今日は「百薬の長」です。
百薬の長
飲酒はたばこに次ぐ発がんの要因で、食道や咽頭、肝臓、大腸などにできるがんのリスクを確実に高めます。たとえば、日本酒を毎日4合飲む日本人男性は、大腸がんになるリスクが3倍になります。
お酒が「百薬の長」になるのは、せいぜい1合までです。
ビールなら中瓶1本程度です。飲酒は多くの日本人が考えているよりはるかに大きな健康リスクです。
東日本大震災の前に一般女性に生活上のリスクの大きさを順位づけしてもらった調査があります。
日本リスク研究学会編「増補改訂版 リスク学事典」に載っています。この結果から、日本人の「リスク感覚」のズレがわかります。
一般女性がもっともリスクが高いと感じていたのは原子力発電所で、2位はピストル、3位は食品保存料でした。
たばこは8位で、お酒は21位という「リスク圏外」に位置づけられていました。
しかし、実際にはたばこが断然トップで、2位はお酒、3位は車の運転です。なお、食品保存料は27位で、一般に思われているようなリスクではありません。たばこが、がんの原因のトップで、間接喫煙でもがんを増やすことはずいぶん知られるようになりましたが、飲酒のリスクは明らかに軽く見られています。
たしかに、日本は飲酒に寛大な社会です。泥酔して、電車のなかで眠りこけている会社員などを、海外で見ることはありません。私がスイスに留学していたときも、お酒を飲んで乱れる仲間は一人もいませんでした。
白人はお酒が強い人がほとんどで、飲んで顔が赤くなる人はまずいません。アルコールで顔が赤くなるのは東洋人だけに見られる現象で、英語では「アジアンフラッシュ」と呼ばれます。世界人口の約8%、5億4000万人がこのタイプとみられています。
お酒に含まれるエタノールは、肝臓で「アセトアルデヒド」という物質に変わります。
エタノールは消毒に使われるくらいで毒性は低いですが、アセトアルデヒドには発がん性があります。
そのため、酵素でさらに酢酸に分解しますが、東洋人ではその分解酵素の遺伝子に変異を持っている人がかなりの数に上ります。
飲んで顔が赤くなるのは、発がん物質が体内にたまって いることを示す目印の一つです。
(東京大学病院准教授)
「がん社会を診る」中川恵一著より転載

「アジアンフラッシュ」ですがこの現象が起きる原因は判明しているのです。
肝臓でアルコールを分解してできる「アセトアルデヒド」という物質が諸悪の根源なのです。毒性があり、体内で濃度が高まるとアレルギー症状を引き起こす生理活性物質、ヒスタミンが作り出され悪酔いを招きます。
このアセトアルデヒドを分解する酵素に、きちんと働く「N型」とうまく働かない「D型」があるのです。
どちらかの親からD型を受け継げば、「アジアンフラッシュ」を起こします。この遺伝予配列を突き止めた原田勝二・元筑波大教授は「両親からN型を受け継いだ人D型と受け継いだ人の間では、酵素の働きに理論的に16倍もの差が生じる」と解説していました。
原田さんが世界各地でこのN型とD型の出現頻度を調べたところ、ハンガリーでD型がわずか2%であったほかは欧州や中東、アフリカでは全く見つからなかったそうです。
一方、日本でD型は44%と最も高い頻度になり、中国で41%、タイで10%とアジアに集中していました。
北米の先住民族で。はスー族に4%、ナバホ族に2%のD型が見つかったという程度です。 
アフリカで誕生した現人の祖先は、すべてN型だったのでした。
大陸を移動し人種が分かれる過程で、突然変異のD型が誕生したのです。
原田さんは「3万〜2万5000年前、中国の南部地域で突然変異が起きた」と推測しています。
しか〜し、なぜこんな変異が起きためか、いまだ理由は分かっていません。
もしこの遺伝子変異が命に関わっていれば、D型の子孫は途絶えてしまったはずです。
飲酒が直接、生存に必要な条件でなかったことが、この追跡調査を可能にしたわけですね。
国内でN型の出現頻度をみると、東北や九州南部に高い傾向が出ています。
つまりこの地域に酒豪が多いのです。
縄文時代に日本に渡来した人はほぼN型で、弥生時代に渡来した人の中にD型の人が含まれていたとみられておりその名残かもしれません。

ちなみに日本人の親戚イヌイットは、日本人同様に酒にすぐ酔いやすいという体質であります。それに加えて一度飲むととことんまで飲んでしまうという奔放な民族的性格もあって、あちこち酔っ払いだらけになり、その酔っ払い同士の喧嘩や女をめぐるだらしない抗争がひっきりなしにおきていました。
その乱れぶりはそのままでは民族そのものが消滅してしまうくらいのものでした。
そこで民族を守る為、秩序と安定を取り戻す為、国家と民族のリーダー合意のもとに「全面禁酒」ということになったといのうは知る人ぞ知る民族悲話であります。

ネクタイ鉢巻き
私は今日で停酒942日を迎えました。
私の停酒解禁はどちらかの子供の結婚式と決めていますのでいつかは解除します。

「死ぬ時は死ぬがよし」
これは良寛の言葉です。
暴言ですが、お酒を飲んで死んだっていいじゃないですか・・・
私の父はそのような死に方をしました。
私も飲酒を続けていたら多分似たような末路をたどったのでしょう。
で〜も停酒してから思うのですが、お酒の効用は楽しさをふくらませる事だと思いますが、問題は大飲した次の日です。言い換えますと二日酔いの朝です。
四文字熟語で表現しますと、体調不芳・口渇欲水・後悔噬臍(こうかいぜいせい)・失意茫然というところでしょうか。
一時期「24時間闘えますか」というキャッチが流行(はやり)ましたが、常々漢(おとこ)は「常在戦場」と思っておりますので、こういう点では酒の負の面を感じます。
お酒如きで不自由な椅子に縛(いま)しめられる事は避けたいものです・・・
私の昔を知る人は「お前にだけは言われたくない」となじられるかもしれません。
しか〜し人生を楽しむってことは、変化を楽しむってことでしょう。
惰性的飲酒は「百害あっ一利なし」です・・・


ニュル系CMのおぞましさは2がダントツと思う人もいるだろうが、水虫薬のラミシールが描いた足の爪水虫菌の恐ろしさは群を抜く。足の爪をはがしたら、その下の肉にカビ菌がうじゃうじゃしているのだろうか。


IMG_1361

IMG_1343

IMG_1344

IMG_1359
今日は虎ノ門ヒルズに出没です。
虎ノ門ヒルズとは、国際ビジネスセンターの一翼を担う多機能複合の超高層タワーです。
虎ノ門ヒルズは、高さ247m、延床面積244,360屬如高さ・規模ともに国内トップクラスのプロジェクトです。超高層複合棟には、インターナショナルホテルや最高スペックを備えたオフィス、国際会議に対応するカンファレンス、眺望抜群の高規格レジデンス、多様な都市活動を最大限サポートする店舗を擁し、地上には、広大な芝生広場など約6,000屬離ープンスペースが広がります。

IMG_1362
なんですか新橋・愛宕界隈が激変しているのではないですか、ここらへんは準地元ですので知悉していましたが、全くわからなくなってしまいました。
これはすべて直上に張り付けた「マッカーサー道路」の影響です。

今日は時間に余裕があったので並んでのlunchです。
今日のお店は「あんぷく」虎ノ門ヒルズ店さんです。

住所:東京都港区虎ノ門1-26 虎ノ門ヒルズ 4F
電話:03-6257-3850
定休日:無休:正月3が日除く

IMG_1348
お店の外観です。

IMG_1353
店内の雰囲気です。

IMG_1351
メニューです。

今日のオーダー「8時間煮込んだ牛すじ黒カレーうどん(普通盛=麺量260g)」@1,150円です。
並ぶ事24分で入店しました。
店内は圧倒的な女性客でにぎわっています。
広いと思っていた店内ですが、実は壁が鏡でできていてその反射で広く見えたのです。
しつらえが良いですね。
メニューはイタリアンのお店を彷彿する創作うどんが随所にみられ結構です。

IMG_1354

IMG_1355
待つこと9分で「8時間煮込んだ牛すじ黒カレーうどん」見た目シチューです。
それでは実食です。
まずはスープ(出汁)からいただきました。
濃厚な味が時間差攻撃で口内に染みわたってきます。
スープはふくよかなカレー味です。
8時間煮込んだ牛すじのエキスがこのスープの出自を明らかにしています。
うどんはツルンツルンあんどモチモチで美味しいです。
牛すじ肉は本当に良く煮込まれていて、噛みしめるたびに味がふくらんできます。
しいていえば高級なシチューです。
うどんで無くてもいいような気になります。
パンの方が・・・
ごめんなさい「うどん屋」さんでしたね。
コスパは森ビルさんのお高いテナント料の為か悪いのですが、折角虎ノ門ヒルズに来たのでしたら立ち寄っても損はしないと思います。
お奨めのお店です。
それでは(^_-)