今日は「生きる」です。
cdata_20170405-sumida_01

IMG_0139

IMG_0140
懺悔の神様ことブッチー武者率いる「劇団ZANGE」の舞台「生きる」墨田講演を奥様と観にいきました。
尊属殺人ではありますがそのひたむきな生き方が人々の感動を呼び、執行猶予判決を受けたという実話をもとにした、介護問題がテーマの社会派劇でした。
ちなみに上の二枚の画像は、開演前、式典で劇団ZANGEから墨田区へ車椅子を2台寄贈したことによる墨田区長からの御礼挨拶です。

以下にパンフレットからのあらすじを転載します。
東京の下町で、小さな工場を経営している父・北島良蔵から「他人様に迷惑をかけるな」と厳しく教えられて育った茂。父親の小さな工場は長引く不況で倒産、残った借金返済と両親の面倒を見るために、茂は新たな工場に勤めだす。やがて父・良蔵がこの世を去り、母・サエと二人暮らしとなった茂。
だが、丁度その頃から、母・サエに認知症があらわれる。
事件は、アパートの大家から勧められた、茂のお見合いの席で起きた。
時間になっても、立ち会うはずの母・サエの姿が見えない。
仕方なくお見合いを始めた時、突然裸足で帰ってきた母・サエ。
その場にいた全員が、その姿を見て驚く。
そして、明らかに母・サエの言動がおかしくなっていた。
間違いない認知症の症状に愕然とする茂。
そして、お見合いは失敗し、茂は大家夫妻に迷惑をかけた事を悔いる。
「他人様に迷惑をかけるな」茂の胸には父・良蔵の声が何度も去来する。
過ぎ行く時が母・サエの認知症状を悪化させ、夜に起き出す母の介護は、昼間働く茂を疲弊させていく。
それでも茂は誰かに助けを求めることもなく、母の介護をする。
やがて働きながらの介護に限界を感じた茂は、会社を辞め、介護サービスを利用しながら24時間、母の介護を始める。そんな茂を苦しめることになるのが、本来、茂のような立場の人間を救うはずの社会保障制度の仕組みだった。
僅かな蓄えを切り崩しながたの介護生活は、茂の心と体を蝕んでいく。
失業保険も止まり、カードローンも限度額に達し、生活費が底を尽きかけた時、最後に頼ったのは、これまで何度か断られてきた生活保護の申請だった。
しかし、またも断られ頼みの綱を完全に失った茂。
時々、茂のことも分らなくなる母を見て、このままでは生きていけないと悟る茂。
素直に父の教えを守り、真面目に社会保障の仕組みに従った茂が最後に取った行動は、あまりにも悲劇的な結末を招く。

正直、私の父が痴呆でしたので、最後の場面は茂が自分に思えてしまい、そのせつなさ、情けなさに号泣してしまいました。特に父は永年多飲を続けていましたので、なるべくしてなった帰結ではあるものの、尊敬していた父の痴呆の姿を見るのは悲しいものでした。
願わくは、奥様、私ともどもそのような迷惑を子供たちにかけたくないので、近い将来二人だけの生活になる可能性もあり、もし奥さまがそのような状態になったのなら私が茂になる可能性は億分の一くらいはありえます。
公演終了後、奥様と昔よく通っていた中華料理店「太朗ラーメン」にふらりと入りましたら、13年ぶりなのに、先代の奥様が私の姿を認めて、△△さんでしょう。かわならないわね、と言って昔ながらの声掛けをしていただきました。
この行間から読み解きますと、私はどうやらあまり老けないみたいなのでしばらくはボケそうにもありません。
奥様も同様に老けにくいみたいです。
先代の奥様も今年で御年77歳になるのに、私同様ほとんど変わっていないのでこれまたボケそうにはありません。
「語る人も語られる人」もであります。


「生きる」プロモーションVTR



IMG_0115
今日は奥様の学生時代の友人とのお花見です。
ところが奥様は風邪で寝込んでいましたら腰痛を併発して、私は会場までの運転手です。

IMG_9190
会場で奥様を降ろしたと後、昼食を取りました。
今日のお店はワテラスアネックス内にある「フジオ軒」さんです。

住所: 東京都千代田区神田淡路町2-105ワテラスアネックス3F
電話:03-3253-3870
定休日:無休

IMG_9192
お店の外観です。

IMG_9195

IMG_9196
店内の雰囲気です。

IMG_9193
メニューです。

今日のオーダー「洋食ランチプレート」@1,180円です。
ここ「フジオ軒」さんは、東京では手作り居酒屋「かっぽうぎ」で有名な株式会社 フジオフードシステムという会社のサブブランドカンパニーです。
株式会社 フジオフードシステムの社是は、優しく朗らかな笑顔、清潔な店内、キビキビとした動きで「ここに来て本当によかった」と心から思っていただけるようなお店作りに一所懸命、励みます、というものです。
資本金は12億55万円の中堅飲食系フランチャイズ会社です。
サラリーマンコックさんなのですよね・・・
そういわれてみますと、厨房内のコックさんもあまり職人的な顔をしていませんね。

IMG_9198
まずはセルフサービスのオニオンスープです。
これは大量に作るので美味しいです。
イケますね。

IMG_9199
待つこと6分で「洋食ランチプレート」の到着です。
養殖ランチプレートの構成は手仕込みハンバーグ、海老フライ、カニ入りコロッケです。
見た目合羽橋の洋食サンプルみたいです。

IMG_0113
それでは実食です。
どうでしょう可もなく不可もなしという味わいです。
厨房をみていましたら、できあいの半製品を焼いたり、揚げたりしているだけですから
クラフトマンシップ(職人の技能)もありません。
接客の女性ホールスッタフさんの笑顔が唯一の眼福でした。
こんな日もあります。

それでは(^_-)