下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

池波正太郎

東池袋 YUKI

今日は「My soul food」の話です。 
高校の同級生ウダと飲むと必ずでる話題が「どんどん焼き」です。
同級生でもこの話をすると「どんど焼き」と勘違いする輩(やから)がいますが、後者は日本各地で行なわれる小正月(1月15日)の火祭りのことですから。
「どんどん焼き」というのはお好み焼きの路上販売品です。
多分東京の下町でしか食べられないものだと思います。

焼きどんどん
「どんどん焼き」は今のお好み焼きのように、何でもかんでもメリケン粉の中へまぜこんで焼き上げる、というような雑駁なものではありません。
ベースはメリケン粉(小麦粉)を溶いて卵とあわせたもので、牛ひき肉のボイル、イカ、干しエビ、食パン、牛豚生肉、揚玉、キャベツ、タマネギ、鶏卵、こしあん、乾燥麺、豆餅等が使われています。

メリケン粉の中へ材料をまぜこむのは「牛てん」のみで、これは牛挽肉と日本葱を入れ、ざっくりとまぜ合わせて鉄板へながし、焼きあげてウスターソースで食べます。

イカやエビを焼くときは、かならず、メリケン粉をうまく小判型に鉄板へ敷き、その上へ材料をのせ、さらに上からメリケン粉をかけまわして両面を焼くのです。

子供の頃は縁日や公園にいけば「どんどん焼き」の屋台がありました。
また太鼓をどんどんと鳴らしながら巡回していた屋台もあったので、案外語源はここからきていたのかもしれません。
しかしこの「どんどん焼き」は突如として東京の下町から掻き消えたのです・・・何ででしょう、もんじゃ屋さんがそれに替って台頭したか、作れる職人が高齢化により払底したか、何れかでしょう?

最近この「どんどん焼き」をもう一度食べたいなという気持ちが湧きあがっています。
特に食べたいBEST3は以下の通りです。

カツレツ 鉄板にメリケン粉を小判形にのばし、その上に牛や豚の生肉の薄切りをのせ、メリケン粉をたらし、乾かないうちにパン粉をふりかけて、両面を焼いたものです。

オムレツ ベースのメリケン粉に卵を割り落として焼き、あげ、長方形にたたんでソースをかけたものです。

おしる粉 鉄板にメリケン粉をほそながくのばして、上から豆餅と餡をのせて巻き込んで焼き、それをハサミでチョキチョキと小さく切ります。
そしてこの小片を入れる土台を焼き、その上に切っておいた小片を盛り、黒蜜をぐるぐるとかけ回したものです。

味ですか、当時で一個5円から20円位のものですから極上の味ではありません。
しかしこの値段で似非(えせ)カツや似非(えせ)オムレツ、似非(えせ)お汁粉が食せることができたのです。
貧乏家庭が多い当時の下町っ子は、この様な買い食いをすることで、プチブルジョアになったような気になれたのです。
本レシピは「チキンライスと空の旅」池波正太郎著を参照しています。

全国的にGWに突入です。
妹や長男はな何と10連休とか・・・私の会社はいかなる時でも暦通りですし、昭和の日は休日出勤をしていました。
ということで画像だけでも海外旅行気分です・・・書いていてムナシイ。

▲疋ぅ弔離┘襯拈遒砲かるマクデブルク水路橋

ドイツのエルベ川にかかるマクデブルク水路橋
ドイツのエルベ川にかかるマクデベルク水路橋です。世界最長とか?

ハワイの夕焼け
Hawaiiの夕日です、Honoluluマラソンに“出る出る”といって掛け声だけです、はたしていつ出走できるのか・・・


今日は池袋に出没です。
今日のお店は、前から気になっていた洋食店「restaurant Yuki (幸)」さんです。

住所: 東京都豊島区東池袋3-7-11
電話:03-3983-1639
定休日:不明

IMG_8296
お店の外観です。

IMG_8298
店内の雰囲気です。

IMG_8297
ランチメニューです。

IMG_8299

IMG_8300
本日のオーダー「ショウガ焼」@870円です。
見ての通りの「生姜焼」です。
味は古典的洋食の「生姜焼」の味付けです。生姜の味わいが存在感を持っています。懐かしい味です。
しかしこの「ショウガ焼」は肉が薄いし、火を入れ過ぎたためか硬いのです。さらに言えばご飯の盛が少ないのです。
でも店内満員です、そうなのですね、このお店はフライ系が得意なのです。
店員さんとお客さんの会話を聞いていても大半が常連さんのようです。そしてその常連さんの80%がフライ系の料理を頼んでいました。
確かに隣のサラリーマンのオジの「メンチカツ」はベースがコンモリとした焼きスパ?でその上にボリュームたっぷりのとても良い揚げ色のメンチが鎮座しています。
Just my luck! (ついてない)・・・こんな読み違いの日もあります。

それでは(^_-)

西浅草 来集軒 4TH

今日は「スベルナァ〜」の話です 
今日は体育の日、久々の休日のため合羽橋に奥様と出没しました。
合羽橋には私の大好きな下町っ子小説家池波正太郎先生の池波正太郎記念文庫があり、以前から行きたかった場所だったのです。
ここは池波作品に関するさまざまな資料を収蔵し、書斎の復元や著作・自筆画像・絵画等の一部を常時展示しています。
また時代劇小説コーナーを設け、戦前の貴重本から現代の人気作品まで時代小説に関する資料を収集し公開しています。
池波正太郎さんは浅草生まれの下谷育ちと聞いていたのですが、正しくは、下谷=浅草・永住町ながすみちょう(現元浅草二丁目=昔の永寿病院の当たり)なのです。これって私の育った佐竹町とは隣合わせです、なにかの奇縁を感じます。
館内は写真撮影禁止でしたので外観だけでも撮ろうと構図を決めていたら警備の方が来られて外観も駄目とのことで撮ることは叶いませんでした…外観くらいはいいのではないでしょうか・・・スベルナァ〜
IMG_6672
このパチリは警備のオジがくれた資料です。ここは品川荏原の自宅二階にある書斎の一部を復元したものです、やはり生パチリでないと味気ないです。

IMG_6666
このパチリは合羽橋からの東京スカイツリーです。大分上がってきましたね。しかしここでパチリを撮っていたら車道の真ん中まで出てしまい、クラクションのcautionを受けました。あれっ、この道って今日は歩行者天国ではないのですか!
Splashさん、目の前に車が走っているじゃないですか(笑)
注意散漫です・・・しかしスベルナァ〜

IMG_6668

IMG_6667
その後近隣にある両親の墓参に行きました。墓参のついでに「出没!アド街ック天国 本所吾妻橋」編で第11位にrankingされた、大正10年創業の甘納豆専門店「平野屋」さんに出向きました。
このお店で主に使用するのは、厳選した7種類の国産豆です。初代から受け継いだ丁寧な仕事を、2代目ご主人・高柴久嘉さんが50年以上守ってきました。こだわりの甘納豆は一粒一粒が大きく、さっぱりとした甘さとほっくりとした柔らかさが特徴。食べるとホッとする銘菓は、素朴な下町の味です。アド街ック天国紹介文より転載
女優の三田寛子さんもよく買いに来られるというので期待していきましたら、昼一番だというのにsold outでした。TVで取り上げられたんだから仕入れは大幅に増やさなければと思うのですが・・・スベルナァ〜

IMG_6669
仕方なく、夕飯のオカズを求めて元フライ級チャンピオン内藤大輔さんの奥さんの実家、墨田区は立花銀座にある“鮒忠”さんに行きましたらパチリの通り「本日休店」です、またですか!・・・スベルナァ〜
こんな日もあります、ハイ。

今日のお店は子供の頃から含めると40年以上も通い詰めている、下町ラーメンのメッカ「来集軒ラーメン」さんです。

住所: 東京都台東区西浅草2-26-3
電話:03-3844-7409
定休日:火曜日

IMG_6658
お店の外観です。

IMG_6662
店内の雰囲気です。芸能人の色紙が多いのは、浅草演芸場の芸人さんがよく訪れるからです。

IMG_6659
私のオーダー「タンメン」@800です。ここのタンメンはいつ食べても裏切りません、バリ美味です。スープが良いのでしょうね、お約束のスープの熱々は当然のことながら守られています。縮れ麺が特に芳醇スープに良くあいます。一時期「当店は、来集軒製麺所とは一切関係ありません」との張紙がありましたが、どこの麺を使用していたのかは失念してしまいました。唯一の瑕瑾は値段が高い事でしょう。

IMG_6661
奥様のオーダー@800です。久々に食べたらここの「カタヤキ」ってこんなに美味しかったのでしょうか・・・
特にtoppingのチャシューは口の中でトロケルじゃないですか、トロミ完璧、塩加減完璧、アゲソバ完璧、恐れ入りました、これほど完成度の高い「カタヤキ」を食したのは久々でした。

それでは(^_-)

坦々麺フェア バーミヤン

今日はフリネタはお休みです。
バーミヤン21
凌雲閣山門です。
バーミヤン22
武蔵野面影が色濃く残る雑木林です。
バーミヤン23
藁葺き屋根の物置です。

次男が免許を取ったので運転の練習を兼ねて埼玉県新座市にある古刹「平林寺」までいきました。この場所は池波正太郎の小説「剣客商売番外編・黒白」の中で、秋山小兵衛が波切八郎と真剣での勝負の約定を交していた場所です。たしか波切八郎はこの場所には来なく、勝負はつかずに終わったと記憶しています。
池波正太郎の原作では秋山小兵衛の家は橋場から大川を渡った寺島村にあると記述されています。要は今の東向島ですよね、そこから平林寺まで歩くのですか、半端ない距離です。というのもこの間スカイツリーから江古田まで歩いて実際に顎が上がったこともあり、今日までこの行程は無理でしょうと決めつけていたのです。しかしよくよく調べますと「剣客商売番外編・黒白」は秋山小兵衛(小説では老齢)が32歳の時の話なのですね、あり得るのかも知れません!すみません池波先生勘違いでした。

今日のお店は「バーミヤンラーメン」 さんです。

バーミヤン24
お店の外観です。

バーミヤン25
今坦々麺フェアやっているのですね!

バーミヤン26
今日のオーダー私は、赤坦々麺(超激辛)@628です。店員さんがこれは辛いもの好きの方にはお勧めです、といわれたので頼みました。 
そうそう私達テーブル担当の店員さんのお名前が「伊東金子(名字は仮名)さん」といいます。一見年配臭いお名前ですが、かなり若くそしてお綺麗です。他所の家庭の話なので立ち入って申し訳ないのですが体を表してなく可哀想です。
ご本人も、金子さんとは結婚できません、といわれていました…金子金子になるからだそうです(笑)
ということで、差しさわりがあるので店名は割愛しております。
閑話休題
確かにこの赤坦々麺(超激辛)は辛いです、あまりの辛さにお尻が5cm程浮き上がりました。麺が茹ですぎでなければ個人的には、値段も安いし合格です。

バーミヤン27
次男のオーダーの「黒坦々麺」@628です。これは胡麻の風味が芳しく結構なお味です。これも麺が茹ですぎでなければ合格です。

バーミヤン28
私のデザートの「愛玉子」@208です。黄色の透明な寒天のお菓子です。 ひんやりしてつるんと食べられます。味ですか、甘好きです!

バーミヤン29
次男のデザート「杏仁豆腐」@208です。これはイケました、乳糖の味付けはさすがChinese restaurantですね!

バーミヤンはコスパはいいのですが、お店によって味がバラつくのが欠点です!
今日みたいに美味しいお店にあたれば良いのですが…

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ