今日はオムニバスですのでB級グルメネタはありません。 

今日は日曜日、会社に行くつもりだったのですが、昨日長男が帰省していたので大もんじゃpartyをしました。
最初は控えめに飲んでいたのですが、あまりのもんじゃの美味しさについつい飲み過ぎてしまい、軽い宿酔いとなり出社を断念してしまいました・・・いいのですか仕事たまっていますよ!
ちなみに我が家のもんじゃの具は、明太子、ウィンナソーセージ、粉チーズ、餅、干し海老(高級品)、タコ、ベビースターラーメン、新鮮群馬高原キャベツです。それに個人の好みで紅生姜、SBカレー粉、青海苔を加えます。
この具のもんじゃをもんじゃtown月島で食べれば、軽く@1,500は超えます、ハイ。
作るのが下町もんじゃ担当大臣の私ですから不味いわけがありません、皆がほっぺを落としてしまいくっつけるのに一苦労していました。
我が家のもんじゃの作り方は「月島焼き」です。
「月島焼き」というのはキャベツ、ウィンナソーセージ、干し海老を良く炒めてから大ベラで良く押しつぶして具のエキスをだし、土手を作って焼く方法です。
永年の経験からいいますと、これが一番美味しいのです、ごめん地元浅草焼き!


IMG_9394

IMG_9393

IMG_9395
※RNはRadio Nameの略です
※日天のポストカードの切手は、投稿ネタの内容に合わせています。
  今回は猛女ですので女性の切手になっていますネ。

久々にTBSの「安住伸一郎の日曜天国」に投稿ネタが取り上げられました。
最後に取り上げられたのが今年の2月ですので、7ケ月も干されており喜び一入(ひとしお)です。
投稿ネタは「親戚が集まると必ず出る話」です。

親戚が集まると必ず出るのは私の祖母の話です。
20代続く我が一党の長女でしたので、祖父を婿にとりました。
昔の婿取りは強かったのです。

水田の水争いの様な揉め事があると、一升瓶をぶら下げて揉めている先に出向きます。
そこでさしつさされつねばり強く交渉し、最後に相手が、貴女には、もう参ったといって酔い潰れるのをみとどけてから莞爾と笑い悠然と帰ったそうです。

日露戦争に参戦した祖父は武運強く無事に帰国したのですが、戦地の方がどれだけ楽だったかとこぼしていました。
明治のパワフルバアサンです。


祖母についてはあまりよく知らないのですが、それ程気が強いという印象はありません。
父と一緒に父の実家に帰った時、父が実家で飲んで嵌めをはずして大騒ぎすると、祖母は一喝していました。
すると青菜に塩ではないのですが、父がシュンと大人しくなっていたのが、往時の片鱗ですか・・・
そうそうわが妹の顔が祖母にクリソツです、酒の強い所もクリソツです。
たまに妹と飲んでいると「血脈」という言葉を再認識いたします。



墨絵作家
上の墨絵は墨絵イラストレーターの茂本ヒデキチさんの作品です。
土屋アンナさんのfeat.MONKEY MAJIK / GINGERで茂本ヒデキチの作品がbackに使用されていましのたで紹介します。宮本武蔵さんの筆致に似ていますね、スゴイ!



feat.MONKEY MAJIK / GINGERさんの出だしの歌詞です。
You’re my ginger.
You’re my fire.
You take me higher.
Yeah, our situation's gonna blow♪

It's taken me a while.
To realize.
Just what exactly it is I'm chasing.
I’m tryin’ to say
You move too fast, you’re on your way.
And all I do is fall back♪


それでは(^_-)