下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

永利

続 豊洲 永利 豊洲2号駅前店

今日は「デジャヴ」の話です。
不動明王P20
BSテレビ東京で「美の巨人たち」を見ていましたら「不動明王」の神々しい絵が紹介されていました。
「不動明王」って、私たちを護るために大日如来が姿を変えて現われたものだよな。
いわゆる「お不動さん」だなとつぶやいていましたらあるアルバイトの思い出が鮮明に甦ってきました。
その思い出とは大学2年の冬休みに赤い郵便車の運転手のアルバイトをしていた時の話です。
なんでこの職種を応募したのかは今となっては忘れましたが、冬休みの間、日本国民に郵便物特に年賀状がきちんと届くようにしようと決意したからです。
アルバイ先の名は日本郵便逓送株式会社さんです。
会社は9時始業17時終業です。
業務は郵便局の人を乗せて所定の郵便ポストをまわるだけです。
要はただの運転手です。
所定のポストに着くと郵便局の人は車から降りて合鍵でポストを開けて中の郵便物を回収します。
私はその作業をぼんやりと見ているだけです。
運転回数は午前中2回、午後1回のみです。
後は休憩室で漫画を読んだり、将棋をしたり、仮眠をとったりするだけです。 
勤務している人はプロパーの人もいるのですが、ほとんどの方は長期のアルバイターです。
私のような腰かけのアルバイターは少なかったように記憶しています。
正直申して変な人が多かったです・・・
一番多かったのは左翼活動家クズレ、正しくいえば左翼活動はやめたが昔の仲間からの粛清を恐れて逃げ回っている逃亡者です。
ある日ボ〜ッと外を見ていると、敷地内で角刈りの若いお兄さんが上半身裸になり乾布摩擦をしていました。
冬の乾布摩擦・・・
それはそれで良くある光景ですが、なななんとこの人の背中には鬼気迫る不動明王が色彩豊かに張り付いていたのでした。
それを見ていた私は完璧に固まってしまいました。
すると間の悪い事にこのお兄さんが振り向いたのです。
目があったものですから軽く会釈しますと、そのお兄さんは白い歯をみせて莞爾(かんじ)として笑ったのです。
後で元活動家さんの一人にその話をすると、元活動家さんは笑いながら、あ〜〜、建ちゃんの事、あの人さ、若い頃ヤクザモンの友達が墨を入れるんで、せっかくだからお前も付き合えといわれたんだ。
ところが本人は刺青するのは嫌だったんだけれど、気が弱くてさ、断りきれなくて墨入れちゃったんだって。
多分に刺青を入れる一時の痛さより、断った後のヤクザモンの間断ないシバキの痛みの方が嫌だったんだろうな。
しか〜し、最後は開き直って、絵柄はド派手な不動明王にしちゃったんだって、と言っていました。
大丈夫だよ、あの人外見怖いけれど普通の人だよ。
あの様に墨を入れた身体じゃうちの様なところしか働けないからね、とさらに説明してくれたのでした。
これですね私のデジャヴは・・・
しか〜し、いくらヤクザモンのシバキがきついとはいいながら「朱に交まじわれば赤くなる」の例えを使えば落ち着きはいいのですが、ケンちゃんのその当時の外見はどこから見ても完璧な89383ですから、彫るべくして彫ったものなんでしょうね。
この仕事があまりに楽だったので、マジに大学出たら勤めよううかと思ったほどでした。
そんなことを仲良くなった元活動家さんの一人に話しましたら、馬鹿だな、この仕事長くやっているとまともなところで働けなくなっちゃうから早く辞めた方がいいよ。
この仕事は麻薬に似ているんだよ、一度ハマると俺みたいに抜けなくなっちゃうんだから、と笑いながら教えてくれました。その後、色々なアルバイトしましたがこれ以上に楽な仕事はありませんでした。


ミニドライブ、これって、結構、運転が難しかった。
うまく道路に乗っかって走れば、
走行距離のスコアが伸びるというヤツでした。



IMG_2560 (3)

IMG_2561 (2)
今日は夕闇が広がる豊洲に出没です。
今日のお店は「永利」豊洲2号駅前店さんです。

住所:東京都江東区豊洲5-5-1シェルタワー1F
電話:03-3536-9606
定休日:無休

IMG_2562
お店の外観です。

IMG_2564

IMG_2568
店内の雰囲気です。

IMG_2563
メニューです。

今日のオーダー「高菜チャーハンセット」@750円です。
店内では店員である中国人のアーイー(おばちゃん)がわめき散らしています。
忖度するに、彼女からしますと普段の普通のふるまいかもしれませんが、本当に五月蠅いのです。
IMG_2565
待つこと2分で「高菜チャーハンセット」の到着です。
見た目、量が多くてうんざりします。

IMG_2566
気を取り直して実食です。
駄目です!
中国産の高菜が臭くて私の口にあいません。
おまけにかなりオイリーであります。
高菜と量を除けばそれなりなのですが、この「高菜チャーハン」は好き好きです。
杏仁豆腐は池袋本店の味に近いというか同じです。
那辺が救いですかね・・・

それでは(^_-)

豊洲 永利 豊洲2号駅前店

今日は「ロードマップ」です。
toyota
トヨタ自動車は18日、自動車向けの情報サービスを刷新すると発表した。音声認識技術を全面採用。画面を一切触らずに経路をはじめあらゆる情報を検索でき、運転しながら会話をする感覚で使える。自動車向けの情報サービスはスマートフォン(スマホ)大手の米アップルなどが始める予定。トヨタは自社のサービスを改良することで、スマホ世代の若い顧客のつなぎ留めを狙う。
トヨタは2002年、車向けに経路検索や交通情報などを提供するサービス「G―BOOK」を開始。トヨタ車に搭載する純正カーナビゲーションシステムで利用できる。新サービスの「T―Connect」は7月以降に発売する純正カーナビなどで使えるようにする。ナビと自分のスマホを無線接続して使う。サービスは原則無料。

特徴の一つは運転手との自動対話機能。ナビに呼び掛けて経路や店舗などの情報を問い合わせられ、結果も具体的に音声で返ってくる。「近くで今使える駐車場がある所を教えて」と尋ねると、「3件あります」「最も近いのはスーパー○○です」「3キロ先です」などと会話を重ねるように案内する。
スマホの音声認識サービスに比べてより具体的な回答ができるようにした。自動で答えられない場合はオペレーターに切り替わり、オペレーターの回答履歴を学習して精度を上げていく。
もう一つの特徴はスマホと同様、外部の企業が開発したサービス専用の様々なアプリ(応用ソフト)を用意すること。当初は自宅のエアコンを操作できるパナソニックとの共同開発アプリなど14種類が使える見込み。娯楽関連や暮らしなど多様な分野でアプリをそろえる。ナビに取り込むことでスマホのように機能を高めていける。
スマホとも情報を共有し、駐車場で車をとめた後、徒歩で最終目的地まで経路の案内を続けるなどの機能も備える。

アップルは今年3月、車向け情報サービスを発表。イタリアの「フェラーリ」やドイツの「メルセデス・ベンツ」などがサービスを利用できる端末を標準装備した車を発売する予定。米グーグルも計画を打ち出すなど、国内外で本格化する見通しだ。
トヨタはアップルのサービスを導入する意向も示しているが、国内ではまず自社のサービスを提供。海外展開も視野に入れている
『トヨタが「会話するクルマ」』日本経済新聞より転載

061110_2
今日のフリネタは「ロードマップ」です。
ロードマップ(Roadmap 行程表)とは、プロジェクトマネジメントにおいて、用いられる思考ツールの一つです。
どこの会社でも会議の時にやたら使われるので人口に膾炙した言葉ですよね。
用途としては、
未来予想図の提示
合意形成ツールとして、
目標管理ツール
計画表
等様々で、その用途によって、内容もまちまちですが、概していえば、「具体的な達成目標を掲げた上で、目標達成の上でやらねばならないこと、困難なことを列挙し、優先順位を付けた上で達成までの大まかなスケジュールの全体像を、時系列で表現した計画表としてもよいのでしょう。

実はこのトヨタさんの「会話する車」は、2003年頃に中国で生卵ご飯を食べた人から聞いていました。
その時点で「車のIT化のロードマップ」はすでに有ったわけです。
まさかそこから11年もかかるとは・・・
予定通りかどうかはさすがに確認するすべはありませんが、さすが世界のトヨタさん、きちんとfaceを合せてきましたね。

実は私はこのような「ロードマップ」的考えが大好きなのであります。
といっても端からこのような考えを持っていたわけではなく、ひょんな事で一時期ワタミの渡邉社長と定期的に会う事があり、彼の口からいつもほとばしる「夢に日付を入れる(未来行動計画書)理念」にいたくいたく共鳴したからなのです。「夢に日付を入れる」ことは、即ち自分が今何をすべきなのかを知ることができる事です。
そして自分の軌跡をふりかえれば、夢に向かって自らが何を成し遂げたかがわかるのです。
自分は何ができて、何ができなかったのかがわかるようになれば、人生はふくよかになっていきます。
言い換えれば人生の「milestone」であります。
絶えず自分の立ち位置がわかれば、心の葛藤も消え失せ、自分の考えがスッと一本の道にのびていくように思えるでしょう。
実は家庭環境もあり社会人になるまでは完璧な行き当りばったり人間で、何物にも邪魔されない甘い夢を見続けていたいがために、いつ果てるとも知れない助走を続け、跳躍する事は一切せず、自らかを損なっていたのでした。

目標は達成されればそれに越した事はありません。
人生は長いマラソンです。順調な道行きは決してありません。
しか〜し自分が今どこにいてどこに行こうとしているのかは、自らに教えてあげていたほうが、自らの人生に資するのではと思っております。
こんな事を書く日もあります。


日本のコマーシャルは変なのが多い!?
海外「日本のCMって変なのが多いけど、でも世界で一番面白いかも


IMG_1328
今日は豊洲に出没です。
今日のlunchは「永利」豊洲2号駅前店さんです。

住所:東京都江東区豊洲5-5-1シェルタワー1F
電話:03-3536-9606
定休日:無休

IMG_1332

IMG_1331
お店の外観です。

IMG_1341
店内の雰囲気です。

IMG_1334
メニューです。

今日のオーダー「玉子とレタスチャーハン(スープ・サラダ・デザート付)」@730円です。
このお店は前回取引先の接待の二次会できました。
それ以前に池袋本店は何回も通っておりますので比較的安心して中華が楽しめるお店です。
ただ〜し、このお店は厨房が店内からはっきり、くっきりと見えてしまう構造になっているのですよ・・・
・・・の後は行間を読んでください。
しか〜しご心配めさるな!
中華料理のほとんどは火が通りますので没問題(メイウェンティー=no problem)なのであります。

IMG_1336
待つこと4分で「玉子とレタスチャーハン(スープ・サラダ・デザート付)」の到着です。
見た目こんもりしています。

IMG_1337
それでは実食です。
玉子とレタスチャーハンは意外にあっさりと炒めており美味しいです。
ご飯のふんわり感が高評価です。
で〜もちょっとご飯の量がtoo muchですか。
普通の中華飯店の倍はあります。

IMG_1338
杏仁豆腐は池袋の味に近いというか同じです。
いずれもかなり濃厚な味ですので、美味しくいただけます。

IMG_1339

IMG_1340
サラダとスープは特筆するものはありません。
池袋本店のようなdeepさはありませんが安心し且reasonableにlunchがいただけるお店です。

それでは(^_-)

続 池袋 永利

今日は「マラソン考」です。
ホノルルマラソン

ホノルルマラソン
それはそうと去年、ちょうどホノルル・マラソンの時期にハワイに行って仕事をしていた。僕はニューヨークを走ったばかりだったのでその時は走らなかったけれど、ハワイの新聞では日本人ランナーが多すぎるというので、かなり大きな問題になっていた。どれくらい多いかというと、全体の半分以上が日本人ランナーなのである。正確な数字は忘れたけれど、たしか2万人の出場者のうちの1万2千人くらいが日本人であるということだったと記憶している。いずれにせよ仰天するような数字だった。ホノルル・マラソンはもともとが心臓病の治療と予防を目的として始められた大会で、参加したい人は誰でも参加していいし、時間制限のようなものも一切ない。エリートーランナーもほとんど出ないし、記録よりは、少しでも多くの人に走る楽しみを味わってもらうことを目的とする大会である。運営は数多くの地元のヴォランティアの手に委ねられており、市民みんなで協力して楽しいレースにしようという心持ちの感じられる温かい(気温的にはいささか暑すぎるけれど)手作りレースである。僕も1983年に走ったけれど、ほのぼのとして楽しかった。 
でも今ではホノルル・マラソンのあり方に対して、地元の一般市民はかなり苦々しい思いをいだくようになっているようだ。新聞にも「どうして日本人ランナーが半分以上をしめるレースに我々がわざわざ協力しなくてはならないのか」「参加人数の規制をしろ。日本人の大半は走らずに歩いているじゃないか」というような投書がけっこう沢山載っていた。もちろんそれだけの数の日本人観光客が来れば、観光業者は儲かるわけだが、交通規制で一日不便を強いられる観光業とは関係のない一般市民にとっては、何のメリットもない。ただの迷惑である。「観光業者が潤うといっても、ワイキキの観光産業の80パーセントは日本人の経営なのだし、結局のところ日本人ランナーを日本人業者が呼んで、金を儲けて、儲けた金をまた日本に送るだけじゃないか。つまり我々の町の我々の大会を日本人が金儲けに利用しているだけじゃない」という投書もあった。そういう気持ちもまあわからないでない。
「やがて哀しき外国語」村上春樹より転載

ホノルル・マラソンが日本人の為のマラソンレースだったとは、全く知りませんでした。
毎年年末になるとマラソンクラブの仲間からホノルル・マラソンに誘われますが、なにか引っ掛かるものがあって参加を見合わせていたのです。
理由は村上春樹さんがエッセーで書かれている様にこのマラソン大会は歩け歩け大会の様相を呈してきているからです。私はこれが、ちょっとね、なのです。
別にマラソン大会で歩いて完走しても全く問題ないのですよ。但し足切り時間さえなければ、ですがね。
ちなみに足切り時間があると、足切り時間に満たないランナーは問答無用で収容バスに乗せられてgoalとなるのです。

最近full marathonを走っていません。
理由は今から5年前の3月7日に取引先との接待剣道(そんな言葉はない?)で左足のアキレス腱を裂断してから気持ちが萎えてしまったのです。
体力的にはfull marathonを完走するのは特段の問題がないのですが、左のアキレス腱を切ってからは、右のアキレス腱の負担が増すようになったのです。
10km程度の短い距離を走っても、次の日にかなりきつい痛みが健康な右のアキレス腱に襲いかかるのです。
多分健常でない左足を健常な右足でかばっているのでしょうね。
それは走っている時の左右の歩巾に表れています。
私の走っている時の左足の歩幅は92cm前後ですか、右足の歩幅は100cm前後ですので、これが証左です。
もしかして生まれながら右足の方が長かったりして・・・

マラソンって簡単じゃないですか。
右足と左足を交互にだして、なるべく早く己の肉体を前方に移動させる、多分世界中のどこへ行ってもこれが走ることの基本的な動作だと思うのですがね。
後は継続あるのみです。
最近ではnetで簡単にマラソンレースにentryできますので、風邪にちがうか風になりたい貴方・貴女このお手軽なsportsを体感してみませんか?
多分長距離(30km前後)を走れば、「自分が何か別なものになった事」を感じることができると思います。
たとえて言うのであればimaginative(想像に富んだ)、scintillating(機知に富んだ)、thrilling(スリルに富んだ)な感情が心を満たしてくれることでしょう・・・

Experience is not what happens to you.
It is what you do with what happens to you.

経験とは、あなたに起こったことではない。
起こったことに対してあなたのしたことである。

Aldous Huxley(オルダス・ハクスリー)


Sonyがファッションとテクノロジーを融合させることをコンセプトに、キャットウォークを歩くファッションモデルをあらゆる角度から撮影した映像「Xperia™ Z Versus Fashion」を製作しました。撮影にはなんと100台もの同社のスマートフォン「Xperia Z」が使用されたといいます。
今回の映像には映画「マトリックス」でおなじみのバレットタイム的な要素が盛り込まれており、Xperia Zでただキャットウォークを撮影したというわけではなく、ステージを覆うように設置された螺旋状のレールにビッシリXperiaを取り付け、それらでモデルさんの写真を撮影しました。そして撮影された写真は終了後に繋ぎ合わされ、一つの映像が完成したのです。 
一体どんな映像が完成したのかは、以下によりご覧ください



IMG_7352
今日は池袋に出没です。
今日のお店は、永利、阿里郎、知音食堂、楊と池袋の4大ディープ四川料理店の一つ中国東北家郷料理「永利池袋本店」です。
な何と4年振りの再訪です。

住所: 東京都豊島区池袋1-2-6ベルメゾン池袋
電話:03-5951-0557
定休日:無休

IMG_7354
お店の外観です。

IMG_7355
店内の雰囲気です。

IMG_7353
メニューです。

今日のオーダー「鶏肉の中国味噌炒め」@550円です。
4年振りの再訪です。
前回は西武池袋で催されている「全国味の逸品会」の帰りに、奥様と立ち寄ったのでした。
その時は7割が中国人のお客様で店内こみあっていました。気分は中国本土の料理屋さんっていう感じだったのです。今回の訪問では100%日本人です。普通の大陸系中国料理屋さんです。

IMG_7356
待つこと12分で「鶏肉の中国味噌炒め」の到着です。
Es ist gute Kosten-Auffuhrung(なんというコスパでせう)
これで@550円ですか、久々の“くりびつてんぎょのいたおどろ!”です。

IMG_7357
それでは気を取り直して実食です。
まず始めに「鶏肉の中国味噌炒め」です、これは鶏肉が柔らかで且つ弾力があります。
中国味噌は少しピリ辛でこの鶏肉に良く合います。
ウマウマです、これにはbravoを贈ります。

IMG_7358
「麻婆豆腐」です。
最初にレンゲ一杯分のみ口に運びます。
すすると中国大陸のほのかの香りが鼻腔に広がるのと同時にかなりの辛さが波状攻撃で襲います。
なんですか、ホンマモンの「麻婆豆腐」ではないですか。
これはさらにウマウマウマです、オソロシイお店に入ってしまいました。
Levelたかいですね!

「杏仁豆腐(拡大画像なし)」です。
これは美味しさが突き抜けています。
「杏仁豆腐」がゲル状でかつプリンプリンしています。
甘さこそ控えめですがミルクの味わいが立っています。
これには"I'm all run down." (すっかり参ってしまいました)です。

IMG_7363

IMG_7362
最後にいつもきになる「精力酒」@1,050円です。
ちなみに一度も飲んではいませんよ!
スッポンが入っているのは知っているのですが。
後は何が入っているのでせうか、コワくて聞けません・・・
どなたか勇気のシルシでchallengeしてみてください!

IMG_7365

IMG_7366
ところでこのお店にはオチがあります。
夜は会社の歓送迎会で豊洲に出没しました。
呑み直しの二次会を部下が設営してくれました。
美味しい中華料理屋ですので絶対に裏切らないと言われて入ったのが「永利豊洲駅前2号店」です。
何も一日二回も同じお店で食べなくても・・・
で〜も美味しかったので由としませう:D

それでは(^_-)

池袋 永利池袋本店

ゴールデンウィーク最終日です。
今日は買物があって池袋に出没しました。Echikaで早々と買いものを済ませ昼食です。
というのも買うものは予め決めていたので後は奥様に決めてもらうだけですから早いのです(笑)
今日のお店は永利、阿里郎、知音食堂、楊と池袋でも4大ディープ四川料理店の一つ中国東北家郷料理「永利池袋本店」です。お客様のほとんどが中国人で尚且つ日本語が通じないと聞いていましたので少し腰がひけての訪問です。

永利1
お店の外観です。

永利2
店内メニューです。

住所: 東京都豊島区池袋1-2-6ベルメゾン池袋
電話:03-5951-0557
定休日:無休

永利3
店内の雰囲気です。開店間際だったのでお客は少なく、それでも7割は中国人のお客様です。気分は中国本土の料理屋さんっていう感じです。

永利4
店内で販売されている「精力酒」@1,050です。

永利5
私のBlogにのせるのもオゾマシイ精力酒の原料君達です。ほとんどが知らない爬虫類君が水没、違うか酒没しています。本当に中国人はこんなお酒飲むのでしょうかネ(笑)

永利6
今日の私の獲物「孜然羊肉(ラム肉の中国クミン辛味炒め)」@1,050です。
この店一番人気ということで注文しました。羊肉は少し硬いけど臭みもなくマズマズです。
隣の中国人がお酢をかけて同じ料理を食べていましたので早速真似てみました。やはり本場の方ですね食べ方がお上手です。味が引き締まってイケました。
お店のお姉さんが日本語を喋れるのでクミンについて聞きましが、中国料理では欠かせない香辛料だそうです、これが無いと中国独特の味が生み出せないそうです。
羊肉料理としてはレベルが高い一品かと思います…量が噂通り多いですね。日本人なら3人前の分量でしょう。

永利7
奥様の注文「扣肉炒飯(豚バラ青菜チャーハン)」@890です。味は油っぽいのかなと思いきや、そうではなく美味しい味付けでイケました。
豚バラがジューシーで結構でした。しかしこれも量が多く、日本人なら二人前の分量でしょう。

永利8
甜点心(デザート)の「杏仁西米露(アンニン豆腐タピオカミルク)」@630です。この甜点心(デザート)はさすが本場の味です美味しいhappy01
しかしこれだけ量が半分なのは反則です(笑)
仄聞するに中国は料理を少し残すのが礼儀とかで盛が多いとか聞きいていますが、しかしここは多すぎます。グループで来て取分けしたらコストパフォーマンス最高でしょう
それと日本語が通じるのもアリガタイですね、中国情緒を楽しみたい方にお勧めの一店です。

永利9
その後予定では皇居内見学だったのですが、生憎の雨で順延することとし、西武池袋で催されている「全国味の逸品会」会場にブラリしました。

永利10永利11
最初は漫画「美味しんぼ」やTVでの露出が多い大阪の「会津屋」さんです。
お店の説明書によりますと、大坂のたこ焼きは、昭和8年会津屋初代、遠藤留吉さんが肉・コンニャク等を入れたラヂオ焼が始まりだそうです。その後もっとおいしい大人の味をと考え、昭和10年「明石のたこ」と「ころも」に味をつけて焼いた大阪のたこ焼きが生まれました。…中略…たこ焼きとはソースをつけない、手もよごさず。さめてもおいしいのが本物ですとのことです。
味ですか、残念ですが美味しくありません
我家族全員が同様の感想を言っていましたので独善的なものではありません。しいていえば「ヌレ煎餅」をたこ焼きにしたような感じと我豚児は言ってましたが…例えて妙ですネ(笑)

永利12
その後北海道の「花畑牧場」のブースに行き「生キャラメル」を求めに行きましたが、な何と午前中で完売だそうです。
ここのお店繁盛店ブランドに胡坐をかいているのか、なぜか商品説明が居丈高です。要はここにおいてあるものは全て美味しいのだ、これでイイのだっていうかんじです。ナマラ感じ悪いベヤです。何様だ「花畑牧場」って言いたかったのですが、根がミーハーの為「生キャラメル&バニラソフトクリーム」@350を求めてしまいました。
永利13永利14
味ですか…普通のバニラとかキャラメル味のソフトクリームです。北海道に7年いて美味しいソフトクリームを食べ歩いた私からいわせてもらいますと、特筆することのないソフトクリームでした(失礼)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ