今日は「神栖海難事故」の話です。 
2011年1月1日午前6時55分ごろ、茨城県神栖市日川の日川浜オートキャンプ場近くの堤防で、同市の高校3年の男子生徒2人が高波にさらわれ海に転落した。1人は自力で岸に上がったが、同県立波崎柳川高校の保科良樹さん(18)=同市知手=が行方不明となっている。2人を救助するために飛び込んだ生徒はサーファーに無事救助された。
県警鹿嶋署によると、保科さんは中学時代の同級生の男子生徒らと計6人で初日の出を見に来ており、保科さんともう一人の生徒が堤防に近づいた際、波にさらわれた。
保科さんらは当初は堤防から離れた場所にいたが、「度胸試し」と称して上半身裸になって堤防の先端に向かって行ったという。一緒にいた同級生らによると、初日の出見物の際、毎年「度胸試し」をしていたとされる。(2011/01/01-19:27)
「時事ドットコム」より転載

以下がその状況動画なのです。
このYouTubeは限定公開のためリンクがはれないのでURLから見て下さい。
まず最初の動画ですが、前の方に写っている方は自力で岸に上がった高校生です。そして後ろの方に写っている方は行方不明となっている保科さんです。
そして次の動画ですが、友人二人を助するために海に飛び込んだ高校生を救助にいった勇気あるサーファー二名の救助活動の様子です。
しかしこの友を助けに行った高校生もエライものです、海岸にこのサーファーがいなかったら間違いなく天国にいっていたものと思われます。
さらにこのサーファー二人は二重遭難のriskもかえりみず、あえてこの荒波の中この高校生を助けにいったのです。
オレンジ色に輝く朝日、無機的にまわる風車、人間がいかに自然の前では無力だということを思い知らされました。
そして海岸について、サーファー二名のうち一名は膝から崩れ落ちるように倒れ込みました。彼らもギリギリの状況だったのですね、命がけの救助に拍手です。

面白画像

だまし絵
ひさびさのtrick画です。
如何ですか・・・

今日は成人式だというのに朝も早よから仕事です。
このパターンは去年と同じですネ・・・それでも14:00には仕事が終わったので所用と昼食をかねて銀座に出没しました。
餃子が食べたくなって探したところ、有楽町のガード脇に派手な餃子屋さんがあったのでお邪魔しました。
今日のお店は、浪速ひとくち餃子「餃々(チャオチャオ)」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町1-2-9
:03-3503-8333
定休日:無休

IMG_7560
お店の外観です。なにやらこのお店は株式会社餃子計画という大阪発のフランチャイズ店の様です。

IMG_7566
店内の雰囲気です。

IMG_7561
メニューです。

IMG_7568
今日のオーダー「特製餃子定食」@780です。
フランチャイズ店だからというので色眼鏡で見ているわけではないのですがあまりここの接客は好ましくありません。
始めにいつものように写真撮影のお願いをすると厨房staffの方から「かまわないけどっ!」との返しです。ウ~ンッ、厨房staffの方とは友達でも何でもないのですからもう少し他のいいかたはないのでしょうかネ。
そして「特製餃子定食」を頼んだ後に、プラス100円でソフトドリンクが付けられますが、とのたたみ掛けです。私が、ソフトドリンクって何ですか、と聞けば、ウーロン茶とジュースにカルピスです、とのことです。お子チャマじゃないのですから、そんなものを頼むわけがないじゃないですか、仮に頼むとするならば当然ビールです。やはりマニュアル通りに言うのではなく客の風体みて聞かないといけないと思うのです。

IMG_7565
そして待つこと5~6分して、このポテトサラダとお新香の突き出しがきました。
そして3分後にご飯と味噌汁がきましたので、餃子はまだかいな、って思いながらポテトサラダとお新香をオカズにしてご飯を食べ始めたのです。
そして5分後、おもむろに餃子の出現です。この真逆配膳も好きではありません。

IMG_7570
ここの餃子はパリパリの皮がこだわりです。
強く歯噛みするとお約束の肉汁が飛び出してきます。まあここまでは良いのですが
餡がユルユルです。ここの工夫の餡なので問題があるといっているのではないのですが、私はもう少し固めが好きなのですネ。
それとニンニクがダマになっています。ダマにあたるとニンニクの味しかしません・・・如何なものでしょうか。

最後に斜め前の宴会客に、お酒のお代りを聞いていましたが、宴会客の1人が、まだ、入っているからいいよ、と怪訝な顔で断っていました。
このお店は餃子屋さんではなくもしかして居酒屋さんなのかもしれません、居酒屋さんでもお酒が入っているのに追加注文は取りにきませんよネ。

14:30という時間だったのでかなりの空腹ですこしピリピリ感はあったのですが、それを差し引いても変な雰囲気と時間を有してしまいました、こんな日もあります。

IMG_7571
帰路の駅に向かう途中、有楽町電気ビルに「天鴻餃子房」さんがありました。
端(はな)からここにすれば良かったにな、と思ったのですが、ここに「天鴻餃子房」さんがあることはここを通るまで知りませんでしたものね(悲)

それでは(^_-)