下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

浅沼稲次郎

丸の内 きじ 7th

今日は「セブンティーン」です。
2014052000004_2
日本人に一番の衝撃を与えた17歳の若者は、山口二矢(おとや)さんです。
山口二矢さんは、日本の右翼活動家、民族主義者および反共主義者で、1960年(昭和35年)10月12日に発生した浅沼稲次郎暗殺事件の実行犯であります。
1960年(昭和35年)10月、政党代表放送で演説中の日本社会党の党首浅沼稲次郎を小刀で殺害しました。
逮捕後、「後悔はしていないが償いはする」と口にして裁判を待たず、東京少年鑑別所内で「天皇陛下万才、七生報国」との遺書を残して首吊り自殺しました。
わずか17年の人生でした。
犯人の山口さんは少年だったこともあり、この事件をきっかけに「子供に刃物を持たせない運動」が始まりました。
それにより、それまでは鉛筆削りや工作に使用されていた肥後守を始めとする刃物が子供から取り上げられ、以後続く刃物規制の始まりの一つとなったのです。

個人的には、この事件については特段の興味もありませんのでなにも語りません。
というか時代が古すぎて政治的背景が分らないのです。
しか〜し、この事件で一つだけ心に残った事があります。
それは山口少年の自殺の翌日の浅沼委員長の妻・享子さんの談話です。
山口少年の自殺は、けさ新聞ではじめて知りました。山口少年が憎いというより、むしろ気の毒な気持ちです。
17の少年にあのような思想を吹き込み、暗殺にかりたてた背後の力に対し、あらためて腹の底から憎しみが燃えあがってきます、というものです。
罪を憎んで人を憎まず、ですがなかなか言えるものではありません。
たいした人です。
ちなみに、浅沼委員長と享子さんとのなれそめは大正末から昭和に改元される頃で、当時社会主義運動に身を投じた浅沼委員長らは、享子さんが働いていた喫茶店をたまり場としていたそうです。
結婚後も恐妻家、愛妻家として知られていました。
合掌・・・

ちなみにこの事件の実録動画はかなりショッキングなので、見られる方はそれを承知でご覧ください。



IMG_1505

IMG_1506
今日は、大阪出張からの帰路、暮れなずむ東京駅に滑り込みました。
今日はライトランチでしたのでお腹がすきました。
東京に戻ってから、大阪で食べようと思っていたお好み焼きを、リベンジということで食べたくなりました。
今日のお店はお好み焼き「きじ」丸の内店さんです

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_1507

IMG_1508
お店の外観です。

IMG_1509

IMG_1511
店内の雰囲気です

IMG_1510
メニューです。

きょうのオーダー「豚玉」@850円です。
IMG_1512
待つこと5分で「さんて寛皿」の到着です。
「さんて寛」という名前は、「来て」「見て」「食べて」の3つの「て」と「寛いで」が合わさった造語です。

IMG_1513
待つこと14分で「豚玉」の到着です。
見た目、茶色と緑色は合うなと思わせました。
それでは実食です。
いつも感じる生地のふんわり感と生地自体のうま味も感じられずどちらかといえば固めです。カリッと焼けた豚肉の美味しさも、今日はそれも感じられず、加えて赤囲みのオコゲが苦くて、ここは本当に「きじさんですか?」という感じです。
理由を考えたのですが、今日の焼き方は黒服Tシャツさんで、白の半袖コックコートの方ではありません。
私は特段黒服Tシャツさんを指名していません。
誰が焼いても構いませんが、いつも高品質で美味しいお好み焼きを供して欲しいと強く思うところであります。

それでは(^_-)

福井 ほていや

今日は「クレジットカードの現金化」です。
top_main_sp
個人間で不用になった物などを売買できるフリマアプリ「メルカリ」で違法な目的があると思われる商品の出品が相次ぎ、問題となっています。なぜ、このような事態が発生しているのでしょうか。
ベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。
メルカリでは次のような物が出品されているとSNS等で話題になっています。
•現金
•紙幣を素材とした創作物
•ギフト券やチャージ済みの電子マネー
•パチンコの特殊景品
•領収書
•妊娠菌が付着したとする商品
一見、何に使うのかよく分からず、どこに違法性があるのかわからないもの、それから違法とまではいかないものの“いかがわしい”ものもあります。
また、実際に出品されていたか定かではありませんが、覚せい剤や麻薬を表す隠語を使用した出品がなされることが度々あるようです。
言うまでもなく覚せい剤や麻薬の売買は犯罪であり、覚せい剤の営利目的の売買で1年以上の懲役刑、麻薬(ジアセチルモルヒネ等以外)の営利目的の売買でも1年以上10年以下の懲役刑が科せられます。
このような商品が出品されているのを見かけた場合、興味本位であっても当然ながら購入してはなりません。
以前、メルカリで現金がその額面以上の金額で取引されていることが話題になりました。
その目的のひとつとして、クレジットカードの現金化が言及されていました。
クレジットカードにはキャッシング機能が付いていることが多く、現金を借り入れることができますが、もちろん無限に借りることができるわけではなく、限度額が設定されています。
限度額いっぱいに借りてしまった場合は、それ以上のキャッシングができなくなります。
しかし、ショッピング枠はキャッシングの限度額とは別に設定されています。

借金の返済などで、どうしても現金が必要ということもあるでしょう。
しかし、キャッシングはもうできない……。そこで「ショッピング枠の現金化」というニーズが生じるのです。
クレジットカードのショッピング枠を利用してメルカリで現金を購入すれば、クレジットカードの現金化ができるという仕組みです。額面以上の価格で現金が出品されていても、いますぐ現金が欲しい人にとってはそれだけのお金を払う価値があるのです。
クレジットカードの現金化は、どこのカード会社を利用していても規約違反となります。
そのため、メルカリで現金や換金目的の商品を購入すると、規約違反で強制解約になる可能性があります。
強制解約となると、いわゆるブラックリストにも載せられ、利用中のクレジットカードが利用できなくなったり、新たにクレジットカードを作成することができなくなります。
最悪の場合はカード会社から詐欺で訴えられる可能性もあります。
現時点では、クレジットカードの現金化が明らかに違法とまでは言えない状況ですが、グレーな行為であることは間違いないでしょう。
また、現金や商品券などを出品している人のなかには、犯罪組織に関わる人物がいる可能性もあり、そのような人物に自己のクレジットカード番号や住所、氏名等の個人情報を開示することは非常に危険です。
現在では現金の出品が禁止され、出品された場合は運営者が発見次第削除しています。
しかし、運営者の監視の目を盗んで、現金や換金が容易な有価証券等がいまだに出品されています。
1万円札を折って作った創作物や、チャージ済みのICカード、パチンコの特殊景品などがそれです。
「現金、領収書、妊娠菌… メルカリで違法な商品が取り引きされてるってホント?」須藤晃海著より転載

メルカリとはクッキーの名前だと思っていました。
この須藤先生の説明を読む限りでは、クレジットカードの現金化なのですね。
全く知りませんでした。
さら〜に、以下のような記事も見つけました。
インターネット上で個人同士が物品を売買するスマートフォンの人気フリーマーケットアプリ「メルカリ」に、領収書の出品が相次ぎ、運営会社が「マネーロンダリング(資金洗浄)につながる恐れがあり、利用規約にも反する」として削除していることが2日、分かった。
女性が妊娠しやすくなる「妊娠菌」が付着したとする商品が出品されていたことも判明。
同社は悪質な出品者に対する利用停止措置も検討するとともに、「妊娠菌」の商品については「効能をうたう出品で医薬品医療機器法(旧薬事法)に抵触する恐れがある」として削除を始めた。
なるほど、これらの出品は運営会社の盲点を突いたのですね。
頭の良い人がいるものです。
さら〜に、これの利用者の多くは学生みたいですね。
バイトのお金が入る前に、合コンが入ったりしますと、気軽にメルカリを使って現金を手に入れているようです。
現代の若者世相を表しているのでしょう。


Little Boy Catches Fish with Toy Rod


IMG_1486

IMG_1485

IMG_1484
今日は恐竜の街「福井」に出没です。
この日は天中殺で、朝早く家を出たのにもかかわらず、大事な書類を忘れたのでタクシーで取りに帰り、それが奏功して出張先での取引先との打合せには間に合ったのですが、お昼が取れずじまいでした。
その後、売れっ子タレントみたいな分刻みな打合せをこなして、福井駅についたのは21時をやや過ぎた頃です。
恐竜の雄叫びが空きっ腹にこたえます。
あまりにも恐竜の「ガゥオー」という叫び声がうるさいので、たまらず逆噛みをしそうになりました。

IMG_0685
当初の予定は、前回、定休日で行けなかった地元で一番有名なソースカツ丼のお店「ヨーロッパ軒総本店」に行くつもりだったのですが、このお店はなんとも天の邪鬼で閉店時間が20時でして、福井着21時では間に合うわけもありません。可哀想な奴・・・と自らを慰めても納得できません。

IMG_1487
根性で「ソースカツ丼」を食べられるお店を探しました。
今日のお店は「ほていや」さんです。

住所: 福井県福井市中央1-12-6
電話: 0776-23-4626
休日:土曜日

IMG_1488
お店の外観です。

IMG_1492
店内の雰囲気です

IMG_1491
メニューです。

きょうのオーダー「ソースカツ丼」@850円です。
お客のほとんどはジモティみたいです。
それなら味は安心ですね(笑)
IMG_1493
待つこと11分で生まれて始めていただきます「ソースカツ丼」の到着です。
見ため、浅草「尾張屋」の天丼です。

それでは実食です。
IMG_1494
薄くて柔らかいヒレカツに甘辛いタレがみっしりと染み込んでいます。
あれつ、すごく美味しいですね。
カツ美味し、衣美味し、しっかり目にたかれたご飯がこれらを受け止めています。
これは驚き桃の木山椒の木です。
名物に旨い物なし、とこの警句を半分信じていたのですが完全撤回です。
空腹も相俟ったのですが、かなりご機嫌で完食しました、
翌日、福井駅に向かうタクシーの運転手さんは、ヨーロッパ軒総本店とほていやさんとは驚くほど味は変わりません。福井のソースカツ丼はどこで食べても美味しいですよ、と地元愛溢れるお言葉で、私のわだかまりが取れました。それでも、次回はヨーロッパ軒総本店で、ソースカツ丼です、ハイ。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ