今日は「檀家崩壊」です
61o1evY7GgL
昔の檀家は、新築改築にかかる費用や本山への上納金などの寺院の経済的負担を担い、参詣・年忌法要・付け届けなどが義務化されており、檀家が金銭的な責務を拒否すれば、寺は寺請を拒否できたため、社会的な地位を脅かされることになっていました。
遠方への移住など以外では、別の寺院の檀家になることは許されず、世襲的に「家のお寺」を継ぐことが強要されていました。
最近は、檀家になる・ならないの選択に関して自由度が高まってきていますが、檀家である以上は葬儀や法要は檀那寺にお願いするのが暗黙の了解であったり、可能な範囲でお布施を包むという文化があります。
檀家は、寺院の安定的な経営継続を支えて、年忌法要や、墓参りなどの習慣が残っていますが、檀那寺も檀家への供養は手厚く行うなど信頼関係が築けているところもあります。
一方、寺院によっては、檀家離れによって檀家が減少して存続が難しくなっているところもあります。
また、檀家制度そのものをやめて、新たに縁を結ぶ独自の会員制度(組織)を設立している寺院もあります。
少子化や過疎化、葬式仏教と揶揄される寺院との関係性が変わりつつあります。
「エンディングパーク」より転載

私は無宗教であります。
しか〜し仏教には関心がありその為葬式仏教を旧態依然として行っている仏教徒は嫌いです。
その為今起きている「春の雪解け」のような「檀家崩壊」については拍手を持って迎えています。
そもそも仏教が送葬の儀礼に広く関わってきたのは鎌倉時代からでした。
それまで死者を穢れたものとして遠ざけるのが一般的でしたが、鎌倉時代に誕生した曹洞・浄土・日蓮などの新仏教は積極的に送葬を取り仕切りました。
しか〜し、こうした葬儀は僧侶や一部の武家、貴族に限られていました。
今に繋がる寺と庶民の関係は江戸時代に始まっています。
檀家制度です。江戸時代、日本人は原則として全て仏教徒とされました。
キリスト教を恐れる幕府は寺請制度でキリシタンでないことを証明させ檀家としました。
婚姻や旅にも寺からの寺請証文が身分証明となりました。
檀家と寺の強い結びつきは江戸時代の庶民を管理する重要な制度でした。
寺の境内に墓が作られ、葬式や供養の一切が寺に任されました。
彼岸の墓参りや法事などは檀家制度とともに成熟し今に伝わったのです。

跡継ぎを前提としてきたお墓ですが世間は大きく変化していました。
一人の女性が生涯に生む子供の数は1989年に1.57を記録。これは「1.57ショック」とまで騒がれました。
23年前の丙午の数値を下回り、本格的な少子社会へと突入していたことに気づいたからです。
同じ年、全国に先駆けて跡継ぎのいない人のための永代供養墓が作られました。新潟県の妙光寺です。
地域や血縁を超えた人々が一緒のお墓に入ります。
伴侶のない単身女性の活動から誕生したのが京都の志縁廟です。
跡継ぎを前提としてきた墓地行政も転換を迫られていきました。
横浜市の日野公園墓地に公営霊園としてはじめて合葬式納骨施設ができました。
その5年後、東京都も小平霊園に合葬式墓地をもうけました。戦後に制定された墓地埋葬法では、墓地以外での遺骨の埋葬を禁じています。
そのため散骨は禁じられていると思われてきました。
その開かずの扉をこじ開けたのが1991年の送葬の自由を進める会の行動でした。
相模湾への日本で初めての散骨をしたのです。
法務省は相模湾への散骨に対して、節度を持って執り行う限りにおいて違法ではないと追認しました。
法務省見解を機に散骨が日本の弔いに広がりました。その勢いは野山の樹木葬へと続いていったのです。

要は仏教寺院の檀家制度形骸化が具体的に進行しているのです。
日本消費者協会のアンケート調査によると、葬儀のお布施の全国平均は50万円を超えています。
しかも、過去25年の間、上がり続けているようです。葬儀での読経は長くても約1時間。
つまり時給50万円、さらに安心の現金一括払いです。
葬儀だけではなく、「彼岸の供養」や「盆の供養」、「塔婆供養」や位牌や仏壇を新しくした時の「開眼供養」そして、「賽銭収入」もあります。
お寺に行くと、献灯台があり、ろうそくが「1本100円」などと書かれているのを見たことがあると思います。
ろうそくは、ホームセンターなどでお徳用パックを買えば、1本あたり3円ほどです。
実に「利益率97%」というわけです。
これは、民間企業がやればただの「ぼったくり」ですが、お寺は、そうするからこそ「非課税」となっています。
無題
こんな「坊主丸儲け」の商売が無傷でいられるわけもなく、アマゾンさんが最近上市した「お坊さん便」が大ヒットしているのは那辺の背景があるからです。
ちなみに自宅のみなど一箇所で葬儀を行う場合は戒名なしで@35,000円ですし、自宅から霊園への移動など2箇所で行う場合は戒名なしで@45,000円です。
戒名を希望すればプラス20,000円が加算されるだけです。

日本人の死者の数は年々増えていきます。弔い方も変化が激しく新しい死生観も登場しています。
15年後の2030年頃から、史上最大の大量葬儀時代がひかえています。
仏教寺院の方々今しっかりとこの現実に向き合いませんと、本当の意味での「今日も坊主」だの日々を迎えますよ・・・


自衛隊歌姫×3人



今日は谷中に出没です。
IMG_3616
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は「深圳」さんです。

住所: 東京都荒川区西日暮里3-14-13 日暮里コニシビル1F
電話:03-3824-5668
定休日:日曜日

IMG_3619

IMG_3620
お店の外観です。

IMG_3623
店内の雰囲気です。

IMG_3621
メニューです。

今日のオーダー「香茜炒仔羊肉飯」@1,000円です。
店内は山羊みたいな相貌なのにバイセプス(上腕二頭筋)がやたら発達している店主が寡黙に仕事をされています。どこからみてもアジアンテーストのお店です。
IMG_3622
お独りで仕事をされている為にこのようなコーショナリーノート(注意書き)が貼られていました・・・

待つこと9分で緑が満載された丼が運ばれてきました。
IMG_3624
「香茜炒仔羊肉飯」です
要はラム肉を炒めてトッピングに大量のパクチーをのせたものです、

それでは実食です。
IMG_3625

IMG_3626
ラム肉が柔らかくて美味しいです。
加えて玉葱、人参が脇役で活躍しています。
ライスはターメリックかサフランで黄色くしたのかと思いきやクチナシで加彩したみたいです。
これがかなりグリーシー(脂っこい)なのです。
味は、薄い塩味と酸味(檸檬ではない)と鷹の爪で構成されているのですが、その横串は油分なのです。
どうなのでしょう最後まで食べられたので不味くはなかったのですが・・・
スープはトマトが入っていて薬膳風味で美味しいです。
実は、デザートの杏仁豆腐が一番美味しかったのです。
今日は空いている時間に行ったので待ち時間はなかったのですが、並んでまで入るお店ではないように思います。
そうそう支払い時に、酸味は檸檬ですか、と聞けば、違います、といって莞爾として笑われただけで無回答です。
しか〜し私は店主の友人でもないのですから、このような場合「長幼の序」を踏まえて何らかの回答をすべきだと思いますよ・・・

それでは(^_-)