下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

甲子園

浅草橋 天竜

今日は「無念千万」の話です。
私が取引先の部長を神楽坂で接待し、二〜三件ハシゴしたあと、その部長から、締めは面白いところがあるから、そこに行きましょう、と言われて連れて行かれたのが歌舞伎町にあるBatting Centerです。
なんでこんな深夜にBatting Centerなんかに来なければならないのだろう、と思うと同時に、この部長あんなに飲んでいてBatting Centerで球なんか打って大丈夫なのかしらん、と思った次第です。

取り巻きの部下の方に聞いたら、その部長は高校の時に甲子園にでたとのことでした。
なんだい、昔取った杵柄を見せびらかしたいのかい、とつぶやいた後、部下の人に、あんなお腹で甲子園行けたの?って聞けば、部下の方は、あんなお腹の高校球児はいませんよ。社会人になってから激太りしたらしいですよ、とのことでした。

想定内の結末ですが、あろうことか私とその部長はBatting Center内にあるホームランボードを当てるカケをしてボロボロに負けたのでした。
あまりにも一方的に負けたので、その悔しさからその場でその部長に再戦状を叩きつけたのです。

Revenge is mine!(復讐するは我にあり)
そしてその次の日から地元にあるBatting Centerに通い詰めました。
約2カ月間通った結果、10回に2〜3回はホームランボードに当たるか、かするかのlevelになったので、満を持してその部長の会社に電話をいれました。
すると、その部長は急な異動で転勤となっていたのでした。

ウヴェ〜、何てこったい!
今回のBatting Centerへの投資額は約20,000円にも達し、手の平及び指にできた豆は、全部合わせると10個にも及んでいたのです。
さらに子供達からはその異常な熱心さから、誕生日には木製のmy batをpresentとまでされていました。
一体全体、この落とし前は・・・
無念千万の出来事でした。

ちなみに私の地元のBatting Centerでホームランボードを当てると、高校野球のplay ball時に発せられるサイレンが高らかと鳴らされて、▲▲番ボックスの方ホームランおめでとうございます。ホームラン賞がありますので、受付まで起こしくださいませ、とのアナウンスが流れます。
そしてその景品は、な、なんと、く・つ・し・た(靴下)でした。
20,000円もお金を突っこんだのに、靴下とはこれまたトホホの結末でありました。


サントリーローヤルの懐かしCMです。



IMG_1748

IMG_1749

IMG_1753

IMG_1752

IMG_1750
今日は浅草にちょっと探し物があってやってまいりました。
しかし暑いですネ!
暑い時には熱いものということで、今日のランチは味噌ラーメンです。
今日のお店は浅草橋最強「サッポロラーメン天竜ラーメン」さんです。

住所: 東京都台東区浅草橋1-23-3
電話:非公開
定休日:日曜・祝日

IMG_1733
お店の外観です。

IMG_1737
店内の雰囲気です。

IMG_1736
メニューです。

IMG_1734

IMG_1735
本日のオーダー「味噌ラーメン」@700円です。
待つこと7分で着丼です。
なにか異様に丼ぶりが大きいですネ。
スープは最近流行りの豚骨系や魚介系ではなく、直球の高塩分の味噌味でしかも化学調味料がガツンと投入されています。
麺は中太の縮れ麺で普通盛りでしたが、ちょっと麺量はたりませんでした。
麺は硬めでたのんだで丁度よい硬さでした。
具材は炒めたもやしと大量のひき肉と細かく刻んだチャーシューです。
ここのチャーシューはとても美味しいです。
ちょっと強めの塩加減、食感は柔らかいのに豚肉の旨味がしっかりしています。
トロトロ感もあり申し分ありません。

食べていた私にデジャブが湧き上がりました。
これって私の高校の時毎日のように通っていた、向島は地蔵坂通りにあった「三福」の味噌ラーメンの味じゃないですか!
まさか浅草橋で私の青春の味が堪能できるとは、深謝です。
美味しかったですよ、でもとても喉が渇きました(笑)

それでは(^_-)

慶應義塾高校 ありがとう

残念慶應義塾高校が沖縄の浦添商業に僅差で負けました。
神奈川県予選決勝戦の東海大相模戦とのドロドロの勝利を見てからズーット応援し続けていました。

神奈川北東海大相模戦です。

結果以下の通り10回表長塁打を打たれて、裏に福富君が最終バッターで甲子園の夏が終わったのですが、個人的にはとてもデキスギだと思います
確かに慶應は攻守とも良く優勝も狙えたと思いますが、慶應ですからここらでよいでしょう
塾高関係者には申し訳ないのですが、本当によい夏休みの思い出となりました、アリガトウ(Thanks!)

【QOT】
 第90回全国高校野球選手権大会第14日(15日、浦添商4−3慶応、甲子園)「笑っていようぜ! 笑っていようぜ!」の掛け声とともに慶応の選手たちが引き揚げてきた。「本当に楽しかった。ここまで来られたことが奇跡的で、悔いはない」と背番号1をつけた左腕・田村圭投手(3年)。全力を出し尽くした、すがすがしい笑顔だった。
 五回から登板。七回の先頭打者から三振を奪った際に左足親指の付け根が裂けたという。その裏の打席では気力で右前に運び、一時は勝ち越しとなる適時打を放った。
 「みんなに心配かけたし、痛いと見せたくなかった」。八回の守りの前に10分近い治療を終えると、マウンドへは全力疾走で向かった。しかし、投球への影響は隠せない。フォームからは躍動感が失われ、直球の球速は落ちた。八回に追いつかれ、延長十回に力尽きた。上田監督は「気力を信じて任せた。取られたのは仕方ない。“よくやった”と誇りに思う」とたたえた。
 三振を奪うとこぶしを突き上げ、雄たけびを上げた。らしさを存分に出して高校野球生活を終えた。戦後の日本マット界に君臨した国民的人気プロレスラー・力道山を祖父に持つ田村は「甲子園だけでなく、すべてが思い出。みんなに助けられてばっかりで、ありがとうといいたい」。そういって最後に大粒の涙がこぼれ落ちた
【UNQOT】By サンケイスポーツ

浦添商(沖縄) 4 - 3 慶應(北神奈川)
::::  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 計
浦添商 1 0 0 1 0 0 0 1 0 1 4
 慶應 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 3

そして今日一緒に塾高を飲まず食わずで応援してくれた「太郎」君です。



応援後の遅い食事ですが、塾高が負けたので喉の通りが悪かったのでは

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ