今日は「睡眠を削ると寿命が縮まる」です。
img1
忙しい人に限って、睡眠時間が短くなる傾向があります。
睡眠時間を削って仕事の時間に当てようということですが、これは、仕事の効率を確実に下げると同時に、健康も害し、命を削る行為なので、絶対にするべきではありません!
アメリカで100万人を対象行われた、 大規模な睡眠時間と寿命に関する追跡調査では、1日6.5時間〜7.5時間の睡眠時間の人が最も死亡率が低く、それより多くても少なくても、寿命は短くなる傾向が観察されました。
いろいろな研究を総合すると、睡眠時間7時間前後の人が、最も長生きできるのです。
睡眠時間、6時間をきると、様々な健康上の問題が現れ、寿命が短くなる、ということが言えます。
睡眠時間を削るとがんのリスクは6倍、脳卒中のリスクは4倍、心筋梗塞のリスクは3倍、高血圧のリスクは2倍、糖尿病のリスクは3倍以上へと跳ね上がります。
日本人男性を対象にした研究で、睡眠時間が6時間以下の人は7〜8時間の人に比べて死亡率が2.4倍高くなる、という報告もあります。
睡眠を削ることは、命を削ることに等しいのです。
睡眠を削って仕事をしても仕事がはかどればまだいいのですが、睡眠を削ると、翌日以降の集中力が大きく下がりますので、トータルで仕事の効率を大きく下げて、時間を失っているのです。
8時間睡眠を基準として、6時間及び4時間の睡眠時間を14夜連続観察し、脳機能への影響を調べてした研究があります。それによると、作業機能、認知機能、覚醒維持機能の全てが、8時間睡眠に対して6時間睡眠、4時間睡眠と順に日を追うごとに悪化していました。
6時間の睡眠でも認知機能の低下が認められるのです。別な研究では、人が日中に明晰な状態を維持するためには、7〜9時間の質の良い睡眠が必要であると報告しています。
ということで、忙しいから、仕事が終わらないので、睡眠を削る。
睡眠を削ると、集中力が低下して、仕事がはかどらないので、やはり仕事が終わらないので、もっと忙しくなる。
忙しいから、睡眠を削る。
睡眠削減の「負のスパイラル」
この「負のスパイラル」に入っている人が山ほどいます。
では、「忙しい」人はどうすればいいのか?
どんなに忙しくても「7時間の睡眠を確保する」ということです。
朝7時起きの人は、12時には、仕事をやめて必ず布団に入る。
それを、ルールにすることです。
きちんと睡眠をとれば、仕事ははかどるようになります。
忙しいから睡眠を削るのではなく、忙しいから睡眠を増やすのです。
嘘だと思ったらやってみてください。
睡眠時間を確保した方が、圧倒的に集中力が高まり、仕事の効率もアップして「忙しさ」から解放されるのです。
「睡眠を削ると寿命が縮まる」樺沢紫苑公式ブログより転載

このフリネタの樺沢先生のおっしゃっている事はよくわかります。
毎週土曜日にこのブログを書き溜めしています。
良く寝た日は緻密な推敲ができますが、短時間睡眠の時は緻密な推敲はほとんどできないというか、脳がはなから拒否反応を示すのです。睡眠時間を確保した方が、圧倒的に集中力が高まり、仕事の効率もアップしてくるのは私の経験からも証明できます。

睡眠時間は夫婦ともども5時間前後です。
それでもその睡眠時間での耐性ができていてあまり問題はありません。
重要視するのは眠りの質です。
どうでしょう、寝たら夜中に全く目が覚めないのは週に半分くらいでしょうか。
Skincare_15994_4
それでも現在停酒していますので、飲酒時代に比べたら睡眠の質は格段に好転しています。
夜になっても何故か、気分が興奮して眠れないというときにアルコールを飲めば、ホッとできて寝つきがよくなる 可能性はあるのです。で〜も、それが大きな落とし穴なのですよ。
その作用は気持ちをコントロールするのにはある程度有効なのですが、実際にお酒で眠ろうとすると、大量のアルコールが必要になります。
アルコールは、少量だと興奮性の作用をもつため、お酒で眠ろうとすると、かなりの量を飲まなくてはならなくなります。そのうえ、深酒を習慣にしてしまうと アルコール耐性ができてしまうため、さらにアルコールの量が増えることになり、最終的にはアルコール依存症+不眠になってしまいます。
私がその典型的な人間でした。
本来、睡眠は脳と体を休息させる時間ですが、毎日大量にお酒を飲んでいれば当然、アルコールを分解するために肝臓などの内臓は休むことができません。
また、大量のお酒を飲んで眠れても、実はそれは、本来の眠りではありません。
先ほど述べたように、それは中枢が麻痺して意識を失った麻痺状態になっているだけなのです。
そのため、本来、睡眠中に行なわれる機能回復過程はほとんど停止してしまっているといわれています。お酒の飲みすぎは生活習慣病にもよくないといわれ ますが、眠りの質が低下することも影響しているといえるでしょう。
本当に停酒してよかったと思えるのはこのような時だけですね(笑)
いいですか皆さん、睡眠を削ることは、命を削ることに等しいのですよ、ご自愛ください。


総統閣下は森友学園の件にお怒りです・・・



IMG_8709

IMG_8708
今日は月島に出没です。
久々に「さば焼き」が食べたくなりました。
今日のお店は「めし屋」さんです。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_8719
お店の外観です。

IMG_8720
店内の雰囲気です。

IMG_8721
メニューです。

IMG_8728
お店のネパール人の男性スタッフから座るやいなや、水はセルフサービスです。
飲みたかったら自分でとってきてください、と言われました。
最近、彼のこのようなぞんざいな口跡が気になります。
日本人ではないのでお店の誰かの言い方を真似していて、そのような話し方になったのでしょうが、正直感じが悪いですね。奈良間のオヤジさんから注意すればいいと思うのですが、オヤジさんも最近ボケてきているし、要は嫌なら行かなければいいのでしょう・・・

IMG_8727
加えてオカズ三兄弟も離散してしまいました。
現在はこのような二兄弟になりました。
これまたがっかりです。

今日のオーダー「寒さば定食」@930円です。
IMG_8723
待つこと12分で「寒さば定食」の到着です。
見た目、今日の寒さばはいつもより光り輝いています。
それでは実食です。

IMG_8724
この寒さばは掛け値なしに美味しいです。
ほどよい脂のりにはほのかに甘みさえ感じます。
これは極楽の味です。
やはり、このお店のさばは別物ですね。
前言撤回します。
ネパール人のぞんざいな言い方おおいに結構です。
オカズ三兄弟が離散しても結構です。
水はお店にはいるやいなや取ってから席に座ります。
これからも引き続きおいしいし「さば定食」を供し続けてください。
お願いします・・・

それでは(^_-)