下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

石原裕次郎

月島 三好弥

今日は「流し♪」の話です。 
昔、花柳界では三味線をひきながら新内語りが路地を回っていました。これを新内流しといい、鶴八、鶴次郎は名人といわれ映画にもなりました。バー街ではギター片手に渡り鳥の演歌歌手が流しをしていました。「流し」という言葉には古き、懐かしい時代の匂いが残っているとは思いませんか。

私の新入社員の頃の冬の話です。
私の会社の役員は新宿の南口の屋台のおでん屋が好きでよく二次会となるとわざわざtaxiを飛ばしその屋台にいくのがお約束でした。
そこで飲んでいると必ずといっていいほどサブちゃんという流しのお兄さんがやってきました。役員の方はサブちゃんに自分の好きな歌を歌わせ、私達若手社員には歌を歌わせます、しかも懐メロ、軍歌限定でしたのでそのような歌にウトイ私は結構つらいものだったのです。
サブちゃんはどんな歌でも私の音階に合わせてくれます。
それに懐メロはお酒を飲んで歌うとその詩が心のヒダに染みこむためかついつい気分は演歌歌手になってしまいます。そのせいかかなりhigh-tensionになってしまうという副作用がありました。
たしか一曲@300円でした。
サブちゃんは皆からお酒のご祝儀をいただきいつも気持ちよくギターをつま弾いていました。
そうそうこの役員はかならずお土産ということ私達若手社員におでんを持ち帰させるのですが、電車の中ではおでんは悪臭で、さらに次の日温めて食べると何故だか不味いのです、ともて不思議でした、飲んで食べている時はとても美味しいのに・・・

ちなみに私の好きな「お酒」の歌です。
第一位は「ウィスキーがお好きでしょ」( 唄:石川さゆり)です。
これは酔い、ちがうか良い歌ですネ。


第二位は「ブランデーグラス」(歌:石原裕次郎)です。
心がフルエます・・・


第三位は「初めての街で」(唄:西田佐知子)です。
この歌を聴くとついつい赤提灯に入りたくなります・・・



IMG_8894
今日は月島に出没です。
この日は朝からカツカレーが食べたくて食べたくて、入ったお店がこちら「三好弥」さんです。

住所: 東京都中央区月島3-28-1
電話:03-3531-1041
休日:不明(多分日曜日)

IMG_8895
お店の外観です。

IMG_8900
店内の雰囲気です。

IMG_8895 - コピー
ランチメニューです。

IMG_8898

IMG_8899
今日のオーダー「カツカレー」@900円です。
このお店は平山兄弟のご長男がやっているお店です。
地元では豚カツが美味しいお店ということで有名です、ちなみに月島では「豚カツ屋」さんはこのお店だけですが・・・
待つこと15分で着皿です。見た目美味しそうですね。
それでは実食です、カツがカラッと揚がっています。衣が美味しいです。
肉は火の通りが適当で結構です。
問題のカレーなのですが、カレーの味はするのですがカレーではない様な、何だろうこの味は不思議な味わいです、でも美味しい。
途中から福神漬、キャベツ、カレー、カツを混ぜて食べます。これがいいんですネ。
福神漬が多いので味が締まります、とても美味しゅうございました

それでは(^_-)

続 神田小川町 「めん徳二代目つじ田」 神田御茶ノ水店

今日は「札幌時計台」の話です。
つじ田21
三角屋根の上に大時計を載せた特徴的な外観の建築物である。設計者は札幌農学校2代目教頭であったウィリアム・ホイーラーであり、バルーンフレーム構造の木造2階建(時計部分の塔屋を除く)で、現在は1階が展示室、2階が貸ホールとなっている。高さ19.825m、延面積約760 m²。かつては札幌市の図書館として使われていたこともある。敷地及び建物は札幌市が管理運営しており、北海道庁赤レンガ庁舎と並び、札幌市中心部の有名観光スポットであり、札幌市のカントリーサインのデザインとしても使用される札幌市の象徴的建物である。また道外では札幌ラーメンの店の看板や北海道観光のポスターに多用されるなど、札幌のみならず北海道の象徴とされる例も多い。
「札幌市時計台Wikipedia」より転載

昨日のフリネタで札幌時計台は「日本三大がっかり」とされていますが、私はこの施設を2,000回以上見ています。それほど酷いものではないと思うのですが。
中に入れば札幌の歴史が見られ、特に二階に上がればハワード製の時打重錘振子式四面時計の構造も見ることができ瞠目するのは間違いありません。
夏は時計台の対面(といめん)にあるロイヤルホストの二階テラス席に坐れば、爽やかな札幌の心地よい空気にふれながらコーヒーを味わうことができます。またそこから眺める時計台の眺望は格別のものがあります。

しかし「日本三大がっかり」に選ばれるには、理由があります。

私の推察では石原裕次郎さんのご当地ソングの一つの「恋の町札幌」に理由があると思います。カラオケでは中年以降の方が良く歌われますが、ほとんどのカラオケ動画では時計台はstand aloneです。よって回りに林立するビル群がカットされているのです。
そして大半は雪の降るシーンに若い恋仲の二人が寄り添っている動画ですから、romanticなイメージですよね。
そんなイメージを抱いて実際に来てみると、エッ!オフィス街のビル群の中に屹立しているの、という感じで違和感を受けるのではないでしょうか…残念です(悲)
時計台が「日本三大がっかり」に選ばれるのであれば、富良野のラベンダー畑はもっとひどいので(畑ではなく猫の額)、 時計台とchangeした方が良いと思います。でも普通の旅行者はなかなか富良野までは行きませんよね。

今日のお店は神田小川町にある「めん徳二代目つじ田」 神田御茶ノ水店さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町1-4
:03-6659-7676
定休日:不定休

つじ田22
お店の外観です。

つじ田23
店内の雰囲気です。

つじ田24
券売機です。

つじ田25

つじ田26
今日のオーダーは「らーめん(チャーシュー、海苔、メンマ)」@750です。スープのベースは国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら、魚介、羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布、根昆布、野菜、他合計十数種類の食材を元に作られています。
スープはコクあり、匂いよし、味良し、熱々だし完璧です
麺は太麺のモチモチでこの濃厚スープをしっかりと受け止めています。チャーシューもすぐにほぐれるほどホロホロで尚且つジューシィです。
ここは美味しいし、客応対もいいいし全く問題なく合格店です。
こんど近隣に味噌ラーメン専門店ができるようなので訪れてみる予定です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ