下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

洋食

池袋 キッチABC リターンズ

今日は「サラリーマン川柳」の話です。 
第一生命さんが毎年行う「サラリーマン川柳」です。
過去の優秀作品を記してみました。なかなか面白いですネ。

第1位仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い 北の揺人
得票総数 3,191票

第2位「先を読め!」 言った先輩 リストラに 山悦
得票総数 3,183票

第3位ただいまは 犬に言うなよ オレに言え さらば地球
得票総数 3,096票

第4位 「離さない!」 10年経つと 話さない 倦怠夫婦 得票総数:3,038票

第5位 すぐ家出 諭吉はわが家の 問題児 甘下り 得票総数:2,588票

第6位 先を読め 読めるわけない 先がない 先端社員 得票総数:2,568票

第7位 こどもでも 店長なのにと 妻なげく  みいみい 得票総数:2,295票

第7位 体脂肪 燃やして発電 出来ないか  ちょびっと 得票総数:2,052票

第9位 70歳 オラの村では 青年部  長老A 得票総数:2,007票

第10位 妻キレて 「来とうなかった 嫁になど」 一見(いっけん) 得票総数:1,867票

如何でしたか、個人的には第十五回一位の「デジカメの エサはなんだと 孫に聞く」が好きです。こうやってみても何げなく世相を表しているのがいいですね。

面白遠近画像です。
遠近画像

遠近画像



IMG_9405
今日は高岡に宿泊出張です。
取引先は飛行機移動出張がNGなので、それに付き合いでいつもJRです。
4時間も車中の人になるのは疲れますね、はやい北陸新幹線の開通を望みます。


今日は池袋に出没です。
今日のお店は洋食の殿堂「キッチンABC」さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋3-26-6 サンサーラ西池袋ビル 102
:03-3982-1703
定休日:無休

IMG_9406
お店の外観です。

IMG_9408
店内の雰囲気です。

IMG_9407

IMG_9409
今日のオーダー「日替定食」@720円です。
内容は焼肉、茄子の生姜焼、ベーコンエッグです。
ここの洋食は良いです、焼肉は肉が柔らかくホクホクしています。茄子の生姜焼きはキッチリと生姜の存在感をだしています。ベーコンエッグはお約束の半熟でイケます。
全般的に味が濃いのも評価が高いのです、最近この様なベタな洋食屋さんが少なくなってきたので大事にしたいお店です。
今日も美味しかったですよ

それでは(^_-)

勝どき 勝鬨亭

路地にひっそり繩暖簾店内入れば洋食店。
見つけるのも一苦労、路地裏の小さな実力店


以上はこのお店の惹句です。
確かにこのお店を偶然に見つけるのは困難でしょう。
今日のお店は勝どきで行列のできる洋食店「勝鬨亭」です。
勝鬨亭1



住所: 東京都中央区勝どき2-6-2
電話:03-3534-5933
定休日:土、日、祝日

お昼前に着いたのですがすでに列ができていました。それでも待つこと二十分でお店に招き入れられました。
行列ができるはずです(笑)店内はカウンター席五人(椅子は六席ですが全員座るとかなり窮屈なので)、テーブル席×二席六人の計十一名しか座れないのです。
調理場はオーナーシェフ一人で揚げ物、肉料理、カレーを作ります。これでは混むわけですね。
今日の獲物は決め打ちのボークガーリックステーキ@950です。
勝鬨亭2
お値段が勝どきにしてはお高いような(笑)

何でこの料理を選んだかといえばやはり洋食といえばグリルものだからです。
ここのシェフはお客様客の注文を一つ一つ出際よく手がけサクサクと調理します。
その手捌きの早いこと早い事・・・でも少し怒りっぽいですね、奥様と思わしきお店の配膳のかたに時折小声で怒鳴ります。また自らも「チクショウ」との怒声も上げられます。
基本的にこういう威圧感のある店は好きではありません・・・感じ悪いじゃないですか。

オープンキッチンでしたのでジーーつと見ていたら、いよいよ待ちに待った私の料理が作られます。フライバンに油を引きフライパンが高温で焼かれます、香り付けのにんにくが投げ入れられます…アレレ投げられません
即に小麦粉を身にまとった豚ロース肉がフライパンの上に静かに置かれました。下面が程良く焼き色がついたようなのでひっくり返されました。
味付けはどうするのでしょうかと見ていましたら、冷蔵庫から青色の樹脂の容器がだされました。エッ!ボークジンジャーじゃないのだけれど…しかし私の肉は手際よくそのソースに絡められ綺麗に盛り付けられ供されました。

勝鬨亭3
味はガーリックソースでした

ランチタイムで忙しいので仕方ありません。少し期待が多すぎたのかもしれません。
早速一口を頬張ります。ウウッ!ソースが辛すぎますというかショッパイですね、これに追い打ちをかけるかの様に肉が硬〜い
一体全体勝どきの名洋食店はどうしたのでしょう。
行列ができるくらいですので、全体としては美味しいのですがね、個人的にはもう少しお店の中に和みがあればよかったのにと思います。
配膳の女性の方も少しトゲトゲシイし・・・

これなら同じ勝どきにあるブラッスリーフォーメスでお気楽に洋食を食べた方がよかったなと思いました(残念)

それでは(^_-)

野口英世異聞

今日は「野口英世」の話です。
「ロックフェラーの創世記である二十世紀初頭の二十三年間を過ごした野口英世は、今日、キャンパスではほとんどその名を記憶するものはない。彼の業績、すなわち梅毒、ポリオ、狂犬病、あるいは黄熱病の研究成果は当時こそ賞賛を受けたが、多くの結果は矛盾と混乱に満ちたものだった、その後、間違いだったことが判明したものもある。彼はむしろヘビィ・ドリンカーおよびプレイボーイとして評判だった。結局野口の名は、ロックフェラーの歴史においてはメインチャプターというより脚注に相当するのでしかない」「生物と無生物のあいだ」 福岡伸一著より転載。
そうだったのか・・・(残念

私は野口英世の歴史書から伺う彼の破天荒の性格は一種の病的な気質だと思っていました。
一番すごいのは赤貧にあえいだ生い立ちからか纏まったお金を持つと、持つこと自体が不安で使ってしまうという性癖です。たしかアメリカに留学するのに必要なお金を無理矢理大恩人の血脇守ノ助に作ってもらいながら、件(くだん)の性癖が首をもたげ留学の直前に大宴会で浪費してしまい再度血脇守之助に無心したのは有名な話です。
でもこの様な性格は下町っ子は好きです

樋口一葉も赤貧に苦しんだあげく結核で早世したのですが、その人生の過半はお金の遣り繰りに終始しています。現在のお札仲間の二人がお金に執着した青春時代であったというのは偶然の奇貨といえるでしょうか。

さて今日も忙しくB級グルメに程遠くパチリでご案内します。
最初は今日のお昼です。
焼きそばハムカツウィンナーハムパン@120です。
これ不味すぎます。揚げ物は添加物の味強く、パンもパサパサです。これは買った私が悪いのでしょうね(笑)
和風ツナマヨおにぎり@120です。
これは美味しゅうございました・・・しかしイズレモ貧しい



これは谷中の老舗洋食「マロ」のポークソテー@850です。
肉も柔らかく美味しく、人参のグラッセもいけました。デミグラソースも一週間煮込んだ上での仕事をしておりほのかの甘さがタマリマセン。



最後少し聞こし召した後で入った谷中の中華料理店です。お店の人に頼まれ?通訳をしました。
何と彼らはフランス人で、観光で日本に来ているようです。
妙に箸の使い方が上手いので聞きましたら、日本のガイドブックのマニュアル通りとのことです。
下手なコギャルよりはお上手でしたね(笑)



それでは(^_-)

錦糸町 ビストロセゾン

-禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如し-
糾縄(キュウジョウ)はより合わされた縄の意味ですが、要は「幸せ」と「不幸せ」は変わり番こにやってくるということでしょう。

私は取引先の若い人に女性を紹介するという事をしていました。
女性を仲介した人からのお取り決めにより、写真の交換を申し付けられ、その写真の入手にかなりの手間暇をかけたのです。
やっと昨日その彼から写真を入手できたのですが、彼が私に写真を渡したあと実は昨日内示が有り、名古屋に転勤とのことでした。
人に女性を紹介することはあまりしないのですが、本当に性格のよい人なのに彼女がいないということで骨をおったのです。
性格が良いのがかえって女性に対して控えめになっていたのでしょう(笑)
個人的にはこの話ビンゴと思ったのですが、最初から長距離恋愛は無理でしょうということでこの話は流れますね(悲)
三ヶ月でも転勤が後だったらと思う今日この頃です。
まさに禍福(かふく)は糾(あざな)える縄の如しです

夜待ち合わせて彼と飲んだのですが、本当に暖かい性格です。
仕事も良くでき、去年成績優秀で「社長表彰」をもらっています。
日本の若い女性は何故このような好男子を放っておくのでしょうか(笑)

さて今日のお店は錦糸町ビストロセゾンです。
住所::  東京都墨田区太平2-3-4-101
TEL:03-3624−9004
定休:日曜日・祝祭日

フレンチをベースにした洋食レストランです。
伊豆下田港直送の魚料理が特徴です。
そして今日の獲物はランチです。


生姜焼きと魚フライです。
美味しかったです。
特に生姜焼きの味付けにはセンスの良さを感じさせます。
ランチは行列となりますので、出向くときはお早めに行かれることをお勧めします。

それでは(^_-)

池袋 れすとらんABC

私の会社の後輩(学習院野球部出身)で学生時代に礼宮様の頭はたいた人間がいます。
彼が学習院高等部三年生の時廊下の曲がり角で、誰かと出会い頭にガツンとぶつかったそうです。
その当時学習院は上履きの色で学年が分かるらしくて、即座にその靴の色から後輩と判断し「廊下は走るな!」と言い放ちついでにその頭を軽くパカンとはたきました。
その瞬間SPがすっ飛んできて、その時初めてパカンした相手が誰なのか理解したそうです。
これ実話なのですよ(笑)
なかなか皇族の頭を叩くことってないですよね。
多分天皇陛下も礼宮様の頭をパカンしたことはないのではないですか。
私の中学の先生は、世界の王選手を張り倒したことを自慢していました(詳細は第一話参照)。

今日は池袋に来ています。
そして今日のお店は「れすとらんABC西池袋店」です。
場所は蒙古タンメン中本の下にあるからすぐに分かります。
お店の名前ABCは覚えやすいのと語呂がよいからつけられたそうです。
誰もこのネーミングには突っ込めないでしょう(笑)
今日の獲物は若鶏のニンニクソース、海老フライ&カニクリームコロッケ@890です。
若鶏のニンニクソース、海老フライ&カニクリームコロッケ
結構ボリュームがあります。付け合せのスパゲッティがマズウマで良いですね(笑)洋食はこれが決めてです。

何かこれ大人のお子様ランチみたいで大好きです。
味は柔らか鶏肉のジューシー肉汁とニンニクソースが絶妙に絡みあい美味しいです。
ただ海老フライ&カニクリームコロッケはあまり仕事がなされてないのと(もしかしたら業務用?)揚げすぎですね。
でも満足です。

ちなみにこのお店の今月のランキングは
1. 特製ニンニク味噌ジャンカラ(洋風麻婆豆腐)@780
2. ハンバーグの角煮トマトソース煮とビーフコロッケ@880
3. ハンバーグの角煮トマトソース煮と海老フライ、カニクリームコロッケ@980
でした。

それでは(^_-)

ブラッスリー フォーメス

今日は月島のお取引様に出向きました。
お昼は勝どきの洋食の名店「Brasserie Fomes」に行きました。
この店以前上述の月島のお客様に接待されて訪れた店です。
とても美味しかったことを思い出して再訪したのでした。

ここの一押しはメインディシュではありませんが、ほうれん草の「キッシュ」@420/pとイングリッシュパイ(海老が入ったホワイトソースにパイ生地をかぶせたもの)@945/pです。
頬っぺたが落ちますので探すの大変ですよ(マジ)

今日の獲物は「ポークピカタ」です。
代替テキスト

味ですか、普通「ポークピカタ」は厚めの豚君が多い(ひょっとしたら下町だけかな)のですが、ここは豚薄肉にパルメザンチーズをまぶせとき卵をかませた衣です、いやみが無く豚君の味を際立たせています。
しかしピカタの上にかけたトマトソースは酸味が強すぎて、折角の豚君の甘さを損ないます。
美味しいことに変わりはないのすが、私なら折角のブラスリーですのでもう少し塩味で整えるだけにするか軽くトマトケチャップ程度の方が良いのではないかと思いました。

あしたから京都に奥様と紅葉狩りです!しばらくこのブログ休載となりますが再開をお楽しみにしてください。

アデュー(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ