下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

東京メトロ

京橋 リストランテ フィオレンツァ

今日は「東京メトロと都営地下鉄の一元化」の話です。 
東京メトロと都営地下鉄、事業主体が異なるこれらの地下鉄を一元化しようと、東京都が動き出している。2010年8月3日に第1回の協議会を開き、年度内を目標に方針を固める見通しを示した。
2つの地下鉄は並列に見えるが、資本上は親子の関係に近い。東京都は東京メトロの株主であり、出資比率は46.6%と過半に迫る。53.4%を出資する筆頭株主である国に対して都は6月28日、都営地下鉄との一元化について協議の場を設けるよう求めた。国による東京メトロの株式上場にも「待った」をかけた。都によると、地下鉄の一元化で利便性が向上し、経営の効率化も図れるという。
【中略】
地下鉄の一元化で二重運賃がなくなり乗り換えなどが便利になれば、利用者は歓迎する。しかし、都が新たな借金を負う。都は国に対して協力を求めると同時に、都民に対して十分に説明する必要がある。
その際には、公共交通をどう位置付け、いかに効率的に運営していくか、明確なビジョンを示すべきだ。都が主導して一元化を進めるにしても、施設保有と事業運営の両面から、民間の力を活用することも欠かせないだろう。
ケンプラッツ「東京メトロと都営地下鉄、一元化の障壁は?」より転載

この話のpointは、
1.運賃は安い方に合わせられるか→現状東京メトロの方が格段安い
2.乗り換えを便利にできるか→現状東京メトロと都営地下鉄間での乗り換えの動線が長い
3.都はメトロ株を買い取れるか →民営化した際引き続き東京都がイニシアチブをとるには国から117億円で株を取得しなければならない
ということにつきます。
たしかに札幌から東京に戻ってきた際、地下鉄に乗るのに苦労しました。
そういう意味では一元化には賛成です。そして一元化により職員数も減り、その他の面でも経営の効率化が図れると思います。
個人的には株式売却で東京都は、メトロのイニシアチブを民間に奪われたくない、だけというようなウガチな見方をしていますが・・・

IMG_8145
さて前段の前フリはここに繋がるのです。
東京都交通局発行の「東京時間旅行ミニ荷風」に美味しいイタ飯屋さんが紹介されていたので早速出向いたのです。しかし紹介されている地図が変です。
着いてから分ったのですが、このお店は誰がなんていおうと有楽町線の「銀座一丁目駅」か銀座線の「京橋駅」が最寄り駅なのです。でも地図では「宝町駅」になっています。
その為に私のジャイロが狂いお店に到達するのにドエライ時間を費やしたのです。

そしてお店について冷静にこの経緯を俯瞰したところこの背景がわかったのです。
要はこの冊子は東京都交通局発刊なので必然的に最寄り駅は運行している都営地下鉄の「宝町駅」になったわけなのですね・・・「ぶらり途中下車の旅」みたいな紹介はするな!
ということでこの点からも私は、東京メトロと都営地下鉄の一元化は、さ・ん・せ・い、なのです。
今日のお店は、京橋にあるイタリアンの名店「リストランテ フィオレンツァ」さんです。

住所: 東京都中央区京橋3-3-11 1F
電話:03-6425-7208
定休日:不定休

IMG_8128
お店の外観です。

IMG_8127
このお店の場所なんのことはない「ど・みそ」さんの真ん前なのですね。

IMG_8120

IMG_8121
店内の雰囲気です。

IMG_8122

IMG_8125

IMG_8126
今日のオーダー「生クリームは使わない“本当のカルボナーラ”+パン+コーヒー」@1,050円です。
ここのシェフの橋本直樹さんはロアラブッシュ、ステラマリスやラ・ブランシュ等で10年以上フランス料理も修業なされたお方なのですね。そしていまやイタリアはトスカーナ料理に的を絞ったお店にしていくのだという意気込み真っ盛りのようです。
カルボナーラとは炭焼人(carbonara)が作ったパスタという意味で黒コショウは炭の粉をあらわしています、
このお店のカルボナーラは日本でお馴染みのベーコン・生クリーム・卵で作るこってりした米国式ではなく、パンチェッタ(豚肉の塩漬け)、パルミジャーノチーズ・卵で作るあっさりしたシンプルな”イタリア式カルボナーラ=本当のカルボナーラ”なのだそうです。
味ですかカルボナーラの概念が変わります。
By and large(一般的に)カルボナーラって最後の方はその味付けのくどさに飽きてきますよね、ところがこの料理にはそれがありません、最後まで美味しくいただけます。
質感がよく塩気も満足なパンチェッタがとても良いアクセントになっていてイケます。
そして最後まで飽きさせない白眉は黒コショウ、これに尽きるでしょう、こんなにも黒コショウが自己表現しているカルボナーラを食したのは初めてです。
本当にBuoni(美味しい)! 、Buoni(美味しい)!

それでは(^_-)

日吉 横浜家系ラーメン 銀屋

今日は「謎の街池袋」の話です
ikebukuro2[1]
まず何で東口に西武百貨店があり西口に東武百貨店があるのかですが、これは偶然だったのですね。
まずは開業当初は路線名が違っていました。
元々西武池袋線は1945年まで武蔵野鉄道として営業しており、その武蔵野鉄道が池袋に出店していた「菊屋」というデパートを買収。戦後「武蔵野百貨店」と改称し、1949年に堤清二が今の西武百貨店に改称したとあります。
東武東上線は元々東上鉄道が前身。1920(大正9)年に東武鉄道に合併。
東武百貨店は元々東横百貨店池袋店だったのを、1962年に東武鉄道に売却、とあります。
省電池袋駅の西隣をターミナルとして、1914年に開業した鉄道会社の名は「東上鉄道」。
省電池袋駅の東隣をターミナルとして、1915年に開業した鉄道会社の名は「武蔵野鉄道」。
その時点では、東武でも西武でもなかったのです。
西から「東上鉄道」「省電(現在のJR)」「武蔵野鉄道」という位置関係は、現在も変わっていません。ご理解いただきましたでしょうか。
さらに有楽町線にはホームが一つしかないのに3番線と4番線が唐突にあります。最近できた副都心線も同様にホームが一つしかないのに5番線と6番線があります。それでは1番線、2番線は・・・そうなのですね、あなたの考えている通りですよ、丸の内線です、東京地下鉄(東京メトロ)は、池袋では丸ノ内線、有楽町線、副都心線の3路線を運行している為なのです。各線乗場は独立していますが、乗場の番号は開業順に通しで付けられていたのでした。
そしてサンシャインシティ周辺の道には「サンシャインシティ通り」「サンシャインシティ60通り」「サンシャインシティ中央通り」「60階通り」とHOTCH POTCH(ごちゃまぜ)状態です。やはり変な街ですね(笑)
個人的には池袋は不良(ヤンキー)達の街というイメージが強く社会人になるまで極力立ち入ろうとしていませんでした。そして今は中国人の街ですか、中国人マフィアが青龍刀を振り回しての乱闘事件が新聞紙上を賑わしていますが、やはり日本も入国審査を厳しくしなくてはいけない局面にきているのではないでしょうか・・・

今日は日吉に出没です。
今日のお店は日吉の行列ラーメン店「横浜家系ラーメン 銀家 日吉店ラーメン」さんです。

住所: 神奈川県横浜市港北区日吉本町1-20-5
:045-561-1291
定休日:無休

IMG_6796
お店の外観です。

IMG_6791
薬味連です。

IMG_6792

IMG_6794
今日のオーダー「塩とんこつ」@730です。最近家系が好きになっています、だって美味しいじゃないですか。それでは実食です。スープは家系のすこしゾルっぽい豚骨味です、乳化もいいじゃないですか、スープは少しぬるいかな。麺は、中太ストレート麺です。具は、ノリ3枚、ホウレン草、チャーシュー1枚、ネギです。ご飯は無料でお代りOKです。
ここは慶應の街ですし、ヒヨポン(日大日吉高校、中学校)もありますので学生さんにはこの食べ放題サービスはウレシイのではないでしょうか。
味ですか、不味くはないですが、ショッパイですね。隣の女子大生も同じことをつぶやいていました。
この日はとても寒くて鼻が二本箸になりそう、ほとんどなっていたので、テイッシュをお願いしたら放置されてしまいました。やはりサービス業なのだから、お客の顔はよく注視してテキパキやってほしかったと思う今日この頃です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ