下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

来々軒

水天宮 来々軒 リターンズ

今日は「仇討考」の話です。 
井原西鶴は貞享四年(一六八七)に『武道伝来記』を出版しましたが、このなかには当人同士がなんの遺恨もないのに、世間の思惑が許さず、やむなく仇討ちをする話があります。また、討手の妻が手引のために敵の妻となり、子までなして、義理と人情の板挟みになって苦しむ、という話などを書いています。 
言葉ではいい表わせない苦労をしても、ついに敵と出会うこともできず、むなしく死を迎えることもありました。やっと探しあてたと思っても、すでに敵はこの世の人ではない。そんなときの無念さは、いかばかりだったでしょうか。仇討ちにはさまざまな矛盾があり、そこから悲劇も生じます。武士の面目を立てるための仇討ちですが、その成功率はTパーセント以下だったといわれています。
「時代小説」新潮文庫より転載

幕府は喧嘩両成敗を原則としながらも。許可された仇打ちだけを認めていました。
つまり幕府が仇打ちを管理し、許可のない勝手な仇打ちは喧嘩とみなされ成敗されたのです。
仇打ちの期限は3年間です。しかし3年間と期限を切っておきながら、実質的には無期限だったそうです。
当初、仇打ちは奨励され、仇打ちに出た留守の間、妻子暮らしは保証されました。
仇打ちを果たして帰ってくると、加増などの褒美をもらうことができたのです。
ところが元禄〜享保年間(1866〜1735)のあたりから様子が変わりました。
私事のため公務を離れることが 問題視されるようになったのです。
その結果俸禄(給与)がなくなり、残された家族が路頭にまようということも生じました。
しかしnet社会の今日でも仇打ちを探すことは困難なのに、どのようにして探しだしたのでしょうか。
大海の一栗(いちぞく)を探すようなものですから、その辛苦は幾ばくかと想像するに難くないものです。しかし逃げる方も逃げる方でかなりのstressですので、あえて追手を迎え撃って黒白をつけたのかもしれません、それがない限りめぐり合うこともないのではと思います。

エッシャーのだまし絵「滝」を実写化した映像が大変話題になりました。
その映像をさがしたのでご覧ください。
一体どこに仕掛けがあるのでしょうか?


今日のお店は水天宮のデカ盛中華料理店「来々軒」さんです。

住所: 京都中央区日本橋蛎殻町1-38-1
電話:03-3668-5009
定休日:日曜日

IMG_7997
お店の外観です。

IMG_7993

IMG_7996
今日のオーダー「牛肉ニラいため+半ライス」@750+@150=900円です。
画像では大した量にはみえないかもしれませんが、想定内のデカ盛です。
牛肉の多いこと多いこと食べても食べてもなくなりません。
味ですか、牛肉とニラは相性が良いことが確認できます、の通りとても美味しいです。
味つけが濃いので、半ライスでは物足りなかったでした。
ガツンと食べたい時にお奨めの町の中華料理店さんです。

それでは(^_-)

続 水天宮 来々軒

今日は「プーン パチッ」の話です。
最近蚊にさされなくなりましたね、昔の下町は蚊が多かったようです。
古今亭志ん生さんは昭和三年に業平一丁目たしか今の本所税務署あたりに引っ越してきてエライ目にあったそうです。以下に古今亭志ん生さんの一文を紹介しますが、むかしあの辺りって池だったんですね。
家賃を払えず、「いままでの家賃は払わないでもいいから、出て行っちゃもらえまいか」と言われていた所へ、家賃がタダという物件を見つけた。ただより安いものはない。渡りに船と引っ越してみたらさぁ大変。元は池だった土地らしく湿気が多い。雨が降った日には池の中に家が建っているような按配だった。
蚊の数も半端じゃない。遠くから眺めると煙って見えるくらいに凄かった。「ただいま」って口を開けると、口の中に蚊が何匹も入っちゃうんだ。そんな水っ気の多い家だから、なめくじだって元気だ。なめくじが列を成して這っている。だから「なめくじ艦隊」。見せてやりたいねぇ。
「なめくじ艦隊 志ん生半生記」古今亭志ん生著より転載


ところで蚊に刺されやすい人っているようです。

蚊に刺されやすい条件はいくつかあります。
まず蚊は二酸化炭素に寄ってくるという性質があります。これは動物の呼吸(皮膚呼吸も含め)によって排出される二酸化炭素を元に吸血対象を探しているからです。この件については科学的にも証明されています。例えば蚊がたくさんいそうな山奥でドライアイス(二酸化炭素の固体)をまき散らすとものすごい数の蚊が寄ってきたという報告もあります。つまり,体から二酸化炭素を多く放出する人は蚊に狙われやすいのです。もっと簡単にいいますと,炭酸飲料を飲んだ後などは若干ですが蚊に刺されやすいことになります。

2つ目に血液型が挙げられます。よく言われるようにO型の人は蚊に刺されやすいようです。これも科学的な根拠があります。O型の赤血球の表面に存在する物質が蚊にとっては好物なのだそうです。もちろん他の血液型でも蚊にとってはいいのですが「できればO型がいいな〜」みたいなことは蚊も思っていることでしょう。

3つ目に体温が高いことが挙げられます。厳密には体温が高いというようりも汗をかきやすい人のようですが,これは,汗に含まれる成分が蚊を寄せ付けるからです。といっても汗には血液成分が含まれていますから,やはりO型の人の汗は美味しそうな臭いがするのではないでしょうか?
「授業に役立つ科学ネタ」より転載


結論としてはO型でビールをたくさん飲む人が蚊に刺されやすいそうです。
ちなみに“O型でビールをたくさん飲む人” ですか、わたしは100%当て嵌まりますので蚊のいるところには行かないようにします(笑)

子供の頃祖母の葬儀の後、斎場の近辺の生け垣で弟、妹を脅かそうと隠れて待っていました。するとそれを目ざとく見つけた母が私に、××(私のこと)!そんなところに隠れちゃ駄目よ、やぶ蚊に喰われるから!といわれ即座に反応して飛び出したのです。
しかし遅かりし由良乃助です。露出している全ての皮膚、まるで日光写真のように見事に喰われました。顔なぞはポップコーンを張り付けたみたいになっており、まるで子役のお岩さんです。これにはたまげたものです。

今日は下町雰囲気が色濃くのこる中華料理屋「来々軒」さんです。

住所: 京都中央区日本橋蛎殻町1-38-1
:03-3668-5009
定休日:日曜日

来々軒21
お店の外観です。

来々軒22
店内の雰囲気です。

来々軒23
メニューです。

来々軒24

来々軒25
本日のオーダー「豚肉ピーマンかけごはん」通称「豚かけ」@770です。
このお店盛りがあいかわらずスゴイですね。豚肉が親の仇みたいに入っています。
味ですか、味が濃いのがきにならなければ、イケます、オイシイです、シアワセになれます。豚肉ってこんなに美味しいんだと感動したい方にお勧めのお店です。

それでは(^_-)

水天宮 来々軒

アンデスの山中、生きたコンドル(ハゲタカ)を捕まえる話です。
それは肉塊に沢山の塩を塗りこみ、そばに水の桶を置いておきますと、その塩肉を食べたコンドルは喉が渇き、水を沢山飲んで体重が増し、なかなか飛べなくなってしまいます。そこを2頭の馬に乗り、羽ばたくコンドルを追い、両端から羽を捕まえるのだそうです

今日は水天宮に出没です。なにやら古めかしい中華料理屋さんにビジネスマンの行列が・・・ピンときました、ここは美味しそう。

来々軒1
お店の外観です。

住所: 京都中央区日本橋蛎殻町1-38-1
電話:03-3668-5009
定休日:日曜日
ここから先はパチリでご覧下さい。

来々軒2
メニューです。廻りが食べている「豚肉ピーマンかけご飯」がとても美味しそうでしたので、早速頼みました。けれどもオーダーストップです。一体何が無くなったのでしょう、まさか豚肉じゃないですよね・・・しかしまだ12時半にもなっていませんのに

来々軒3
中華料理店の力量が一番に分かるのはやはり「チャーハン」でしょう(自信アリ
今日の獲物は「玉子チャーハン」@650です。お店は二人のオジサンが一生懸命汗だくでそれぞれ鍋をアオッテいます。年配のオジサンは小言幸兵衛のようにブツブツと小言をこぼしています。しかし量が多い二人前程あります・・・ここのところ大盛のお店に当りますね、気合でそれなりに食べたのですが、結果三分の一程残して小言幸兵衛オジサンに「残してごめんなさい」を言いました。すると小言幸兵衛オジサン「ソーーカイ、ソーカイ」と嬉しそうに微笑んだのです・・・ここはサドのお店か(笑)

来々軒4
味ですか・・・下町のヤキ飯です。一口食べたら何て美味しいと思い頬バッタのですが、段々食べ続けるとショッパイことショッパイことさらに大量に入っているチャーシューもショッパくこれ本当にノーマルなチャーハンと考えてしまいました。
さらにこのお店お水がセルフサービスなのですが超満員なので取りにも行けず、仕方なく清湯(チンタン)スープを飲んだのですがこれまたショッパイことショッパイこと。
最後にお支払いをしたら@650ではなく@750でした。何でかなと考えてメニューのパチリを見るとこれって肉入りチャーハンなのでした・・・納得、納得です。

その後冒頭のコンドルのように今日は一日お水ばかりを飲んでいました。こんな日もありますweep

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ