今日は「ウェディングドレスはなぜ白いのか?」の話です。
ウェディングドレス
ウェディングドレスはなぜ白いのか?
結婚式で花嫁の着るウェディングドレスといえば白、純白である。
招待された側も白いドレスを着ていってはいけないというのは当然のマナーである。

さて、なぜ純白のドレスなのかというと『穢れのない清純・純潔』を連想する人が多いと思うが、出来ちゃった婚なども珍しくないこの時代にその理由はどうなのだろうか。

事の起こりは16世紀のイギリス、白いウェディングドレスを考案したのはとある服飾屋の店主。
「白は花嫁の純潔を表している」と大々的に宣伝したものの、「表現が露骨すぎる!」と評判は散々なもの。

加えてブチ切れたのは教会、「花嫁は純潔なのが当たり前だろ!そんな事強調するまでもない、いい加減にしろ!」とオカンムリ。(そもそも純白のドレスとヴェールの着用は、男性を知らない女性にしか許されていなかった)

このため白いウェディングドレスはまったく人気が出ずに消滅してしまったという。
そんな白いウェディングドレスが再び脚光を浴びたのは1800年代初めのパリ。
当時パリの社交界では白いドレスが大流行し、一転して白いドレスは庶民の憧れとなったわけだ。

パリの庶民層は「生涯一度(のはず)の結婚式の時ぐらい上流階級の女性と同じ白いドレスを着たい!」ということで白いウェディングドレスを着ることが大流行することに。
同時期にヴィクトリア女王の結婚衣裳にも採用された事もあって急速に広まっていき、それがそのまま世界的にも定着していったという事だ。

たしかに白を初めとする淡い色を基調にした色のイメージは『清純さ』なのだがウェディングドレスには+女性の『見栄』という意味合いもあるようだ。
ちなみに日本では白は元々死に装束の色だったが、これはまあ西洋かぶれとしか言い様がない(笑)
「【今日の雑学ねた】ウェディングドレスはなぜ白いのか?」より転載


阪急電車
私にとってウェディングドレスといえば、半年くらい前に映画(DVD)で観た「阪急電車」で中谷美紀さんが演じていたOLの祥子でしょう。
祥子はかわいがっていた後輩に婚約者を寝取られてしまった上に、その後輩から妊娠を告げられた婚約者は、祥子に別れ話を切り出してきたのです。想像しただけでつらいですよね。
そんな最悪の状況の中で、祥子は毅然とした態度で、ある条件を出したのです。
それは二人の結婚式への出席でした。
結婚式の当日、祥子は純白のウェディングドレスでこれ以上ないという最高の髪型、最高のアクセサリー、最高の化粧をして出席し、寝取った後輩を完膚なきまで顔色を失くさせたというのが大まかな粗筋です。

元婚約者の結婚式に、純白のドレスを着て“討ち入り”を果たす翔子を見ていたら、私は女性の怖さを感じました。
まぁ中谷美紀さんの素の様な演技もよかったのでしょうが。
感情のおもむくままの行動ができる女性はこのような事ができるのでしょうね・・・
男性は絶対にこのような感情に走った仕返しはしないでしょう。
感情に走る前に恥ずかしさが先だってしまうと思いますので。
そういう意味で、今でも思い出だすと戦慄してしまう映画でした。

阪急電車といえば神戸松陰高等学校の夏季の真っ白い制服 が思い出されます。
下町っ子なので神戸の女子高はよくしらないのですが、多分名のあるお嬢さん高校だと思っていました。
私はいつも彼女達を見る度に、清らかな心を持った女性に育ってほしいと願っていたのですが、ある程度の年になってくるとやはりこれは難しいのでしょうね・・・
勿論男性もですがね、ハイ。


IMG_3375

IMG_3376
今日は両国に出没です
この街って弁当屋さんは多いのですが、食べるところは少ないのです。
相撲部屋は多いのですがね、そうかお相撲さんは部屋でチャンコを食べるからか(笑)
ということで探して探してたどり着いた今日のお店は匠味「梁山泊」さんです。

住所: 東京都墨田区緑2-14-3
電話:03-3635-8220
定休日:日曜日

IMG_3377
お店の外観です。

IMG_3378
メニューです。

IMG_3379

IMG_3380
今日のオーダー「肉豆腐(国産豚)」@700円です。
待つこと11分で到着です。

見た目盛りだくさんですね。
それでは玉子をおもむろに割って軽めに溶いてからから実食です。

ウン、これは美味しいですね。
豚肉が甘いです。
お約束の熱々も充分に守られています。
白眉はサバとかサンマとか色々な魚で煮込んだしぐれ煮です。
これは程良く魚の脂がのっていてとてもイケます。

この内容で@700円ではよいコスパだと思います。
下町ならではのお店でした。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)