが、またパサパサ感のある一品でして、さら〜に、不満が増しました。

IMG_1112
加えて珈琲も美味しくないし・・・
で〜も、これだけ店内が賑わっていますので、今日の私の組合せが単なる天中殺なオーダーだったのかもしれません、ハイ。

それでは(^_-)

続 神楽坂 アズーリ神楽坂

今日は「神楽坂de誕生日祝」です。
183724_kagurazakasyotengai_7
最近、よく神楽坂に行きます。
この街よいですね。

f0100593_19353688
江戸時代の神楽坂は、身分の高い武家屋敷が櫛比していて、江戸城に登城する際は、神楽坂を下り、牛込目付(現飯田橋駅西口)を通り、田安門から入城していたはずです。
目をつぶるとこの坂を行き来する武士の姿を想い浮かべる事ができます。
おまけに関東大震災後、被災した下町から沢山の花柳界の人たちが移り住み、艶色濃い街に変身したのですが、今でも往時の名残が街の隅々に残っており、江戸っ子としましては、心の安寧を感じるところであります。

IMG_8391

IMG_8393
ということで今日は娘の誕生会です。
予約したディナーの時間にはまだ時間がありましたので家族全員で神楽坂を散策しました。
宜しかったらお付き合いください。

#赤城神社
IMG_8394

IMG_8395

IMG_8399
この神社は「東京で一番オシャレな神社」としても有名になっています。
それもそのはず、700年を超える歴史を持つ一方、2020年東京五輪の主会場となる「新国立競技場」のコンペを勝ち抜いた事でも有名な隈研吾先生によってこのデザイン監修はなされました。
隈研吾先生は神楽坂に在住し同神社の氏子でもあることから、この設計に参画されたようですね。
2010年には大幅にリニューアルされ、ガラス張りのモダンな社殿に生まれ変わりました。
この一連の「赤城神社再生プロジェクト」は2013年にグッドデザイン賞を受賞しています。

#スフィンクスの狛犬
P1410129
撮った絵がピンボケだったのでこの画像はNETより借用
江戸時代に「加賀白山犬」として流行ったそうですが、現在、このタイプの狛犬が残っているものはわずかとのことです。実はこれが見たかったのです。

#受験の守り神「蛍雪天神」
IMG_8398
こちらの「蛍雪天神」は、昭和20年(1945年)4月13日、太平洋戦争の戦災により社殿が全焼しましたところ2005年に「旺文社」の寄付により再興されました。
「旺文社」といえば「蛍雪時代(けいせつじだい)」で有名です。
「螢雪時代」とは、旺文社から刊行されている大学受験生向けの月刊雑誌です
子供の時に隣に住んでいた東大に入ったお兄さんがいつもこの「螢雪時代」を読んでいました。
そのお兄さんが「これを読んで東大に入った」事実が妙にまぶしくて私はこの本に手さえも触れませんでした。

#赤城坂裏門
IMG_8404

江戸名所図会(赤城神社)-1024x694
この裏門は画像のとおり江戸時代から残っています。
多くの老若男女がこの坂を往来しています。
このような歴史の息吹を感じさせる場所は大好きです。

#昼夜逆転一方通行
IMG_8408
自動車などの進行方向が午前と午後で逆転します。
午前00:00から12:00は「坂上→坂下」へ(早稲田側から飯田橋側の流れ)
午後12:00から00:00は「坂上←坂下」へ(飯田橋側から早稲田側の流れ)
これが神楽坂名物「昼夜逆転一方通行」です。
これは当時の田中角栄首相が、俺が往来するこの神楽坂の通行を便利にしろ、という鶴の一声できめられたのだという都市伝説があります。
実際に切り替えの時に停車している車はどうなるのか?
道交法を順守するなら車の向きをま反対にしなければなりません。
いつも気になっていますが、その現場は見たことがありません。

IMG_8400

IMG_8405

IMG_8406

IMG_8409

IMG_8410

IMG_8411
ということで当たりがだいぶ暗やんできましたので誕生会会場にでむきました。
今日のお店は「アズーリ神楽坂」さんです。

住所:東京都新宿区神楽坂3-4 AYビル1F 2F
電話:03-6280-8042
定休日:無休

IMG_8413
お店の外観です。

IMG_8452
店内の雰囲気です。

このお店の社長はスポンサーで現場にはでていません。
ただし、そのご子息はここで働いているようです。
旧知のコック仲間でお店を回しているそうです。
このお店は、法政さん、理科大さん、大妻さん等の若い学生さんのお客が多いので、市場で安く材料を仕入れる事ができたなら、値段を下げずに安く買えた分を上乗せして供しているそうで、普通のお店より量が多いそうですよ。
それでは誕生会のはじまりです

IMG_8414
まずは「イタリア産ハムのいろいろな盛り合わせ」です。
いきなりボリューミイですね。
美味しいです。
微妙な塩気がたまりません。

IMG_8417
次に「銚子産鮮魚のカルパッチョ」です。
ウマウマです。

IMG_8418
特に奥様がリフティングしてくれたこの身の厚いカンパチはどうですか。
噛みごたえがありますぞ(笑)

IMG_8420

IMG_8422
そして「ハマグリの白ワイン蒸し 」です。
これでもかという大ぶりのハマグリです。
これは好みですね。
私は好きな味でしたが奥様は敬遠していました。

IMG_8426
そして「魚介類のパスタ」です。
これは魚にうるさい次男が絶賛していました。
クルクルのタコが美味しいです。

IMG_8427
そして「鱸と大根の炊き合せ」です。
大根美味しですが、魚介系が続いたのでちょっとねえでした。
大根だけでもよかったような・・・
それではイタリアンになりませんものね(笑)

IMG_8428
そして「ラグーソースのペンネ」です。
これが今日一です。
よく煮こまれたラグーソースと青い葱の首部の食感が良く合っています。
ホロホロの牛肉が好みの味です。
美味しいです。

IMG_8429
締めの「肩ブタ肉のロースト」です。
甘みのあるブタ肉です。
バルサミコソースがしぶく味を引き締めています。
美味しいです。

IMG_8431

IMG_8449

IMG_8451
バースデーケーキです。
これはハウスケーキだそうです。
甘さ控え目で全員が高評価でした。
ということで新しい家族を囲んでのバースディパーティーでした。
ここのところ、少しマンネリになっていましたが「新しい酒は新しい皮袋に盛れ」という言葉が「新約聖書」にもあります。我が家族もこれに倣いましょう。

実は・・・
先週も大学のテニサーの新年会でこのお店でほとんど同じ料理を食べています。
今日は飽きるかなと思いきや再度美味しくいただきました。
なかなかの料理を作りますね!

それでは(^_-)

神楽坂 おかむら

今日は「神楽坂逍遥」です。
今日のフリネタは「神楽坂」です。
都内のデートの場所といえば、渋谷?六本木?銀座?赤坂?広尾?まず下町浅草はないでしょう。
特に最近の女子はオヤジ化していろんな所に行っています。
だからこそ、知らない場所につれていってドヤ顔するのが正解パターンでしょう。
一本通りを外れるとそこは大人の小道・・・
神楽坂はそんな街です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#神楽坂界隈
NHK

IMG_5709

IMG_5711

IMG_5743

IMG_5745

IMG_5744

IMG_5746


#レオニダス神楽坂店
IMG_5742

IMG_5733

IMG_5738

IMG_5734
レオニダスさんは、ベルギーで行われたインターネット投票ではチョコレート部門で3年連続第1位を勝ち取るなど、その人気の高さが際立っているベルギーのチョコレート屋さんです。
今回神楽坂に出没したのもここのチョコレートを求めたかったからです。

IMG_5749

IMG_5750

IMG_5751
私が求めたチョコは
上段が「フラッシュプラリネミルク」です。切り株をデザインしたソフトでシンプルなプラリネ(アーモンド・ナッツの糖衣菓子)です。
中段が人気No.1の「マノンカフェ」です。コーヒーフレバーのフレシッシュクリームにローストしたヘーゼルナッツをトッピングしたチョコです。口どけ柔らかい味わいと豊かな香りが特徴です。
下段が「ノアゼットミルク」です。ヘーゼルナッツを丸ごとのせた風味豊かなプラリネです。
味ですか、美味しいですけれどかなり濃いですね。
私はベルギー人にはなれそうにありません、という事がよくよくわかりました。

#山ちゃん
IMG_6642

IMG_5748
久しぶりに「山ちゃん」の前を通りましたら、店構えが激変していました。このお店は「麻婆豆腐」の隠れた有名店です。当時は息子さんがかなり不健康でして不定期にお店を休まれていました。
お店をrenovateしたということは健康を取り戻したのでしょう。
このお店、かつては不明朗会計が著しいという認識でしたが最近ではどうなのでしょうか。
「麻婆豆腐」の味の確認を含めて今度再訪してみましょう。


IMG_5727
今日はデイナーです。
山の手随一の花街を有する神楽坂ですから凛としたお店をさがしました。
今日のお店はとんかつ「おかむら」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6-89
電話:03-3235-9196
定休日:土曜日・祝日

IMG_5725

IMG_5715
お店の外観です。

IMG_5719
店内の雰囲気です

IMG_5717
メニューです。

IMG_5720

IMG_5721

IMG_5722
今日のオーダー「ポークソティー定食」@1,730円です。
待つこと17分で「ポークソティー定食」の到着です。
見た目、重厚ですね。

それでは実食です。
肉が柔らかく滋味あふれ美味しいです。
この柔らかさはかなりのものですね。
肉が良いのか熟成の仕方がうまいのか焼き方が匠なのかわかりませんが過不足ない柔らかさは大満足です。
キャベツ美味しであります。
味噌汁に一かけらの柚子が入っており高評価です。
しいて瑕瑾を申せば、和風シャリアピンソースが余計でした。
このソースでいただきますとちょっと味がくどくなりますね。
これだけお肉が美味しいのですから、しょうゆ 、酒 、砂糖 、ニンニク 、バターでの普通の味付けでも充分美味しかったのではないでしょうか。
あくまでもこれは個人的な好みであります。
個人的に好きなポークソティーのソースは人形町「きらく」さんの先代の味付けです。

昭和の香りがむせかえるような店内、外連味(けれんみ)のない接客は凛としています。
さすが神楽坂の洋食屋さんですね。

それでは(^_-)

神楽坂 山ちゃん

今日は「谷風伝説」です
426px-Yokozuna_Tanikaze_Kajinosuke[1]
天名2年(1872年)の二月場所七日目、谷風が破れました。決まり手は小股すくい。倒したのは新鋭の小野川喜三郎です。江戸中がひっくり返る様な大騒ぎになりました。
というのも1778年(安永7年)3月場所初日から1782年(天明2年)2月場所7日目まで分・預・休をはさみながらではありますが、江戸本場所で土つかずの63連勝が止まったのです。とこのように書くとピンとこないかもしれませんが、足かけ五年間無敗だったのですよ!
のち昭和の時代に双葉山が69連勝を達成するまで、約150年にわたって記録保持者であり続けたのです。もっとも、この63連勝は江戸本場所のみの連勝記録であり、京都本場所、大坂本場所での成績も含めると98連勝となるのです。一般に連勝記録は江戸本場所のみの63連勝を指しますが、江戸本場所、京都本場所、大坂本場所まで含めた連勝記録である98連勝は最多連勝記録であり、いまだに破られていません。
さらにその敗北の後に43連勝を記録。さらにその後8年間で、7連勝、21連勝、10連勝、9連勝、最後35連勝を続けているなかインフルエンザで死亡したのです。
もし薬石効あり、生き返っていれば連勝記録続行の可能性があったのです?
江戸本場所における通算成績は49場所258勝14敗16分16預5無勝負112休で勝率9割4分9厘、優勝相当21回と「天下無敵」の名にふさわしい記録が残っています。
また、天下無双の大横綱にふさわしい実績から四股名「谷風」は止め名になっています。連勝を止められたその後も小野川との対戦は興行が札止めになっても観客が詰めかける話題の取組となりました。
あらためてすごい横綱だったのですね!
参考文献「Wikipedia」、「ホリイのずんずん調査」堀井憲一郎著より転載
IMG_6655
実は相撲好きで、大相撲はよく見に行きました。下町育ちで近隣に相撲部屋があり、相撲取りが身近にいたせいかもしれません。
贔屓の関取が勝つととてもうれしくTV桟敷の前でガッツポーズをしていました。
一度札幌巡業で当時の横綱貴乃花関に、貴、頑張るんだぜ!って肩を叩いて、気合を入れたら、守衛のオジに、横綱になな何て事するんですか、って死ぬほど怒られたことがありました、ハイ。
横綱の肩を叩いてはいけないなんて、全く知らなかったのですね・・・反省

あまり飲みにいった場所は取り上げたくないのですが、たまにはいいでしょう(笑)
今日のお店は神楽坂のdeep spot「山ちゃん」さんです。取引先とヘラヘラ状態で入店しました。

住所: 東京都新宿区神楽坂4-4-3
電話:03-5261-1828
定休日:火曜日

IMG_6608
いつも来るたびに思うのですが、神楽坂って小京都ですよね。しかもその小京都がHigh-endのお店とJunkなお店が混在しているのですからタマリマセン。

IMG_6642
お店の外観です。見るからに無国籍です、ここは香港か!

IMG_6648
店内の雰囲気です。このお店はお兄ちゃんとそのお母さんの二人体制できりまわしています。ちなみにこのお兄ちゃんは独身です、営業時間が18時から4時までですので女性と付き合う時間がないからね、と言っておりましたが、私は違う理由のためと思っています・・・
お店に入るやいなや、お客さん、料理だけでは駄目よ、うちは必ずお酒頼んでもらうんだからね、とそのお母さんからキメダシがあります。
そんなこと知ってらい、といって即にビールを頼みました、いいんですか、splashさん、このお店で三軒目ですよ、大分聞こし召してますよ!

IMG_6640
まずは「お通し」@200です。「お通し」が野菜炒めですか信じられません!
とても美味しかったですね、酔っていたのでよく覚えていませんが、あらためてパチリでみると色々な野菜が入っていたのでした。

IMG_6650

IMG_6646
「辛い麻婆豆腐」@900です。、これも酔っていたのでよく覚えていませんが、ネギがこんもりとのっていたのでした。このお店は「麻婆豆腐」の隠れた有名店です。味ですか私的には辛さが少し足りなかったのですが、美味しかったです。

これでお分かりかと思いますが、お酒を飲んだ時には、記憶がなくなる傾向があるので、blogが成り立たないのです、だから取り上げたくなかったのですが・・・
最後にお母さん、二人でいったので@200×2+900=1,300にお酒代が加わるのですが、何でピッタリと@4,000になるのですか、2,700も飲んでないですよ(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ