下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

浅草地下商店街

浅草 割烹鍛

今日は「続・浅草地下商店街」です。
今日は浅草に出没です。
この浅草地下商店街 は50年前に建てられており、戦後の東京で一番古い地下街だそうです。
当り前ですが、この地下商店街は私が物心ついた頃からありました。
今でこそディープとか格好良く英語で言い替えられることができますが、私が幼少の頃は恐怖の地下商店街だったのです。
まるでシャーロック・ホームズの物語にでてくる貧民窟の飲み屋街のようで、死んだいわしのような目をした泥酔者の方々が腐った熟柿(じゅくし)のような甘酸っぱい息をまき散らしながらよろよろと通行者にぶつかりながら歩いていました。
その一方地面に目を向けると死んでいるのか生きているのかわからないような夥しい浮浪者が芋虫のように櫛比して横たわっていました。
当時ここを通りぬけるのには、かなりの勇気が必要だったのです。
甘くみていますと、先ほどの横たわっていた浮浪者達が突然足をガシッっと掴んで、無心をし、お金をもらうまではその手をほどくことはありませんでした。

IMG_1076
まずはスタート地点です。
地下鉄銀座線浅草地下街入り口です。
ここは東武浅草駅からの横断歩道を雷門方面に渡りしばらくすると左側に見えます。

往時はこの入口の左脇に自動饅頭焼きの機械が見られたのです。
幼い頃の私は、この自動饅頭焼きの機械を見るのが楽しみだったのです。
この機械の無限運動を見ていると、私の心に科学のともし火がともりそれをたやしてはいけないのだ、その為には一生懸命勉強しようと見るたびに誓っていたのでした。
そのようなことを決意させてしまう魔力をこの機械は持っていました。
詳しくはyoutubeでこの機械の流れ作業をご覧ください。


IMG_1077

IMG_1078

IMG_1079
階段をクランクにおりていきますと地下におりていきます。

IMG_1080
いまでも雨漏りしています。

IMG_1081

IMG_1082
地下商店街です。

IMG_1083
ここ数年の間にBreakしたタイ屋台めしの「MONTEE」さんです。
ここは長蛇の行列ができるくらいですので美味しいそうです。
「MONTEE」さんのスタッフさんは現地の方でして、日本語はかりなりあやしいのですね。
ちゃんとオーダー通せるのでしょうか・・・・
ピンク色の照明は、ここが日本である事を忘れさせます。

IMG_1084
個人的にはここの浅草焼きそばは美味しいと思えない「福ちゃん」さんです。

IMG_1085
ゴールの銀座線「浅草」駅です。


ソーダを飲むのは、脂肪をそのまま飲んでいるのと同じという健康不安のCM。ぐちゃぐちゃと汚らしいが、ソーダをやめるきっかけになるほどの嫌悪感は少ない。どうあがいても、私たちは脂肪摂取とは縁が切れないものだから


IMG_1059

IMG_1060
ということで今日は浅草に出没です。
今日のお店は台東区一丁目一番一号の住所でお馴染の鍛バーさん三階にあります、割烹「鍛」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-1-13F
電話:03-3841-5400
定休日:火曜日(原則)

IMG_1073

IMG_1070

IMG_1069
お店の外観です。

IMG_1075

IMG_1065
私はかつてここの電気ブランオールド(アルコール度数:40度)を19杯飲んだという偉大な記録を持っています。

IMG_1064
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「親子丼」@670円です。
この日後ろのテーブル席に80歳近い老人グループ5〜6人が大宴会をしていました。
五月蠅い事五月蠅い事久々に傍若無人の暴れん坊将軍を間近で見ました。
目の子で焼酎の5合瓶を4本近く開けて、狂い騒いでいます。
二言目には、早く楽になって極楽に行きたい。だから今日はとことん飲むんだ、と言い切ってまるで壊れたジェットコースターの様です。
そんなに極楽いいきたいなら、ここの天井に紐掛けてあげるから、自分で首に縄掛けてテーブルの上から飛び降りてくれ、といいたくなりましたがね、私も円熟の境地ですからね、いうわけはありませんが、しか〜しねです、ハイ。

IMG_1066

IMG_1067
待つこと4分で「親子丼」の到着です。
見た目本格的「親子丼」です。
それでは実食です。
お美味しいではありませんか!
卵のトロトロ感良し、鶏肉の弾力性良し、割下の甘辛良しで合格
合格合格です。
コスパも良いですし、ちょっとした穴場ですね。
浅草のディープさ健全です。

それでは(^_-)

池袋 ビストロ OTTO

今日は「浅草地下商店街」の話です。
ここの商店街に行くには松屋の正面にある地下街への階段と╂草駅入口の看板が目印です。東京メトロ銀座線ともつながっていますので、すべてのお店が駅の構内にあるのと同じ雰囲気です。この浅草地下街 は50年前に建てられており、戦後の東京で一番古い地下街だそうです。

当り前ですが、この地下商店街は私が物心ついた頃からありました。
今でこそdeepとか格好良く英語で言い替えられることができますが、私が幼少の頃はすごかったのですネ。まるでシャーロック・ホームズの物語にでてくる貧民窟の飲み屋街的風情で、いわしの腐ったような目をした泥酔者の方々が熟柿(じゅくし)臭い息を公害の如くまき散らしては、地面に芋虫のように横たわり犇(ひし)めいていていました。
当時ここを通りぬけるのには、かなりの勇気が必要だったのです。

IMG_1745
そんな歴史をもつ浅草地下商店街になにげなく、それもしばらくぶりに立ち寄ったらなな何とお店に行列ができていました。
一つはタイ料理の「MONTEE」さんです。
一つはベトナム料理の「オーセンテック」さんです。
いつから地下商店街は東南アジア商店街に鞍替えしたのでしょうか。

IMG_0458
折角ですがお店の紹介を少しいたします。
まずは「立ち食いそば文殊」さんです。
ここはかなりお世話になりました。天玉蕎麦が美味しかったですネ。
お水は飲み放題ですし、刻みねぎ、唐辛子もかけ放題です、ハイ。

IMG_0459
「福ちゃん」さんです。
ここはdeepでcheapな焼きそばが有名ですネ。
子供の時二〜三回食べたことがありますが、まさに直球の焼きそばです。
味はこの言葉でお察しください。

IMG_1741
最近Breakしたタイ屋台めしの「MONTEE」さんです。
ここは長蛇の行列ができるくらいですので美味しいそうです。
「MONTEE」さんのスタッフさんは現地の方でして、日本語はかりなりあやしいのですね。
ちゃんとオーダー通せるのでしょうか・・・・
私はタイ料理が好きなので、今度暇な時に特攻しましょう。

IMG_1743
「MONTEE」さん同様最近Breakしたベトナム料理の「オーセンテック」さんです。
本格的なベトナム料理が楽しめるという浅草駅前地下街の激セマ店です。
予約困難な人気ぶりは、かつてベトナム料理の名店で料理長を務めた凄腕料理人だったご主人がつくる料理が口コミで広がったからだそうです。
エアコンが壊れているため巨大扇風機で廊下から風を送っていますが、今日通りすがりで見た限り、かなり店内は暑そうでした、ここも特攻予定店です。


浅草地下街
ところで子供とのときに良くここへ来ていた最大の理由は、この商店街を「立ち食いそば文殊」を右手に見ながら進み、「福ちゃん」を左手に見ながら進んで行くと突き当ります。
そこを左に曲がり、矢印のように階段を上り。さらにこの後に続く通路と階段をクネクネと進んで行くと地上にでます。そして地上の出口のすぐ右手にこの自動饅頭焼きの機械が見られたのです。つまり私は、このautomatic machineの動きを見るのが楽しみだったのですね。
地上から行くと人混みで邪魔されるのでこの地下商店街を通ることでshortcutしていたのです。暇なときは1時間位ジーットこの自動饅頭焼きの機械を飽きずに見ていました。
長じた現在、私はかなりせっかちな性格に変貌しており、この様な幼い頃のふるまいを思い出すと不思議な感慨とともに、幼き頃の郷愁が湧き上がってきます。
詳しくはyoutubeでこの機械の流れ作業をご覧ください。スタンド18




今日は池袋に出没です。
今日のお店は、池袋東武デパートにある私が懇意の「JPRESS」さんの店長のお勧めの、スタイリッシュでお洒落な空間が自慢の「ビストロ オットー」池袋店さんです。


住所: 東京都豊島区西池袋1-4-5 佐々木ビル1F
電話:03-5958-0418
定休日:無休

IMG_1770
お店の外観です。

IMG_1780
店内の雰囲気です。何気にオサレです。

IMG_1771

IMG_1772

IMG_1773

IMG_1777
メニューです。

今日のオーダー「アサリと長ねぎのジンジャー・オーリオ+ティラミス」@800+@300=1,100円です。
このお店はbuffet形式かと思っていたので、懇意の「JPRESS」の店長さんのお勧めでも正直ヘジっていたのです。つまり量が多いのは苦手なのですネ。
ところが今日menuを凝視していたら、単品でも頼めるのが分かって入店と相成ったのです。

IMG_1775

IMG_1774
待つこと10分で着皿です。
見た目、美スパです。
ウ〜ン、ジンジャーオーリオの芳(かぐ)しい香りが鼻腔に突き刺さってきます。
パスタはアルデンテです。
味ですかアサリと長ねぎがそれぞれの個性を主張していてその鬩(せめ)ぎ合いが味を膨らませています。これはすごく美味しいですネ。特に塩加減が秀逸です。
ここのchefのlevelはかなり高いと拝察しました。

IMG_1779
ドルチェの「ティラミス」です。
味ですかまさにティラミス(私を天国へ連れていって)です。
久々に美味しい「ティラミス」を頂きました。
特にクリームのベースとなるザバイオーネが秀逸な味になっていて、まさに魅惑の誘(いざな)いです。ドルチェは材料の部分もあるのでしょうが、そのパート毎を一生懸命に作りこんだものの集合作品だと思うのです、そういう点でもいい仕事をされていますね。
これは美味しい


それでは(^_-)


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ