下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

玄八

続 池袋 つけ蕎麦 玄八

今日は「ねこまんま」の話です。
親譲りのケチと貧乏性で、子供の時からおいしい魚を全部食べた後でも、残った頭と骨に熱湯をかけて、その汁を飲まないではいられなかった。だから、近所の野良猫からはさぞ怨まれていたことだろう。
これは夏目漱石『坊っちゃん』主人公の口真似ですが、猫といえば「ねこまんま」でしょう、かなりコジツケ(笑)。
いま景気の影響もあり、家でご飯を食べる人が増え、節約レシピも毎日のように登場しています。そんな中、究極の節約メニューともいえる「ねこまんま」がブームになっているそうです。 「ねこまんま」と言ってもペットの食べ物じゃありません、むかしの猫はキャットフードではなく「ねこまんま」を食べていたのです。そして私達下町っ子もです。

ところで「ねこまんま」って東日本系の「鰹節ねこまんま」と西日本系の「汁をかけた飯」とに分かれるそうですが、我ら下町っ子は両方とも食べていました、ハイ。
玄八21
鰹節ねこまんま
飯に鰹節をかけて混ぜ込んだものをねこまんまと呼ぶ地方は、主に東日本に見られる。かけた鰹節の上に醤油をかけるかかけないかも文化や各人の嗜好等によって異なる。北海道では醤油にバターが加えられることが多い。
汁をかけた飯
汁をかけた飯をねこまんまと呼ぶ地方は、主に西日本に見られる。かける汁は味噌汁が多いが、すまし汁や豚汁など、味噌汁でない汁をかけてもねこまんまと呼ばれる。他の地方では汁かけ飯やぶっかけ御飯、犬飯などとも呼ばれる。
wikipedia「ねこまんま」より転載


玄八21
ところでこのパチリは「温たまマヨしょうゆまんま」です。そうなのですね、いま「ねこまんま」はflatではなく王侯化してきており 、このような「高級ねこまんま」も現れてきているようです。
余談ですが私が子供の頃、「鰹節ねこまんま」が大好きで、よく母親に「ゴロニャン、ゴロニャン」といって甘え声でおねだりすると、啐啄同時(そったくどうじ)でこの料理(高級ねこまんまではありません)がでてきました。そして私も『坊っちゃん』の主人公よろしく、食べ終わった後にはキザミ葱とオカカを再度入れてもらい、その上に醤油と味の素をかけて熱湯を注ぎこみ今度は「鰹節ねこまんまスープ」として味わったものです、これはごはんとスープ両方とも本当に美味しかったですね!

今日は池袋にあるあるつけ蕎麦「玄八」さんに再訪しました。
住所: 東京都豊島区池袋2-42-1 第3ミネオカビル1F
電話:03-3971-7565
休日:日曜日・祝日

玄八23
お店の外観です

玄八24
店内の雰囲気です。

玄八25
メニューです。

玄八26

玄八27

玄八28
今日のオーダー「豚そば(並)」@800です。
前回は小を頼んだものですから麺量が300gと若干物足りなかったので、今回は並、麺量400gにしました。
お店の惹句では「そばには欠かせないわさびを豚肉と一緒つけ汁に仕込んだ新感覚のつけ蕎麦」となっていましたが、はたしてどうでしょう。
それでは実食です。麺は黒っぽい田舎蕎麦風でとても美味しいです。麺の冷やし、水切りも完璧です。しかしつけ汁がいけません、決して不味くはないのですが、腰だめの味というのか、微妙な甘さが曖昧です。わさびも何やら存在感ありあませんしやはり今一でした。
私は料理評論家でもなく、自分のblogにただ食の感想をかいているだけで、他意は何もないのですが、蕎麦が美味しいだけに本当に残念に思えてなりません。
つけ汁にもう一工夫をと願うところであります。

それでは(^_-)

池袋 つけ蕎麦 玄八

今日は「真実本能寺の変」の話です。
玄八1
このパチリは明智光秀の首塚です。山崎の戦いで敗れた光秀は、落武者狩に会い落命しました、部下たちはその首を近江まで持ち帰ろうとしたのですが、間に合わず朝が開けてしまったのです。
その首を秀吉側に奪取されるのを恐れた部下たちは京都は祇園に近いこの地に埋めて隠したとのことです。ちなみにお参りしているのは私の奥様です…

今日のフリネタは明智憲三郎さん(本能寺の変に続く山崎の合戦の後、明智残党狩りの手を逃れた光秀の子、於寉丸(おづるまる)の血筋を引く子孫)が明智家の名誉を晴らすため、自らの仕事(情報システム分野=三菱電機OB)のスキルを生かした、客観的なデータの中から問題点を導き出すという実務的方法による歴史調査を行う中で行き着いた「本能寺の変・427年目の真実」という上梓本のダイジェストをラジオ(安住伸一郎の日曜天国)で聞いた話の受け売りです。

当時の光秀は土岐一族という明智家の大元の一族が存亡の危機のにさらされていたのです。

信長は光秀に家康を本能寺に招くから、その期に乗じて暗殺するという指令を下しました。これは信長にとって邪魔者の二人(家康と光秀)の排除計画なのですね。
即ち光秀に家康を暗殺させ、その領地今川を光秀に与えることで近江から移封し信長から遠ざけるという一挙両得なものなのです
光秀は考え抜いたあげくの起死回生の一撃は、暗殺プランの相手を家康から信長に変更すること、そしてこれは最終的には家康との密約になったのです。光秀は同盟している家康でさえ殺されるのだから遠からず自分も同じ目にあうと結論付けたのです。
本能寺の警戒レベルの低さは、家康暗殺計画のため、すなわち家康を油断させる為だったのですね。

しかし盟友細川藤孝の裏切りによりこの計画はほころびを見せたのです。
秀吉は細川藤孝の家老からのリークでこのクーデタを知りえていました。熟考を重ねた秀吉は今回の計画を受け入れ、逆にこの機会を天下取りの最大の好機としたのです。

簡潔に申しますと、要は「本能寺の変」は家康暗殺のために仕組まれたもので、光秀と家康の共同謀議により、信長に変わったものです。そして秀吉はあらかじめこの情報を知りえたので、信長死亡の二日前には光秀征伐のため備中高松城の水攻めから踵を返すことができたのです。
光秀はその後の秀吉や家康によって書かれた軍記物のような軽挙妄動でこのクーデタを起こしたのではなく、家康との連携でクーデタ後の政権planまでも綿密に構想していたのです。
家康の孫の「家光」の光は、光秀の光であり、家康は隠し続けたとはいえ、光秀への感謝を忘れなかったのです。
光秀は謀議漏洩がなければ11日天下ではなく、真の天下取りが実現できたのですね!


今日は池袋のつけ蕎麦「玄八」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都豊島区池袋2-42-1 第3ミネオカビル1F
電話:03-3971-7565
休日:日曜日・祝日

玄八2
お店の外観です。

玄八3
店内の雰囲気です。

玄八4
メニューです。

玄八5

玄八6
今日のオーダーは「肉蕎麦300g」@800です。これはいま流行りの「港家」系のお店です。ここの特徴はコスパがすごいのです。小300g、並400g、中500g、大600g全てfreeです。
早速食べてみましょう、麺は田舎蕎麦風のバリバリ麺です、これはイケます。付け汁はラー油が入ったパンチある汁ですが、味付けが腰だめです。要は辛いのか辛くないのか、甘いのか甘くないのかはっきりしません。決して不味くはないでのすが、旗幟が鮮明ではありません。牛肉は良く煮込まれとても美味しいです。
全体的に満足ですが、やはり付け汁の曖昧さが気になるお店でした。

玄八7
最後にこのメタル系の器物は何でしょう?
私はしばらく分からなかったのですが、これは黄身取り機なのですね、卵にコダワル方は付け汁にこれを使って黄身だけを入れるようです…店主もこの食べ方を推奨していました?

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ