下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

有賀さつき

谷中 一寸亭 リターンズ

今日は「女子アナ受難」の話です。 

まずは以下の日刊ゲンダイさんの記事の紹介。

一度だけなら許してあげる――。そんな流行歌もあったけど、2度目となると問題だし、資質を疑われても仕方がないだろう。NHKの青山祐子アナ(38)がまた漢字の誤読をやらかした。

青山はこの4月から夜の「ニュースウオッチ9」の司会から昼の「スタジオパークからこんにちは」の司会に異動になった。その放送2日目の5日、中学生でも間違えないようなミスをやってしまった。

この日は俳優の永井大がゲスト。永井は初主演時代劇「新選組血風録」の撮影の際の殺陣や乗馬シーンのエピソードなどをスタジオで披露。永井は「殺陣のシーンは難しいですね。自分なりの殺陣が」などと時代劇初挑戦の意気込みをさわやかに語った。

視聴者が「おい!」と突っ込みを入れたのは、その後の視聴者からのファクスを紹介するコーナーだった。青山はファクスを読み上げる際に「土方歳三の物語だけでなく、殺陣(さつじん)アクション・・・」と誤読。コンビの近田雄一アナに「殺陣(たて)アクションです」とすぐさま訂正されて「あっ、ごめんなさい」と平謝り。永井は苦笑いするしかなかった。

青山はNHK入局以来、スポーツ・報道畑を歩んできた。そのため、リアクションが重要な生のトーク番組は不慣れとされていた。だれもがやっぱりボロを出したと思ったはずだが、青山が漢字の誤読で注目を浴びたのはこれが初めてではない。今年1月には「ニュース9」の中で「音楽のヒットチャートを“せきまき”する人気グループ・・・」と、「席巻」を読み間違えた。

席巻も殺陣も中学生レベルの間違いだから、NHKのアナウンサーとしては失格。レベルが低すぎる
「2011年4月7日付日刊ゲンダイ」より転載

他局でも放送中に以下の誤読事件が・・・確かに間違いやすい漢字ではありますがね!

団塊(だんかい)の世代→だんこんのせだい
防府(ほうふ)→ぼうふ 
重複(ちょうふく)→じゅうふく
老朽化(ろうきゅうか)→ろうちくか
辛(つら)い→からい =>視聴者から寄せられた手紙を読むとき、「つらい」を「からい」と読んだため、ちなみに何れも使用する漢字は同じです。

個人的にはCQ(フジテレビ)の有賀さつきさんの誤読がすき。
旧中山道を、『いちにちじゅうやまみち』という他局のとちり例を説明する際に彼女が誤読のフリップボードを持ちながら、「まずは、N局美人アナのとちり。このフリップ、正しくは『きゅうちゅうさんどう』と読むんですよね、・・・えっ、違うの?」と有賀自身も間違えて読んだという話。
さらに彼女はこんな誤読もしています。
平将門(たいらのまさかど)・・・ひらしょうもん
前頭(まえがしら=相撲の番付)・・・ぜんとう(「私、相撲ダメなんです」と言い訳していたが、MCから「相撲だけかい!」と突っ込まれていた)

そして極めつけはANN(テレビ朝日)のこの動画(笑)

昨今ビジネスの国際化で帰国子女も増加しており誤読はいた仕方ない環境になっているので、私はこのような間違いやすい漢字は原稿にルビをふれば良いだけなのになと思うのですが・・・


今日はここの煮込みが食べたくて食べたくて来てしまいましたここ谷中に。
今日のお店は絶対に裏切らない下町の中華料理店「一寸亭」さんです。

住所:  東京都台東区谷中3-11-7
電話:03-3823-7990
定休日:火曜日

IMG_8265
お店の外観です。

IMG_8266
チャームのシナチクです。これはすごく美味しいです。歯ごたえ、香り、味わい最高です。
これだけのシナチクを作れるお店ってあまりないと思いますよ。

IMG_8268

IMG_8269
私の大好物「もつ煮込み」@400円です。
肉がよく掃除されていて雑味なし。ほど良い脂っこさがこの塩仕立てのスープに合う事、合う事至福です。

IMG_8270
これも大好物の「ギョーザ」@500円です。
画像見ても美味しさが充分に感じとれると思います。
皮はほのかに甘くて質感モチモチ、餡はホクホク、ジューシーでえも言えない美味しさです。皮、餡、焼き方、最高!これは芸術食品でしょう。

IMG_8273
そして締めの「五目かたやき」@880円です。
画像見てください。この餡の輝き、ピッカピッカに光っていますよね。
野菜が甘くてこの餡に良く合っています。
日本で三本の指に入る美味しい堅焼きそばですと言っても過言はないと思います。
このお店はもとと餡かけ系中華は多くの愛好家を有しているのですが、この「五目かたやき」が最高峰でしょう。本当に美味しい。

それでは(^_-)

北品川 大冨鮨

本当なのかしら、CXの有賀さつきアナは、「旧中山道」を「いちにちじゅうやまみち」って読んだとか「平将門」を「へいしょうもん」って読んだとか信じられません。これはお笑い芸人のネタでしょう
唐突な前振りは私にとって今日一日が脈絡ない日だったのでそれにそっただけなのです

今日奥様と北品川に行きました。
品川と言えば、東海道第一の宿場町。旧東海道は、現在の北品川商店街が通っています。レトロな雰囲気が漂う「東海道品川宿」をぶらついたのです。

ここから後はパチリでご覧下さいm(__)m
副都心線渋谷駅

卵型駅を見たくてワザワザ副都心線にて渋谷に降りました。
じっくり見れなかったので感想はないのですが、竣工間際の匂いが鼻腔に心地よかったですね(笑)

京急線扇風機

何とレトロな京浜急行の扇風機です。最新型E233(京浜東北線)なんかはアルミ製整風板ですよ。リニューアルしましょうね(笑)

東海道八山口

東海道最初の拠点八山口のマイルストーンです。ここから歩きました。

東海道品川宿入口

東海道二番目の拠点品川宿入口(北品川)です。ここまで歩いてきました。たしか落語の居残り佐平次(いのこりさへいじ)の話に出てくるところではなかったでしょうか。この話大好きです

品川神社

品川神社です。文治3(1187)年に源頼朝が創建した神社です。
境内にある明治初期創建の「富士塚(品川富士)」は、富士山の溶岩そのもので作られた築山です。品川区の有形文化財に指定されており、登れば本物の富士山に登ったのと同じ御利益が得られるといわれています。

富士塚一合目

ということで富士塚に登ってみました。最初の一歩は一合目です。

富士塚頂上


富士塚頂上です。御利益があるといいですね(笑)

大冨鮨

本日のお店「大冨鮨」です。正直にいえば狙い店はあったのですが、日曜日だったのでどこもお休みで仕方なく入りました。

上ちらし

住所: 京急新馬場駅北口通り
電話番号:03-3471-3753
定休日:水曜日(不定期)

上ちらし@800です。味ですか、これが美味しいのです。ネタも十種類以上入っており大満足でした。この味で@800は信じられません

釣船屋街


映画「釣りバカ日誌」のロケ地になっている、北品川の釣船屋街です。
実は私この中の一軒の釣舟屋に聞きたいことがあって入ったのですが、何と本日の東京湾の花火を見るためヤクザ屋さんの団体が集まっており、それを知らずに迷惑がる釣舟屋のご主人にウダウダときいていたのです。
もう少しいたら多分東京湾でお魚の餌になっていたかもしれません。
さすがにその筋の方は迫力ありますし、妙に店内の空気が乾いていたことが思い出されます(コワッ)

船ダマリ


釣船屋街の船ダマリです。とても品川とは思えないですね。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ