下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

焼鳥

渋谷 鳥竹

今日は「political correctness」の話です。
political correctness とはアメリカで、性・民族・宗教などによる差別や偏見、またそれに基づく社会制度は建国の理念に反し、是正すべきとする考え方、政治的妥当性のことをいいます。
所謂差別用語ですね。まずは日本の「political correctness」です。

従来の用語中立の用語備考
看護婦・看護士看護師2002年の保助看法改正による
スチュワーデス客室乗務員 1996年に日本航空は前者呼称を廃止、他社も追随した
精神分裂病 統合失調症日本精神神経学会による改名
メクラウナギヌタウナギ2007年、日本魚類学会による改名


本家のアメリカでは
chairman→chairperson
fireman→firefighter
manhole→personhole
deaf→hard of hearing
actress→female actor
bald→comb free
Merry Christmas →Happy holidays
short(身長が低い)→vertically challenged(垂直的障害のある)
blind(盲目の)→optically challenged(光学的障害のある)
Weblio「ポリティカル-コレクトネスとは?」より転載
しかしマンホールをパーソンホールとはいき過ぎでしょう(笑)
さらにクリスマスはキリスト教の行事であるため、公的な場所ではほかの宗教のことも考慮して「メリー・クリスマス」と言わずに「ハッピー・ホリデーズ」(他の宗教の人たちも年末年始は休日になるので)と言い換えたほうがよいとされているらしいのですが、ここまできますとアッケラカンとしてしまいます。
アメリカは暮らしにくそうですね・・・

今日は渋谷で22時まで韓国メーカーと打合せをしていました。最近覚え始めた韓国語と英語をチャンポンで使っているのですが、韓国語の評判が良くありません。
この日韓国人に「××さん(私の事)、貴方もしかして韓国語を女性から習ってない」と言われました。まさにその通りなので「なんで」と聞き返しますと、「話し言葉が、女言葉になっているよ」とのことです、これには驚きましたと同時に恥ずかしい(プックロウォ〜)

あまりこのblogには呑み屋さんはを載せません。理由は簡単で呑んでいるときまでセカセカとパチリは撮りたくないためです、そういう意味で焼鳥屋さんの掲載は久々です。ということで今日のお店は渋谷は焼鳥の老舗「鳥竹」さんです。

住所: 東京都渋谷区道玄坂1-6-1
:03-3461-1627
休日:第2月曜日

鳥竹1
お店の外観です。渋谷マークシティのEASTMALLとWESTMALLのちょうど間に、ボリュームたっぷりの焼き鳥で有名な”鳥竹”があります。
炭火で焼いて40年あまり、2代目は先代に軍隊式に仕込まれたという美しき女将さんです。小気味よく注文をさばく応対が小気味よいですね。「首肉」「ぼんぼち」は売り切れ必死のアイテムです。濃い目の緑茶割り(店内では“緑”と言われている)が味を豊かにします。

鳥竹2
店内の雰囲気です。ちょうどこの日ビジネスマン4人組が飲みにげしたので追いかけてお金を取り戻したと、いまだ興奮覚めやらない口跡で女将さんが話していました

鳥竹3
通しのシナチク@180です。ちなみにお通しは断ることができます。

鳥竹5
皮@300です。焼き過ぎたためか、油分が飛んでいます。それと皮に変な臭いがこびりついて残念でした。

鳥竹4
ぼんぽち@350です。これも焼き過ぎたためか、油分が飛んでいます。肉自体はとてもイケているので残念です。

鳥竹6
一串うなぎ@580です。これはバリ美味ですね、ここら辺の味がbenchmarkだとありがたいですね・・・

鳥竹7
かぶと@220です。ごめんなさい炭化しすぎです、これでは炭です(悲)

焼鳥の聖地にしては、すこし火加減がぞんざいのような感がします。
それと本日はこれ以外に生ビールと緑を飲んで締めて2,890です。下町っ子としましては少し敷居が高いお店のようです。

それでは(^_-)

四谷 焼鳥 Ryoma

今日は私用で法律相談事務所に十一時半まで入らなくてはイケません。しかしオフィスにいると雑事が多く中々外出できないのです。仕方なくギリギリで飛びだし駅まで走りました。こういう時良いですね日頃マラソンをしていると、駅までの距離は約一キロ弱ですがノンストップで走って行けました。

今日のお店は四谷しんみち通りにある焼鳥「Ryoma」です。
しんみち通りは洋食「エリーゼ」が美味しいのですが、行列が長くて諦めました(悲)
後は焼鳥「Ryoma」と同様の鶏肉料理屋さん(親子丼がウリ)が行列を作っていたのですが焼鳥「Ryoma」の行列の方が少し短いのでここにしたのです。
そうそうこのお店は坂本竜馬のフェチのお店です。色々なところで竜馬様の写真が貼ってありました。

Ryoma1
お店の外観です。

住所: 東京都新宿区四谷1-7-27第43東京ビル1F
電話:03-3356-2506
定休日:不明

Ryoma2
今日のランチメニューです。

Ryoma3
本日の獲物「焼の照り焼き丼」@500です。
味ですか、これは美味しいです合格合格合格合格
肉のジュシーさ、微妙な鶏肉の焦がし具合、そして甘辛タレは申し分ありません。
これに味噌汁と香の物がついて@500ですから…サラリーマンのサポーターといってもいいでしょう、でも本当は洋食「エリーゼ」のオムライスを食べたかったのです(残念)

それでは(^_-)

茅場町 宮川

DQN(ドキュン)とはネット用語の一つ。ヤンキー(不良)など頭の悪そうな暴力的な感じの人、または、非常識、知識が乏しそうな人を指すときに用いられます。特徴としては人相の悪さ、目つきの悪さがあげられるそうです。
こんな本当にどうでもいいこの言葉(DQN)の意味が分からず随分悩まされていたのには久々のトホホです(笑)

今日のお店は半年ぶりに再訪するサラリーマン大行列の茅場町焼鳥の名門「宮川」です。
鳥徳1
「宮川」のお店の外観です。

住所: 東京都中央区日本橋茅場町2-5-6
電話:03-3251-4307
定休日:日曜・祝日

鳥徳2
まずはお約束の鷄スープです。これは着席時に一杯、料理が供された時一杯という大判振る舞いの一品です。これは本当に美味しいhappy01ですね。
しかし少し胡椒が効き過ぎているかもしれません。

鳥徳3
今日の獲物「手羽先定食」@850円です。

鳥徳4
上のパチリは本日のメインイベントの手羽先です。
今日は敢えて逆張りです。というのはここのお店ご来店の95%以上の方が美味しいと絶賛しています。私はこのお店にはかなり来ていますが、まずいとは思わないもののあまり美味しいとも思いません。
とくにこのお店一押しの「唐揚げ定食」ですが、肉がジューシーでないので私的には評価は低いのです。
ところで今日の手羽先定食ですが、この手羽先は鶏肉がガス臭く感じられるのです。そのことをすっかり忘れていて又又手羽先定食を頼んでしまいました。
そして歴史は繰り返しされたのです、今日も肉の表面がガス臭く、尚且つ硬く、ジューシーではありませんでした。まさか鷄肉を都市ガスで焼いているのではないと思いますが、美味しくないのは仕方ありません(失礼)
こんな事を書くからBlogが荒らされるのでしょうネ

それでは(^_-)

東日本橋 江戸政

このお店ただの「焼鳥屋」さんですが、一体なな何なだろうで始まります。
このお店のLive Doorグルメの書き込みは以下の通りです
【QOT】
近くなので行ってみた。一見さんと見くびったのか。ものすごく対応がぞんざい。何が気に入らないのか、顔も怒ったみたいで、目つきも悪く、全く居心地が悪く、食べた気がしなかった・・・
【UNQUOTO】

私も驚きました。このお店まずどのように焼鳥を注文していいのかワカリマセン。
私は壁に張ってあるお品書きをみて頼みますと、オバサンが激怒します。
オバサン「私の店はコース料理なので勝手に頼めないのよ」
ここでコース料理はいくらなのか気になったのですが、しかし聴く勇気も無くなすがままに流されました。それに私はお酒飲むときあまり量の多いオツマミは好みません。いやな感じが横溢してきました。
「お酒は」
オバサン「ビールとお酒しか飲めません、お酒を飲むときは前払いよ」
「エッ、焼酎は」
オバサン「私がこの店を見てから五十年以上たつけれど焼酎はおいていないのよ、でも料理の支払いは後払いでもいいのよ」
「・・・」

結局は下町の古き立ち呑みの焼鳥屋さんです。
朝青龍初め近隣の相撲取りが多く来る繁盛店なので、多分面倒くさいことは嫌なのでしょうね。もともとは常連さんで流行っていたのでしょう、それがNET時代になり訳の分からん人間が来るようになったのでコース料理にしたのだと思われます。

今日のお店は老舗立ち呑み焼鳥店「江戸政」です
江戸政1
お店の外観です。

住所: 東京都 中央区東日本橋2-21-5
電話番号:03-3851-2948
定休日:日曜・祝日
営業時間 [平日]17:00 - 20:00
[土曜日]17:00 - 18:30
※終わるのが異常に早い

江戸政2
本日の獲物「コース焼鳥」@1,020です。ハートスタミナ(ハツ)、ミックスフジ(ネギマ)、ピーマン肉詰め(ツクネ)が2本ずつで構成されています。味ですかマズマズですね。特にツクネが美味しかったですか。

江戸政3
隣のオジが飲んでいたので気になって、何ですかと聞いたのが運のつきで頼んでしまった「日本酒」@600です。結局その前にビール×1本飲んだので〆て@2,220です。まずまずのB級グルメ飲みですか(笑)

江戸政4
柳橋のライトアップです。先ほど飲んだ日本酒が心地よく廻りはじめ、春の匂いを含んだ風が心地よく酔蕩感を高め、たゆたうとした気分で帰路についたのです。

それでは(^_-)

月島 三好弥 夜編 Part1

今日は鬼子母神で鯛焼屋さんを営む三遊亭好楽さんの娘さんの家入つぎ子さんのブログからの転載ネタです。

【QOT】
《ひなの郷》では笑点カレンダーの販売もしています(^O^)/
一昨日お買い上げ下さったお客様の楽しい話・・・

お客様「あらぁ…このカレンダー来年の?貰っていっていいかしら?」
私「いやぁ、売り物なんで困るよー、ママ(仲良しお客様なので)」
お客様「売り物?!何、これどこのカレンダーなの?」
私「笑点カレンダーだよ。だから売り物なんだよー」
お客様「そうなの?ならばいらない!!!」
私「ママ、そんな事言わないで買ってよ。チャリティーものなんだし。」
お客様「だって誰が載っているの?商店街の人間なんて。」
私「…ママ…しょうてん違いだよ(−_−メ)」
【UNQOT】

さすが芸人さんのお嬢さんですね、これ本当に笑えました・・・


今日のお店は月島「 三好弥 」夜の部です。

(写真は昼間のものです)

最近このお店気に入っていまして通っています。
聞くところによるとここのご主人は色々な焼鳥屋さんで修行し、去年の七夕の日にこの地でこの店を開業したそうです。
いつも可愛い奥さんと二人で爽やかにお店を切り盛りしていてとても好感が持てます。

住所: 東京都中央区月島3-23-4
電話:03-35331-6029
定休日:日曜日

まずは串焼きおまかせ5種@850です。


右からネギマ、ボンジリ、クビ串、スナギモ、ツクネ。
これは皆美味しい。特にツクネは少しスパイシーでしたがイケました。

そして特製手羽先辛か揚@520です。


これは手羽先そのものは美味しかったのですが、タレが少し甘く下町っ子の舌には合いませんでした。

そして明太子チーズオムレツ@700です。


これは美味しい、見てくださいこのトロトロの卵


これを明太子と合せてハフハフ食べる、デラウマです
なぜか蠱惑的な感触すらいたします。

しかし少し呑み足りなくてその後立ち呑み「大島や」さんで締めてのご帰宅となったのです。


それでは(^_-)

モツ煮込み 大門

今日は焼鳥関係の話です。
一昨日はお客様と人形町の「丈参(たけさん)」に行きました。
白金の”酉玉”で修行して”鬼わそと”でブラッシュアップした出浦氏が念願のお店をオープンしたお店で、名前は「出浦丈彦参上」で「丈参」だそうです。
このお店は、鶏の希少部位を供するのが特徴です。


例えば、みさき、おたふく、心のこり(心臓の付け根)、ソリレース(腿の付け根)等何のことだか分かりません。


みさきです。名前と味が一致しません。

だす時説明してくれるとありがたいのですが、それもなくひたすら聞くだけで疲れます。味も特段美味しくなく何だこりゃです。

一番驚いたのは、手羽先が真っ黒けででてきました、ここのご主人は焼鳥は熱をきちんと通すことが重要ですと言われていますが、焦がすのと熱を通すのは違うのでは・・・

その反対で何を食べても美味しいのが「大門」です。
このお店場所柄、西武デパート、東武デパート、JR関連のお客様が多くいつも満席状態です。

住所: 豊島区西池袋1-13-7
電話:03-3985-1558

一押しは煮込みです。いわゆるごった煮煮込みでではなく、サッパリとして繊細です。特にマイルドに感じるのはシロです。普通のシロは大腸ですがこのお店は鉄砲(直腸)しか使わないから臭みが無くて歯ごたえもシャキッとしています。


後はパチリでご覧下さい。



カシラとタンです。両方とも美味しいのですがタンの方が滋味が多いですね。



ジャガイモカレー炒めです。これは最高です。たまにでてくる豚肉がカレーの味を和ませます。ちなみに投入されるカレーの量は小さじ四杯です。



ニラ玉です。これトロトロのオムレツです。隠し味にお猪口一杯の焼酎を入れていましたが、これがマイルドな味にしているのでしょうね。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ