今日は「常識」です
tourobokun-thumbnail2
受験シーズンたけなわだ。国立情報学研究所(NII)などが開発を進めている人工知能(AI)の「東ロボくん」も、2021年度の東大合格を目指している。
成績は上がってきたが、意外な弱点があることがわかってきた。
機械の脳は、人間が経験を通じて獲得した膨大な「常識」を持たず、そのことが文意の理解や状況の把握のハンデとなる。問題は入試に限ったことではなく、今後の人工知能の活用を考えるうえで、重要な課題となりそうだ。
「数学と歴史は胸を張ってよいレベル」
2015年11月、東ロボくんの成果報告会で、出題したベネッセコーポレーションの担当者はこう評した。
東ロボくんの開発がスタートしたのは11年度。
13年度に初めてセンター試験の模試を受けたときの偏差値は45だったが、今年度は57.8。
受験生の平均点を超えた。
世界史は安定して8割の得点を取れるようになった。数学は、筑波大学チームが作った数列の問題を解くアルゴリズムで点を伸ばした。
「昔の私より、東ロボくんの方が成績が上です」と、チームの照井章准教授は笑う。
一方、物理は苦戦を強いられている。
最大の壁は、問題文の理解だ。数式や定型の表現が多く、設問の意味が1つに定まる数学と違い、物理ではまず、文章で説明された状況を把握する必要がある。
例えば「時速40キロで走る自動車から後方に投げたボールの運動」について聞かれれば、人間なら誰でも、道を走る自動車の窓から外に向かってボールを投げる光景を思い描くだろう。
その背後には、これまでの経験で培ってきた膨大な知識の蓄積がある。
「自動車とは人が乗って動くものだ」「ボールは外に向かって投げた」「自動車には重力が働いている」
どれも問題文には書いてないが、当然の前提となっている。
だが日常生活を送った経験がないコンピューターは、そうした「常識」を持たない。
そのため問題文の説明から、常識を頼りに状況を把握することができないのだ。
プロジェクトを率いるNIIの新井紀子教授は、物理への挑戦を「ロボティクスの今後を占うのに重要な取り組み」と位置づける。
それは将来、家庭や町中で働くロボットが身の回りの出来事をどこまで把握できるかを占う試金石となる。
人間の常識を、辞書のようにロボットに与えることは可能だろうか。物理の解答プログラムを開発したNIIの稲邑哲也准教授は「現実世界と言葉は1対1対応しておらず、難しい」と指摘する。
例えば「かばんを持つ」と「かばんをぶらさげる」はほぼ同じ動作を表しているが、「かばんを持つ」と「鉄棒を持つ」の「持つ」はまったく違う。人間が状況把握に用いるあらゆる常識をロボットに教えるのは不可能に近い。
「常識」は、経験から得られるものだけではない。
人間は生まれたばかりの赤ん坊でも、例えば「空腹になったら食べなくてはいけない」「動いているものに注目する」ことを知っている。それは生物進化の長い歴史の中で、人間が獲得した「常識」だ。
我々が現実世界で下す判断や行動の多くは、そうした「常識」に基づいている。
一方、生身の体がないコンピューターやロボットは、何ら「常識」を持っていない。
どれだけAIが進歩しても、コンピューターが人と同じようにこの世界を認識するようにはならないとみられる。
NIIの新井教授は「物理の試験結果は、自動運転車(の開発)に重い課題を残したと思う」と話す。
たとえば運転中に何かが飛び出してきて、進めばぶつかるが、避ければガードレールに衝突するような場合、人間は状況を瞬時に把握し、自己防衛を最優先しつつ、できれば他者も守ろうとして、とっさの判断を下すだろう。
だがロボットに、そうした判断は難しい。
かつてアイザック・アシモフは、「人を傷つけない」「自分を守る」など、ロボットが守るべき3つの原則を提唱した。
だがこの原則を守るには、目的のためにどんな行動を取るべきかを判断する必要がある。
それには何よりも「常識」が必要なのだ。
人工知能のゴールは、おそらく人間の知能ではないだろう。
ロボットの特徴を生かし、ロボットにしかできないタスクを担う、新たな知能を目指す必要があると専門家の多くは考えている。新井教授は「人と機械の生産性のベストミックスを探るのが大事だ」と指摘する。
人工知能は今後、どこに向かうのか。具体的な形はまだ見えていないが、東ロボくんが今後、そのヒントをくれるかもしれない。
「AI、弱点は「常識知らず」 状況把握が苦手、活用に課題」日経新聞より転載

今新入社員の面倒を見ています。
guts_02_500
最初は部下に任せていたのですが、手に負えないみたいで、一部指導をしています。
毎日トホホの連続です。
最近の若手社員は頭が良いので指導そのものは問題がないのですが、この東ロボくんのように社会人としての常識がないのです。
例えば2週間前に打合せた案件の回答期限を期限ぎりぎりになってやりはじめ、挙句はその回答を導き出せなくなって、外出先の私の携帯電話に泣きをいれます。
そしてその回答を教えたので、今日中にそれを終わらせて帰るかと思うと19時頃、今日はどうしても外せない私用があり、明日に延伸させてください、と電話で厚かましい申し入れをしてきます。
私はそれに対して、身内にご不幸か何かあったの、と聞けばそうではなくて、前から決まっていた約束です、と言うものですから、それなら前もって段取りすればよかっただけだろう、と言いますと、明日約束やりますから、とそれに対してさらに泣きを入れます。
今日の約束が果たせない人間が明日の約束を果たす保証はない、ときつくいいますと、電話口の向こうで沈黙を決め込みます。
昔なら、業務命令だ、と言って帰さなかったのですが、さすがにそこまではやりません。
しか〜し・・・です。
刀は抜いたら切るものです。コミットはしたら守るものです。
そのようなのは世界的な常識であります。
この様な箸の上げ下ろしまで指導するのは如何なものでしょうか。
本当なら部下に任せて「白河夜船」を決め込むのですが、折角人事が苦労して採った人材です。
元人事の責任者としては放置もできず面倒を見ているのです。
まぁ彼の将来に期待して育成していくしかないなと思う今日この頃であります。



東京タワーのつぶやき




今日は淡路町に出没です。
IMG_1838
今日はすき焼きの美味しいお店があるということでお邪魔しました
今日のお店は「すき焼ゑびす本廛」さんです。

住所: 東京都千代田区神田多町2-5-1 1F
電話:03-3254-9229
定休日:日曜日・祝日

IMG_1839

IMG_1840
お店の外観です。

IMG_1853

IMG_1851
昔のお店です

IMG_1845
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「牛すきしゃぶ定食」@1,280円です。
創業80年目で現在三代目が引き継いでいる老舗です。
このお店、正しく申せばこのお店のすき焼き店は、2015年8月に私の嫌いだった中華料理屋「HIRO」の後を居抜きで入ったのでした。

IMG_1843
待つこと1分でアルコール無しの水割りの到着です。

IMG_1847
待つこと3分で卓上コンロの到着です。

卓上コンロに遅れること1分で「牛すきしゃぶ定食」の到着です。
IMG_1848

IMG_1846

IMG_1849
見た目「うしにく」だという感じです。
肉は全部で8切れ総重量120gです。
お店の方から、割り下が濃いのでしゃぶしゃぶみたいにして食べてください、との説明を受けました。

IMG_1850
実際はそこまでしなくてもいいような感じでしたのですが為念1枚ずつ火を入れました。
味ですか肉美味し、卵美味しあんど割り下美味しの三冠王です。
肉はかなりの美味さでした。
しか〜し120gはa little bit lonelyであります。
今度はこのお店の焼肉店に参戦する予定です。

それでは(^_-)