下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

東京タワー

神田 雲林 8TH

今日は「突然の旅立ち」の話です
2018-03-03-10_05_19
今から19年前の2000年7月1日の日に起きた出来事です。
この日は初夏の日差しがまぶしい土曜日でした。
奥様と私そして弟と妹は末期がんで入院している父の病院での付き添いを昼からしていました。
と申しても、すでに緩和治療の為に多量のモルヒネを投与されていた父は、私たちの問いかけには答える事は一切ありませんでした。
洗濯等雑事を終わらせますと手持ち無沙汰になりテレビを見たり雑談をしたりして時間を繕っていました。
眼前にそびえ立つ東京タワーだけが、単調な呼吸を繰り返す父を優しく見守っていてくれました。

55437582-
時計の針は15時半を指していました。
雑談に飽きた私はナースセンターの脇にある父のバイタルサインのモニターを暇に任せて見つめていました。
父のバイタルサインは規則的な波長を繰り返していて、父の状態が不変であることを私に教えてくれました。
しか〜し、時たま父の血圧がパンパンの風船に穴が開いたかのようにすっと下がるのです。
気にするようなものでもないのですが、なぜかこの日はこの血圧の急落下が気になったのです。
病室に戻ると、弟妹達にこの異常について話しますと、気になるのなら看護師さんに確認してみたら、というのです。
そこで担当の看護師さんに、この状態は何なのですか、と聞きますと、異常があればこちらで捕捉し連絡しますのでご安心ください、との事でした。
病室に戻りその旨を皆に話しますと、弟が、気にすることないって。
その為に大学病院に高い入院費を払っているんじゃない。
なにか問題がおきそうならドクターから連絡があるよ、と笑い飛ばされました。
その後、弟妹達は今日の飲み会をどこにしようかを熱心に語っていました。
私はその会話の輪から外れて、再びナースセンターに行き椅子を借りて、バイタルサインのモニターの波動を注視していました。
やはり変なのです。
不定期ではありますが、血圧が急落します。
急落した後は直ぐに復帰するのですが、言いようがないような不安の影が頭の中に拡がってきました。
それでも全体の99%は安定していますので取りこし苦労かもしれないと思いなおし、病室に戻りますと、時計の針は17時を指していました。
奥様は、家にいる子供たちの夕飯の支度があるので、そろそろおいとまするわ、と言ったので、主治医のところに行き、今日はもう帰っても良いですか、と確認しました。
主治医は、今日も状態は安定しているので、問題ありません。
何かありましたら、電話しますので、安心してご帰宅ください、との事でしたので奥様を家に戻しました。

thumb5
弟妹達が帰り支度をしている時、真っ黒な雷雲が湧き上がるような胸騒ぎがしたのです。
そこで「念には念を入れよ」ではありませんが再びモニターを見るために椅子に座りました。
驚いた事に、安定していた血圧が短い間隔で乱高下し始めたのです。
すぐに担当の看護師さんにこの異変を告げますと、おっしゃる通りです。
急変しています、というのと同時に主治医に緊急連絡しました。
数分の内に主治医がナースセンターに戻り、父のバイタルサインを見て、至急、親族の方をお呼びください。
かなり危険な状態です、と言われたのです。
私はすぐに奥様を携帯で捕まえました。
奥様は最寄り駅の近くまで来ているだけでまだ電車には乗っていません。
そこで、すぐに病院に戻るように、と言いますと、どうしたの、と言われたので、急変したんだ、すると、いい△△さん、覚悟はできている、というので、そんな事より、早く戻って来い、と怒気を混ぜて答えたのです。
完璧に動転していました。

kitoku_gorinju-e1523239979534
電話を切って、病室に戻りますと、主治医が措置をしてくれていました。
措置をしながら、お父さんはこのように頑張りました。
医師としてやるべきはやりましたがまもなくご臨終をお迎えになられます。
安らかに旅立つよう、皆でお父さんの手を握ってください、と言われたので、わけもわからず父の手を固く握りしめました。
数分後に息を切らせながら奥様が病室に入ってきました。
そして父の脇に立ち、体をさすりながら、お父さん、お疲れさまでした。
安らかにお眠りください、と涙声で語り掛けたのが皆に感染しました。
皆が涙声で、長い間、お疲れ様。
もう頑張らなくていいから。
怖い事ないから・・・
天国にいけばお母さんが待っているから・・・
と口々に語りかけています。
それから数分後の17時58分に主治医から、ご臨終です。
皆様、お看取りご苦労様でした。
そして病室は低い嗚咽のひびきに包まれました。

dddd8b29-s
その嗚咽をかき消すかのように近隣の増上寺の18時を告げる鐘が悲しみにあふれた病室におごそかにひびき渡ったのでした。
それに呼応するかのように赤い夕陽が父の枕元にまで延びてきており、病室内はその夕陽により沈痛な朱色に染めあげられ始めたのです。
まるで映画の壱シーンを観るかのような父の旅立ちでした。


アド街2代目秘書からキンキンの訃報報道へ



IMG_4006
今日は神田に出没です。
ここの料理特に炒飯が好きなのですが、いつも熱々ではないのが残念です。
それでも懲りずに来てしまいます。
今日のお店は「神田雲林(カンダユンリン)」さんです。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-17 第2F&Fロイヤルビル2F
電話:03-3252-3226
休日:日曜日(貸切宴会等のご予約は承ります)

IMG_4007

IMG_4008

IMG_4009
お店の外観です。

IMG_4010
オーナーシェフの紹介です。

IMG_4012 (2)
メニューです。

今日のオーダー「豚肉と柔らか卵と水フキの黒豆トウチとろみ炒め」@1,050円です。

IMG_4013
待つこと4分でお茶が到着しました。

IMG_4015
待つこと19分で「豚肉と柔らか卵と水フキの黒豆トウチとろみ炒め」が到着しました。
見た目「THE中華」という感じですか。

IMG_4016
それでは実食です。
豚肉が柔らかいです。
水フキが良い食感です。
黒豆トウチはまろやかなコクとふくよかな香りにより料理の味に奥行きを持たせさせます。
那辺はこのシェフの材料選択の妙であります。
ケレンみのないフレーバーフルの味わいでした。
安定感あります。
美味しいです。

IMG_4014 (3)1
さて今日ここの炒飯はなぜ熱々ではないのかが判明しました。
今日、私の前の2人連れの片割れお客が炒飯を頼んでいました。
私はその最初から最後までを見届けたのです。
シェフが炒飯を完成して厨房のスタッフに渡したのが12時22分00秒です。
そしてその炒飯が私の前のお客に到着したのは12時26分40秒です。
その間、約7分です。
これでは熱々さが半減します。
なんで7分かかるかと申しますと、片割れの料理ができるのを待っていて、二つ同時に持って行く配慮がなされていたからです。
個人的にはできたらすぐ持って来ればよいと思います。
さら〜に、この画像の通り、料理の受け渡し場所が狭いので、定食などの注文が大量にはいると、配膳に時間がかかり、この場所で停滞してしまうからです。
もう少し工夫ができないものでしょうか?
成毛オーナーシェフ様
那辺は真摯に且つ前向きに検討いただきたいものであります。

それでは(^_-)

芝公園 東京カレーラボ

今日は「浅草七福神巡り」です。
大学のテニサーの仲間と「浅草七福神巡り」をしました。
今回も私がツアーガイドです。
「七福神巡り」はこれで2回目です。
なんか定例行事のようになってきました。
今回は地元の浅草です。
「浅草は蛍のケツ」であります。
この判じ物の意味が分からないって、その心は「浅草は明るい」です。
私は何かと気配りして人に喜んでもらうのが大好きなのです。
そもそもこのブログを始めたのは、私が知っているレアネタを皆さんと共有したいという思いから始めたのです。
宜しかったらお付き合いください。
Let’s get started!

#雷門で待ち合わせ
IMG_5471
まずは雷門に集合です。
この門の前で、私は分りし頃、若気の至りで大乱闘に加わり逮捕されてしまったのです。
しばらく見続けていましたら、ほろ苦さがこみ上げてきました。

#今回のコースです
asakusa_map
雷門→浅草寺(大黒天)→浅草神社(恵比寿)→待乳山聖天 (毘沙門天)→今戸神社(福禄寿)→橋場不動尊(布袋尊)→石浜神社(寿老神)→吉原神社(弁財天)→鷲神社(寿老人)→矢先神社(福禄寿)
約20000歩≒歩行時間約3時間を想定していたのですが、スマホの結果測定でもほぼほぼピッタリの19,168歩=13.9km、歩行時間は3時間半でした。

#待乳山聖天さんです
IMG_5478

yjimage
ここでは日本一短いモノレールに乗ってもらいました。
IMG_5480
今日は偶然にも聖天さんの僧侶のお練りがありましたのでパチリしました。

#山谷堀です
IMG_8547

IMG_8548

IMG_8549
江戸時代には、新吉原遊郭への水上路として、隅田川から遊郭入口の大門近くまで猪牙舟が遊客を乗せて行き来し、吉原通いを「山谷通い」とも言いました。
船での吉原行きは陸路よりも優雅で粋とされていました。
今の山谷堀は暗渠(地下に設けられていて外からは見えない水溝)になっています。

IMG_8553

IMG_8554

大嶋屋

大嶋屋2
このように、この山谷堀の入り口と出口を見せてから、船から降りた鼻の下の長いオジは、吉原までの漆黒の闇の道行きの足元を照らすために、ここ「大嶋屋」さんで提灯を求めていた事を紹介しましたら大好評でした。

#吉原周辺です
IMG_8561
「土手の伊勢屋」さんです。
吉原遊郭唯一の出入り口だった吉原大門の近くに、初代店主「若林儀三郎」が創業しました。
当初の屋号は「伊勢屋」さんでしたが、店の前に「土手」があったことで「土手の伊勢屋」さんと呼ばれるようになったのです。

IMG_8560
「桜鍋中江」さんです。
昔、吉原周辺には農耕馬が多くいたこともあり、桜鍋を売る店が二十軒以上も軒を連ねていました。
当時は馬力がつくというおまじない的意味合いで客が押し寄せたのですが、現在吉原に残ったのは中江さんだけになってしまいました。
個人的には「桜鍋」は油断しているとすぐに固くなるのでセワしなくて嫌いです、ハイ。

IMG_8576

IMG_8574 (0)

大門
吉原で一番がっかりする「見返り柳」です。
ここで昔の人は、帰る際に後ろ髪を引かれる思いで振り返ったというのですが、なんだかなであります。

#ゴールの矢崎神社です
IMG_5496
ここの格天井の絵は見応えがあります。
写真撮影も許されています。
ラストサムライにもこの天井絵は使用されています。

IMG_5584
大分はしょったのですがこれが今回の道行きです。
事前準備は念入りにしたので、皆さんの評価は高かったみたいでした。


デーモン閣下?



IMG_5440

IMG_5439

IMG_5438

IMG_5437
永年の目標が2018年に立ち上がりそうです・・・
という事で今日はその為の講習会に東京タワーにやってきました。
講習会は流石に東京タワー内での開催ではないのですが、この辺りって食べるところがないのです。
という事で館内の食事処を探しました。
なかなか良いところはないですね。
最終的にはこのお店にしました。
今日のお店は「東京カレーラボ」さんです。

住所: 東京都港区芝公園4-2-8 東京タワー フットタウン2
電話:03-5425-2900
定休日: 無休

IMG_5430
お店の外観です。

IMG_5433
店内の雰囲気です。

IMG_5428
メニューです。

IMG_5432
お店のランチョンマットです。

今日のオーダー「スパイシーポークカレー」@1,050円です。
国際色豊かな東京タワー館内です。
ちなみに隣の方は香港から観光できたみたいです。
国際色豊かと申せば、ここの外国人スタッフさんは日本語がお上手ではありません。
面倒くさいので英語で話したら満面の笑みでしたので、オーダー等すべて英語で話しましたらオペレーションによどみがありませんでした(笑)

IMG_5434
待つこと2分で「スパイシーポークカレー」の到着です。
あら、見た目美味しそうです。

IMG_5435
それでは実食です。
スパイスが良く聞いていて辛さも程よく美味しいです。
白眉はゴロゴロのポークです。
柔らかさに過不足がなくこれも美味しいです。
観光地なのでヤスく見ていましたが、ここのカレーはホンマモンです。
普段使いでもノープロブレムであります。

IMG_5552

IMG_5556
ちなみに講習会が終わったら東京タワーはこのような姿に変身していました。
プチ疲れました。
東京タワーにさよならを言って家路につきました。

それでは(^_-)

麻布十番 山本牛臓

今日は「My Birthday」の話です 
今日は私の誕生日です。
IMG_7004
日付が変わったあたりから兄弟、息子達からHappy Birthday Mailが入りうれしい限りです。さらに当日目が覚めると、家族からNOLLEY’Sのwinter jacketのプレゼントをいただき感激至極です。

IMG_7006

IMG_6953
そして午後には東京タワーからBirthday Presentを頂けるということでイソイソと奥様帯同で芝公園に出没です。東京タワーからは大展望台の無料招待とケーキセットの贈り物を頂きました。Birthdayの受付をすましますと東京タワーのstaffさんから行くところ行くところで “誕生日おめでとうございます” のお声掛けをいただきかなり照れ臭い思いをしました。

折角ですから東京タワーからのpanorama viewをご紹介します。
IMG_6945
まずは愛宕グリーンヒルズのパチリです
IMG_6946
そしてレインボーブリッジです。
IMG_6947
最後はご存じ東京スカイツリーです。

IMG_6950
さらに高所恐怖症の人はこの硝子の上には絶対に立てないというLookdown Windowです。

IMG_6974

IMG_6976
そしてライトアップされた東京タワーと地上のilluminationです。

そして本日のハイライトの晩餐は六本木の背面にあるセレブの街”麻布十番”で迎えました。子供達も三々五々に集合し楽しい宴の始まりです。
ということで今日のお店は内臓肉専門店「山本牛臓」さんです。

住所: 東京都港区麻布十番1-8-10 TSビル 3F
:03-3583-3138
定休日:無休
IMG_6980
店内の雰囲気です。
店内は木目調のテーブルに黒革や白革のいすを置き、間接照明でモダンな空間を演出されています。オーナーの山本高弘さんは5年ほど前に大阪で韓国料理店を開いた後、今年4月に「山本牛臓 名古屋店」を出店し、今回麻布十番店をオープンしました。
黒毛和牛を一頭買いする同店は、新鮮なホルモンを使った料理、韓国と和を融合した創作韓国料理が特徴なのです。
オーナーの山本高弘さんはパチリのセンターにいる方です。

IMG_6984
まずはこのお店一押しの「レバー刺し」@880です。十勝産のこのレバーは臭みが全くあありません。ほのかな甘みがこたえられません。オーナーの山本高弘さん曰く”他店なら軽く2,000円は超えるでしょう”とのことです。

IMG_6994

IMG_6996
そして訪れるお客が絶賛する「和牛テール煮込み」@1,080です。これは味の芸術です。脂身がこれほど上品な味わいをだせるとは・・・信じられない美味しさです。
付け塩も一工夫がされておりこの「和牛テール煮込み」の味を倍加させています。
このように素材にちかいものを美味しく作るのが本当の料理だと思います。

IMG_6986
本日のmain dish「山本牛臓赤鍋(二人前)」@2,960です。赤鍋はコチジャンベースで少し甘辛い味付けですが、ここでももつの美味しいさが際立っています、とても美味しい。

IMG_6989
オーナーの山本高弘さんからのBirthday Presentの「ハラミ」@0(980)です。これまた美味しいこと美味しいこと、肉が柔らかく味が深いのです。噛めば噛むほど口福汁があふれてきます。

IMG_6998
そして締めの「焼き飯(三人前)」@1,440です。「山本牛臓赤鍋」のエキスを余すことなく使って作られた焼き飯です。タマリません、バリ美味です、knockoutです。
世の中にはすごいお店があるものだなと家族皆で体感した麻布十番での誕生日会でした。

それでは(^_-)

続 味芳斉 支店 4th

今日は「龍馬伝」の話です
味芳斉41
鈴木圭「龍馬伝」チーフプロデューサー談
「資料を読み込んでいくなかで、岩崎弥太郎という人物がでてきました。弥太郎から見た龍馬というアプローチをすることで、新しい龍馬像が描けるのではないか。いけるという手応えがありました。龍馬と弥太郎、それは「アマデウス」に出てくる天才モーツアルトと、そこそこの天才のサリエリの関係に似ている。サリエリはモールアルトに追いつけない。でもモーツアルトの才能を一番良く知っているのがサリエリです。岩崎弥太郎も“土佐の天才児”ではあったけれど、龍馬は常に一歩先を進み、弥太郎は置いていかれる。そんな弥太郎から龍馬を見ることで等身大の龍馬像が描いていけるんじゃないか」
【龍馬伝 東京ニュース通信社】より転載
なるほど龍馬伝キャストを見ると、ダブルキャストなのかなと思ったのですが、岩崎弥太郎のスコープを通して龍馬を表すのですか…楽しみですね!
ちなみに私の嫌いなキャストは以下の通りです。
勝海舟→武田鉄矢…博多出身者が流暢な江戸弁を喋れるのか
乙女→寺島しのぶ…乙女は大女です
おりょう→真木よう子…派手すぎる
三吉慎蔵→未定…何故だ!

※宜しかったら私の真説龍馬暗殺犯をご覧ください。

味芳斉42
今日は天皇誕生日だというのに一日お仕事です。今日の20時に行われる、東京タワー51歳の誕生日!「THANKS 51th! TokyoTower Birthday & X’mas LIVE」Eventの一つである東京タワーのイルミネーションチエンジを奥様が見たいというので大門で待合せしました…実はいわれるほどのサプライズではなかったのですネ、これは奥様には内緒です

何をたべるかと悩んだのですが、悩んだ時はHotなものをということで、今日は「味芳斉」支店です。

住所: 東京都港区芝大門1-10-1芝パークホテル前
電話:03-3433-1095
定休日:不明

味芳斉43
お店の外観です。

味芳斉44
店内の雰囲気です。

味芳斉45
小籠包子@1,000。これはイケます、包子から飛び出てくる肉汁ががタマリマセン、膨(ふく)よかな味です。

味芳斉46

味芳斉47
牛肉飯+スープ@1,000、味ですか、アレレ美味しくないじゃないですか、牛肉が硬いです、いつもはトローリしているのに、味付けも少し変ですね…

味芳斉48
炒肝子@1,100。これは安定した味です、野菜とガツとのラー油の合わせ技は納得の味です、結構でした。

それでは(^_-)

勝どき 銀蕎麦国定 

実は私の実家のそばに「東京スカイツリー」が誕生しますので、今日は「東京タワー」の話です。下町っ子のほとんどは「東京タワー」に行ったことが少ないと思います。
私たち下町っ子は「東京タワー」って田舎の人が行く場所と妄信していました…いわゆる見に行くのは「格好悪い」っていう感じですか。だから誰も積極的には行きませんでした。さらにいつでも行けるさという安直な思いと、それとは裏腹に下町から「東京タワー」まで電車で30分位もかかるので面倒くさいと思っていたのかもしれませんネ(笑)

ここから東京タワーのトリビアです。
1. 東京タワーの高さ333Mは水戸(北)、銚子(東)、沼津(南)、甲府(西)をサービスエリアとするために必要な高さを計算した為であり、開業年と同じ3並びになったのは単なる偶然だそうです。
2. 「東京タワー」の名称ですが、一応公募で決まったのですが応募数が最も多かった名称は次の通りです。
(1) 昭和塔
(2) 日本塔
(3) 平和塔
で応募総数86,260通のうち「東京タワー」は233通と少数でしたが審査会において徳川夢声氏が強烈に推し「東京タワー」になったそうです。個人的にはこの「東京タワー」が一番あっていると思いますが如何でしょうか。

今日のお店は「銀蕎麦国定」勝どき店です
国定1
もう春が訪(おとない)を入れています…Spring has come

国定2
お店の外観です。

住所: 東京都中央区勝どき2-110
電話番号:03-6268-2715
定休日:日曜日

国定5
店内の雰囲気です…結構シックです

国定3
メニューです。まずまずリーズナブルな値付けですか

国定4
本日の獲物「十割蕎麦大盛」@700です。申し訳ないのですけれど私は蕎麦の味ってよく分かりません。よって美味しいのかどうかとはコメントできないのです。しかしこの「十割蕎麦」は美味しかったですねhappy01
でも大盛でこの量はRubbishです…いくら蕎麦の香りが良いからってこの量で@700は高いとおもいます。

さらにここの店員(アルバイト?)さんて変です。
まずお店に入り席を探していたら、手ではなく顔をしゃくって席を案内しました
私「お兄さん、もしかしたら私の上司ですか(笑)」
店員さん「ハヘー」
私「お店でお客さんに席を案内するのは手で示した方が感じいいよ」
・・・・
お蕎麦を食べ終わって蕎麦湯を飲もうとしていたら熱いので冷ましていましたところ
店員さん「もうこのお盆下げてもいいですか」
私「お兄さん、私は今何をしようとしているのか分かっていますか」
店員さん「ハッ」
私「蕎麦湯が熱くてのめないので冷ましているのですよ」
店員さん「???」
私「お兄さん、申し訳ないけれどお兄さんは蕎麦屋というかサービス業では働いちゃいけないと思うよ」
店員さん「すっみません」(意味不明)

こういう若い人の行動規範って多分親の「」に連関するのでしょうね、でもこれはこれで逆ギレされ殴られなくてよかったのでしょうか(笑)


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ