下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

東京大学

本郷 食堂もり川

今日は「六本木グラフティVol.2」です
「ボタンダウン偏執狂」 で大学の時ヨーロピアンファッションに侵された2年間を除けば、私はワイシャツといえばボタンダウンしか着用しないのです、との一文をupしました。
今日はそのヨーロピアンファッションに侵された2年間の話です。
宜しかったらお付き合いください。

くろすとしゆきさんのIVYの洗礼を受けてから爾来「トラッド命」の人生でしたが、大学に入って一番驚いたのは「トラッド命」では女子にもてないという事実でした。
女子にもてたい私はすぐ転んだ(改宗した)のです。
そして転んだファッションというのは、コンチ(コンチネンタル・ヨーロッパ志向のクラシカル・エレガンス的ファッション)でした。
コンチは、「JUN」「DOMON」「ROPE(女性用)」「EDWARD’S」などに代表されるような「ゴージャス」な雰囲気を表面に出して多くの若者の指示を受けておりました。
特にコンチ派の中で「ムッシュ・ニコル」「メンズ・ビギ」「グラス」などの台頭により、よりファッション性の強い「バギー・パンツ」が流行したことや、「アンアン」や「ノンノ」の創刊に伴って、原宿・表参道は、一夜にしてそのようなファッションに塗り替えられたのでした。
さらに申せば、次が転んだ最大の理由なのですが、ディスコで踊る時はトラッドでは格好が悪かったのです。

コンチ
当時のファッションはだいたいこの画像のようでした。
特に「バギー・パンツ」と「ねじねじ」は必須アイテムでした。
私が好きなファッションは「レイヤードシャツ」に「バギー・パンツ」と「ねじねじ」でした。
このファッションは今でも格好良いと思っています。
近年、中尾彬さんが「ねじねじ」をファッションアクセサリーとして着用しているのをみる度に懐かしがっております。
よく踊りにいっていたのは、六本木スクェアビル(DISCOビル)にあったキサナドゥ、ロアビルのボビー&マギー、若しくはユニ六本木のグリーングラスでした。
ちなみに一時期グリーングラスのTVCMに出ていました。
撮影の時たまさか踊りに来ていて、こんなチャンスはないということで友人に頼んで撮影面子に入れてもらったのです。しゃべったセリフは「グリーングラスでGO!」というベタなものでした。
テレ東の深夜帯でしか放送されなかったのであまり知られる事はありませんでした。

無産階級なのによくこのような遊興費の高いところに出入りしていたものです。
一つには私の家が比較的裕福だったからです。
小遣いは今の金額でいえば月/100,000円位でしたし、お金が無くなると専門図書代と称して都度父親にせびっていましたのでお金の面では足りてこそいませんが何とか付き合う事ができたのです。
さら〜に私の通っていた大学は今でもそうかもしれませんがセレブの子弟が数多くおりました。
下町の小金持ちとはちょっとレベルが違うのです。
特にオーナー企業の社長の息子や、子供を残して両親が海外転勤していった息子達の遊興費は無尽蔵でした。
大学の授業が終わり、家庭教師のアルバイトがない時は六本木に行き、裕福な先輩達のいそうなDISCOにいってはおごってもらっていたのでした。
場所柄外人が多く、英語会話圏以外(e.g.仏蘭西人)の外人がいてもきちんとしゃべれる先輩がいたのには心底驚きました。
20歳前後の若者が親の金を使って夜な夜な遊び呆けているのって問題ですよね、と言ってももはや詮無いことです。実際のところこの背伸びした「六本木遊戯」はかなり楽しいものでした。

当時、私の大学に「鍛心会」という右翼系の団体があり、その名の通りコワ〜イ団体なのです。
将棋の升田幸三(第4代名人)さんの息子兄弟も所属していました。
このようなDISCOのダンパ(ショックアブソーバーの事でありません)に来ては、ちなみに「鍛心会」の方は呼んでいません、会場を滅茶苦茶にして帰っていったのです。
彼等はたしか中国拳法の猛者達でこのような会場にくる時はチャイナ服がドレスコードでした。
そしてくるなり電光石火の回し蹴りを高速扇風機のように回して、食べ物等を皆カーペットにまき散らして帰っていくのでした。
これを当時の言葉で「ダンパ荒らし」と呼んでいました。
結構迫力ありました。

そうそうこの話のオチですが、なんでこのコンチファッションを2年で止めたのかということです。
「バギー・パンツ」をはくわけですから、当然のことながら靴はハイヒールです。
当時の身長が178cmでしたのでハイヒールを履くと軽く180cm越えとなりますので、完璧に上から目線でした。
180cm越えの視野は人生が変わったかのような錯覚に陥らせてくれます。
それはそれで良かったのですが、実は私は泥酔すると必ずヒールの高さによる足くじきでネンザするのです。
通院していた整骨医の先生の診立てでは「足首が弱い」との事でした。
ネンザするとしばらくは激痛の為に歩行不能となるために、かなりお酒を飲んだ時は足の運びには重点注意をしているのですが、ある一線を超えて飲んでしまうとなぜかネンザしてしまうのです。
加えてこの「六本木遊戯」の行く末は碌なものではなく、専門課程に移る3年の時に熟考の上で封印したのでした。
そしてそれに呼応してファッションは元のトラッドに戻ったのです。


このスピード感はたまりません!




IMG_3281
今日は私の大学とは真逆の大学があります本郷に出没です。
今日のお店は東京大学御用達の「食堂もり川」さんです。

住所: 東京都文京区本郷5-30-16
電話:03-3811-1819
定休日:日曜・祝日

IMG_3270

IMG_3271

IMG_3272
お店の外観です。

IMG_3273
メニューです。

IMG_3276
今日のオーダーは「揚げなす定食」@820円です。
待つこと11分で「揚げなす定食」の到着です。
どうでしょうこの輝きはツルンツルンしています。
余談ですがここの女店員さんキレイですね。
全員がかなりのレベルです。
このような美人の接客をうけられる東大生は幸せ者です、ハイ。

IMG_3275
味ですか、茄子がこれほど滋味あふれたものとは思いませんでした。
雑味がなくそれが茄子の甘さを際立てています。
ピーマンの鮮やかな緑が食欲をそそります。

IMG_3277
白眉はウィンナーです。
これは絶品です。
洋カラシをつけていただきますと噛みしめるたびに味がふくらんでいきます。
大満足の夕食でした。

本郷三丁目までの道すがらオサレな喫茶店があったのでcoffee breakしました。
お店の名前は「ニッキカフェ (NIKKI Cafe)」さんです。

住所: 東京都文京区本郷4-1-5
電話:03-6801-6105
定休日:無休

IMG_3282
お店の外観です。

IMG_3286

IMG_3293
店内の雰囲気です。

IMG_3283
メニューです。

IMG_3287

IMG_3291
今日のオーダー「モンブランケーキセット」@628円です。
甘さ控えめのモンブランと180mlの珈琲は私の今週の疲れを癒してくれました。
これで来週も頑張ろうという元気をいただきました。
来週も幸多かれです・・・

それでは(^_-)

新 勝どき 幸家

今日は「関西エリアの高校生の知っている大学」の話です。 
まずはそのrankingから
1.関西大学
2.同志社大学
3.立命館大学
4.近畿大学
5.東京大学
6.京都大学
7.龍谷大学
8.早稲田大学
9.関西学院大学
10.神戸大学
リクルート進学ネット(2009)より転載
エッ!栄えある第一位が関西大学ですか、関東圏では関西の日大というimageです。
だから一位なのかしらん?
私的には桂三枝師匠のでた大学という認識です。しかし場所がどこにあるかわからしまへん。
同志社、立命館、近畿大学、京都大学のそれぞれのcampusには観光で訪れたことがあるので親しみがあります。
龍谷大学はりゅうこくだいがくと読める程度ですか、たしかぼんさん大学という認識ですがあっているのでしょうか・・・そうそうやしきたかじんさんがここのOBのはず?
関西学院大学は関西をくゎんせい(Kwansei)と発音しなかったので、そこの卒業生に怒られたことがあり知っています、たしか西宮近辺にあったような・・・
要は関東圏の人は関西圏の人同様に他地域の大学は知らないということがよく分かりました。
しかしかかし、なんで一番が大阪大学ではないのでしょうか、関東では断トツ知名度第一位は東京大学です、その例をなぞれば絶対に大阪大学のはずなのに、なんでやねん?
私の第二の故郷札幌では頭(おつむり)の良い学生はみんな北海道大学です、かりに慶應、早稲田に現役合格しても、そんなに頭が良いのならなんで北大にいかないの?と不思議がられます。
さらに阪大、京大は道産子の頭の中では、北大の下に位置付けられていました。
しかしそこでも東大は別格です、北海道の田舎町ではたまに東大合格者がでると新聞に大きく掲載されます。
そんな道産子ですが、全道の東大合格者をかき集めても開成高校に大差で負けていることには気がつていません・・・

日本人はどこでも寝てしまうことが外国人には不思議に思えるようです。
しかし、以下の画像は日本人でも驚くのです、異常です。
sleeping1
ここまで人間って疲れるものなのでしょうか・・・
sleeping2
なにやらバイオテロにあったようですよね(笑)

今日のお店は、勝どきの路地裏から勝ちどきビュータワーB1に移転した横浜家系らーめん「 幸家(こうや)ラーメン」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき1-8-1 勝どきビュータワーB1
:03-3531-4864
定休日:日曜、祝日

IMG_7602
お店の外観です。

IMG_7598
店内の雰囲気です。
しかし驚きましたね、あの仏頂面の店主が挨拶をしていました。
意識が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」これは、アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームス博士の言葉ですがまさにこの箴言通りですね。
別にこの店主を腐(くさ)しているのではなく、あまりの変心に本当に驚いたのです。
しかし今までの接客は一体なんだったのでしょうかネ・・・

IMG_7599
調味料の面々はmember changeなしです。

IMG_7600

IMG_7601
今日のオーダー「らーめん」@650です。あれ、さりげなく「らーめん」を移転前より50円値上げしていませんか?
トッピングは海苔×3枚、チャーシュー×1枚、シナチク、味玉、ホウレン草です。
麺は太縮れ麺です。スープは豚骨醤油味です。
それでは実食です、あれっ美味しくなっているじゃないですか、しばし熟考。
そうかスープ、麺ともども熱くなったので、それで味がはっきりしたようです。
味玉も以前より美味しくなっていました。
「幸家(こうや)」さんは移転して良い意味で変身したようですね・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ