今日は「splash幸福論」です。
幸福
最近よく思う事があります。
それは毎日が幸福であることは難しい事ですが幸福になるための心掛けは易い事であります。
その為にはどうしたらよいのでしょう。
まず最初に考えなければいけない事は「絶対価値の幸福」です。
人生の半ばに至った時、残った人生を「後半生しかない」と思うのか、「後半生もあるのか」と思うかです。
要はoptimist思考です。

An optimist is a 90-year-old man who marries a 20-year-old woman and buys a house near a school.
楽天家というものは、20歳の女性と結婚し、学校の近くに家を買うような90歳の老人のことである。

ここまで至らなくても、いかにoptimisticallyにふるまうかです。
それに加えて未来に対する希望を持ちましょう。
その為には小さなことでも構いませんから、今日より明日が良くなると思えることを、一日一つ考えてみましょう。
言い換えれば小さな夢を毎日持ち続けることです。
「明日はいい事がある」という前向きな気持ちは、貴方の幸福のベクトルを必ず上向きにしてくれるはずです。
加えて自分自身のやるべき事の棚卸もしてみましょう。
具体的には、自分のやりたい事やらなくていい事を分けてみましょう。
そしてやらなくていい事は絶対にやらない事です。
その反対に、自分がやりたい事はそれに優先順位をつけて徹底してやることです
このあたりが曖昧ですと幸福達成のspeedがおちます。
また会社が悪い、上司が悪い、世の中が悪いとかいうような他罰的な考えは放擲しましょう。
外部環境に自分の不幸を委ねるのは愚者の考えです。
要は「自分がどうしたいのか」ということです。
その為には今まで以上に自らの個性を磨き、自分らしさを表現していきましょう。
そしてあなたの意識のベクトルをあなたの情熱の感じる方向に向けてください。
さらにすべてのふるまいは小怒多笑(多少苛々してもニコニコしていれば忘れてしまう)に基づき行動してください。
最後は「継続は力なり」です。
私のsuggestionを気に留めているだけでも幸福は身近に感じてくるはずです・・・
こんな事を書く日もあります。


YouTubeにアップされた前代未聞のお寺のCMがネットで話題になっている。百聞は一見にしかず。
その自由奔放すぎるCMをご覧あれ。


IMG_0872
今日は高島平に出没です。
たまにはつけ麺でも食べるかと思い向かった先は・・・
今日のお店はつけ麺や「辰盛ラーメン」さんです。

住所: 東京都板橋区高島平8-15-8
電話:03-3935-2465
定休日:無休

IMG_0873
お店の外観です。

IMG_0879
店内の雰囲気です。

IMG_0875
メニューです。

今日のオーダー「牛すじつけ麺」@930円です。
これはmenuにやられました。
この画像は絶対に裏切らないでしょ(笑)

IMG_0876

IMG_0877

IMG_0878
待つこと6分で「牛すじつけ麺」の着丼です。
見た目美味しそうじゃあ〜りませんか!
それでは満を持して実食です。
まずは牛すじをガブリしました。
すじ肉からは馥郁たる香りとコクが湧き上がってきます。
肉自体はやわやわ且トロトロであります。
うんまいです。
スープは「甘・辛・酸」のバランスがとれていますが、意図的に「辛」を少し強くしているみたいでして、これが奏功しており高評価です。
麺は弾力のある中太モチモチ麺です。
美味しいですね、強いていえば私の注文に問題があったのですが、あつもりにすれば完璧・完全つけ麺だったでしょう。大満足の昼食でした。

それでは(^_-)