下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

樋口卓也

有楽町 MARUNE

今日は「応援団異聞」の話です。 
IMG_7460

樋口卓也
最初にお詫びです。
早稲田ちゃんぽん太郎 で早稲田大学応援部代表委員70代主将森将貴さん(上部画像)を71代主将樋口卓也さん(下部画像)と間違えていたようでした・・・しかし似ていますよね?
森主将は日頃「応援とは信じることだ」といわれているそうですがたいしたものです。

新入社員の頃、明治大学馬術部卒の上司に連れられて、新宿は歌舞伎町にある、六大学体育会限定のBarに行っていました。
私は大学では体育会ではないのですが、同行者が六大学体育会であり、大学に入るまで剣道をやっていたこと、卒業大学が六大学であることから入店が許可されたのです。
このBar座る席が都度変わるのです、というのもこのBar席次が完璧に年功序列になっているのです。具体的には卒業年度がfirst screeningです。もし卒業年度が一緒ならその部の歴史が古いほうがsecond screeningです。よって新しい入店者が現れると、その都度この二点を確認し序列が決まると皆グラスを持って席を変えるのです。

入店者はほとんどがオジサンですので他愛もない思いで話で盛り上がるのですが、それは団体競技(バレー、バスケetc)出身者で個人競技(剣道、柔道etc)出身者は結構お酒がすすんでくるとそれなりに意趣返しみたいな話にもなるのですね。

このお店は何故か体育会限定なのに応援団は入店できないのです。
というのも運動というのは己の努力、鍛錬、精進で向上するもので、応援団の応援で向上するものではないというかなりselfishな論理で支配されているからです
お店の常連はいいのではないかという意見もあるのですが、原則駄目なのです。
もし入店が許されるならば、体育会扱いしないよ、という条件付です。

ある時、立教大学?の応援団の方が体育会の友人と酔っぱらって来店し、酔っぱらっている常連の方から“援団帰れ、ここはそういう店だ!”と上から目線で怒鳴ったものですから、揉み合いになったのです。
そうしたら長老格の方が、店で暴れるな、お店の人に迷惑がかかる!このままだとお互いわだかまりができるので、外で気のすむまま殴り合ってこい、といって突き放したのです。
10分位してからですか、この二人が肩を組んで、気が済んだ、今日はとことん飲もう、といいながら帰って来たのです。
すごいんですよ、二人とも顔じゅう血だらけで、服もズタズタです、
多分年の頃なら、50代後半です。
このお店の魔力なのでしょうか、皆学生時代に戻ってしまうのですね。
私は茫然としてこの顛末を見ていただけですが、本当に驚いたものです。
体育会出身者は酔うと熱い!

慶應応援指導部
最後に早稲田といえば慶應ですが、慶應の応援指導部(慶應は福澤先生の教えで応援団とは呼びません)に医学部の方がいたのです。
授業かなりきついのに、この鈴木悠史さんはたいしたものです。
六年間もやるのですね・・・

今日のお店は浅草「牛たんビストロ MARUNE 有楽町店 【旧店名 牛タンとテールねぎし MARUNE】」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-6-1
電話:03-6268-0707
定休日:無休

IMG_7521
お店の外観です。

IMG_7523
店内の雰囲気です。

IMG_7525

IMG_7526

IMG_7527
今日のオーダー「鶏グリルセット」@880です。
このランチには「ねぎし」さんお約束の、テールスープ、お新香、とろろ、押し麦ごはんがつきます。私はこのお店のお新香とくに辛し茄子が好きです。
味ですか、とても美味しいですね、鶏肉がほっこりしています。
後半はご飯にとろろをかけて食べます、これまた美味しいです。
ご飯のお代り自由ですのでドカンと食べたいときにはお奨めお店です。

それでは(^_-)

早稲田 ちゃんぽん太郎

今日は「年中行事」の話です。 
一年は早いもので少し前に“おめでとうございます”を言ったかと思えば、今日は一年収めの大晦(おおつごもり)です。
大晦(おおつごもり)のこの日、私は必ずしなければならないことがあるのです。
一つは初詣に備えて車のガソリンを満タンにしておくこと、二つは「東京洗車」で車に“手洗マニキュア洗車”をしてもらうこと、三つは穴八幡で「お札替」をすること、四つは馬場下の「てんや」で年越蕎麦用の天麩羅を買うこと、そして最後は「走り収め」となんとも忙しいのであります。

ということで面白くも何ともないのですが、今日一日をパチリでご紹介しますので宜しかったらお付き合いください。

IMG_7443

IMG_7470
新年の風物詩「初荷」のパチリです。
上のパチリは良く見るものですが、下のパチリはいかがなものでしょうか、売り物になるのかな~、と思わず心配してしまいました。まあ削って使うものだからいいのでしょうね?

IMG_7446

IMG_7445
穴八幡のパチリです。
今日年越のお参りをしに参拝の列に並んで待っていたのですが、前のオジイサン5分以上も拝んでいました。いくら穴八幡の神様もそれだけ色々なこと頼まれたら覚えきれないのではと思わず心配してしまいました、ハイ。

IMG_7471
「一陽来福」のお札の面々です。今年は奮発して「福財布(黄色の袋)」も買ってしまいました。穴八幡の禰宜(ねぎ)さんが“福財布の中に通帳を入れておきますとお金がたまりますよ”といわれました、来年は金満家に変身です(高笑)

IMG_7458
馬場下で年越蕎麦用の天麩羅をもとめ、お昼までにしばし時間があったので早稲田大学キャンパスに立ち寄りました。

IMG_7448
まずは「大隈重信像」です。早稲田大学創立50周年を記念して昭和7年10月に完成したものです。作者はご存じ朝倉文雄先生作です。谷中にある朝倉文雄先生の住居兼アトリエに作られた朝倉彫塑館でこの像をみましたもの。

IMG_7451
演劇博物館です、正式には早稲田大学坪内博士記念演劇博物館といいます。
昭和3年10月に坪内先生の古希と「シェークスピヤ全集」の完成を祝って建設されました。
建築の意匠はイギリスのエリザベス朝(16世紀後半)の様式で、シェイクスピア時代の劇場フォーチュン座を模したものです。

IMG_7460
早稲田大学応援部の新人勧誘ポスターです。「君の居場所が応援部ここにある」というなんとも応援部らしいベタなキャッチです。
真ん中で“いらっしゃい”と手を差し伸べている人は、節目の創部70周年、平成22年度早稲田大学応援部代表委員主将に選任された森将貴(もりまさたか)さんです。
だまされちゃいけませんよ、早稲田の新入生、応援団は楽じゃないです!
しょっちゅう走ってばかりいるし、毎日の練習はキツイですよ。
大学の同級生に応援団の友達がいましたが、授業中は疲れてほとんど寝ていましたネ、しかも彼は吹奏楽団所属だったのに・・・

今日の早稲田は寒かったのでした。
ということで暖をもとめて入ったお店は元祖焼麺「ちゃんぽん太郎ラーメン」さんです。

住所: 東京都新宿区西早稲田3-20-2
:03-5292-0366
定休日:年末年始

IMG_7462
お店の外観です。

IMG_7464
メニューです。

IMG_7467
調味料連です、これに生ニンニクが加わります。

IMG_7468

IMG_7469
本日のオーダー「並ちゃんぽん」@680です。
このお店「一風堂」を旗艦店とする、株式会社「力の源カンパニー」が経営するお店です。
トッピングはキャベツ、ニンジン、タマネギ、モヤシ、豚肉、イカです。
麺はもちもちの自家製麺です。
味ですか、美味しいじゃないですか~!
豚骨、ホタテスープはクリーミーでバリ美味です。
自家製麺はツルンとして喉越し最高です。
トッピングも美味しくいただけました。
しいていえば盛がすくないことでしょうか。
接客もキビキビしていて好感がもてました。
今年の食べ収めは合格合格合格合格合格で終わりました、メデタシ、メデタシ。

良いお年をお迎えください (^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ