下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

生駒軒

続 月島 生駒軒 

生駒軒の謎が知りたくて飲むのを兼ねて、ワザワザ月島「生駒軒」に聞ききに行ってしまいました。急がしそうだったので、慎重に頃合をみてしかも五月雨的に今日はオジサンではなくオバサンから聞ききだしたのです。
このほうが怪しまれないのではと思ったので、実は前回は少し訝しがられたのです(笑)

まず「生駒軒のれん会」に属しているかどうか。これはオジサンと同じでオバサンも修行してから暖簾分けされたと言っていましたので「生駒軒のれん会」には属してないような

次にラーメンは500円かどうか。これは535円でしたのでBingoでした。しかしオバサンは値段についてはそれぞれのお店が好き好きでつけていいのよといっていましたので、何となく「生駒軒のれん会」の匂いがすこし漂ってきますね。

さらに具は5点セット「メンマ」「ワカメ」「チャーシュー」「長葱」「ナルト」かどうか。これはナルト以外合っていました。

生駒軒のロゴの使用が認められているかどうか。これも暖簾分けされたお店しか使うことが許されないといっていました。またぞろ「生駒軒のれん会」の匂いが・・・

最後に「児玉製麺所」の麺を使っているかどうか。オバサンは言下に当たり前じゃない、生駒軒はこのお店が創業店だものとのたまっていました(笑)

そうか何のことはない、生駒軒は「児玉製麺所」がルーツ店で、いつの時かラーメン屋から製麺所に変わり、そこで暖簾分けしたそれぞれの生駒軒に麺を卸始めたという説が正しいのではと思うこの頃です(自信有り


といこうとで今日のお店は「生駒軒」です。
住所:中央区月島1丁目26-10
Tel:03-3531-6467
定休日:日曜祝日


餃子@500です。これは美味しい。餡が甘いし皮もモチモチです。何度食べても美味しいのです。まさに乾杯ビールの友でしょう(笑)
でもここの生駒軒は生ビールはおいていません。



五目焼きソバ@750です。まさにこれが「五目」だ文句あるかという感じですね。麺も半揚げしておりパリパリです。餡もフルフルと美味しい。半熟の目玉焼きも存在感あり。これをB級グルメと言わずに何という



最後にシメでラーメン@500食べようと思ったのですが、さすがに既に仕込んだお酒が胃を占拠しており、一杯はきつくオバサンに二人で分けるから小丼二つ下さいといいましたら、なな何と最初からミニラーメン×二丁にしてくれました。何という気配り、最高ですね。

また行こう


それでは(^_-)

月島 生駒軒

世の中には面白い人がいます。それは生駒軒の謎を調べている人です。
生駒軒は下町育ちなら誰でも知っている中華料理店で下町を歩いているとやたら目にします。ところが生駒軒はフランチャイズではなく以下の定義で成り立ったっているそうです。

「生駒軒のれん会」に属している
ラーメンは \500
「児玉製麺所」から麺を卸している
具は5点セット「メンマ」「ワカメ」「チャーシュー」「長葱」「ナルト」
生駒軒のロゴの使用が認められている

生駒軒発生のメカニズム参照

といこうとで今日のお店は「生駒軒」です。
住所:中央区月島1丁目26-10
Tel:03-3531-6467
定休日:日曜祝日

そして獲物は「ワンタン麺」@690です。


このお店「堅焼きソバ」は美味しいし、他の料理もそこそこ美味しいのですが、麺系はいまひとつです。
一つには麺の湯切りが悪く、妙にお湯っぽいのです。
スープはマズマズですが、チャーシューは今ひとつです。
生駒軒グループの限界か(笑)

生駒軒の謎はここのオジイサン曰く、暖簾分けといっていますが、「生駒軒のれん会」説からはずれます。
しかしこのお店オジイサン夫婦と息子夫婦でやっている庶民的なお店です。
夜のおつまみ系料理も充実している、下町B級グルメのお店です。
今度飲みに行った時に、生駒軒の謎は聞いてみるつもりです。



それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ