今日は「沈黙」の話です。
沈黙
司祭は憶えていた。西勝寺で始めて会ったフェレイラの耳のうしろにひきつった火傷の後のような傷口があったことをはっきり憶えていた。その傷口の褐色の色まで今、まぶたの裏に甦ってきた。その影像を追い払うように、彼は壁に頭を打ちつづけた。
「あの人たちは、地上の苦しみの代りに永遠の悦びをえるでしょう」
「誤魔化してはならぬ」フェレイラは静かに答えた。「お前は自分の弱さをそんな美しい言葉で誤魔化してはいけない」
「私の弱さ」司祭は首をふったが自信がなかった。
「そうじゃない。私はあの人たちの救いを信じていたからだ」
「お前は彼等より自分が大事なのだろう。少なくとも自分の救いが大切なのだろう。お前が転ぶと言えばあの人たちは穴から引き揚げられる。苦しみから救われる。それなのにお前は転ぼうとはせぬ。お前は彼等のために教会を裏切ることが怖ろしいからだ。このわしのように教会の汚点となるのが怖ろしいからだ」そこまで怒ったように一気に言ったフェレイラの声が次第に弱くなって、「わしだってそうだった。あの真暗な冷たい夜、わしだって今のお前と同じだった。だが、それが愛の行為か。司祭は基督にならって生きよと言う。もし基督がここにいられたら」
フェレイラは一瞬、沈黙を守ったが、すぐはっきりと力強く言った。
「たしかに基督は、彼等のために、転んだだろう」
夜が少しずつあけはじめてきた。今まで闇の塊だったこの囲いにもほの白い光がかすかに差しはしめた。
「基督は、人々のために、たしかに転んだだろう」
「そんなことはない」司祭は于で顔を覆って指の間からひきしぼるような声を出した。
「そんなことはない」
「基督は転んだだろう。愛の為に。自分のすべてを犠牲にしても」
「これ以上、わたしを苦しめないでくれ。去ってくれ。遠くに行ってくれ」
司祭は大声で泣いていた。閂(かんぬき)が鈍い音をたててはずれ、戸が開く。そして開いた戸から白い朝の光が流れこんだ。
「さあ」フェレイラはやさしく司祭の肩に千をかけて言った。「今まで誰もしなかった一番辛い愛の行為をするのだ」
よろめきながら司祭は足を曳きずった。重い鉛の足柳をつけられたように一歩一歩歩いていく彼をフェレイラがうしろから押す。朝方のうすあかりの中に彼の進む廊下はどこまでも真直ぐにのびていた。そしてその突きあたりに二人の役人と通辞とが黒い三つの人形のように立っていた。
【中略】
司祭は足をあげた。足に鈍い重い痛みを感じた。それは形だけのことではなかった自分は今、自分の生涯の中で最も美しいと思ってきたもの、最も聖らかと信じたもの最も人間の理想と夢にみたされたものを踏む。この足の痛み。その時、踏むがいいと銅版のあの人は司祭にむかって言った。踏むがいい。お前の足の痛さをこの私か一番よく知っている。踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生れ、お前たちの痛さを分つため十字架を背負ったのだ。
こうして司祭が踏絵に足をかけた時、朝が来た。鶏が遠くで鳴いた。
「沈黙」遠藤周作著より転載

今遠藤周作さんにハマっています。
私はこの小説家をぐうたらシリーズでしかその筆致を知らなかったのですが、実態はキリスト信仰の根源的な問題を弱者の視点を通して浮き彫りしていくというstorytellerだったのですね。その宗教関連の小説は正直かなり面白いのです。

前後関係を分かりやすくするために、この件(くだり)の粗筋を掻い摘んで以下に記してみます。
長崎奉行所でロドリゴは棄教した師のフェレイラと出会い、さらにかつては自身も信者であった長崎奉行の井上筑後守との対話を通じて、日本人にとって果たしてキリスト教は意味を持つのかという命題を突きつけられる。奉行所の門前では、キチジローが何度も何度もロドリゴに会わせて欲しいと泣き叫んでは、追い返されている。ロドリゴはその彼に軽蔑しか感じない。

神の栄光に満ちた殉教を期待して牢につながれたロドリゴに夜半、フェレイラが語りかける。その説得を拒絶するロドリゴは、彼を悩ませていた遠くから響く鼾(いびき)のような音を止めてくれと叫ぶ。その言葉に驚いたフェレイラは、その声が鼾なぞではなく、拷問されている信者の声であること、その信者たちはすでに棄教を誓っているのに、ロドリゴが棄教しない限り許されないことを告げる。自分の信仰を守るのか、自らの棄教という犠牲によって、イエスの教えに従い苦しむ人々を救うべきなのか、究極のジレンマを突きつけられたロドリゴは、フェレイラが棄教したのも同じ理由であったことを知るに及んで、ついに踏絵を踏むことを受け入れる。

夜明けに、ロドリゴは奉行所の中庭で踏絵を踏むことになる。すり減った銅板に刻まれた「神」の顔に近づけた彼の足を襲う激しい痛み。そのとき踏絵のなかのイエスが「踏むがよい。お前のその足の痛みを、私がいちばんよく知っている。その痛みを分かつために私はこの世に生まれ、十字架を背負ったのだから」と語りかける。

こうして踏絵を踏み、敗北に打ちひしがれたロドリゴを、裏切ったキチジローが許しを求めて訪ねる。イエスは再び、今度はキチジローの顔を通してロドリゴに語りかける。「私は沈黙していたのではない。お前たちと共に苦しんでいたのだ」「弱いものが強いものよりも苦しまなかったと、誰が言えるのか?」

踏絵を踏むことで初めて自分の信じる神の教えの意味を理解したロドリゴは、自分が今でもこの国で最後に残ったキリシタン司祭であることを自覚する。

信者達の上にふりかかる迫害、拷問、相次ぐ信者達の犠牲、文字通りの人間の気力、体力の限界をこえた苦難にもかかわらず、ついに神の「救い」はあらわれません。神はかたくなに「沈黙」を守ったままです。
はたして信者の祈りは、神にとどいているのか、いやそもそも神は本当に存在するのかと揺さぶるだけ揺さぶっといて、キリストは棄教者に足で踏まれても実際はこれを許していたという大どんでん返しなのですね。
すごい構成力です。
それでは殉教して死の旅に着いた信者はどうしてくれるのかと思わず突っ込んでしまいたいところでありますが、その信者達は天国で救済されるということでしょう。
信仰の不偏性、とその裏にひそむ融通無碍さですか、無信教の私としては理解ができないとところではあります。
作者は自著「深い河」でも、キリストはヨーロッパのキリスト教だけでなく、ヒンズー教のなかにも、仏教のなかにも、生きておられると思うからです。思うだけでなく、そのような生き方を選んだのです、と書かれていてその不偏性を強調していました。
キリストは転生し続けることでその存在感を示威し続けると読めるのですが、はたしてどうなのでしょう。

「神も仏もないものだ」という言葉は一般的な人が困惑の極みにおいて発しており、我が国でもかように「神、仏の沈黙」は悪い意味で認知されかつ人口に膾炙しております。
その「神の沈黙」に対して作者は「悲しみの連帯」即ち「神は沈黙していたのではない。共に苦しんでいたのだ」と説明しています。
もしキリスト教若しくは他の宗教でも「神の沈黙」に対して「悲しみの連帯」以外に明快な説明がつくのであるのであればおおいに傾聴するところであります。

私の子供からとある時に、宗教の事を何も知らずに無宗教だと広言すること事態が問題だよ、と言われた事が端緒となり、仏教、基督教関連の本を読み続けてきました。
そしてその帰結として、宗教を信じるというのはなかなか大変なものだな、というのが正直なところです。
Leap Before You Look!(見る前に飛べ)
今私にはその必要性がありません。しばらくは宗教には縁がないでしょうね・・・


CM撮影の裏側を見せます、という今回の企画、シーンの数はトータルで88カットに及ぶ大作CM。仕上げも編集に2週間、CGにも3週間かけた渾身のCMに仕上げています。
面白いですよ。



IMG_5260
今日は新富町に出没です。
たまには美味しい洋食が食べたいなということでお訪(とない)入れたのがこちら「蜂の子」さんです。

住所: 東京都中央区築地1-5-11
電話:03-3541-9805
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜22:00(LO 20:50)
定休日: 土曜・日曜・祝日

IMG_5252
お店の外観です。

IMG_5255
店内の雰囲気です。

IMG_5251
メニューです。

今日のオーダー「Cランチ(オムライス・ハンバーグ・本日のフライ・サラダ・スープ」@950円です。
ここのところ手元不如意というか野口英世さんナシ状態でランチに行くことが続いてました。
今日で三回目です。過去2回はカードで支払ったので事なきを得たのですが、今日の「蜂の子」さんはカードが使えません。仕方なく(当り前)最寄りのATMまでお金を下ろしに行ってまいりました。
しか〜し、3回とも思うのですが、よくオーダーするときに金欠に気がついたものです。
世が世なら無銭飲食ですからね、エライ!
エラクもないですよ・・・ 

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_5254
待つこと3分で「ブロッコリーのスープ」が到着です。
見た目鮮やかですね、まるで抹茶みたいです。
それでは実食です。
ウン、これはすごく美味しいです。
ブロッコリーを素材に使っているのですが、味がとてもふくよかです。

IMG_5257

IMG_5258
待つこと7分で(オムライス・ハンバーグ・本日のフライ・サラダ)の到着です。
見た目大人のお子様ランチです。
オムライスは使っているバターがいいですね。
ハンバーグはミートローフみたいな感じでかたいですね。
もしフライパンで焼いていたらのなら相済みません。
フライはメンチでした。
ハンバーグにメンチという献立は工夫がないように思います。
全般に美味しくまとめていましたがパンチ不足はいなめません。
少しガッカリなランチでした。
プラ〜スこのお店が好きだった理由の一つには、お店に入った時や、帰る時の挨拶が、奥様を核にしてホールスッタフ全員で揃って言ってもらえる事がありました。
お店が大きくなったせいですかね、今日は皆の挨拶が揃っていませんでした。
寂しいなと思っているのは私だけでしょうね・・・

それでは(^_-)