下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

眠眠

池袋 ベル・オーブ

今日は「それで言い訳」です。
大学二年の時、学校の反対側に札幌ラーメン屋がありました。
いつも行くチャーメンが美味しい「眠眠」が休業日でしたので、仕方なくその店に友達と入り私は塩ラーメン、友達は醤油ラーメンを頼みました。
しばらくして両ラーメンとも着丼しましたのでおもむろに食べ始めました。
食べ始めてすぐに、味が薄いというか味がしなかったのです。
最初は麺の湯切りが悪いのでお湯が多めにはいったのかなと思っていましたがさもあらずです。
ためしに友達に味見させたところ、塩が入っていないとは言えないけれど、味がしないのは確かだよ、との事でした。そこで以下のやり取りとなったのです。

私「オジサンこのラーメン味がしないよ」
ここですみませんというのかと思いきや
オジ「ちゃんと作っていますよ、これがうちの味です」
この辺りで私はすこしキレてきました。
私「あそうなの、でもこのスープ飲んでからいってよ。隣の友達も味がしないといっているよ」
言われた手前渋々とオジサンはスープの味見をします。
すると顔色が変わりました。何となく塩と化学調味料を間違えたように見受けられたのです。
オジ「決して塩加減は間違えてなんかいませんよ。
うちの味付けは薄口ですから、初めての方は物足りなく感じるのかも知れませんね」
私「このお店始めてじゃないけどさあ、そう塩加減を間違えてないっていうの」
といってすぐさま隣の友達の醤油ラーメンを奪い取りそのスープをレンゲですくって一口飲みました。
私「じゃこの醤油ラーメンは普通にショッパイけれど、それならばこの醤油ラーメンは塩加減を間違えているよね。」
オジ「・・・」
オジサンのコメカミの血管が浮かび上がりそしてヒクヒクと震え始めてきました。
私「そうか、それなら俺はこの味では食べられないから作りなおしてよ。
塩加減を間違えてないんだから作り直し代は払うよ。
その代わり友達の醤油ラーメンは普通にしょっぱいので塩加減をまちがえているよね。
こっちはそちらの問題だからタダで作り直してよ」
ここで私は席から立ち上がり店内の隅々まで響き渡る声で
「このお店のラーメンの味は超うすくちだそうです。
もし皆さんが食べているラーメンが普通の塩加減ならそれは作り間違いです。
このお店の店主は、根っからの職人なのでそのようなラーメンは絶対に作らないと言っていますが、万が一あったら即作り直してくれるそうです」
と吠えたのです。

結局友達が、いいかげんにしろよ、と取り直したので何となく収まったのですが、お店の客はみんなこの騒動に面白がってラーメン食べるのを止めて私とオジとのやり取りの一部始終に注目していたのです。
負けず嫌い
20歳の時の蹉跌であります。一方でこのオジの負けず嫌いもここまでくるとお見事ですね。
人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい、とは言いますが、このオジだけは愛せませんでした。


I love Kyoto!



今日は夜のとばりが降りた池袋に出没です。
IMG_9928

IMG_9930
ちょっと落ち着いて仕事がしたく大きなテーブルのある店を探していました。
ユーリカ!(私は見つけた!)
今日のお店はベルギービール カフェ 「ベル・オーブ」 東京芸術劇場さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場 1F
電話:03-3987-7895
定休日:不定休(東京芸術劇場に準ずる)

IMG_9927
お店の外観です。

IMG_9937
店内の雰囲気です。

IMG_9932
メニューです。

今日のオーダー「ブリュッセル風ベルギーワッフル ベルギーチョコレートとホイップクリープ添え&コーヒー」@960円です。実はこの「ベル・オーブ」さんは、直輸入ベルギービールとべルギー料理のお店だったのです。
そうですか、飲まないから楽しめません。
ホールスタッフさんが妙に体育会のノリで接客していたのが少しうるさかったのです。
落ち着いて仕事ができないじゃないか、といっても一応レストランですからね。
私の方が横車を押していたのでした、あいすみません。

待つこと13分で「ブリュッセル風ベルギーワッフル ベルギーチョコレートとホイップクリープ添え&コーヒー」の到着です。
IMG_9934

IMG_9935

IMG_9936
見た目デザートじゃないですか。
まぁ仕事を片付けにきたのだから良しとします。
味ですか、不味からず美味からずです。
ベルギーワッフルは熱々で頂きたかったものです。
仕事が一段落したのであたりを見まわしましたら素面なのは私だけでした。
完璧に「みにくいアヒルの子」状態でした。
なにか不条理の世界に迷い込んだような心もちでした、ハイ。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

日吉 レストラン白鳥

今日は日吉で打合せです。
丁度昼前に終わったので、日吉の商店街の学生時代通っていたお店(虎ひげ、眠眠等)に入りタイムスリップしようと散策。
ところが歩けど歩けど馴染みのお店がない、たしかにぃ〜ここらに有ったのにない
本当にタイムスリップというか浦島太郎状態となりアセリマシタ。

それでも一軒だけありました。
今日のお店は日吉の老舗洋食店「レストラン白鳥」です。
しかしこのお店昔は大きな看板が有ったような気がします。
おかげで探すのに大汗をかいてしまいました。


この看板じゃワカリマセン

住所: 横浜市港北区日吉2-2-10
電話番号:045-561-2448
定休日:不明

そして今日の料理は定番「オムライス」@600(安い)です。



ここの卵は牛乳を入れて溶いたものです。ご飯は、鶏肉を入れてケチャップで炒めたごくシンプルなものです。
味ですか、今日は胡椒入れすぎです。辛い辛い
それと卵美味しかったのですが、昔はホットケーキのようにもっと厚みがあったような気がします。記憶をたどると卵だけで満足していたような・・・
いずれにしても、そっけないサービスには驚きました。
昔もう少し感じはよかったような・・・
たしか良く三時頃いってお茶していたので、くつろげるお店という思い出が・・・
記憶違いでしたらゴメンナサイm(__)m

それでは(^_-)

味気ない話其の一

毎日帰宅が25時前後、寝ては会社にいく毎日で本当に疲れています。

今日の話は「味気ない話其の一」です。
大学二年の時日吉中央通りにある「眠眠(みんみん」の先の角を右に曲がったところに札幌ラーメン屋がありました。

すこし脱線しますが「眠眠(みんみん」のチャーメン美味しかったナ。「眠眠(みんみん」の麺は平たくてモチモチ、そして仕上がりはツルツル。あまり濃くない醤油味、週に二回はここのチャーメン・餃子食べていました。私の青春の味ですね。
この間マラソンレースの帰り、数十年ぶりに日吉に立ち寄り「眠眠(みんみん)を探しましたけれど既になくなっており残念でした。

そうそう内の大学なぜか学食の二階にお鮨屋さんがあり、しかもお酒もおいてありました。
試験の打上の時良く同級生と飲んでいたのですが、日吉は1〜2年生の一般教養なので当然未成年もいるわけで、お酒がおいてあるのはかなり不思議に思っていました(ま飲めりゃイイカ)。

閑話休題、その店に友達と入り私は塩ラーメン、友達は醤油ラーメンを頼みました。
しばらくして出来上がり食べ始めます。
ありゃりゃ味が薄いというか味がしない。最初は麺の湯切りが悪いのかなと思っていましたがさもあらず。ためしに友達に味見させたところ微妙だけれどかなり味が薄いのは確かとの事。

私「オジサンこのラーメン味しないよ」
ここですみませんというのかと思いきや
オジ「ちゃんと作っていますよ、これが内の味です」
すこし切れてきた
私「あそう、でもこのスープ飲んでからいってよ。隣の友達も味しないといっているよ」
言われた手前渋々とオジサンスープの味見します。すると顔色が変わります。何となく塩と化学調味料を間違えたように見受けられたのです。
オジ「決して作り間違えてなんかいませんよ。内の味付けは薄口ですから、初めての方は物足りなく感じるのかも知れませんね」
私「このお店始めてじゃないけどさあ、そう作り間違えてないっていうの」
といってすぐさま隣の友達の醤油ラーメンを奪い取りそのスープを飲みます。
私「じゃこの醤油ラーメンは普通にショッパイけれど、それならばこの醤油ラーメンは作り間違だよね(怒)」
オジ「…」
オジサンのコメカミの血管がヒクヒクと震え始めてきました。
私「そうか、それなら俺はこの味では食べられないから作りなおしてよ。間違ってないんだから作り直し代は払うよ。その代わりこの店二度と来ないし、大学中の掲示板という掲示板に、この店の味のこと書いた紙貼り出してやるぜ(怒)」

結局友達がいいかげんにしろよと取り直したので何となく収まったのですが、お店の客はみんなこの騒動に面白がってラーメン食べるのを止めていました。
しかし負けず嫌いもここまでいくとお見事ですね(笑)

今日は社員食堂です。というかほとんど軟禁状態で外に出れません。
獲物は「沖縄カレー」@700です。


人参、キノコ、苦瓜、茄子、トマトが入っている野菜カレーです。
味ですか美味しくありません(笑)でもこの辛さ始めて食べる辛さです。
熱いところ(沖縄)の食べ物は辛いとは聞いていましたが、これほどとは・・・
一体何の香辛料を使用しているのでしょうかね

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ