下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

琉菊

続 川口市栄町 琉菊

今日は年の話です。
韓国では必ずといっていいほどに誰もが子供の時から数え年を使っています。
数え年は生まれた時点で既に一歳。それ以降元日を迎えるごとに一つずつ年を重ねていきます。これは太陰暦に基づくとされ、東アジアで古くから浸透していましたが、今でも実用的に広く使われているのは韓国だけだそうです。
日本では1950年1月1日施行の「年齢のとなえ方に関する法律」から徐々に廃れていったのです。
【日本経済新聞 「ところ変われば…」】より転載。

そうか私は今日の今日まで数え年は満年齢+1歳に誕生日ごと更に1歳かと思っていたのですが、数え年は誕生日に関係なく生まれた時既に1歳に元旦ごと更に1歳ということで更新されていたのですね。ということは12月31日に生まれると翌年1月1日には二歳ということになりますね。
子供の頃数え年の数え方が理解できなかったのはこの仕組みを知らなかったからですね(笑)

今日のお店は久々に川口市栄町「琉菊」を再訪しました。



住所: 埼玉県川口市栄町1-13-16
電話:048-252-8718
定休日:金曜日

琉菊11
今日の獲物は「かに玉+半ライス+ラーメン」@700です。
まずはラーメンです。鶏ガラと野菜でしっかりと取ったスープは少し大目のラードでしたが濃いめの醤油にしっかりと合っています。中太縮れ麺はこのスープをしっかりと受け止めています。シナチクもシコシコショリショリで筋っぽく美味しい。チャーシューも濃いめの味付けで深みがあります。しかし今日は少し麺をゆで過ぎたのと湯切りが悪かく今一つでした。でもここのラーメンは美味しいhappy01

琉菊12
かに玉味です。これは卵の半熟フワフワ感が最高です…美味しいhappy01
さらに最初ソースかと思いきや卵にかかっていたのは甘酢でした。この味付けもギリギリの甘さと酸っぱさでイケました。
多分このお店のご主人きちんとした中国料理屋さんで修業したんでしょう。

さらに料理ができる間新聞でも読もうかとオモムロニ広げたら、隣のテーブルに坐っていた常連さんが「お兄さん、悪いね。今日は新聞休刊日なので、それは昨日の新聞だよ」って親切にも教えてくれたのです。
なんとホッコリするお店なのでしょうか

それでは(^_-)

川口市栄町 琉菊

最近の若い人(特にオタク系)は「秋葉原」のことを「アキバ」ではなく「ハバラ」と読んでいるそうです。
もともとは「秋葉原(あきばはら)」と呼ばれていたので「バハラ」の方がロックぽくって良いと思う私なのですが・・・
ちなみにこの「あきはばら」の読みは、秋葉原駅の駅名をつける際、秋葉原(あきばはら)の読み方を知らない鉄道官僚が勘違いして「あきはばら」と付けたことで生まれたものです。

そういえば最近六本木(ポンギ=ギロッポンではありません)、自由が丘(オカジュー)、新宿(ジュク)、銀座(ザギン)、上野(ノガミ)、池袋(ブクロ)とか呼ぶ人が少なくなったような気がします。ちなみに我ら浅草はエンコです。これは六区にあった浅草公園をひっくり返して呼んだなごりです。

今日は埼玉高速鉄道で南鳩谷までお仕事で行きました。
ところがここ食べるところが全くなく仕方なく隣駅の川口元郷まで食べるところを探して歩いてしまいました(何てコッタ

今日のお店は久々のB級グルメ店川口市栄町「琉菊」です。



住所: 埼玉県川口市栄町1-13-16
電話:048-252-0716
定休日:金曜日


今日の獲物は「ラーメン+唐揚+飯ライス」定食@700です。
このお店一見汚い店構えですが、なな何と味はよいのです。
まずラーメンですが鶏ガラと野菜でしっかりと取ったスープは少し大目のラードでしたが濃いめの醤油にしっかりと合っています。中太縮れ麺はこのスープをしっかりと受け止めています。シナチクもシコシコショリショリで筋っぽく美味しい。チャーシューも濃いめの味付けで深みがあります。付け合せのサヤエンドウも一服の清涼剤的でさわやか、それに昔風ラーメン定番のナルトと海苔もベリッグッでした。
さらに副食の唐揚もジューシー、ホクホクでイケました。
さらにこれに半ライスですがほとんど全ライスがついて@700です。
これをB級グルメ店といわずに何というのでしょうか(押忍)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ