下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

梅蘭

大泉学園 梅蘭

今日は「恥ずかしがり屋」です。
春の組織移動で席が変わりました。
これによってなな何と端から端まで150m程離れた自分の席まで歩かなければならなくなりました。
それにより挨拶をする人の数が幾何級数的に増えたのです。
実は挨拶が苦手です。
と言いましても挨拶は体育会上がりですのでキチンとできますが、永年身にしみてしまった体育会系のきちんとした挨拶を彼我、貴我間にすることが苦痛なのです。
結果的に数なくなった上役にするのも嫌ですが、目下の人間にもきちんと挨拶してしまう自分がとてつもなく嫌なのです。勿論入退室ドアは複数あるのでショートカットしようと思えばできるのですが、端から入るという永年の習慣を変えるのも嫌なのです。
多分ですよ、感じのよい挨拶ができる人は、社会人として、礼儀正しく謙虚で、思いやりに満ちた人柄を感じさせるという擦り込みがあるのでしょう。
決してそのような人間ではないので苦痛なのです。

結局、薬局、放送局で早く出社することにしました。
従来は始業15分前に来ていたのを45分前に変えたのです。
私は通勤電車内で勉強をするので約30分間待ってその駅からの始発電車に乗って座って行っていたのですが、それを30分待たずに即の電車に乗る様に変えたのです。
面白い事に最近はそのような環境でも立たずに座れるようになったのです。
理由は簡単です。
乗る電車を固定したからです。
そうしますと日本の会社員の多くはほぼほぼ同じ電車で通勤していることが分かったのです。
そのなかで途中下車する人のdata baseを作れば後はその人の前で立って待っているだけなのです。
ところが「男子家を出ずれば七人の敵あり」の故事のとおりライバルがいるのです。
したがいましてこうなると席取戦争なのです。
ちょっと将棋に考え方が似ています。
あの人間があの人の前に立っているなら、私はこの人かあの人の前に立てばいいのだけれど、はたしてどちらが先に下車しただろうかと考えながら、その一方で彼の人は会社人間ではなく一般人なので長時間は座ってないだろうからその人に賭けるか、とかとか色々な組合せが生まれてきます。
あまり策を弄しますと、降車駅まで立ち続けになることもあります。
このシミュレーション考察が楽しいのです。
多分大半の社会人はこのような事を毎日しているのでしょうね。

挨拶の効用はよく知っています。
静まり返っていたオフィスに闊達なあいさつが飛び交う。
仕事上のちょっとした貢献を、誰かが認め、感謝の言葉として言ってくれる。
それに対してきちんとした挨拶で返す。
そのようなことで感じるちょっとした感動の積み重ねが、日々のモチベーションを喚起し「明日も仕事を頑張ろう」という気持ちにさせてくれる、といのは分かっているのですが、恥ずかしいものは、恥ずかしいのです。
色々と挨拶が苦痛な理由を冗長に述べてきましたが懺悔します。
私は見た目とは反対に極度の「恥ずかしがり屋」なのです。

恥ずかしがり屋
「恥ずかしがり屋」の人はしばしば、自分の行動や返答を考えすぎてしまいます。
私の場合は、他の人にどう思われただろうかと、ひどい時には何かにとり憑かれたように自分の言動のすべてについて反省してばかりいました。何かおかしなことを言ってしまっただろうか、攻撃的な言葉を口にしていないだろうか、と今でも考えることがあります。
新しい取引先と会った後には、しばしば会っているときに言った小さなことさえもすべて思い返すことがあります。
そして、少しでも相手を困らせるようなこと、あるいは誤解されそうなことを言ってしまっていたら、と自分を責めるのです。要は「恥ずかしがり屋」ってナルシストなのでしょうね。
このような人間も世の中には存在するのです。

The only thing we have to fear is fear itself.
恐れなければいけない唯一のものは、恐れそれ自体である。
Franklin Roosevelt(フランクリン・ルーズベルト)


すごい呼吸だわん・・・



IMG_6805

IMG_6807

IMG_6808

IMG_6810
今日はアニメの街大泉学園に出没です。
今日のお店は、大泉学園駅の北側、以前は駐車場やバーミヤンがあったエリアが再開発でグランエミオになったテナントビル内にあります。
今日のお店は「梅蘭」 グランエミオ大泉学園店さんです。

住所: 東京都練馬区東大泉1-28-1 グランエミオ 3F
電話:03-6904-4931
定休日:無休

IMG_6812

IMG_6821
お店の外観です。

IMG_6814
メニューです。

今日のオーダー「五目炒飯」@820円です。

梅蘭やきそば
最初はこのお店の名物、炒めた豚肉、ニラ、もやし、玉葱に熱々の餡をかけ、その上に両面をカリカリに焼き上げた中華麺をのせて包んだ「梅蘭焼きそば」にしようかなと思ったのですがあまり良い思い出がなかったので中華料理の甲乙がわかる味のリトマス試験紙の「炒飯」にしたのです
ところで「梅蘭」さんお店だしすぎではないですかね。
同社のHPをみましたら14店舗もありました。
昔は中華街だけでしかありませんでしたので希少価値がありましたのに。

IMG_6817

IMG_6819 (0)
待つこと6分で「五目炒飯」の到着です。
見た目バスケットボールの半割りです。

IMG_6820
それでは実食です。
ご飯の炒めは良くされています。
しか〜し味がほとんどしません。
味の大半は油から醸しだされる匂い系の味わいです。
たまに巡り会うチャーシューでかろうじて塩分が補給されます。
これでは乾ききった砂漠で水を求めて彷徨する旅人であります。
余りのひどさに怒る気もしません。
ちょっとひどすぎますね。
ということで久々に最悪の味に出合ってしまいました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

渋谷 梅蘭

今日は「Splashな一日」の話です。
今日は珍しく単独行動dayです。
とある日の一日です、よろしかったらお付き合いください。

IMG_0943
今日は所属しているマラソンクラブの駅伝の応援で@鶴見に出向きました:D

IMG_0940 - コピー
パチリの選手は我がマラソンクラブで一番早い選手です。
彼がもしカンボジアに生まれていたら今年のロンドンオリンピックのマラソンにentryしていたでしょう。要は猫ひろしさんより早いと言いたかったのですが・・・
こんな彼でもこの駅伝の1走では11位でした。

法政 徳本
ちなみに1走の1位は元法政大学のエース徳本一善選手(箱根駅伝では法政カラーのオレンジに染め抜いた髪とオークリーのサングラスで有名)でした。
そんな超一流選手がこんなマイナーの駅伝レースにでるのですか・・・
ちなみに私はこの週、本当はロシアにいる息子に会いにいく予定でしたので選手メンバーから外してもらいましたが、仕事が忙しくてロシアにはいけず、結果応援しにきたのでした(悲)

IMG_0957
そのあと@原宿に移動して「NHKスタジオパーク」に出向きました。
実は前からここへ来たかったのですね。
ということでここから先は「NHKスタジオパーク」の見学です。

IMG_0958
スーパーハイビジョンです。
迫力ある臨場感。超高精密映像と立体音響を備えた次世代テレビを体験しました。
AKB48さんですか、こんなにじっくりと見たのは始めてですが、さすがにcenterの方々は踊りのキレが違いますネ・・・そんなことないのでしょうか?

IMG_0962
スタジオパークNEWSです。
ニュースの製作体験ができます。
これは面白いと椅子に座って待っていたら、予約制なのですネ。
ご丁重な扱いで退場を促されました。
下町っ子なので座った者勝ちだと思ったのです、嘘です。

ドラマライブラリーです。
IMG_0960

IMG_0961
「梅ちゃん先生」の自宅セットです。

IMG_0970
「梅ちゃん先生」のポスターです。

IMG_0971
「梅ちゃん先生」堀北真希さんの色紙です。

IMG_0973
「平清盛」松山ケンイチさんの色紙です。

IMG_0972
「平清盛」松山ケンイチさんの衣装です。

IMG_0975
この後原宿は@竹下通りに移動しました。
実は大学受験に失敗して一年間、代ゼミ原宿校に通っていたので、この@竹下通りは毎日通っていました。
しかし、その当時にあったお店は、唯一IVYルックの「ハラダ」さん だけでした。

harada
当時、VAN、JUNが高くて手が出なかった私は、この「ハラダ」さんで安くていかにもアメリカ人が着そうなボタンダウンを求めていたのでした。
久々なので「ハラダ」さんをのぞいてみたのですが、さすがにトラッドアイテムはおいてなかったものの、置かれてあったパンク、ロック系のwardrobeは、センスの良さを感じせられました。

IMG_0977

IMG_0976
そして@東郷神社に移動しました。
代ゼミ原宿校に通っていた頃、ここはよく昼食を食べた後に休憩をしていた場所です。
実は代ゼミ原宿校に通っていた頃、最初の私立文系模試で100番を取ったことから、運が悪くて浪人したんだと勝手に思い込んで慢心してしまい、その後の勉強が完璧に疎かになったのです。
慢心に気がついたのは枯葉舞い散る頃で、そこから思い切りアクセルを踏み込んだのですが、随分とシンドイ思いをして大学へ入ったものです。


今日は上記の流れで渋谷にまい戻りました。
今日は渋谷にきたら是非とも食べてみたい一品があったのです。
そのお店は、「梅欄(バイラン)」渋谷店さんです。

住所: 東京都渋谷区道玄坂2-9-10 松本ビル1F
電話:03-5489-0866
定休日:無休

IMG_0949
お店の外観です。

IMG_0950
店内の雰囲気です。

IMG_0951
メニューです。

本日のオーダー「梅蘭焼きそば」@900円です。
当初は「鶏肉入りカレー梅蘭やきそば」が食べたかったのですが、時遅しですでにmenuからはずされていました。
気を取り直して、迷ったと時は直球ということで、このお店のdefaultの「梅蘭焼きそば」をオーダーしたのです。
待つこと10分で着皿です

IMG_0953
見た目美麺です。
黄金色に焦げた麺が円盤状になっています。しかしてその実態は焼きそばのturnoverです。

IMG_0954
この「梅蘭焼きそば」はかなりTVで露出していますのでご存じの方は多いかと思います。
私はTVでこの「梅蘭焼きそば」をかなり見ていて、見ている限りでは焦げた麺を箸で割るとまさにsplash状態で中の餡が出てくる演出になっていたのですね。
それではその通りになるかどうか箸で割ってみましょう。
あれ、サクッと切れないじゃないですか、もう一度力を入れて切ってみると、中から豚肉、もやし、ニラを炒めた醤油ベースの餡がsplash状態ではなくベチャ子ちゃん状態で出現です。
さすがTV局のグルメ番組の演出はあざといですネ。

味ですか、麺は玉子でcoatingされていてとても美味しいです。
中の餡もたおやかな味で結構です。
でも三分の一を食べ終わった頃、この味に飽きてきました。
麺の油の香りが鼻につくのです。
Phaseを変えるかという事で酢をかけてみたら味がしまりした。
これでなんとか完食できました。
この「梅蘭焼きそば」は少し後半戦に難ありですか。
個人的には「話のネタ」料理だと思います。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ