下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

江戸弁

神田 西海 リターンズ

今日は「標準語異聞」です。
標準語とは国の公用文や教育に使われる言葉です。戦後直後までは文部省によって定められていましたが、現在日本語の標準語は規定されていません。

「標準語」という言葉自体は明治時代の英語学者・岡倉由三郎が1890(明治23)年に作ったものですが、一番最初に標準語という概念を作ろうと思ったのは実は薩長同盟なのです。薩長同盟は幕府を倒すために集まって作戦を練るにも、ある問題がありました。それは鹿児島、山口、高知では当時方言が強く、お互いが何を言っているのか全くわからないような状態だったのです。そこで少しずつお互いの言葉をすり合わせて共通の言葉を作っていったのです。

戦いの作戦会議はそれで何とか回ったのですが、明治政府を開き、細かなことを決める会議などが行われるようになると再び方言が問題となり、また決定事項を文章としてまとめる必要性が生じたために、明確な標準語を規定する必要に迫られたのです。
日本全国で通じる言語がここで初めて規定されたのです。文部省は「国語読本」を1904(明治37)年に編纂し、小学生の時点で標準語を教育するようになります。この時、標準語として採用されたのは東京・山の手の上流階級が使っていた言葉なのですが、薩長同盟以来すり合わせられてきた言葉も入っています。なぜなら、当時山の手に住んでいた上流階級には、薩摩や長州出身の政府の役人がたくさんいたからです。
「なぜ名古屋弁が標準語ではないのか」TOPPYNETより転載

標準語
中国のような多数の民族が存在する広大な国ならともかく、ほぼ単一民族で構成されている上、国土もそれほど広くない日本国内において、同一の言語内でこれほどの多様性があるのは驚きですよね。
世界的に見てもおそらく日本以外に類を見ないレベルでしょう。
明治になってから、その為に標準語(話し言葉)を制定するのですが、時の明治政府はすごい苦労をしています。

個人的には標準語の原型はすでに江戸時代に存在していたのではないかと思います。
その背景は参勤交代です。
例えば津軽藩の江戸詰家老が津軽弁で話していたとするならば出入りの商人と商談はできません。
というこことは江戸弁が基本になっていたのではないかとの想像が成り立ちます。
それだけですとイントネーションの問題があります。
したがいまして「標準語」を策定する時、それを解消する為に、「です」「ます」を語尾に付け加えたのではないかと憶断したのです。
これは軍隊言葉にその痕跡をみることができます。
例えば昔の戦争映画をみていますと、植田上等兵、兵站の打合せの為、これから第二分隊に出向くであります、とか言う台詞がその証左です。
これなら鹿児島県人でも青森県人でもすぐにその抑揚は覚えられるでしょう。
後は言葉の意味を明確化にすればよいのだと思うのです。

江戸弁は意味が明晰です。
言いかえれば論理的なので理屈っぽくなります。
従いまして地方から東京に来た人達はその会話があまりにも理屈立てしているのに面食らう事があろうかと思います。関西弁はそのあたりがうまいですよね。
たとえば果物屋の店主に「パイナップルをください」と言って、たまさかパイナップルが切れていたのなら、大阪の店主は「どうも、すんまへん、すぐ取りよせまっさ」と言うのですが、たまさか翌日入荷するだけで、すぐに取りよせるわけではなく、単なる外連(けれん=ごまかし)なのです。
で〜も外連(けれん)のなのは分っていてもその場の雰囲気は柔らかくなります。
これは言葉の効用即ち人間関係の円滑化に資しているわけです。
全世界で「嘘も方便」って平然と言っている国は日本だけらしいです。
言葉の融通無碍をうまく駆使しているのが日本人、その中でも関西人がずば抜けています。
その一方江戸っ子は生真面目のために那辺が下手なのです。
その下手さの為に「江戸っ子のやせ我慢」という表現が生まれたのでしょう。
こんな事を書く日もあります。


就活に巻き込まれる女子大生を描いたアニメーション 「就活狂想曲」です。



IMG_1696

IMG_1695
今日は驟雨の神田に出没です。
時間は20時です。
雨宿りを兼ねて飛び込んだのが今日のお店です。
今日のお店は長崎料理の名店「西海」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田2-8-5 山口ビル1F
電話:03-3254-4780
定休日:土曜・日曜・祝日

IMG_1694
お店の外観です。

IMG_1689
店内の雰囲気です。

IMG_1688
メニューです。

今日のオーダー「皿うどん(軟)」@1,100円です。
店内は酔客でごった返しています。
かかる中、酒を頼まず夕飯を頼む私は「逆掃き溜めに鶴」でしょう(笑)

IMG_1690

IMG_1691
待つこと6分で「皿うどん(軟)」の着皿です。
見た目ツヤツヤと光り輝いています。
それにしてもこの餡すごいですね。
この餡のない「皿うどん」なんて、具のない味噌汁のようなもの。いや肉のないスキヤキですか。
いやそれよりも、ネタのない握り鮨。いやいや頭のないカツ丼でしょう、ハイ。
見事なものです。

それでは実食です。
量はこんもりしています。
具はキャベツ、さつま揚げ、ちくわ、紅白かまぼこ、イカです。
味はすこし甘めですので洋カラシと酢で味を整えます。
美味しいです。
強いていえば味に深みがないのですがそれは大量の野菜がカバーしています。
加えて神田という庶民の街からしますとコスパは悪いと申せます。

そうそう食事が済んでも引き続き雨宿りさせていただきありがとうございました。
お陰様にて濡れることなく帰宅できました。

それでは(^_-)


大泉学園 ぎょうざの満州

今日は「方言考」の話です。 
まずは方言の漫画から・・・

IMG_7192
土佐弁version

IMG_7193
青森弁version

IMG_7194
名古屋弁version

私はblogタイトルにあるように生粋の下町っ子です。
ですから子供の頃から「し」と「ひ」が混同しているとは思いもせず話していました。
例えば「白鬚橋(シラヒゲバシ)」を「ヒラシゲバシ」と言うのは当たり前です。
「東( ヒガシ)」は「シガシ」ですし、「質屋(シチヤ)」 は「ヒチヤ」ですし、「潮干狩り( シオヒガリ)は「ヒオシガリ」です。
少し調べてみたらこれは口蓋化という現象で下町特有のものではないようですね。
確かに下町っ子は短気なので、いきおい早口になり舌の動きが活発になるため口蓋化が起きるようです。でも下町っ子でものんびり話す輩(やから)もいましたが、やはり「し」と「ひ」は混同していました。

9623e8e4[1]
ところでこのパチリすごいですね、生きた心地がしないというのはまさにこの事でしょう!

今日は大泉学園に出没です。
なにやら繁盛している中華料理屋さんがあったのでお訪(とない)を入れてみました。
今日のお店は「ぎょうざの満州」さんです。

住所: 東京都 練馬区東大泉5-36-12
電話:03-3921-6996
定休日:無休

IMG_7214
お店の外観です。

IMG_7219
店内の雰囲気です。

IMG_7215

IMG_7217

IMG_7218
今日のオーダー「若鶏の中華風唐揚げセット」@750です。
実はこんなにコンモリしたものを頼んだつもりではなく、唐揚げとご飯とスープだけでよかったのですが、良く々メニューを見なかった自分がイケなかったのです、ハイ。
でもこれってお得なんですよね、breakdownしてみましょう。
単品で頼みますと、餃子(六個)@210、ライス+スープ@160、唐揚げ(六個)@430、締めて800円ですから▲50円の効用?があるのです。
味ですか、餃子は歯を立てると中の熱々エキスが飛び出てきます、美味しいじゃないですか!
唐揚げもほっこりジュシ―です。最初中華風甘酢がくどかったのですが、後半は舌が馴染んできたのか美味しく感じてきました。
やはりこのコスパは他店より抜きんでていると思います。
結構なディナーでした、ご馳走さまでした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ