下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

東大生は馬鹿になったか

赤城 みやざき

今日は「大学生の馬鹿化」の話です。
東大生
アメリカはそれがうまくいっています。アメリカの国力の源泉もそこにあります。現代における国力は知力の総和をもって測ることができるといっても過言ではないほど、現代は知力の時代です。
 
かつては、アメリカの知力水準が問題にされるとき、アメリカには突出した個人は沢山いるけれど、全体的水準は日本のほうが高いとよくいわれましたが、今では(実は昔から)そうではありません。高校まではともかく、大学になったら、アメリカのほうが上です。日本では、大学に入るまでは熱心に勉強するけれど大学に入ると遊んでしまう学生が多いのに対して、アメリカの大学は学生をきびしく教育し、じゃんじゃん本を読ませ、遊んでいる学生は容赦なく落とすから、ここで完全に逆転してしまうのです。アメリカの大学は先に述べたように、学生を幅広いリベラル・アーツ教育で四年間しごきます。そして、大学進学率はほとんど50パーセントですから、それに上る知力の総和のレペルアップは大変なものです。

日本でも大学進学率は45パーセントをこえていますが、大学に入ってからの教育水準が低いから、知力の総和はグンと低くなる。アメリカとは大差がついています。どれほどちがうかは、本屋に行くとすぐわかります。アメリカでは、結構知的水準が高い本がベストセラー入りするのに、日本でベストセラーになるのは、ほとんどがタレント本程度の知的水準が低い愚劣としかいいようがない本です。TVはバカ番組のオンパレードだし、雑誌で圧倒的に売れているのはマンガ雑誌だし、日本の知的国力はもう取り返しがつかないほど下がっているといってよいでしょう。

問題がとりわけ深刻なのは、科学技術に関する社会一般の知識水準がどうしようもなく低下していることです。サイエンス系の本でベストセラー入りする本がほとんどないのはもとより、科学雑誌が日本では壊滅状態にあります。

その代わり日本では、科学的常識がちょっとあるんだったら絶対に手を出すはずがないバカげた本が売れたり、そういう言説をまきちらす雑誌の記事やTV番組に人気が集まって、似たようなものがとっかえひっかえ繰り返し市場に出てくる。

これが本当に大学進学率が45パーセントもある国なんだろうかと思います。大学でリベラル・アーツ教育がちゃんと行われていたら、そしてかつてそうであったように、その三分の一は自然科学系ということになっていたら、これほど、サイエンス系の一般の知識水準が低下するわけはないのです。

【中略】

このままいくと、日本は有名無実のとんでもない高学歴国家になります。いま現在の大学進学率47パーセントという数字は、アメリカ、ヨーロッパの大学進学率に近い、あるいはそれを抜く数字になっています(文部省調べによると、アメリカ66.2パーセーント、イギリス56.4パーセント、フランス38.0パーセント、ドイツ32.7パーセーント)。しかし、大学進学率と大学卒業率はちがうんです。アメリカでも、ヨーロッパでも、学生を容赦なく落第させます。アメリカなどですと、卒業できるのは、入学者の二割程度です。ヨーロッパの場合は、国によってかなりちがいますが、やはりバタバタ落されます。ドイツでは約30パーセーントが卒業できないし、イタリアでは実に64パーセーントが卒業できません。

ところが日本では、トコロテン大学といわれるように、ほとんど卒業させてしまうんですね。卒業するに足る学力があることをちゃんとテストして卒業させるわけではなく、単なる温情主義(「落第させるのは気の毒」など)で、入ったものをほとんど卒業させて
やっている。世界にこんな国は他にないので、OECDの資料で、日本の大学の非卒業者発生率は「世界で最低」と特筆されています。しかし、これは別に自慢になる話ではなく、できない学生もどんどん卒業させてしまうからそういう数字になってるだけで、それによってもたらされる卒業生の質の低下を考えたら、むしろ日本の恥といっていいのです。
「東大生は馬鹿になったか」立花隆著より転載

大学生の“馬鹿化”ですか。
卒業が楽な日本の大学ではしょうがないのでしょう。
たまにカナダ人とかイギリス人とかの若い人と話をしますが、彼等は本当に色々な事を深く、広く知っていますネ。
感心します。
真の大学卒の名に恥ずかしくないように思えました。

最近の若い社員は教養がないので当惑することがあります。
先日、若い社員に「とうとう▲▲(とあるメーカー名)もルビコン川をわたったよ」と話をしましたら、妙に話がかみ合いませんでした。
よくよく聞いてみたら、彼はこの「ルビコン川を渡る」という故事即ち「後戻りできない決定的状況に至る」ということを知らなかったのですね。
さらにその後でナポレオンの話をしたらまたまた話しがかみ合いませんでした。
今度はナポレオンのことを酒の名前だと思って話をしていたという嘘のような本当の話です。
彼曰く、高校の時に世界史を取ってなかったので知っている訳がありませんよ、と開きなおっていましたが、こういうのを立花先生を言わしめて“馬鹿化の実態”というのでしょうね。

かくいう私も偉そうなことはいえません。
大学の時は入学した時点から勉強は一生懸命しませんでした。
卒業したら漠然と家業を継ぐのだろうなと思っていたので、なんとなくモラトリアム人間となっていたのです。
したがいまして勉学ではなく遊学の方に傾斜していました。
さら〜に私の大学では学生はあまり勉強しませんでしたね。
最後は親のコネで一流会社に入るのがsmartとされていたので、学生のlevelは「推して知るべしで」した。
違うかな、多分違うような気もします・・・


日本ではリストカッターのCMが放送されてるのか!?
外国人「・・・呆然」
ちなみにこのCMは映画『東京残酷警察』の劇中CMとして流されたものだそうです。



IMG_4715

IMG_4716
今日は赤城に出没です。
この街はなぜか蕎麦屋さんが多いのです。
ということでお昼はお蕎麦ときめました。
しか〜しどこのお店が美味しいのかわかりません。
そこで打合せに出向いた時に乗ったtaxiの運転手さんに赤城でどこが一番美味しいお蕎麦屋さんなのかを確認しました。ということで今日のお店は「沼田屋タクシー」さん一押しのお蕎麦屋さん「みやざき」さんです。

住所: 群馬県みどり市大間々町大間々1501-2
電話:0277-72-1420
定休日:水曜日

IMG_4708
お店の外観です。

IMG_4711
店内の雰囲気です。

IMG_4710
メニューです。

IMG_4712
今日のオーダー「天ざるそば(蕎麦盛二枚)」@1,000円です。
待つこと8分で到着です。
見た目涼感があふれるお蕎麦です。

IMG_4714
それでは実食です。
蕎麦は美味しいですね。
香りも強いし、コシも充分にあります。
付け汁は想像以上に鰹節系の出汁が利いて美味しいです。
これはかなりのlevelですね。

IMG_4713
天麩羅は画像の通り海老、鱚、茄子、ピーマン、薩摩芋です。
しか〜し油切れが今一つでカラリ感が足りません。
それと熱々でないのが評価を下げています。
この時の客は私入れて4人でしたので油場の人は充分に天麩羅の温度管理ができたはずなのに、この結果には手抜きというか気配り不足を感じました。
で〜も充分に@1,000円の価値はありましたので、初赤城の昼餉は満足な昼餉でした、ハイ。

それでは(^_-)

東陽町 メッツハンバーグアンドコーヒー

今日は「少年法考」の話です。
吉祥寺
「遊ぶ金が欲しかった」「1人で歩いている女性を狙った。背後からいきなり強く刺した」

東京・吉祥寺の路上でアルバイトの山田亜理沙さん(22)が殺害された事件。強盗殺人容疑で逮捕されたルーマニア国籍の少年(17)と日本人の少年(18)は淡々とした様子で、動機や殺害の状況を捜査員に語っているという。反省や謝罪の言葉はまだ口にしていない。

「2人は殺害直後、山田さんから奪ったキャッシュカードで現金を引き出そうとしましたが失敗、そのまま近くの飲食店に行き、男性客の財布を盗んだ疑いがもたれている。さらに日本人の少年は、幻覚作用のある脱法ハーブをたびたび吸引していた疑いも浮上。捜査本部が血液検査などを進めています」(警視庁関係者)

まだ余罪がありそうだが、2人は少年とはいえ凶悪な殺人事件を起こした以上、公の裁判員裁判で裁かれる。2001年に少年法が改正され、厳罰化の流れも出ているが、今後、求刑や判決はどうなっていくのか。

「報道を見る限りですが、2人は前日に包丁2本を購入するなど計画的。社会に与えた影響も大きい。ただ余罪はあっても、被害者が1人ということを踏まえると、検察は『死刑』ではなく『無期懲役』を求刑するのではないか。裁判官は『無期懲役』か『懲役10〜15年』の選択をするわけですが、減刑するには理由が乏しく、判決は『無期』となる可能性が高い」(刑事裁判に詳しい服部梢弁護士)

お決まりの「被害者が1人だから無期」との流れになりそうだが、仮にそうなった場合、2人は何年ぐらいで社会に出てくるのか。

「最近は仮出所まで25年、30年という長期間がほとんど。35年という人もいます。ただ2人は18歳、17歳と若い。この点はかなり考慮されるでしょう。服役態度が良く、身元引受人もいれば、20年以下で仮出所ということもあり得ます」(元刑務官の坂本敏夫氏)

これはちょっと恐ろしい。
2013年3月6日「日刊ゲンダイ」より転載

少年法が大問題になっています。
18歳の殺人犯と20歳の殺人犯の何が違うのでしょうか?
大切な人を失った家族や友人にしてみれば、犯人が何歳だって何ら変わりは無いと思います。

犯罪者のプライバシーばかり守られ、被害者の情報は平気で垂れ流しされております。
許しがたい犯罪を行った加害者のプライバシーを厳重に守り、何の落ち度もない被害者のプライバシーをさらけだすことに、社会的意義があるとのたまう今のメディアは、ネットや携帯電話など情報伝達技術が劇的に変わった、今の時代状況をまったく理解していません。おそらく自分たちの役割を勘違いしているのでしょう。
言い換えれば急変する環境についていけなかった恐竜の様なものです。
被害者実名や顔写真こそ、のぞきみ趣味の二次被害を広げないためにも、厳重に吟味し、取扱い、犯罪行為を行ったことが間違えのない犯罪者こそ、実名報道、顔写真掲載するべきだと思います。
日本はまず、もっと被害者や被害者家族の側に立つようにしなくてはいけないと思います。

殺害した少年達は最低・最悪です。
全く以て同情不要です。しかし、そこに至った理由は何なのでしょう。
多分少年法を悪用しているのでしょうね。
背景は必ずあります。劣悪な家庭環境が見え隠れします。
那辺にもメスを入れ、策を講じておかなければなりません。

上述のフリネタの通り今回の少年達も早ければ後20年で世にでてくるわけです。
真に更生しているどうかは余人を持って分かる術はありません。
例えば海外では性犯罪者は社会復帰をしても再犯の可能性がありますので、その復帰情報を公開しています。
そこまで踏み込むかどうかを踏まえて少年法は喫緊に見直すべきです。
遠い将来、貴方の隣に引っ越してきた人がこの少年でも平気ですか・・・


地球を見直しましょう。



IMG_4643
今日は東陽町に出没です。
お昼を食べようとお店を探していたら赤と白の派手派手な看板が出現しました。
どうやらone coin Hamburg steak屋さんのようです。
入ってみましょう。
ということで今日のお店は「メッツハンバーグアンドコーヒー 」江東区役所前店さんです。

住所: 東京都江東区東陽5-32-16 1F
電話:03-3615-5075
休日:年中無休

IMG_4645
お店の外観です。

IMG_4651
店内の雰囲気です。

IMG_4646

IMG_4647
メニューです。

今日のオーダー「テリマヨチーズハンバーグ」@500円です。
このお店は2012年11月22日という何故か1と2で構成された日にopenしました。
店内の厨房はハンバーグ調理担当の店長とスパゲッティー等の炒め物担当のオジと役割不明のオジとの三人体制プラ〜スホールには昔少女だった女性との4名でのoperationです。

IMG_4650
待つこと90秒で到着です、早い!
早いはずです、調理を簡単に説明しましょう。
まずコンロに火を入れてフライパンを熱します。そして即座にフライドポテトをフライパンにのせ熱します、若干の時間差攻撃で茹で上げてあるハンバーグとコーンを投入します。
さらにそのハンバーグの上に出来合いのソースをかけ回してさらに熱して完了です。
なんと省時間調理なのでせう。

IMG_4648

IMG_4649
それでは実食です。
マヨネーズのストライプが食欲をそそります。
ウン、これはイケます。
すんごく美味し〜いというわけではありませんが好きな味です。
特に妙に甘辛いソースは好みな味です。
プラ〜ステリマヨチーズがいいいですね。
なんてジャンクな味でしょう、でも美味しい。
これでone coinでしょう、大満足です。
こんなコスパのよい日もあります、ハイ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ