下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

男はつらいよ

燕三条 メッセピア

今日は「田所康夫」です。
田所康雄さんっていってわかるあなたは映画「男はつらいよ」のファンですね。
田所康雄さんとは国民的映画俳優の渥美清さんの本名です。
Black_market_in_Shinbashi

20150429175128166
田所さんはインテリで一応は中央大学に入学していますが、当時は戦後のどさくさで誰でも普通の大学には潜り込めてたのです。
その実態はノガミ(上野)のヤクザです。
後年、ご本人はある組によく出入りしていたがゲソは脱いでいない、と言い訳をしていました。
従いまして、いくら田所さんが上手に車寅二郎を演じても氏育ちは隠せません。
ときおり、すごむ暗い目つきはヤッちゃんです。私の「男はつらいよ」の楽しみ方は、ときおり見せるヤクザの田所さんを何回発見できるかでした。私も田所さん同じ下町生まれで、そのような方との付き合いはありましたので、彼らが醸し出す匂いはすぐわかるのです。
実際、葛飾柴又には、どうしようもない悪たれヤクザがいたのですが、カタギには優しかったので、好かれていました。しか〜し、最後はマムシに噛まれて死んだそうです。
それが寅さんのモデルだと地元では言われています。
ちなみにテレビでの寅さんはハブに噛まれて死んでいます。
要は「男はつらいよ」はヤッちゃんが演じる喜劇なのです。
私の親友の父親はテキヤでした。
正しくは車寅二郎はテキヤじゃないかという向きもありましょうが、私は友人の父の荒れ狂う振る舞いを見るたびに、ヤクザとテキヤって同一人種だとみなしていました。

実際、最初の頃の車寅二郎は、どこから見てもヤクザでしたから。
田所さんの素地は、ご子息田所健太郎さんの以下のカミングアウトからわかります。
父のいるテーブルに、たまたま僕が食器をポンと置くと、その動作が頭に来るのか、いきなり怒鳴るんです。
「なんだ、その置き方は」っとね。「いや、 普通に置いただけじゃない?」と言うと、「ぶざけるなっ」と怒鳴って、目茶 苦茶怒られ、殴られました。
殴られ、蹴られ、ときには髪の毛引っ張って引き摺り回されたこともありました。
酷いときには腹を殴られてゲロを 吐いてしまった僕を土下座させて、そのゲロの中に顔を擦り付けて謝らせるような、そんなこともありました。
もう、僕には何がなんだかわからないんです。
ちょっと食器を置いただけ、あるいは母が出したチーズを「お腹がいっぱいだからもういいよ」と断った瞬間に、いきなり殴り飛ばされるんです。


20101223_1435982
話は跳躍します。
田所さんはモテ男なのです。
そのくだりについてご本人は、私と寅さんの大きな違いは、私は寅さんと違ってモテ男で、あれだけ毎回美女にフラレルような情けない男ではありません、とテレもせずに言われていました。
偶然に「夢で逢いましょう」のワンシーンで、渥美さんが妖艶な美女とカラんでいるシーンを見たのですが、それはどこから見てもジゴロのふるまいでかっこ良いものでした。
あの耳障りの良い声にさわやかな口舌は女性をトロケさすのにたいした時間は要さなかったでしょう。
渥美さんが何故面白いかと申せば、あの下駄のような顔をした人間が、しゃべればとろけるような美声でしかも歌を歌わせれば格段に上手いという落差でしょう。


o0674096012745997619
長じて、映画「祇園祭」を友人と観に行ったのですが、シリアスな場面なのに渥美清さんがスクリーンにでますと、観客は、寅さんが出ている、と大爆笑が起こっていました。
私はその時に渥美清さんの役者としての限界を見たような気がしました。
加えて、片方の肺がない田所さんにとって、寅さんを演じるだけがせいいっぱいとなるにつれ、新たなキャラクターへの挑戦は、精神的な面よりも肉体的な面が困難になっていったのでしょう。
ですから敢えて車寅二郎に傾斜していったのです。
芸風もヤクザ風から重厚な演技に徐々に変わっていきました。
だから27年48作も寅さんを演じ続ける事ができたのでしょう。

生前から「死に顔を皆に見せたくない。骨になってから皆に連絡してくれ」と家族に言い続けていたといわれています。このため、渥美さんの死はすぐにニュースにならず、公表されたのは遺族が密葬を終えたあとの7日午後だったそうです。
田所さんは完璧に渥美清を演じる為にプライベートは隠しました。
従いまして田所さんの奥さんが、山田洋二監督に夫が亡くなった旨の電話をいれた後、取り急ぎ弔問に行こうという事になったのですが、だれも田所さんの自宅を知らず大慌てしたそうです。
基本的に田所さんは、家族の事は松竹の映画関係者にはみじんも語らなかったそうです。
要はエブリデイ、エブリタイム、渥美清を演じていたのです。
なかなかできるものではありません。
昔の下町には田所さんのように公私の区別をきちんとされてる方がたくさんいました。
願わくは、私も田所さんのような公私をきちんと演じ分けられる人間になりたいと思う今日この頃であります。


映画「振り子」公式HP



IMG_4684
今日は新潟に出没です。

IMG_4685
いつもいくラーメン屋「龍華亭」さんが休みだったので、このお店「らーめん勝」に入ろうと思ったのですが、こんな炎天下にラーメンかと思って斜め前にあったファミレス風のレストランに踵の向きを変えたのです。
今日のお店は「レストラン メッセピア」さんです。

住所: 新潟県三条市須頃1-17
電話:0256-33-5841
定休日:毎月第一水曜日・年末年始

IMG_4687

IMG_4688
お店の外観です。

IMG_4698
店内の雰囲気です。

IMG_4691
メニューです。

今日のオーダー「越後もち豚のロースト マスタードソース」@1,944円です。
外観はファミレスですが店内はゴージャスな雰囲気です。
しかも店内は燕三条セレブが目の子で30名もおり、おもわず女子会会場かと思ってしまいました。
しか〜しこれだけの女性がいると妙な迫力がります。
気分は間違えて女子更衣室に入ったような気分です。

待つこと5分で「越後もち豚のパテ」です。
IMG_4696
うん、これは滋味があって美味しいです。
なかなかここのシェフの腕はよさそうですね。

洋食器の街「燕三条」です。
IMG_4697
カトラリーが選べます。
私は有名デザイナーによるゴージャスなアメリカン「ビザンティン(山崎金属工業製)」
を選びました。このような気配りは大好きです。

待つこと12分で「枝豆とトマトのコンソメスープ、モッツレラチーズ入り」です。
IMG_4702

IMG_4703
これは枝豆とトマトのゼラチンを壊してからいただきます。
美味しいではないですか。
ふくよかな味です。
たまりませんね。

待つこと12分で「越後もち豚のロースト マスタードソース」の到着です。
IMG_4704
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_4705
ソース美味し、肉マズしです。
ソースが美味しいのに肉が美味しくありません。
硬いので噛みごたえがあるだけです。
食事した後、このお店に配車させたタクシーの運転手さんに越後もち豚の地元評価を聞きましたところ、地元じゃ誰も食べないよ、と申していました。
要は、地元評価はたいした事ないのでしょうね。
なんで作る前に試食しなかったのでしょうか・・・
地産地消にこだわり過ぎてしまった結実なのでしょう。

デザートのピーチスポンジのゼリーです。
IMG_4706
これが美味しい。
泡のようなツブツブが口内で踊ります。
甘さ抑えたスワーな味わいも高評価です。
美味しいです。
IMG_4707

IMG_4708
お麩のラスクも美味しくできていました。
これまた美味しです。

ななんなのでしょう。
メインディシュ以外はみな美味しいというこの逆張りコースは?
ホールスタッフにその背景を聞きますと、このお店は、一般財団法人「燕三条地場産業振興センター」の経営なので浮沈艦だから鷹揚なのでは、と申していました。
それでも久々の逆「羊頭狗肉」のお店でしたのでまた来ます。
ここのシェフの技量はたいしたものです。

それでは(^_-)

月島 津湘苑

今日は「フーテンの寅さん余話」の話です。

「人間は何のために生きてるのかな」
「何て言うかな、ほら、あ−生まれて来てよかったなって思うことが何べんかあるだろう、そのために人間生きてんじゃねえのか?」
「男はつらいよ」より転載

これは「男はつらいよ」で寅さんがたまに言う口癖です。
人間は何のために生きているんだろうか?
誰しも一度は考えたことがある疑問ですよね。
その答えの1つとして、この言葉は覚えておくといいかもしれませんね。

私がこれ以外に寅さん口癖で他に好きなのは
「それを言っちゃあお仕舞いよ」
「相変わらず馬鹿か?」
「貴様、さては(さしずめ)インテリだな?」
ですね。

なんでこのblogで今迄に「男はつらいよ」を取り上げなかったかというと、私の生まれ育った下町にはあまりにも身近に車寅次郎さんみたいな方がいすぎたためです。
実際に夭逝した小学校以来の親友のオヤジさんはテキ屋でした。
すごかったですよ、そのオヤジさんの乱暴ぶりは。
一度お酒が入るとそのオヤジさんの通った後はまさに台風の爪痕状態でした。
男気があるといえば格好いいのですがね、実態はただのロクデナシでしたね。
親友の家族はどれだけ苦労したことか・・・

何故か親友のお祖父さんが亡くなった時に友達と一緒に焼き場までついて行ったことがあります。
焼き場の帰り路のバスの中で、親友のお母さんが、実家の長男さんに、家(うち)はそもそも由緒正しき家柄だ。それなのにヤクザモンとくっついた馬鹿がいる。本当に恥さらしだ、と嫌味たらしくバスの中で大きな声で言われていました。すると親友のお母さんは逆ギレして、今はしっかりと堅気で働いていますよ、と言い返したら、みんな聞いたかよ。地球を掘る仕事が、堅気だよと。ものは言いようだね。恐れ入谷の鬼子母神ったぁ、この事だよ、とドキツク言い返されていたのです。
私と友達は何か聞いてはイケないものを聞いてしまったように、居場所がないな、という感じで顔を見合せていました。親友のお母さんは、若い時は美人でしたし、なんであのような人と一緒になったのかなぁ、と子供心に思ったものでした。
昔、誰かに聞いた話では、女性はホルモンの働きでその男性が父親になったらどうかということを見極めるのだそうです。このホルモンの働きが妙に異常な時は、様子がよさそうで且つ悪っぽい男性であればあるほど、いい父親になる、と思いこむ作用があるそうですよ・・・
まぁ隣国みたいに女性を拉致して一緒に住むわけでもないので、やはり男女の仲はmysteryです。
いずれにしても寅さんはお盆と正月しか柴又に帰ってこないのでさくら達は幸せに暮らせるのです。
それこそ寅さんが毎日家にいたら、家族はつらいよ、になってしまったでしょう。

そうそう柴又中学からきた高校の友達の父親の持っているアパートが「男はつらいよ」のさくら一家の住んでいたアパートになっていました。ということで高校の時は「男はつらいよ」のロケの動静はtimelyにわかっていたのですね。
さら〜に柴又では、本当に寅さんみたいなテキ屋の暴れん坊がいて、偶然にも蛇にかまれて死んだそうですって。
これは都市伝説なのか実話なのか今となっては確かめる術もないのですが、高校の時この話は信じていました、ハイ。


「私たちのことを覚えていないかもしれないけれど、90年代に会ったことがあるんだ」と、長らく会っていなかった友人が語りかけてくるようにInternet Explorerが90年代のことを思い出させてくるムービーが公開されています。このムービー、これまでのIEが時代遅れだったことを暗に認めているわけですが、れっきとしたMicrosoftの公式ムービーです。


IMG_4503
今日は勝ちどきに出没です。
打合せが遅くなったので夕飯でも食べて帰るかなと思いました。
お店を探したらlightに照らされ煌々と輝いているお店がありました。
ということで今日のお店は「津相苑」さんです。

住所: 東京都中央区月島4-8-10
電話:03-6255-0617
定休日:無休

IMG_4496
お店の外観です。

IMG_4500
店内の雰囲気です。

IMG_4499
メニューです。

IMG_4501

IMG_4502
今日のオーダー「ホルモンレバの麻炒め+半白飯」@680+@150=830円です。
昨年の8月にオープンしたそうです。
福建省出身の中国人で経営されています。
したがいまして本場の中国家庭料理です。
お店の小姐(シアオアジエ)の日本語力は深浅がありますのでよくよくその日本語力を見極めて話さないとなりません。
今回のオーダーは熟考しました。
あらかじめホルモン系でいこうと決めていましたので選べるメニューは「ホルモンレバの麻炒め」か「ホルモンの四川風唐辛子炒め」の何れかです。
件(くだん)の小姐(シアオアジエ)に相談したところ、ホルモンの四川風唐辛子炒めはホルモンだけですが「ホルモンレバの麻炒め」はホルモンとレバですからこちらの方が楽しめますよ、とのことでしたので「ホルモンレバの麻炒め」にしたのです。
待つこと14分で着膳です。
見た目、味が濃い風です。

それでは実食です。
ホルモン、シマチョウ、シロモツ等色々な部位プラ〜スレバが入っています。
たまりませんね、ウン、これはとても美味しいですね。
ホルモンの程良い脂と辛味噌での炒めは私を食の天国に誘います。
この美味しさ、タマランゾ、ウンマ〜イです!
小姐(シアオアジエ)からは、もう少しhotな味がこのみだったら唐辛子の量を増やしてくれるそうです。
これはさらウレシイサービスです。
ホルモン好きにはお薦めの一品です。
是非お試しください。

それでは(^_-)


業界用語

ウーン熱が38度も超えてほとんど寝たきりオジサンです。
やることもないのでテキヤさんの言葉を思いだしていました。
別に私はその業界の人ではなく、中学生の頃から「男はつらいよ」のフーテンの寅さんの映画を何度も何度もみており、また浅草で遊ぶここが多かったのでそのような人とも接した事もあり自然と言葉を覚えてしまったのです。
簡単に書き記します。

まず車編です
オートンこれはタクシーです。オウトモービルからきています
チャリンコチャリンチャリンで自転車です。もともとはスリという意味だったのですが(笑)


地名編
エンコ浅草(浅草公園からの転嫁)
ブヤ渋谷
ノガミ上野
ブクロ池袋
ジョージ吉祥寺
ジュク新宿
ここら辺はひっくり返しですから簡単ですし、今も使われていますよね。

バイオレンス編
ハイダシ恐喝・強請
カツアゲ恐喝、ハイダシとの違いは不明
マッポお巡りさん
素手ゴロナックルベアでの喧嘩
ヤゴロナイフのような刃物を使った喧嘩
ゴロメンツ喧嘩仁義
ヤクネタ無茶苦茶に喧嘩の強い人
番長終戦間際の新宿駅で番線毎に長がいた。即ち番長
盆暗要は盆に暗いこと。転じてチンピラ



ノンジャンル編
バシタ女房
シカト無視。花札の鹿が横を向いている為
キスグレ酔っ払い
イモを引くビビル事、芋を取る時腰が引ける為
ケンスル文字通り「見」見送ること
マブイキレイ、美しい
バイ商売。フーテンの寅さんは「啖呵バイ」
ゲソヲ脱ぐその家の食客になること。まさに寅さんのこと
チクル言いつけること


不味いです(笑)また熱がポッポとでてきましたのでこれで止めにします。
まだまだ思い出せるのですが、これにて一件落着といたします。


それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ