下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

根室花まる

銀座東急プラザ 根室花まる

今日は「サバイバルコミュニケーション」です
新年度になりどこの会社でも新入社員が配属されます。
私の部にも2名が配属されました。
私の会社ではイントラネットで配属前の新入社員の研修日誌を読むことができます。
上司、先輩、指導員達は毎日激励のコメントを入れています。
入社して如何許りの頃に、多くの人がその一挙手一投足を注視してくれるのはさぞかし嬉しい事かと思います。
rafting-444743_640
そのような新人に対して私は、彼等が身につける「サバイバルコミュニケーション」を作ってみました。
宜しかったらお付き合いください。

#経験から学ぶ
新入社員が入社して一番驚くのは多分仕事上での会話ができないという事だと思います。
それは偏に日本語のもつ不思議さにあります。
基本的に日本では、「目を見れば分かる」「阿吽の呼吸」など、一種の精神性に依存することが普通で、細かく説明すると、「やぼったい」とか、「空気が読めない」などと言われてしまいます。
これは日本語が低文脈文化の流れをうけていて、会話にすべての情報を入れなくても通じるからなのです。
さらに常識的なことは説明しないで会話が進行します。
今まで学生だった新入社員にはこれが大事件なのです。
世の中の常識は知っていても?仕事上の常識は知りませんし、加えて英語、ジャングリッシュ、専門用語、会社内での特殊用語が飛び交うのですから、分るわけがないのです。
従いましてこれにつきましては「経験から学ぶ」を励行してもらわなければなりません。

#レトリックが大事
会話の上で重要なのは相手との距離を適切に置くことです。
新人に多いのは一生懸命説明しようとするばかりに、例えて申せば、近い距離なのに思いっきり速い球を投げてしまうことです。
これでは良い会話は成立しません。
加えて申せば人間の記憶は曖昧です。従いまして、相手の印象を良くするには、論理の整合性、まぁこれが一番重要なのですが、それと共にレトリックが必要なのです。
例えば取引先の極めて自己韜晦(本心を隠して決して表に出さない)の強い人とのネゴになったら、間違っても、嘘をつくな、など言ってはいけません。
そういう場合は、お互いに正直にやりましょう、と言えば、言っている事は同じでも穏当な印象を相手に与えます。

#丁寧語が大事
相手との距離感は話し方を含めて会話全体の中で測ります。
分かりやすく申しますと、相手が距離感を感じるのは敬語です。
尊敬語や謙譲語の使い方など難しく考える必要はありません。
現代の日本社会はボーダーレス化しています。
従いまして、謙譲語や尊敬語が使い分けられなくても丁寧語さえ使えればそれで良いのです。
正直、私も謙譲語や尊敬語を正しく駆使できているかと申せば否です。
バターがマーガリンに変わったように謙譲語や尊敬語が丁寧語に変わり始めているのです。
ここは押さえておきましょう。

#日本語を正確に話す
英語は必要且つ重要です。
当社でもTOEICである程度のスコアに達していなければ管理職になれませんが、TOEICみたいなガラパゴス判定は近い将来なくなります。
昨今、私の会社でも帰国子女を代表として流暢な英語を話す新人が増えていますが、そもそも日本語がきちんとできるからこそ英語は付加価値になるのです。
仮に日本人でどんなに英語がうまくても、自国を知らず、自国語を知らない人間は、国際的にみて軽蔑の対象であっても、尊敬の対象にはなりえません。
よく英語ができれば国際人である、という事を言われていますが、大切なのは英会話力の優劣はなく、絶対的に内容なのであります。
これは、片言の英語で話しても尊敬されている日本人はごまんとおり、英語を得意とする英米人の中でも国際人はわずかという事でも自明であります。
要は中途半端な英語よりも、正確な日本語を正しい距離感で話せる事こそ、これからのグローバリゼーションを生き残る秘訣です。


プレイバック、プレイバック♪



今日はザギンに出没です。
IMG_3068

IMG_3044
銀座最大級の大型商業施設「東急プラザ銀座」が、2016年3月31日(木)にオープンしましたので早速行って参りました。建物の外観デザインは、「光の器」という建築コンセプトのもと、伝統工芸である「江戸切子」がモチーフだそうです。多様な文化や人・モノ・コトを受け入れ、新しい情報や文化を発信する「器」となろうという想いが込められているそうですよ。

水と緑をテーマにしたオープンテラス「KIRIKO TERRACE」です。
IMG_3047

IMG_3046

IMG_3045

館内の雰囲気です。
IMG_3049

IMG_3067

IMG_3066

折角来たのでレートランチをいただきました。
今日のお店は回転寿司「根室花まる」さんです。

住所: 東京都中央区銀座5-2-1東急プラザ銀座10F
電話:03-6264-5735
休日:無休

IMG_3051
お店の外観です。

IMG_3053

IMG_3057
店内の雰囲気です。

IMG_3052

IMG_3055
メニューです。

このお店、昔は道内だけだったので希少価値があったのですが、ちょっと出店しすぎですよね。
という事で東京では初体験であります。

今日のオーダー

まずは「炙りさば」@280円です。
IMG_3060
さば好きなのでいの一番で頼みました。
うん、これは鯖の鯵が違うか味が深いですね。
炙る事でまろやかになっています。
端から満足な一皿した。

そして「根室のさんま」@205円です。
IMG_3058
これは良く脂がのっています。
で〜も北海道ではこの脂ののりは普通です。
ちょっとクレームっぽいコメントみたいですが普通に美味しいです。


そして「サーモン」@205円です。
IMG_3059
これはちょっとガッカリポンです。
もう少し甘さが欲しかったですね。
普通以下のサーモンです。

そして「いかげそ握り」@140円です。
IMG_3062
これげそがコリコリしていて美味しいです。
ちょっと値段が安かったので軽く見ていました。
これはマジにビックリポンです。

締めは「たらこ」@205円です。
IMG_3063
味がはっきりとして美味しいです。
もしかしたら虎杖浜(たらこの名産地)のたらこでしょうか。
実はたらこ好きです。
とても満足な締めの一品でした。

番外編ですがここのガリ美味しいですね。
IMG_3061
ちょっと味はきついのですが、ガリとはこのようなものであると体現したものです。
すんごく美味しかったです。
所謂一つの「白眉」であります。

という事で締めて1,035円のレートランチでした。
コスパ良しでした。
プチ満足で銀座を後にしました。

それでは(^_-)

南郷通り 根室花まる

今日は「My wife meets up again with her old friends. Part tree」の話です。
前回の続きです
今日の午前中は二つ予定があります。
一つはサッポロファクトリーの西館とレンガ館とをつなぐ地下道(やじうまトンネル)に収めた木製プレートの確認と二つは昔住んでいた厚別区は大谷地にあった住居及びその近辺を確認することです。

IMG_2808

IMG_2809
朝食前にぶらぶらサッポロファクトリーまで散歩です。
まずはJR札幌南口に表れました。南口には大丸札幌店や札幌ステラプレイスなどを擁する駅ビル「JRタワー」がそびえ立っています。

IMG_2810
JR札幌南口から大通方面の画像です。

IMG_2815

IMG_2816
札幌時計台です。
周囲をビルに囲まれており、その景観から「日本三大がっかりスポット」と称されていますが、できれば中に入って展示室で時計台の歴史を見てほしいものです。
私がいたこころは時計そのものの機構も見られたし、よくよく見ていいただければ、がっかりすることはないと思うのですがね。
そうそう私のランチスポットである時計台の前にあるロイヤルホストがなくなっていたのには驚きました。
結構お客も入っていた人気店でしたのにね。

IMG_2819
IMG_2828

IMG_2821
20分位歩くとサッポロファクトリーに到着です。
私が住んでいた頃、サッポロファクトリーはあまり人気がなかったのですが今ではどうなのでしょうか。

IMG_2822

IMG_2823
さっそくやじうまトンネルに入りました。
以外に時間をかけずに私と長男が作成しました木製プレートを発見しました。
実は今日の今日まで貼ってある場所を覚えていたのです・・・

IMG_2827
私のコメント「ビールがうまいと巨人が負ける」ですが、確かその当時は巨人が弱かったのです。従って「ビールがうまいと巨人も強い」とは書けず、さりとて「ビールがまずいと巨人も負ける」とも書けず、苦肉の策としてサッポロビールはいつも美味いのですよとサッポロビールさんへのヨイショで「ビールがうまくても巨人が負ける」とするところをひねって「ビールがうまいと巨人が負ける」としたのです。

IMG_2824
長男作はドラえもんとプヨプヨだと思います。

IMG_2826
SMAPの香取 慎吾さんもベタな木製プレートを作っていたのですね、知りませんでした。
1992年9月20日作成ですから、20年物の穴です。

IMG_2831
ご存じ札幌を東西に分断している創成川です。

IMG_2832

IMG_2844

IMG_2836

IMG_2837

IMG_2833

IMG_2834
その後道庁に立ち寄りました。
相変わらず綺麗な建物ですね。

IMG_2843
北海道新幹線が通るようです、新青森駅から札幌駅まで約360kmです。
一体誰が乗るのでしょうか?

IMG_2811

IMG_2845

IMG_2846

IMG_2847

IMG_2848

IMG_2849
札幌グランドホテルです。
ここで一押しはBIGJUGのラーメンサラダです。
これはお勧めの一品です。

IMG_2852
東西線に乗って大通りから大谷地です。
札幌の地下鉄って運賃が高いのですよね。何ていったって初乗り@200円ですもの。
大通りから大谷地まで約20分かかります。

IMG_2855
私の住んでいたマンションです。

IMG_2856
町並がすっかり変わっていました。
当時、高層マンションは私のマンションだけだったのですが今や4棟も林立しています。
今でも覚えていますが、家賃が当時140,000円でした。
本人は東京感覚で安いと思って、すすきのお姉さま方に話したところ、なんでそんな遠隔地(通勤時間Door2Doorで約30分の場所)の高級マンションを借りるのだと、言われました。当時の札幌での転勤族の通勤時間は15分が目安だったのです。
さらに、駐車場はロードヒーティング、地下には布団乾燥機、リビングにはエアコンがついている、と付け加えると、完璧に経済感覚が欠如している人間として扱われてしまいました。

IMG_2858

IMG_2859

IMG_2857

IMG_2860

IMG_2861

IMG_2862

IMG_2863

IMG_2864
私のマラソンの練習コースです。
昔は「サイクリングロード」と呼ばれていたのですが、いまでは「陽だまりロード」と換骨奪胎されていました。
根雪になるまでこの道を毎月200kmは走っていました。

今日のお店は「根室花まる」南郷店さんです。
道産子の高い支持をうけていますがはたしてその味はいかがでしょうか。

住所: 北海道札幌市白石区南郷通19丁目南8-2
電話:011-868-0870
定休日:無休

IMG_2865
お店の外観です。

IMG_2866
店内の雰囲気です。

IMG_2867
メニューです。

それでは実食です。

IMG_2877

IMG_2869
「生さんま」@189円です。
全く臭みがありません。これはすごいですね。
脂ののりも嫌みがなく、思わずうなってしまった一皿です。

IMG_2870
「ずわいがに」@231円です。
すこし鮮度が落ちますかね。
美味しいエキスが口内にあまりひろがりませんでした。

IMG_2871
「サーモン」@136円です。
これは安いですね。脂ののりが今一つですか、少し残念です。

IMG_2885

IMG_2872
「サーモンの中おち」@136円です。
これは安いですね。少しもさもさしています、甘みもそれほど感じられませんでした。

IMG_2878

IMG_2879
「活たこ」@189です。
少し水っぽいですか、今一つですね。

IMG_2880

IMG_2882
「めふん」@189円です。
これはシャリには合いません。相方は日本酒でしょう。

IMG_2875

IMG_2874
「生ほっきのひも」@189円です。
ウン、これは磯の香りがしておいしいですね。
貝は大好物です。

IMG_2881
「いくら」@231円です。
こういうのを北海道でだしてはイケません。
いわゆる東京の回転寿司ででてくるのと同じものです。

IMG_2884
「かずのこ」@271円です。
これは「かずのこ」ですね、もう少し味わいが深くないといけません。

読み返してみますとあまり感動していません。
たしかに値段は安いのですが、個人的には多少高くても納得の美味しさの寿司の方がすきです。
私は、東京ソラマチの「トリトン」の方をおおいに支持いたします。

To be continued!

それでは(^_-)

東京ソラマチ トリトン

今日は「My son’s homecoming 」の話です。
IMG_1493

IMG_1494

IMG_1495
ウズベキスタンに留学していた次男が帰国しました。
仕事多忙ではありますが、さすがに会社を休んで家族一同で出迎えに行ってまいりました。
私の携帯電話は取引先からの電話がひっきりなしに鳴り響き、折角の休日ではありますが、その為にあまり休日らしさは味わえませんでした・・・こんなもんでしょう(笑)

次男は当地の食料事情が良くなかったのか72kgあった体重が63kgと激ヤセしており、私と奥様は驚きを禁じ得ませんでしたが、本人は長い時間軸の中でジワジワと痩せていったのであまり気にもとめていませんでした。
留学の第一目的のロシア語習得はそれなりのliteracy levelに達したようで、親としては一安心です。
現地の方にご迷惑をかけることもなく、健康を損なうこともなく、元気な体で帰国できたことに、次男の大学関係者、ウズベキスタン大学関係者、友人、親戚、姻戚の方々にこの場を借りまして深甚より御礼申し上げるところであります。
無事に帰国できました。本当にお世話になりました。

成田空港の後、菩提寺に出向き亡き両親に次男の帰朝報告をしました。
そして次男は久々の日本食の会遇です。
私はどこにしようかなとしばし考えたのですが、日本食なら「お寿司」でしょうということで、菩提寺から一番近い東京ソラマチに足を運んだのです。

IMG_1497

IMG_1498

IMG_1534
本日の東京スカイツリーの威容です。

IMG_1544

IMG_1545

IMG_1546
東京スカイツリーイーストタワー31階からの眺望です。

IMG_1500
「六厘舎 TOKYO」さんの行列です。
「行列してでも食べたい」と瞬く間に口コミで広がり、人気に火が付いた話題のつけ麺のお店です。多分東京ソラマチの中では最高の行列店でしょう。
ちなみに今日は金曜日で午前中は嵐だったのにもかかわらず、待ち時間は目の子で90分です。

北海道において味はさすがに高級回転寿司「根室花まる」に譲るとしても、今日のお店はコスパでは北海道断トツだと我が家族は信じている、回転ずし「トリトン」さんです。
我が家族何と15年ぶりに訪れます。

住所: 東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ6F
電話:03-5637-7716
休日:無休

IMG_1499
さすが人気店です。
超行列です、すごいですね。
目の子で60分とふんだのですが48分で席に着くことができました。

IMG_1501
お店の外観です。

IMG_1504

IMG_1532
店内の雰囲気です。
寿司職人5人の内4人は地元北海道からの単身赴任のようです、なまらゆるくないべさ
しかし上段の画像のこの人のネタ紹介はとても声高らかに行わるので、唾液がかなり飛沫していると思われます。不衛生ですよね。
誰も彼の気合の入った惹句でネタ選びが行われるとはあまり思えず、寿司職人は衛生によくよく配慮して美味しい寿司を握ることに一意専心すべきと思うのですがね・・・

IMG_1515

IMG_1505

IMG_1506

IMG_1507

IMG_1508
メニューです。

それでは力技ですが一挙にネタ紹介です。
★★★数は私の家族の独断と偏見の味の評価です。
値段は一応Wチエックしていますが、あまりに膨大の注文画像から絞り込んでのアップですので錯誤もあると思われます。つきましては正確の値段はお店で再確認ください。

IMG_1509
えんがわ(かれい)★★@157

IMG_1510
サーモン★★@189

IMG_1512
まぐろ★★@189

IMG_1511
中トロ★★★@430・・・これはスゴイ

IMG_1513
炙りエンガワ★★★@236・・・これは甘い

IMG_1514
数の子@330

IMG_1516
穴子★★★@278・・・大好物

IMG_1517
厚切りさんま★★@157

IMG_1518
ぼたんえび★★★@560・・・プリプリ

IMG_1519
自家製シメサバ@189

IMG_1520
はまち★★@278

IMG_1521
エビアボガド軍艦★★@189

IMG_1522
北貝道の三種類(ほてて、ほっき、つぶ)★★★@560・・・貝大好物

IMG_1525
爆弾軍艦★★@189

IMG_1527
★★@236

IMG_1528
たらばがに★★★@660・・・極楽極楽

IMG_1531
お勘定は皿の裏面に埋め込まれたRFIDをSCANするだけですので、数秒で会計が終了します、ハイ。

やはりこのお店はスゴイです合格合格合格合格合格

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ