下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

東京オリンピック

続 中目黒 聖林館

今日は「東京オリムピック物語」の話です
オリンピック3

Rio20Olympic20201620Opening20Ceremony-thumbnail2
令和になって最初の国家的ビッグイベントである東京オリムピックが近づいてきました。
お祭り好きの江戸っ子としましては、この国家的プロジェクトに間接的に参加しないわけがありません。
よく聞け、金を残して死ぬ者は下(げ)だ、とは明治の大政治家後藤新平さんの箴言です。
金銭は肥料のようなものであって、ばら蒔かなければ役には立たない、とはイギリスの哲学者のフランシス・ベーコンの箴言であります。
いくらお金をたくさん残したとしても、死んだらすぐに相続で雲散霧消してしまうしお金は使わなければ増えないという事であります。
要は太っ腹大将軍でこのオリムピックに臨もうとしたのであります。

オリンピック25

olympic_rikujyo-1024x476
そこで第一目標の開会式には1階のセンターシートである@300,000円×2枚=600,000円を買うつもりでいました。
チケットを申し込む時に為念奥様に相談しました。
すると想定外の厳しい言葉が返ってきました。
オリンピックの開会式に600,000円も使うのですか。
意味がわかりません。
その為に49インチの4Kテレビを買ったのでしょう。
その大画面でオリンピックを見るのではないですか、と圧倒的な迫力で開会式のチケットを買うのを拒んでいます。
これにはたじろぎました。
そこでprice negotiationです。
私は1階の両サイドシートである@484,000円で手を打とうしましたらこれまた拒絶されました。
そんなにお金に余裕があるのであれば半分の240,000円を現金で私にください。
そのお金で皆が役に立つものを買わせていただきます、との反撃です。
そこで私は、オリンピックの開会式の熱気を肌で感じたくないの、と言いますと、7月24日といえば真夏ではありまでせんか。
そんな日に屋外で開会式を見るなんて狂気の沙汰です。
オリムピックの屋外の熱気は結構です。
選手の熱気は4Kテレビの細密な画像で感じとります、と畳み掛けます。
困りました。
奥様の金銭的負担は0%なのですが・・・
オリムピックの開会式のスケジュールは20時から23時です。開会式が終わりますと、68.000人の観客が家路を急ぎます。
従いまして、当日の帰宅は劣悪を極める事が予想されます。
そこで妙案を考えました。
ここから反撃です。
開会式観戦後は奥様の大好きな浴場付きのホテルでの宿泊を条件にして且つこれは冥途の土産になるからと畳み掛けて快諾の運びとなりました。
席は1階だよ。
2階は100%ありえないよ。
オリンピックの開会式を2階で見た日にゃ、死んだ両親に申し開きができない、とわたしの江戸っ子の気質を前面にだして本件クロージングです。

12オリンピック

f454

454dxt

454kbath1280960
これが当日の予定です。
オリムピックの開会式は1階で楽しみます。
ただし両サイド席ですが。
開会式終了後は近隣の高級ホテルで湯あみ三昧の極楽です。
最後に本件の当選倍率は20倍とか・・・
どうやら夢を見る権利を申しこんだみたいです。


未成年の主張で一番面白いやつ 学校へ行こう



IMG_4748 (2)

IMG_4749
今日は中目黒に出没です。
この街にきましたらこのお店しかありません。
今日のお店は、中目黒で行列のできるピッツェリア「聖林館」さんです。

住所: 東京都目黒区上目黒2-6-4
電話:03-3714-5160
定休日:無休

IMG_4752

IMG_4750
お店の外観です。

IMG_4753

IMG_4754

IMG_4755
店内の雰囲気です。

IMG_4756
メニューです。

今日のオーダー「マリナーラ」@1,500円です。
IMG_4757

IMG_4758
座るやいなやテーブルセットとお水が到着しました。

何ですかこのお店・・・
このお店の前身の旧サヴォイ時代によく通っていたお客様が来られて最近のオーナーの動静を確認していました。
結論的として、今日のオーナーは他用で不在との事でした。
しか〜し、対応したスタッフさんは意味不明な説明です。
折角、はるばる訪ねてきたのですから、もう少しメリハリある説明をしてあげるのがオモテナシでしょう。
よしんばわからなければわからないと正直にいうべきです
彼は将来ピッツァイオーロ(ピザ職人)になりたい旨をそのお客様に言われていましたが、その前に起承転結を意識した日本語を学び直すべきです。

IMG_4759

IMG_4760
待つこと8分で「マリナーラ」の到着です。
このお店の「マリナーラ」の構成は、トマト、ニンニク、オレガノ、バジルです。
何ですかこの不細工な形は・・・
ナポリピッツァにおいては、コンパスで同心円を描いたようなものより、ゴツゴツと不均等に膨らんだコルニチョーネ(額縁部分)が味に変化を与えてくれるとは言われています。
しか〜し、日本の大半のピザ職人はピザ回しの動作の中で、手先にどのような軌跡を与えれば同心円になるかを日夜寝る間を惜しんで研究しているわけです。
まして本日はオーナー不在ですので、サブシェフの技量は保証されたものではありません。要は意図的に不均等にしているのか、技術不足でこのような不均等になっているのかは俄かにはジャッジできません。
加えて私はかなりのピッツアを食べ歩いています。
その中でいつも気になるのが乳化です。
乳化とは薪窯の高温によってモッツァレラチーズが溶ける際に出る水分と、最後の仕上げにかけるオイルが生地の上で醸し出す魔法の技です。
400℃を超えるようなピッツェリアの窯の中では、トマトソースやチーズからにじみ出た水と、オリーブオイルの分子が高熱で超速振動を繰り返すのです。
このようにして水と油が沸点に向かう途中、それぞれの分子が揃う瞬間があります。
そのとき水と油が一体化し、いわゆる乳化が起こるのだそうです。
那辺は匠の技です。
今日のマリナーラは乳化ではなく単にオリーブオイルが多いように感じられました。
間違えていましたらごめんなさい。

IMG_4761
肝心の味ですが私の好みではありません。
特にトマトからは何の感動も受けませんでした。
生地はそれなりですが格別に美味しいというわけではありません。
個人的には、ピッツェリアの評価は味、店の雰囲気、接客(含オモテナシ)、料金等の総合的なもので決まると思っています。
このお店の評価はゴツゴツとした不均等感が高いというものです。

それでは(^_-)

銀座 不二家レストラン

今日は「酔いのメカニズム」です。
昭和のはじめ、新興の国際都市東京を、多くの外国人が仕事や観光で訪れた。
彼らが口をそろえて感心したのが「上品で、すてきで、心のこもったもてなし」だったそうだ。
英国の外交官夫人として日本に滞在していたキャサリン・サンムソが、手記にそう記している。
案内人の手厚いサービスから普通の人たちの丁寧なお辞儀まで、何がこのもてなしを生んだのか。
親切心。寛大さ。古くからの伝統。
さらには自分たち自身への誇りがあってのことだろうと彼女は推測する(大久保美晴訳「東京に暮らす」)。
この美しい自然や文化、暮らしを誇り、自慢したくなるのは当然だとも語った。
いま、日本を訪れる外国人が増えている。消費額の総計は昨年、2兆円を超えた。政府は5年以内に4兆円へと倍増させると意気込む。確かに外国人、とりわけアジアからの観光客の買い物意欲は旺盛だ。きのうも東京・新宿の繁華街に大型免税店が新たに開業し、中国からのグループ客で早くもにぎわいを見せている。
店には日本製の生活雑貨や食品が並ぶ。説明の札には東南アジアや中央アジアの言葉も交る。店員も外国人が多い。疑問にすぐ答えられてこそおもてなしの要は、サンムソのころと変わらないらしい。
まずは気持ちよく過ごせること。消費増はその結果と考えたい。
日本経済新聞「春秋」より転載
IMG_7630

IMG_7631

IMG_7632

IMG_7633
実はこの間新潟に行った際、新潟の責任者をやっている男性の同期と、いまやお局の頂点となってしまった女子の同期に会ってきました。
夜は彼らが行きつけのお店で旧交を温めたのです。
そこで新潟の山海の珍味に舌鼓を打ちながらのプチ同期会です。
男子の同期は冷酒で、私とお局はホット烏龍茶でおつきあいしました。
話しが佳境になったころ2020年東京オリンピックの話になりました。
女子の同期から、日本はおもてなしの国だから日本にはるばる来た方達には気持ちよく帰って欲しいものね、と言ったので、私は、日本人の本領発揮のいい機会だよね、と言ったら、男子の同期から、日本人すべてがおもてなしの心をもっているわけでない、といったので女子から、それはそうかもしれないけれど、その様な気持ちを持つことが大事じゃない、と言ったのです。
すると男子は、日本人はそもそも排他的な国民なんだ。日本人おもてなしなんていうのはそもそも上っ面だけのものだ。歴史をみてもわかる通り、日本人は自分が暮らしている村の帰属意識は強いが、他の村の人間に対しては「石持て追われる」ような事を平気でしてきたんだ、と言い切ったので、女子から、何がいいたいの、せっかく▲▲さんが東京から来ているのだから、そのような「問答無用」みたいな言い方はやめてくれない、と怒気を含んで言い返したのです。
私は彼とは長い付き合いなのである程度わかっていたました。
私の帰りの新幹線までの時間が限られていたので、冷酒の飲むピッチを上げた結果悪酔いしてしまったようなのです。さらに女子は、前回の東京オリンピックの時に、日本の乞食が路上で新聞を読んでいるのを見て、なんでこの様な知識レベルが高い人間が、乞食なんかやっているんだ、と驚いたみたいなのね、と言ったら、くだんの男子は、アメリカ人の乞食だって新聞くらい読んでいる。それは当時の日本のメディアが作り上げた国威高揚のある種のプロパガンダだ、これまた上から目線で言い切ったものですから、また女子がキレて、なに、そのいいかた、気分悪いから止めてくれない。もしかして酔っているの。酔ったら何言ってもいいっていうのは時代錯誤の蛮習だからね、と言い返したのです。
するとそれを受けて男子は、日本人は前の東京オリンピックの時には新聞なんかは読んでないんだ、と声高にこれまた言い切ったのです。

私の同期の男性は私の大学とはかけ離れた優秀な大学を出ておられるので、頭脳は優秀且つ明晰です。
その彼がなんでこの様な発言をする事にとても興味を持ったのです。
彼が言いたかったのは、多分ですよ、おもてなしの国など言われて浮かれているのではなく、もっと謙虚に腰を低くして来日してくる全世界の外国人に接しなさい。そのためには妙なプライドをすてて事にあたりなさい。無心のもてなしそれが真のhospitalityです、と言いたかったのでしょう。
それが彼の脳の地下水脈となっていたはずなのですが、酔いのためにうまく表現ができず、それらをsummary(要約)して話しますと、上記のような会話になるのでしょう。
個人的は、あいつでも悪酔いするとそうなるのか、と妙に感じ入ってしまったのです。
確かに酔いますと誰しもがくどくなります。
それは多分自分が酔っていて、口跡も怪しく自分の伝えたいことが的確に伝わっているのかが不安になり、それで何度も同じような発言をするのでしょう。
まぁ確か、私もそのような行為はかつて多々あったものですから理解ができます。
で〜も酒席の歓談の効用は、話に膨らみと奥行きができるとこでありまして、このような枝葉末節の話ではありません。

この話は後日談がありまして、同期の男子は次の日、くだんの女子から直答を許してもらえず、すべてmailでの会話になったようです。
あ〜ぁ・・・一番信頼している女性との信頼関係を壊してしまって、私の同期は大馬鹿です、女性と飲むときには悪酔いしてはいけません、ハイ。


Never never never never



IMG_7719
今日はザギンに出没です。
今日のお店は決め打ちです。
今日のお店は「不二家レストラン」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-2-12
電話:03-3562-0681
定休日:無休

IMG_7721

IMG_7726
お店の外観です。

IMG_7731
店内の雰囲気です。

IMG_7723
メニューです。

今日のオーダー「オムライスプレート」@990円です。
不二家といえばこの謎々がすきです。
ペコちゃんがお風呂に入っていた時にポコちゃんにのぞかれました。
ペコちゃんは何ていったでしょう。
答えは
「見る気ぃ〜(ミルキー)」
です、ハイ。

IMG_7728
待つこと14分で「玉子スープ」の到着です。
見た目美味しそうです。
うん、なかなかです。
具材がグズグズになっていないのが高評価です。
たまに砂かけ婆あの髪の毛みたいな伸びた昆布がありますものね。

IMG_7729

IMG_7730
待つこと18分で「オムライスプレート」の到着です。
見た目、大人の「お子ちゃまランチ」みたいです。
それでは実食です。
トロトロの玉子は美味しいです。
ケチャップライスは酸味が強いような、さらに申せばスパゲッティはさら〜に酸味が強いです。
全体的にはそつなくまとまっていました。
華の銀座のど真ん中で@990円のランチは魅力です。
メニューはパフェ類が充実していましたので次回はパフェです。

それでは(^_-)

月島 めし屋 10th

今日は「リニアモーターカー」です。
リニアモーターカー
全国に鉄道が延びていく明治の昔、線路敷設や駅の設置を拒んだ町が多かったという話をよく聞く。汽車が走ると宿場がさびれる。若者が都会に出て 堕落する。煤煙で桑が枯れるなどと訴えて鉄道を通さなかったからいまだに駅が繁華街から遠い……。そんな指摘だ。 
ところが青木栄一著「鉄道忌避伝説の謎」によれば、その大半は根拠がない。なぜわが町には鉄道が来なかったのか、理由を模索したあげく、こうした「伝説」が誕生したという。鉄道誘致を逃したのを頑固なご先祖のせいにしたわけだ。リニア中央新幹線をめぐっても、将来さまざまな言い伝えが生まれるかもしれない。 
東京・品川から名古屋まで最短卯分。JR東海はきのう、2027年開業をめざすリニアの詳細なルートや駅の位置を公表した。新たな夕−ミナルに発展しそうなところもあれば、在来線の主要駅とはやや離れた場所にできる中間駅もあって地元の思いは複雑なようだ。じつは自治体にとって駅の建設費負担も軽くはない。 
時速500kmの速さを生かすために余計な回り道はいっさい避けたルートであり、駅の位置 である。思えばとことんドライな「運送」手段なのだ。逃した地域にしてみれば、カネもかかるし、なあに、あんなものとやせ我慢しておきたくもなろう。夢を膨らませ、嫉妬も少しまとって、めくるめく心地の超特急が走りだす。
日本経済新聞「春秋」より転載

いよいよリニアモーターカーが始動しますね。
な何と東京⇔名古屋が片道40分で、東京⇔大阪が片道67分ですか、とても早いですね。
止まる駅は東京都品川→相模原市橋本→甲府市大津町→飯田市(駅の場所は不明)→中津川市(駅の場所は不明)→名古屋(名古屋駅から少し離れた所、地名失念)です。名古屋→新大阪間の詳細は未定です。
東京⇔名古屋間の開業は2027年で新大阪までの全面開業は2045年との事です。
東京⇔名古屋間の料金は現在の東海道新幹線「のぞみ」の料金に700円増しで、東京⇔大阪間は1,000円増しだそうです。かなりお得感がありますね。
2020年の東京オリンピックには間に合わないものの、東京オリンピックでは海外政府関係者の「体験乗車」を実施する考えだそうです。
一般向けには来年度以降山梨県の実験線で有料体験が実現するそうです。
ちなみに経済波及効果は三菱UFJリサーチ&コンサルティングによりますと、東京⇔名古屋の開業による経済効果を10兆7000億円、東京⇔大阪間で16兆8000億円と試算しています。さらに景気が良くなりますね!

乗り心地は未体験でわかりませんがかなりの加速度が体に加わるのでそれがどのように感じるのでしょうか?
また乗車時の86%が地下やトンネルなので流星のように流れる景観を楽しむ事はできないようです。
本件で割を食ったのが京都です。
超高速運転が必定の為大きく曲がる京都をJR東海は意図的に外してしまいました。
ここから先は京都に止まるかどうかは京都の政治的圧力如何(いかん)でしょう(笑)
さらに遠距離恋愛の成就が促進されます。東京⇔名古屋が40分ですからね。
加えて東京⇔名古屋の転勤に伴う住居移動が無くなる可能性が高いですね。
元人事の立場からすると転勤にともなう社宅が不要ですし、単身赴任が引き起こす家庭問題が解消されるので企業の人事担当としてはかなりwelcomeではないでしょうか。
いずれにしても将来を見据えますと、東北、新潟、北陸等のアクセスを考えた場合、本来であれば東京駅の地下に作るべきでしょう。
物見高い下町っ子ですのでいち早く体験乗車はする予定です、キッパリ。


夢の超特急と言われ続けてきた超電導リニアモーターカーですが、上述の通り2027年の開業を目指して中央新幹線が来年(2014年)には着工予定とのことで、いよいよ現実のものとなってきました。
時速500kmを超える走行実験が行われるたびに日本でもニュース映像が流れますが、海外からもこの世界最高水準のテクノロジーが注目されているようです。



IMG_7080

IMG_7082
今日は月島に出没です。
あの「めし屋」さんが元の場所にもどってきたとの事ですのですので早速お訪(とな)いを入れにいって参りました。。

住所: 東京都中央区月島1-5-7
電話:03-3534−0486
定休日:無休

IMG_7071
お店の外観です。

IMG_7074

IMG_7079
店内の雰囲気です。

IMG_7073
メニューです。

今日のオーダー「さば定食」@900円です。

IMG_7075
まずはお約束のオカズ三兄弟です。
今日の三兄弟は、塩辛、アミ、たくあん細切りです。

IMG_7077
待つこと16分で「さば定食」の到着です。
9月1日に元の場所に移転しました。
お店は前よりは気持ち広くなったようですが席数は一緒です。
大きく変わったのはカウンターです。出幅が大きくなって食べやすくなりました。
プラ〜ス階高が高くなっています。
内装はそんなに費用をかけるつもりではなかったようですが、かなりの出費になった、とご主人の奈良間さんはこぼしていました。
お願いですからその分を@単価にのせないでくださいね、とはさすがに言いませんでしたが大丈夫でしょう、多分・・・

あじですか、違います、さばです。
美味しいですね!
ここのさばは外れがありません。
所謂鉄板の味です、そしてこの味には揺るぎさえありせん。
ジュシ―で美味しいさばを食べたかったら是非お立ち寄りください。

IMG_7078
加えてここのお楽しみは「オカズ三兄弟ごはん」です。
正直これが食べたくてきているようなところもあります。
特に伊東産の塩からは絶品です。
日本人なら是非お試しください。
絶対に裏切りません、但し塩辛は食べる時の体調に左右されます。
二日酔いの日に食すのは控えた方が宜しいかと思います、キッパリ!

それでは(^_-)

練馬高野台 ビッグボーイ

今日は「Splashな一日」です。
今日は「Splashな一日」です。
ここのところ硬い話が続きましたのでたまには肩の力を抜いた話で失礼します。

1. エックスガールフレンド
元彼女1
今日の今日までこのex-girlfriend(エックスガールフレンド)をx- girlfriend(エックスガールフレンド)とエックスをmysterious(秘密の)の意味のxだと思っていました。
つまり私的にはエックスガールフレンドと言うのは秘密というか他人に会わすことができない不倫相手みたいな彼女だったのです。
しか〜し本日いつものカナダ人と話していたら意味が微妙に噛み合わないので確認してみましたところ、正しくはformer girlfriendということで元彼女とかかつての恋人という意味だったのですね。
ちなみに辞書で調べてみましたら、exはラテン語の前置詞で元の〜、以前の〜という意味だったのです。
全く知りませんでした。

2. 金満東京オリンピック
東京オリンピック
今回のオリンピックは東京都と国の負担ですが、大会が終わるとマンションに転用する選手村は民間が開発します。仮説会場はスポンサー収入などを元に大会組織委員会が作ります。東京都の施設整備費は1,500億円程度になります。
これにつきましてはすでに都が4,000億円超を積み立てているのです。
都は2006年度から4年間、都税収入から毎年1,000億円を基金に積み立て、今後はこの基金を取り崩して施設整備費などに充てるそうです。
猪瀬都知事が海外のpresentationで「銀行に預けてある」などと自慢していましたが、実際、前回の五輪招致で失敗した事で、利子などで基金残高は約100億円を超えているそうですよ。ということで現状では予算を通じて都民が追加負担を強いられることはないようです。些少であれば五輪のために身銭を切る覚悟はしていました。

3. 鈴木さん一家
IMG_6917

IMG_0176
確〜か・・・鈴木(ガッツ石松)さんの奥さんって美人だったのにと思いながら、このポスターを毎日斜(はす)に見ながら通りすぎていました。
しか〜し本日よくよく見ましたら、なな何と4人鈴木だったのですね(笑)
たしか鈴木さんって母親似でしたので納得の母親ぶりです。
ついでに鈴木さんのお墓です。栃木県粟野では観光spotになっています。
多分鈴木さんは奥様の遠い遠い親戚だと思いますので“鈴木さん”と親しく読んでいますが、TV以外で会った事はありません、ハイ。

4.両替考
両替
小銭が多い場合には最寄り駅のCVSで何かを買ったついでに小銭をお札に替えてもらっています。
今回も出張で新幹線に乗る時にわさわさと小物を買っていたら小銭がたまり、小銭入れがパンパンになりました。
従いまして一番近いCVSで飲料水を求め、そのついでに小銭をお札に替えてもらうことにしたのです。
今回のお店は有楽町のファミマさんです。
Cashierでその旨をお願いしたところ女性の店員さんから、当店は両替をしていません、といわれましたので即座に、両替というのは大きな紙幣を細かくすることですよ。今回のお願いは真逆ですので両替とはいわないと思います。さらにCVSにだったら小銭は沢山あった方がいいわけで、このような事を受けいれておけば小銭がなくなったからといって銀行に両替に行かなくてもよいのですよ。しいてはお店の為にもなります、と返しましたら、その彼女は答えに窮してfriezeしてしまいました。
これ以上言っても仕方ないので、できなければいいですよ、と言ってお店を出ました。
で〜もこれって私の説明が合っていてCVSにとってはmeritになるお願いかと思うのですがね。ちがうのでしょうか?


人馬一体(じんばいったい)という言葉があります。まるで騎手と馬が一心同体になったかのように、巧みに乗りこなすことをいいます。馬でなくともバイクも同じです。マシンと一体になってこそ、自由自在の運転が可能となるのです。そんな人馬一体の見本とも言うべき、見事すぎるバイクの運転が収められた映像が大きな話題となっています。



今日は長男が帰省しています。
たまには美味しいものでも食べるかということで奥様、長男帯同で訪れたのは「ビッグボーイ」練馬高野台店さんです。
というのも「ビッグボーイ」さんは8月31日(土)放映の「第二回ファミレス総選挙」にて新メニュー部門で栄えある一位に輝いたからです。
基本私はミーハーです・・・

住所: 東京都練馬区高野台2-5-15
電話:03-5923-7001
定休日:無休

IMG_7009

IMG_7011

IMG_7012
お店の外観です。

IMG_7024

IMG_7023
店内の雰囲気です。

IMG_7014

IMG_7015
メニューです。

今日のオーダー
私は栄えある一位に輝いた「骨付き日南どりの直火焼き+ドリンクバー」@1,258+@189=1,447円です。
奥様は第七位に輝いた「チーズINハンバーグ+ドリンクバー」@1,153+@189=1,342円です。
長男は第六位に輝いた「大俵ハンバーグ+ドリンクバー」@1,048+@189=1,237円です。

まず入店して驚いたのですが超混雑なのです。
21時近くだというのにこんなに活気のあるファミレスって見た事はありません。
ほとんどが家族連れでお父さん、お母さんはガシガシ呑んでいます。
ワインのフルボトルが1,000円ですからね、コリャ安いです。
奥様と長男もつられてグラスビールを頼みましがこれは@367円ですからちょっと高いね〜です。

ここはゼンショーグループでしょう。
個人的には小川 賢太郎社長が好きです。
社名のゼンショーも「全勝=全部勝つ」「善商=善なる商売」「禅商=善の心で行う商売」からきています。
さら〜にここの企業理念は「世界から飢餓と貧困を撲滅するために日本からフード業世界一」を目指す、ですからとても分かりやすい会社です。

IMG_7016

IMG_7019

IMG_7017
まずはサラダバーです。
サラダバーは充実しています。
葉物は4種類ほどでゆでたほうれん草やオクラ、豆やポテトサラダ、デザートのゼリー、杏仁豆腐、ムース、ライチ、ドラゴンフルーツなんかもあります。
これだけのサラダバーってフォルクスさんくらいですか・・・

IMG_7020
スープバーはコーンスープ・わかめスープと2種類あります。
どれもいい味ですよ。

IMG_7022

IMG_7021
ドリンクバーは普通ですか。

IMG_7018
カレーとライスは食べ放題です。
以外にカレーが美味しいのです。

IMG_7025
そうそうお味ですか。
私の「骨付き日南どりの直火焼き」ですが正直申して火が入りすぎです。
表面が炭化していてコゲた匂いが全てを台無しにしています。
かなり残念です。

IMG_7026

IMG_7027
奥様、長男のハンバーグはまさにストライクです。
かなりの美味しさです。
肉が良いのでしょう
私と長男のプレートには“焼き石”が用意されていますので、自分好みの焼き加減で楽しめます、この当りもうれしいところです。

個人的にはこのような“選べる楽しみ“があるお店は大好きです。
また来ようって!

それでは(^_-)

飯田橋 大勝軒

昨日は久々に草なぎ君状態です。
そりゃそうです、7時からお客様と飲んでいたので最後のところは記憶がありません。
最終的にはTaxi帰宅です
裸族にはなってないものの…反省です(笑)

今日のパチリは「Uniting our world」です。
飯田橋大勝軒1
お台場付近です飯田橋大勝軒2
石原都知事が東京オリンピック誘致の為、な何と5億円の大枚をはたいて作った東京のオリンピック会場のリアルなパノラマです。
すごいですね東京スカイツリーもあります。さすがに我生家は見つけられないものの、この緻密さには脱帽です。しかしこの展示はセキュリテイが厳しくて会場のベルトパーティションに少しでも触ると警備員が怒声で注意します。私たちの都税を勝手に使ったんだろうと反駁したら一体どうなるのでしょうか(笑)

今日のお店は飯田橋で行列ができるラーメン店飯田橋「大勝軒」です。
飯田橋大勝軒3
お店の外観です。
住所: 東京都千代田区富士美2-12-6
電話番号:03-5213-3199
定休日:日曜日

飯田橋大勝軒4
今日の獲物は「ネギ塩坦々あつもり」@780です。
具は小さいのり、硬くて大きいメンマが2本、大き目のパサッとしたチャーシューが2枚、ゆで卵半分、小口切りのネギです。

飯田橋大勝軒5
飯田橋大勝軒6
麺です。もさもさして美味しくなく、なぜか伸びているような感じです。これほどの行列店なのに不思議です。

飯田橋大勝軒7
スープ増しです。味ですかラーメンは好き好きなので敢えて書かせてもらいますが、このお店美味しくありません。このスープ増しでよく理解できたのですがこのお店「甘・辛・酸」のバランスが悪いと思います。しいていえば「甘」が強いような気がします。チャーシューもショッパすぎてしかも固く何だろう。野菜はショキショキしていけましたが後は特筆することもありません。何で行列ができるんだろう不思議に思えたくらいです。
先日兄弟店の錦糸町「海亀」にいき「大勝軒」の美味しさを堪能したのですが、これで暫くは「つけ麺」は封印でしょう

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ