下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

書を捨てよ

宇都宮 宇都宮餃子館健太店

今日は「老人よ!書を捨てよ、街に出よう」です。
石川啄木さんの妹さんの思い出話です。
お兄ちゃんは家族の中で一番いい部屋を取って、そこでいつも勝手気儘なことをしていた。
ちょっと肚を立てて、窓から雪を入れて部屋中雪だらけにしても、お母さんはあまり怒らなかったとか、春になって、桜の花を買ってきて花瓶に挿して、そのうち風が吹いてきて、まだ少年啄木がそこに寝ていると、花びらが顔に散って「おお、気持ちいい、気持ちいい」と言って部屋中を汚して、それをお母さんが黙って見過ごして、結局、掃除は私がさせられたとか、いろいろ不満を述べていて、あんなに優遇された兄はいない、と言っています。
渡辺淳一「愛の言葉」より転載

同じ長男として言葉がありません。
私たち以前の長男は確かに兄妹の中でも破格の扱いをされていたのは周知の事実です。
これはこの織田信長から始まって家康で完成した「米本位制」の残滓だと思いますしこれが長男優遇の家長制度に繋がっていくのだと思います。
つまり田畑を守る事で、その家が安泰、安寧になるので、その家長になる長男をおもんばかるのです。
個人的には、子供を長男その他で差別した事はありません。
アルバム数に関しては長男が圧倒的に多いのですが、それは始めての好事なのである意味では通過儀礼かもしれません。それ以外は平等に接してきました。

最近、家長制度が形骸化してきています。
卑近な例で申せば
地域の取りまとめ役のような家柄が嫌だと言い出し、兄弟全員が相続放棄。
墓守や土地の管理や税金の工面なんて嫌だという人ばかりが増加。
親戚ともほとんど没交渉。
みたいなことが全国的に増えてきています。
その副作用で離婚も増えてきています。
昔の日本人というのは、人と人との結婚ではなく、家と家との結婚でした。
従いまして、離婚するときは、すごいパワーがいます。
最近は、人と人との結婚が増えてきたので、家という桎梏(手かせと足かせ)がなくなったのです。

3b5c3e34-c6b9-4910-b4b2-015d8ca5db84
話は変わりまして、最近の老人は元気です。
聞き得た情報では、今の50歳以下の若者は寿命100歳になるそうです。
そういう意味では、従来の年相応の生き方なんかつまらなくなります。
要は老人のパラダイムが変わってきているのです。
アメリカやヨーロッパの老人なんかどんどん外に出て遊んでいます。
着るものも日本人みたいな地味な服はきていません。
かなりど派手な服を好んできています。
そして彼らは絶えず何か新しいものを探しています。
何かを探し求める、この旺盛な好奇心が人生を楽しくさせるのです。
今こそ、老人よ!書を捨てよ、街に出よう、なのだと強く思う今日この頃であります。


放課後ミッドナイターズショート「◯んたま」



IMG_2157

IMG_2158
今日は餃子の街「宇都宮」に出没です。
今日のお店は「宇都宮餃子館」健太店さんです。

住所: 栃木県宇都宮市駅前通り3-3-3
電話:028-688-8884
定休日:無休

IMG_2160
お店の外観です。

IMG_2162
店内の雰囲気です。

IMG_2161
メニューです。

今日のオーダー「健太ランチ」@450円です。
IMG_2163
待つこと7分で「健太ランチ」の到着です。

IMG_2164
それでは実食です。
皮はパリと焼けていて美味しいです。
餡はパンチがありませんがまずまずです。
この店で特筆するのは「安さ」です。
これの構成で@450円には驚きました。
コスパ良しのお店ですし加えて新幹線の乗場から近いので、ちょこちょこと食べたい場合にはお薦めのお店です。

それでは(^_-)

淡路町 南風

今日は「3分の賭博」の話です。
南風1
一人の犯罪者が国境まで逃げのびてくる。
国境を越えればもう安全だ。
彼は国境にあるドラッグストアで一休みしてコーヒー一杯を飲む。
ドアを開けて出てゆけば、外はもう自由の天地である。
コーヒーを飲み終わって、彼はふと傍らのジュークボックスに目をとめる。
なつかしい曲が入っているのだ。
彼は十セントを投げ込んでその一曲のレコードに耳をかたむける。
空は晴れて、国境の空に鳥がさえずっている。
人を殺してまで手にいれた金は、もうこれから一生分位の生活と遊興費にあててもあり余るだろう。
彼はその一曲を心に沁みる思い出聞いている。
やがて曲が終わって彼は立ち上がる。
すると彼のすぐ傍らに手錠をもった刑事が立っているのだ。
彼は自由を目前にして逮捕され、もう二度と陽の目を見られるコンクリートの堀に中に連れられて行く。
ドアの前で、彼は立止まって店のバーテンに聞く。
「このレコード一曲は、何分かかったかね?」
するとバーテンは
「三分くらいですよ」
「書を捨てよ、町へ出よう」寺山修司著より転載

この場面は1950年アメリカMGM、監督・脚本 ジョン・ヒューストン「アスファルト・ジャングル」のラストシーンです。この映画好きで何回もみました、もちろんケーブルTVの再放送ですヨ。それにしても時間の効用を考えさせられるシーンです。索漠(さくばく)とした逃亡生活のなか、ほんの三分間だけ自分をとりもどしたものの、その代償は気の遠くなるような牢獄生活です。この曲を聴かなければ晴れて自由になっていたのに、間尺に合わないのは自明ですが、彼にとっては価値のある3分間だったのでしょうね…
人生は“Hindsight is twenty-twenty(後悔後にたたず)”ですよ(笑)
※効用(こうよう)とは、ミクロ経済学の消費理論で用いられる用語で、人が財(商品や有料のサービス)を消費することから得られる満足の水準を表わす。

今日は昨日ネタの振り返りです。なんで私が二日酔いsadになったのはこのお店で妹と意地汚く飲んだからです。珍しい飲みネタです、ということで今日は神田小川町にある「南風」さんの暖簾をくぐりました。ちなみにこのお店は100回以上は来ています、すみません身内ネタでもありますm(__)m

住所: 東京都千代田区神田淡路町1-15
電話:03-3253-7846
定休日:土、日曜日、祝日

南風2
お店の外観です。このお店はもともと雀荘です、その後その雀荘に料理を出前するお店ができ、至る現在中華の「南風」さんだけが残ったのです。この説明であっていますか、お母さん
現在は、旦那さん、奥様、ご子息の3人体制で切り回しています。ちなみにここのお勧めは、ウマニそば、カレーチャーハンです、絶対に裏切りませんビックリマーク

南風3
店内の雰囲気です。今日はお客様が少なかったですね、あら珍しやheart02

南風4
今日のオーダー「晩酌セット」@1,200のメニューです。これって絶対安いというかお徳ですよね。

南風5
まずはビールで乾杯です。Vサインをしているのが地獄への誘(いざな)い手の我が妹です。

南風6
鮪のチゲとチーズです。これイケました、チゲとチーズって合うのですね。

南風7
辛味豆腐です。ラー油の辛さが、さらなるビールを欲っしさせます。

南風8
蒸餃子です。皮がモチモチしていて弾力もあります、餡も美味しいですね。

南風9
手羽先香味味です。香味が食欲をそそります、タマリマセン。

ということでビール×1本で終わるわけもなく、結局宿酔街道にハマってしまったのです、美味しかったですよ、お母さん、ご馳走様でした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ