下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

松風

浅草 D's diner

今日は「松風考」の話です。
浅草の有名居酒屋「松風」さんが2009年3月に70年の歴史を閉じました。
このお店に私は何歳の頃から行っているのでしょうか、もしかしたら生まれる前(母親の胎内)から行っていたのかもしれません。というのは私の父がこのお店が大好きだったからです。当時は夫婦でいっていたのだと思いますが、母親はあまりお酒が好きではなかったのでそれはないかもしれませんね…
いずれにしても物心ついた頃から父親についていき、脇でじっとジュースを飲んでいた記憶があります。
幼少の頃の私はこのお店が好きでした。というのも私の父は意地汚いお酒飲みだったのですが、このお店ではお酒が三本しか飲めなくいつも早く切り上げたからです。
しかしそんな父の酔態を見ながら成長したので、大人になったら絶対にお酒は飲むまいと決めていたのですが、既に中学二年生から飲み始めていたのは恥ずかしい限りです。

このお店Local rule(特殊約束)が多いのです、確か「酔客禁止」、「知らない人への献杯の禁止」「お酒は一人三本まで」がありました。記憶を遡れば、お酒は3本、ビールは3本だったはずです。もともと吉原(遊郭)にいく客が景気づけに立ち寄ったので、酒は売るが、量は売らないということですが、これはコジツケですね。上述の飲兵衛の父が、昔はタンと飲めたのにな、とよく言っていましたので、客の回転率をあげる為でしょう。

長じて大学生の頃から、松風へ再訪し始めました。
このお店は燗がつくたびにお燗番さんの「ます〜み(日本酒「真澄」のこと)〜、三番さ〜ん」「あ〜い〜」の甲高い抑揚のある呼び声がこだまします。私はこの節回しが三代目「三遊亭金馬」の落語「居酒屋」にでてくる小僧さんの声に似ているので、お可笑しくいつもこの声がこだます度に笑いをこらえていました。

それにしても上述のLocal rule(特殊約束)の中の数量制限は全く忌々(いまいま)しいものでした。
とぼけて多めに頼むのですが、店員さんに気づかれ、絶対にだしてもらえませんでした。よくやったのが友人と飲みに行く時、一人を15分ほど散歩させてから店に戻らせて、今来た客だからといって数量を嵩(かさ)上げさせていました。
さらにあまり飲めない女性達を多く連れて行き、数量を嵩(かさ)上げして飲んだ記憶がありますが、結局そこまでしてまで飲む必要がないことに気がつき、その後足が遠のきました。

世の中には奇特な方がおられて、松風のアテをパチリしていたので紹介します。
D's diner1
「おじゃこの佃煮」と「昆布の紫蘇」です。この店はこのアテから始まります。これは「松風」さんでのお約束です…
D's diner2
「湯豆腐」です。「湯豆腐」といえば「湯豆腐」なのです。これ以上なくこれ以下でもありません・・・不思議なアテです(笑)
D's diner3
「湯葉」と「マグロのヌタ」です。湯葉は山葵で、ヌタは隠れていますが若布の下には青柳が偲んでいるとのことです・・・忘れていました。これは美味しかったですね。
D's diner4
「おでん」と「塩辛」です。「塩辛」は柚子の香りがきいていていけます、日本酒がすすみます。おでんは確か最後のほうにでてきた記憶があります、そうこれがでてきたら「お積(つも)り」なのです。
上記画像は「KISHO director's blog」さんblogより転載

ということで今日のお店は浅草「浅草ビアホール D's diner」の暖簾をくぐりました。
要はフリネタの「松風」さんに居抜きで入ったお店です。

住所: 東京都台東区浅草1-15-6 1F
:03-5806-5566
定休日:月曜日

D's diner5
お店の外観です。

D's diner6
店内の雰囲気です。このお店「ダイマス」さんの浅草での三軒目のお店です。ということで期待して入ったのですが、駄目ですこのお店、まずストールが坐りにくい…長時間滞在させない為ですか。お店がガチャガチャして喧騒と紫煙のトルネードです。
なにか食べようかと思いメニューをみるとhotchpotch(ごちゃ混ぜ)です。
スペアリブ、ハンバーガー、うどん、餡蜜…なんだこれは、耐えられない、耐えることはできません、というこでスーパードライの中ジョッキ一杯を急速に胃に流し込み、這う這うの体で立ち去りました。
こんな日もあります…

それでは(^_-)

浅草 リターンズ

新選組が第三次ブームだそうです。
大阪単身赴任時代に新選組関連の史跡をかなり巡ったのですが私の記憶に少し齟齬があったようでした。
もう一度初心に帰るために再度新選組入門書である子母沢寛先生の新選組「始末記」「違聞」「物語」の三部作を近隣の図書館で借出予約をしました。
最近は「壬生義士伝」影響で島原(京都の遊郭跡)にも一日千人も観光客が来るようですね。
私は「輪違屋(わちがいや)」さんは行ったのですが、「角屋(すみや)」さんには行けなかったので再訪願望強しなのです。
島原 輪違屋
島原輪違屋さんです。創業元禄元年(1688年)、昭和59年(昭和59年)には京都市の文化財となりました。
何と中にはバーがあるのですよ(有名か


今日お取引様から、19:00に浅草 松風で反省会をやるからとのお声係りがあり、一日中明日の打合せの英文プレゼンを作っていた私としては、「ワンワン」と喰いついたのでした。
ところが「松風」は閉店間近な為一般客は入れてくれず(友の会会員のみ)他の店に反省会は流れたのでした。
しかしその断り方があまりにも木で鼻を括ったような居丈高であり、このお店一体何様なのと思いました(怒)

ということで今日はグルメネタありません。
パチリ主体です。
最初は浅草B級居酒屋の著名店「ニュー浅草」です。
取立て特筆する事もないのですが、やはりコストパフォーマンスはよいですね。
それとキャラクターアイコンの巨大提灯でしょうか。



その後締めは田原町「香港楼」です。
住所::  東京都台東区1-6-7
TEL:03-5828-0998
定休:無休

ここは何度来ても裏切りません。
安定感抜群でした。


カシューナッツと鶏肉の炒めです。鶏肉のトロミがタマリマセンです。


四川風辛酸とろみスープです。この酸っぱ辛さヤミツキになります。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ