今日は「ワンちゃん考」です
いつも通勤の途上で獣医さんの前を通ります。
毎日「去勢受け付けています」というキャッチコピーを見ていたのですが、その実「去性」なのではないかなと思ってネットで調べましたら、やはり「去勢」が正しかったのですね。
さらにそのネットでは「去勢をすれば、人間やほかの犬に対して攻撃性が強い場合、攻撃性を抑えることができる」と書かれていました。
それで最近はメス犬に恋焦がれて朝から晩まで遠吠えをしたり、家から脱走したり、ご飯を食べなくなるといった、いわゆる「恋わずらい」になってしまうこともなくなっていたのですね。
また、発情したメス犬を巡って、去勢していないほかのオス犬と激しいケンカをするといった問題行動が見られなくなったのですね。
所謂、ワンちゃん受難です。

今の若い世代は、お化けのQ太郎がなんで犬に弱いのかを知らないでしょう。
0_4
それは姿を消しても匂いでその存在がわかり犬に吠えられるからです。
それにして最近は犬に吠えたてられた事がありません。
昔の下町には、いたるところで怖い犬がいました。
当時の下町っ子の娯楽は野球です。
おおきなホームラン性の当たりをして、その怖い犬がいる家に球が転がり込んだ日には地獄です。
昔の下町の犬は泥棒対策のために敷地内に犬を放し飼いにしていたのです。
その中に転がり込んだ球を取りに行くのですから本当に命がけでした。
私も一回だけお尻をかまれて医者に行ったことがあります。
当時は狂犬病の恐怖もあり、このように噛まれたときには、狂犬病の予防注射の有無を医者に連れて行った私の親が確認しなければなりません。
必ずそのような時に犬の飼い主からは、オタクの悪ガキが勝手に敷地内に入って番犬に噛まれたのだから、自業自得だとケンモホロロの応対なのが常でありました。
要は接種の有無は教えてくれなかったのです。
そう言う時は、予防注射はしていないのでした。

昔、「名犬ラッシー」というシリーズもののTVドラマがありました。
e7db5dd3
そのあらすじというのは以下のようなものでした。
英国ヨークシャーに住む幼い少年が、類い希な美しさと気高さを持ったラフ・コリーを所有していたのですが、少年の一家が経済的な困窮に直面したとき、やむをえず、ラッシーを金持ちの貴族に売却してしまったのです。
少年と犬は別離を悲しみ、わけても新しい所有者が、自分の領地のあるスコットランドへと、何百マイルもの彼方にラッシーを連れて行ったため、悲しみはいやましに増大しました。
しか〜しラッシーは、コリーの持つ本能と勇気で逃げだし、ドラマでは、ラッシーが故郷へと、彼女の愛する少年のいる土地へと、家路を辿る苦難の旅を描いていたのです。
いつ会えるのかと毎週ドキドキしながら見ていたのですが、今や昔の話になりました。
最近では動物もののドラマが無くりましたね・・・


マジック種明かし!小さい穴をコインが通り抜けるマジック



今日は有楽町に出没です。
IMG_3029
これから富山に新幹線でいかなければならず、ファストフードです。
今日のお店は名代「後楽そば」有楽町店さんです。

住所:東京都千代田区有楽町2-9-2
電話:03-3201-2634
定休日:無休

IMG_3030
お店の外観です。

IMG_3032
店内の雰囲気です。

IMG_3031
メニューです。

今日のオーダー「焼きそば」@380円です。
入店しますと店内は立錐の余地もありません。
大繁盛店ですね。
お店の中では、目の前の店員さんが他の店員さんの仕事の段取りの悪さを声高らかに隣の相棒となじっています。
おうおう、この様な陰険な会話を聞くのは久々です。
まるで下町に戻ってきたようなデジャヴすら感じました。
立って待つこと2分で「焼きそば」の到着です。
見た目紅生姜の赤が不健康に輝いています。

それでは実食です。
IMG_3033
まさにやきそばです。
肉がないので紅生姜に頑張ってもらいました。
三分の二当たりで単調な味に飽きてきました。
味ですか・・・
値段相応ですが、ちょっと私の好みではありませでした。

それでは(^_-)